報告集の26

50cmのザリガニはじめ、ご感想など。


あびこひろしさんより

目撃報告集その26紆余曲折を経てこちらに辿り着き、
内容を興味深く拝見しました。

ちょっと貴頁の趣旨からは外れる話です... 今から30年ほど前の話ですが、
友人らと近所の島(藍島、あいのしま)に遊びにゆき、せっかく来たのだから
島を縦断してみようということになりました。

平坦な島ですから、確か1時間も経たずに北端の海岸に辿り着いたと思います。
林を抜け、いきなり視界が開けた解放感に浸っていると、何やら異臭が漂ってきました。
潮風に乗ってくる臭いに向かって歩いてゆくと、海岸の先の方に何やら
小山のような物体が...

もちろん謎の生物などではなく、それは甲長が1.5メートル、高さが
1メートル近くはあろうかというウミガメ(おそらくアカ)の死体でした。
この付近でウミガメは珍しいものです。

しかし、その死体に近づくまでがまさに修羅場でした。

なにしろ巨大な肉の塊が腐っているだけに臭いなんてものではなく、
一歩近づくたびに身体の方が拒絶して次の一歩が踏み出せないのです。
最後は息を止めて一気に駆け寄り死体の周囲を一周しましたが、
それでも鼻腔をちくちくと刺すような痛みがありました。
(目も痛く涙が溢れてたいへんでした)

そこから振り返ることなく一目散に100メートル以上離れ、もうだいじょうぶと
深呼吸をしたところ、風向きが悪かったのか、あの臭いを乗せた空気が
肺をいっぱいに満たしたのです。 不覚にもここで戻してしまいました。

打ち上げられた謎の生物は、しばしば「埋められた」「捨てられた」という結末のために
その信憑性を疑われるわけですが、もしも謎の生物がまっとうな生物であるのなら
「当然の処置」だとこの経験は教えてくれました。

ついでにもうひとつ。

つい先月のことですが、海が荒れた翌日、犬の散歩で近所の海岸に
出向いたときのことです。 数羽のカラスが波打ち際で何かにたかっていました。
この海岸でカラスは珍しいと近づいてみると、そこには「魚形の胴」に
「エイリアンの幼体(チェストバスター)の頭」という妙な生物の死体
(長さ60センチぐらい)が、先ほどのカラスにつつかれて脊椎と肋骨が
まばらに露出した姿で転がっていました。

このあたりの海を良く知らない人が見れば、謎の生物として大騒ぎ
(又は単なるサカナの死骸として無視)になるところですが、
実はこれ、スナメリというイルカの子供(あるいは嬰児)です。

打ち上げられた生物の死体は、他の生物から見れば「ごちそう」ともなりうるということで、
腐敗が進んでいないからといって損傷はないとは断定できません。
謎の生物と騒がれた生物のいくつかは、オリジナルが損傷して
「別の生物に見えてしまった」ものが含まれるでしょうし、逆に本物の「謎の生物」が
他の生物に食われて原型が失われたため「判別不能」となってしまった
可能性もあるということですね。

先ほどのカメの死体の件を考えても、謎の生物の「綺麗な死体」と出会えるチャンスは
おそろしく少ないのだろうと考えています。



さくだいおう様 ご丁寧にメールを頂戴し恐縮です。

お送りしたメールが、あれこれ思い出すきっかけとなりましたので
むしろ感謝しております。

山陰の海岸で見た超小型のサソリ(実はカニムシだった)やら、
渓流の石の裏に潜んでいた三葉虫(いまだにナゾ)やら、興味深い生物と出会う機会は
案外あるものだと改めて思った次第です。 思い出しついでにもうひとつ。

ちょうど20年ほど前になりますが、接近したハレー彗星を眺めるため
沖縄の西表島を訪れたときのことです。
宿で夕食をとってもまだ外は明るく、夕涼みがてら散歩に出向きました。

島の幹線道路である外周(実は半周しかない)道路に差しかかったとき、
二、三人の観光客が路上を指差して騒いでいる現場に遭遇しました。
近づくと、それは驚くべきもので 「巨大なトカゲ風生物の轢死体」でした。

長さが40〜50センチほどの胴体には三角形の頭部と細く伸びた尻尾。
そして何よりも強烈な印象を与えたものが胴から飛び出した3本の足です。
(もう1本は見えませんでした)

その足の先端には指が並び、しかも指の間には水掻きらしきものまであります。
しかし、なにしろクルマに轢かれてペッタンコなので、まるでアスファルトに
刻印された恐竜の化石のようでした。

しばし地面に這い蹲って(さすがに手に取る度胸はなかった)じっくり観察して得た結論は、
「カエルを丸呑みしたハブが直後に轢かれた」または 「路上のカエルに対峙したハブが
もろとも轢かれた」というものでした。

つまり19世紀のイギリスや、江戸時代〜大正時代にかけて創造された
「怪物の剥製」の天然製造バージョンだったわけです。

ただでさえ、この西表島ではヤシガニ、ヨナクニサン、マンタ、大ウナギと
巨大生物のオンパレードだったので、こんなバケモノトカゲが実在しても
おかしくないと錯覚させるに足るシチュエーションは揃い過ぎていました。

それっぽい状況が整っている際に現われた「偽物」は、おそらく誤認する確率が高いでしょうし、
反対に「ありえない」状況で現われた「真実」は見逃してしまい易いとも言えそうですね。

あびこひろし

すべては冷静に物事を如何に診れるか、知識はそれに追いついているか…などが
大きいですね。カメの腐った匂い、あまりの迫真さに、つい、自分は嗅がなくて
良かったと思いました(失礼!)



「巨大なトカゲ風生物の轢死体」について しんさん  

さくだいおうさま、いつも楽しみに見せてもらっています。

目撃報告集その26に取り上げられている、
西表島の「巨大なトカゲ風生物の轢死体」について
ご存知の方も多いと思うのですが、
どなたからも指摘がないようなので書き込みさせていただきます。

西表島などの先島諸島には日本最大のトカゲである
「キシノウエトカゲ」と言う
40cmぐらいに成長するトカゲが生息しています。
私も小浜島に行った時大きなトカゲを目撃しました。
その時は、どこかで飼われていた外国産のトカゲが逃げ出している
のだろうぐらいに思っていました。
なにしろリゾート地ということもあり
近くで水牛や孔雀など外国産の動物が飼われていましたので
そう勝手に解釈して納得していました。
ところが、帰ってから詳しい人に聞いてみたところ
キシノウエトカゲと言う日本最大種のことを教えられました。
ネットでも「キシノウエトカゲ」で検索すればすぐにヒットします。
たとえば
  http://www9.plala.or.jp/g-o-d/kisinouetokage.html
しかし私が実際に見たそのトカゲは
このような写真で見るよりも、もっとどっしりとした重量感のあるものでした。
体の太さの印象がこのような写真とあまり一致しません。
目撃談が誇張されたものになる理由かもしれませんが
大きな物は実際に見ると、写真では伝えられない迫力・存在感を
与えるものであると言うことでしょう。

あびこひろしさんが
 「怪物の剥製」の天然製造バージョン
 それっぽい状況が整っている際に現われた「偽物」
と判断されたのは、それはそれで一つの良識、冷静な判断だとおもいます。
それだけに、冷静に・良識的に判断しようとするあまり
事実を捻じ曲げてみてしまう危険性を警告する一つの例ではないかとも思えます。

実体験での目撃報告をとても興味深く読ませてもらっています、
巨大な鯉や岩魚などはいるところには必ずいると思います。
そういった自然の営みの一端を垣間見させてもらえるこのHPは貴重です。
今後も長く続けていただけるようお願いします。



ゾロさんより

こんにちは、ゾロと申します。

このHPは以前から知っていたのですが、最近「三重の謎の村」をコーナーを知りました。
僕は三重県鈴鹿市在住ですから興奮したものです
(たまたま「アミ小さな宇宙人」を読んだ後でしたから尚更!)。

しか〜し!・・・生まれも育ちも鈴鹿市ですが、鈴鹿山脈がUFOの出るので有名だなんで、
一度も聞いた事無いっすっ!34年間一度も!

アミを読んで「もしこの本に書いてあった事が本当で、
地球の地下に宇宙人の大都市があったとしても、三重県になんて絶対ないよなぁ〜。

UFOなんて、イッペンも見た事ないし・・・」と思っていた所、他府県では出ると有名・・。
イヤッ、しかし・・・。ずーっと住んでる自分が見てないのに・・他府県の人が見てるなんて・・・
ひょっとして・・UFOいるかも。

ということで、毎夜夜空を眺め酒を飲む楽しさを知りました。

あまりにもよく「私は聞いていない」という意見が多かったので、困った時期がありました。
みんなが知っていれば既に騒ぎになっていますし、私が取上げる必要も無かったです。
個人的には、何かがあるのだろうな(磁気線など)と思っていますが、それもあくまで
推測ですから、経験された方々のご意見を尊重したいと思っています。



Yさんより

はじめまして。突然のメールで失礼します。

私は東京で鰍wXXという出版社で「XXXXXXX」という雑誌を編集しているYと申します。
少し前にさくだいおうさんが運営されているUMAのHPを拝見し、
子供のころにUMAに憧れたせいもあって、熱くなってしましました。

ウモッカが特にアツイですね!

いや、ちょっと話がそれかけましたが、 UMAのHPにちょっと気になる項目が
合ったのでメールを送らせていただいた次第 です。
その項目というのは、サツキマスがエサを食べる、餌付けに成功した、
という ところです。

ご存知のとおり、サツキマス・サクラマスは釣りにおいても至高のターゲットとされており、
通説として「遡上中はエサを食べない」とされてい ます。

それがエサを食べるとなれば、釣り方、狙い方が大きく変わると思います。
餌付けの実験は数年前のもののようですが、最近も餌付け実験はされているので しょ うか?
また餌付けに失敗してしまった個体(その理由、推測)や、オスメスによって
エサを 食べたり 食べなかったりというような傾向があるのか、
もう少し詳しく教えていただけま せんでしょうか?

また、さくだいおうさん自身が「エサを食べるサツキマス」を意識してから、
釣り方、 狙い 方が 変わったりしましたでしょうか?
変わったとすれば、どういう風に変わったと か、 かなり気になるところではあります。

取り急ぎご連絡だけですが、お返事を頂戴できれば幸いです。

釣りの関係者とお話するのは久しぶりです。

はい。えさを食べないとされている専門家は、申し訳ないですが専門家としてはイマイチと
考えて頂ければ。というのは、”専門家”とは、それでお金を得ているプロなのですから
すべての関連する雑誌・科学系に目を通していなければいけないです。

写真の通り、えさを食べている現実が有りますので、ポケターン釣りやエビとか
食性や行動を把握・工夫して、当時の郡上サツキの会でもトップクラスの釣果を
常に得れていました。遅くなりましたけど、メールで解説を少しお送りします。



水槽錦鯉かにかにさん(←サイト)

さくだいおう様はじめまして。

私は、現在、周辺に錦鯉飼育者がいないがために、錦鯉飼育人口を増やそうとして、
「水槽で錦鯉を飼育しませんか?」というホームページを開いている、
「水槽錦鯉かにかに」という者です。

小さい頃から、生物全般が大好きで、当然のようにUMAファンです。
大きくなったら、川口浩の探検隊に入隊するのが夢だったのですが、
ふと気づくと30男になってしましました。

未確認でない巨大生物として、現在、青魚を二匹飼っていますが、
今度、ヨーロッパ大ナマズの飼育に手をだそうという、無謀な企みを抱いています。

私ごとの、UMA体験なのですが、小学生の頃、台風が去った後の近所の荒川に探検に行き、
台風一過の水たまりで生物の採集をするのが好きだったのですが、
その際に、50cmはあろうかというザリガニの死骸を発見して、
ギョッとしたことがあります。

通常のアメリカザリガニの捕獲・飼育は嫌になるほど飼育していましたので、
それがアメリカザリガニではないことはわかっていますし、
それほど大きなアメリカザリガニなどいるわけありません。

多分。幼い頃の記憶のために、かなりの誇張が入っている分を差し引いたとしても、
はさみをのぞく身の部分が30cmはあったはずです。
でなければ、発見してもギョッとなどいたしません。
生きていれば、もちろん、捕獲して飼育しているところですが、台風の濁流のためか、
すでに死んでいましたので、それ以上の追求はしませんでしたが、
未だに、その時の記憶が残っていますし、それほど大きなザリガニは、
その後も発見しておりませんので、私の中では、立派にUMA化しています。

ス、ス、ス、凄すぎです。
もし、現在であれば、確実に新聞・TV発表クラスです。



まさとさん登場!!!

序章

初めまして。こんばんわ、まさとです。
HP、凄く面白かったです。僕自身、こういう話とかが好きなので・・・。
僕のした経験は、「幽体離脱」、「幽霊目撃」、「スカイフィッシュ!?」みたいな感じのことです。
今夜はもう遅いので、今日はこれで終わりにさせて頂きます。また後日、メールします。
暇なときがあったら返信してくださいね



ステップ・幽体離脱

おはようございます、まさとです。

この間のメールの続きなんですが、まずは不思議な感覚だった「幽体離脱」について
話させて頂きます。あれは、幼稚園の年長で行ったキャンプの時でした。
キャンプ恒例のキャンプファイヤーをやろうと思い、山のふもと(多分)に行きました。

そこで、キャンプファイヤーを始めてほとんど時間が経たないうちに
後ろから視線を感じたので、振り向くと小さな穴があって、それを見た瞬間、
頭に「ドス」っと言う重りがのったような感じがしたとたん、体が「スゥ〜」と浮かんで、
みんなが(もちろん自分も)楽しくキャンプファイヤーをやっているところが見えるんです!!

そして、また頭に重りのようなものがのった感じがしたと思ったら、
元の体に戻っていました・・・。

あのときは幼稚園の頃だったので、なんとも思いませんでしたが、
今思うと「代わりに誰が体を動かしてたんだろう」と思います。 
結構、おもしろい体験でした(笑)でも、金縛りにあったことは1度もないんですよ。

長々とすいませんでした。それでは、僕は部活があるので、失礼しますm(--)m
(あんまし関係なかったですね。すいません)

メール、返信しました。
まさにブレアウイッチプロジェクト(映画)のような、体験ですね。





戻る     表紙へ     次へ