間違い探しシリーズその1

タキタロウその衝撃魚拓

山梨賢一著「日本の不思議スポット99の謎」P67二見書房から

解説:山形県朝日村の大鳥池に住む謎の巨大魚「タキタロウ」。
その子供らしき衝撃魚拓です。魚拓は妙な形をしていて確かに普通の魚っぽくは見えません。
↓の写真はタバコの箱で大きさの比較。やっぱり比較するものを入れるのは基本ですね。

←怪しい笑いが挑戦的だ。

50〜60cmぐらいでしょうか。魚を知らない方でも、その破壊力が伝わってくださると嬉しいです。

         
         
         

「これぞ正に怪魚だ、スゲェ!!!」

私は固唾を飲んで見守りました。素晴らしい怪魚だと。大鳥池に釣りに行けば出会えるかもしれません。
期待です。では、もうひとつ見てみましょう。学研ムー特別編集・事典シリーズ8「UMA」P197
大御所、学研ムーの特別編集。UMAファンは周知のバイブルです。良い出来です。

←人間をあざ笑うのか!!!

         
         
         

う〜む。やっぱり、す、すげぇ!!!

         
         
         

         
         
         

でもひっくり返すのが正解。



これは湖沼型のサクラマス、イワナ…かな?アブラビレというのが背中にきます。

これ⇒

恐ろしい事にタキタロウの魚拓がたくさんの書物で載っていますが、すべてひっくり返っています。
どこかを元にして転載・コピーで編集しているのだと思いますが、

最初に間違えたのは誰ですかぁ〜〜〜!!!

         
         
         

         
         
         


犯人は…朝日村山村開発センターの職員さん。一番の本家本元が間違って展示しているのさ。
ああ…誰にも指摘されずに今日も君はひっくり返って展示されているのね(涙)

よく伝言ゲームでは最初の人と最後の人の伝言が違いますが、
これの場合は非の打ち所がなく…(以下省略)。

次は「インカニヤンバは壁画に描かれていた?」。そもそもインカニヤンバって何?



戻る     表紙     次の間違い探しへ



本章とは関係ないオマケ↓読まなくて可



別項目の”プテラノドンの頭・第2項”において、コッソリ掲載したタキタロウの頭(下記写真)。

=タキタロウ飼育中

目ざとい訪問者がすかさず”飼育中”を受けて、BBSスレが延びてしまった。
私自身もヒントを書いてしまったので、先に収容しておきます。

135 :名無しさん@UMAちゃんねる :2007/11/08(木) 08:20:35 ID:FmYssrIQ
飼育中のタッキー・・・もといタキ君の公開はいつ頃になるんでしょう?
待ち遠しいです。

136 :名無しさん@UMAちゃんねる :2007/11/10(土) 12:34:14 ID:dswJNlCw
あれって冗談じゃなかったんだね

137 :さくだいおう :2007/11/14(水) 17:52:24 ID:zr+X9+eQ
>>135
あのタキタロウ飼育中の全体像を出すのは、多分、別の機会にすると思います。
現在、公開の候補は海悠出版最先端の渓流釣りは文字数都合により不採用、つり人社、
もう一社の場所(株)スプリーモさんで公開する可能性も高いです。時期は来年前半中です。
あ、早ければ講談社本も可能性はあるかな…

138 :名無しさん@UMAちゃんねる :2007/11/14(水) 17:57:54 ID:???
>>137
座して待ちますw

139 :さくだいおう :2007/11/14(水) 18:27:31 ID:zr+X9+eQ
(21KB)
>>138
上を書いてから今メールを探したのですけど、
つり人社は検討中(多忙になるため私から辞退もある)、

でも、あのタキは、あんまり期待されてない気もしますよ(笑
レス入らないんで(更新を読んでない人が多いだろうし)、
画像を一個あげておこう…

140 :名無しさん@UMAちゃんねる :2007/11/15(木) 13:00:13 ID:???
>>139
あの画像ですね、まるでバンニップのような見事なシャクレ具合。
どこかの川に生息する「顔の潰れた岩魚」にもやや似てる気がします。

141 :さくだいおう :2007/11/15(木) 19:35:54 ID:SqnDMwuQ
フフフ(魚紳風)、実はコレ、ある作出法があるのですが、
それでX年でXXにも成長してしまいました。イトウの倍以上の成長速度ではやい。
3倍体ではないのがポイントかも。

ハタと気付いたのは、同じ魚らしいのがタキタロウとしたら、
”あの池”の何処かに同じ原因を作るものがあったはず。それは大問題。
3倍体では「圧力・水温・薬品」が原因でなりますけど、これはね。

調査をすれば、今回の原因が”目撃が多かったその時期”に起きたのでは?
と推測できますし、原因を作ったのが人間なら、健康診断のデータを追うべき。
むろん、今の厚生労働省のように隠されている可能性も有ります。

で、海悠出版さんでは1ページの割り当てで話すことも出来ないし、
つり人社の編集長やジャーナリスト氏に「これって問題かもしれません」としたけど、
まったく反応ナシなので、今、健康問題が絡めば大事なのに、
逆に社会正義としたら動かないとダメじゃん、でも、自分に関わらなければ、
そんな程度の反応だろうな……と去年も感じた業界との距離感を思う今日この頃。

そのジャーナリストや編集長が悪いというわけじゃないけど、
人間の”昔のことを掘り返すな”感覚、出来上がってる考えを変えにくい性、
自分は知らなかったと認めれない性…は傾向として人間に備わってるから。

▲バス等の外来魚が60%を超える野池が続出したのに、川での調査=数パーセントを出し、
スルー気味の日本の釣り権威団体。そのトップがつり人社の社長だから問題無視という、
これにも絡んでますよ…という意見がなぜか寄せられ、なるほど納得してしまった私。
しかし、深く考えずに自分が書いてしまったものが、変な方向へ行きそうなので反省です。

142 :名無しさん@UMAちゃんねる :2007/11/16(金) 17:07:52 ID:???
>>141
タキタロウの裏には何やら深刻な背景がありそうなんですね・・・

143 :さくだいおう :2007/11/17(土) 07:53:54 ID:oRe3Osgg
現地で科学機器を用いて調査すれば判明するでしょうけど、
科学機器の導入を拒んでいるという役所の姿勢が難しいでしょうね。
それに気付いて「おおっ」と思ったのですが、まぁ、これも表に出ることはなさげです。
あっちの医療機関にはコネがないのと、厚生労働省のデータを繰るのも大変な状況でしょうかね。
(私も個人的に知人が影響してればまだしも正義感だけでは中々厳しいっす)


185 :ザメッティ :2008/02/12(火) 01:28:22 ID:lO5Z4qUg
釣り人っていうのは釣れなかった時、何かしらの理由を考える。
例えばダムだったら、ターンオーバーだな・・・とか、水が多いとか少
ないとか。あげくのはては「今日は水が悪い!」みたいな(笑)
自分の腕は棚に上げて〜・・勿論、自分もそんな身勝手な釣り人の一人であります。

淡水クラゲの記事を読んだのは「マミズクラゲの不思議」というサイト。
たんに釣りのジンクスというかたちで取上げてましたね。
しかし、長い事釣りしてますけどそんなジンクス聞いた事なかったです。
知っているジンクスだと高圧線の下はよく釣れるとか?
そんなジンクスを科学的に実証できたら面白いですね。

186 :さくだいおう :2008/02/12(火) 07:50:39 ID:K9dPkJ4w
>知っているジンクスだと高圧線の下はよく釣れるとか?

ザメッティさん、一応、リアルで確認されてますが、
科学的には上生体という鼻の上にある器官で感知していると考えてます。

魚で言う”上生体”は人間で言うと”松果体”に該当しますが、
人間とは効力が違って、地磁気や日照時間などを認識できる、
サケの母川回帰に使ってるなどの重要器官と思われます。

それで高架の下では気持ち好い釣りが出来る結果になってますが、
8mや9mの竿を振るアユ釣りでは、電線に注意ですね。

187 :ザメッティ :2008/02/13(水) 03:14:35 ID:rG9opoWw
ありゃ!ってことはすでにジンクスではなく「真実」ということなのですね。
上生体?初めて聞く器官です。サメでいうところのロレンチ−二瓶みた
いなモノかなぁ?でも、使い道がまったく違う。けど、鼻の部分と磁気
ってところで関わり合いはありそうな感じですね。

しかし・・・じゃあ上生体と高圧線の関わりでなぜ魚が釣れるのかを整理
すると、サケの母川回帰のような効力で高圧線から発せられる磁気により
魚が集まる。当然、多くの魚がいるのだから沢山釣れる。こんな感じです
か?そんなに単純じゃないかな?(笑)

でも、小魚が集まればバスも当然それを追い掛けて集まるわけだし・・・
なんとなく実感わいてきた。今度、高圧線を意識して釣りしてみよう。

188 :さくだいおう :2008/03/10(月) 02:01:31 ID:Q7nPVMYw
ザメッティさん、上生体=人間で言うと”松果体”は、なんといっても
homepage2.nifty.com/JAL/IsonagePast1.html
中頃から解説してますので息抜きにどぞ。サバの側線の写真のとこです。

あ、これもボクの解説です。すみません。

189 :さくだいおう :2008/03/10(月) 02:19:08 ID:Q7nPVMYw
そういえば、今日(正確には昨日)はアパートの人たちが居ませんでした。
多分、名古屋国際マラソン沿道に行ってたんだな…と思った。
ボクは土日も仕事ばかりなり……。

190 :ザメッティ :2008/03/13(木) 02:35:15 ID:93t9yyIw
忙しすぎて釣りなんか絶対無理っ!!って感じみたいですね。
ストレスに気をつけて下さい・・・。

しかし、側線・上生体に浮き袋までも・・・魚ってすごいなぁ。
でも、使い分けが今一つ「ピンッ!」と来ません。
というより「使い分け」という考え方自体が間違ってるのかも知れませんね。

人間だって耳で聞き、同時に皮膚でも感じ取れる音ってありますもんね。
当然、無意識だし使い分けてないし。

波動を出すルアーで側線を刺激して追い掛けて来る魚。
しかし、殆どが途中でUターン・・・。
でも、たま〜に「パクッ!」っとルアーをくわえて遊んでくれる魚もいます。

まったく・・・口に入れる・入れないはどこで判断してるんでしょ?
魚って頭が良いのか悪いのか?解らなくなりますですハイ・・・。

191 :ザメッティ :2008/03/25(火) 08:39:07 ID:nfhf07pw
191.jpg (10KB)
博物館のタキタロウ写真と同じ顔だ!!!ス・スゴイ・・・。
これって、もしかして「鉄板」じゃないでしょうか!?
それにしても・・・引っ張るなぁ
ず〜〜〜っと気になってるんですけど(笑)
タキタロウは釣ってみたい魚ランク第1位
第2位はシーラカンスです。

その後、あの逆さま魚拓はどうなったのだろうか。
(株)スプリーモさんの「サケマス科学VOL.6」3mタキタロウに迫る上にて公開。
”大問題”については、もう少し詳しい記事の時に話すべきで、
今回だと誤解を生んでフォローも大変そうなので控えました。

当サイトをシッカリ読んでる人なら、「3倍体じゃない」と書いてるし想像つくかもね。