間違い探し第一章Part4
ウバザメ?

これの正体は?並木伸一郎著「モンスターショック」P55より

「1934年、フランス、シェプールから西方約3キロ。カーケビル海岸で漁師が発見。
体長約7.5m。胴体幅1.5メートル。頭部はラクダに似ており、白毛に覆われていた。
パリ博物館のジョージ・ペチ博士はウバザメ説を唱えるが、詳細を調べる前に腐乱した。」・・・とのこと。


         
         

ちょうど海のUMAの正体は、みんな”ウバザメ”となっていた頃の本ですが。
う〜む。誰が見てもアザラシ・オットセイ・トド系の海棲哺乳類ですよね。

         

ウッカリ野郎のペチ博士は、本当に居たのなら博士号を剥奪(はくだつ)っす。

         

そもそも、これは何でも正体は「ウバザメ」と言われてた頃を皮肉ったものと言えましょう。(作者しみじみ)



間違い探しPart3戻る     表紙     間違い探し:第2章


オマケ

BBS雑談スレより。

651氏から指摘。気にしてなかった部分への”意外なツッコミ”でハタと気付いた。
↓は並木伸一郎氏にお借りしたオリジナル・写真。



あの、間違い探しのこのページの写真
「ウバザメじゃなくてどう見てもトドなどの海棲哺乳類」とさく大王様、かかれてますが
全長7,5メートルの海棲快晴哺乳類って存在するのでしょうか?

それこそステラー海牛くらいしかいなんじゃないですか。
確かに一緒に写っている人から見ても8メートル近いようですが(投稿651氏)

うむ、言われてみればその通り。それでは比較してみましょう。
いつものごとく、どんな閲覧者が見ても判りやすい写真を探しました。
サイト内に掲載していた今は亡きナミゾウ…じゃなくて”ミナゾウ”君。

     ↓



▲としぞをさん撮影・提供・新江ノ島水族館にて。

あの長い首は船上のフックでアザラシを吊り上げると結構伸びてますのでOKでしょうけど、
うむむ…確かに、古写真の方がでかい。

ウバザメじゃないことは明白だけど、オリジナル写真をじっと観察しなおしたら、
ピントが気になってしまいました。
スレ内ではゾウアザラシの最大体長・全長は4〜6.9mという。

あなたはどう思う?

写ってる人が小さいというありきたりなネタは使い古されてるのでやめ、
近所の川や池にコイツが潜んでいたら怪物騒動間違いなし

最大体長は更新されるものですから、もう一つ欲しいです。そう、種類の違いです。
頭の形、口の形、ヒレ、尾っぽ、目。思いっきり違う所があるぞとなれば解剖学の本。



間違い探しPart3戻る     表紙     ⇒間違い探し:第2章