まだ天体をデジカメで撮影しようなどと知られていなかった時期。

ある国家事業で、多方面の新たなる試みをして、
内閣府から誉められたサイトがありました。

そこに集っていた「としぞを氏」。
管理人は私(爆笑?)

当サイトでは水族館写真でお馴染みでしょうが、
表も表、おもて街道を突っ走っていたその頃のお役立ちネタです。

デジカメで月を激写!!!

としぞをさんが、極小パーツを接写(拡大鏡を利用)したのは、
時計というこまかーいパーツを見事に撮らえ衝撃的でしたが、
それは、ふる〜いお話になっております。

時が流れ、UMAサイトで惑星探査の秋山博士の記事を見た彼は、
何を思ったか、ひらめいたのか、月をデジカメで撮影するという試みをしました。

細かいパーツならまだしも、巨大で遠方にある天体=月なんか、
暗いし、夜撮影だろうし、どうするのかなぁ。

まぁ、通常の感覚ですと月とは…

●天体望遠鏡で楽しむもの

●「大気の揺らぎ」がチョット気になるなぁ

●写真って大掛かりな専門設備が要るでしょう。

って感じだと思う。

つまり私もデジカメで月を撮ろうなどとは思いも寄りません。

しかし、既存の考えばかりに囚われていてはイケマセン。
頭を柔軟に、「机上の論理」も良いけれど、実際にやってみて工夫しよう…。

というチェレンジ精神が無くてはダメですよね。

で、結論から言いますと…ビックリでした。下を見てください。

▲追記=この2年後ぐらいにネットで天体撮影が流行り、
デジカメメーカー各社がNEWSや解説サイトをオープンしました。
従って、既に古いネタで「驚愕」しているように見えます。

←デカイ!!!鮮明!!!

←こいつは…

うむ。久しぶりにこいつぁ、スゲェ!!!

いや、本当にすごい。

やってみないと分からないものですね。

先入観を捨てて、何かの新しいチャレンジをしたら成功しちゃった…
典型的な写真ですネ。

としぞをさん、ありがとうございました。

で、次に触発された勇者が登場。

天文台にまで行き、カメラを押しつけて撮影!!!


お久しぶりでございます。 くまねこ で ございます。

この前、広島県久井町にある、宇根山天文台に行き
そこに有る60センチの反射望遠鏡にデジカメを押し付けて
撮影したうちの一枚で す。

サイトにある激写に対抗してみました。

使用機種はペンタックスのオプティオ230(200万画素)
撮影モードはオートモードでフラッシュOFFです。


見事ですね〜。

画像の質を下げてアップしましたが、
オリジナル拡大の画像はそれはそれは凄い。

ということで、特別にページを設けてアップしました。

⇒超絶拡大
(スーパーサイズです。UFOすら飛んでいないか探してしまうほど)

トムハンクスの主演映画「アポロ13号」を観ようかなと思ってしまう迫力ですね。

天文台の技師も「デジカメくっつけて何してるの?」という印象が、
す、す、す、すげぇ!!!に切り替わった事でしょう。


誰も彼も「やってみたい」という気持になるでしょう。
しかし、素人の解説では心もとない。

では、それらの後、出たデジカメ解説本…

デジカメのテクを学べる雑誌を出版されている学研のS.Tさんから
うちでの切り番イベント提供品(プレゼント)のお知らせ。


学研 カメラ編集室 S.Tさんより

7,777,777切り番イベント提供品
デジスコ入門2冊(1冊はぜひお手元に!)と、
発売した新型EOS KISSD本、初心者向き写真教室本も
いっしょにお送りいたします。

←送って下さいました!!!

※ EOS系本、入門書はHPのプレゼント用。

で、住所を見て、小笑い。常滑市? あ、南セントレア市… いや、
これはお住まいの方には笑い事ではないのでこれでストップ。

(ちょっとくすぐり。中島ひなちゃんのHP南セントレアネタ
一緒に仕事したことのある名古屋出身のモデルさんのものです。
絶妙におもしろかったので、アドレス送らせていただきました)

実は2月の下旬、鳥羽水族館とその周辺に出張する用務があり、
帰路、鉄道ではなく、鳥羽港から常滑港までフェリーで戻り、
そこから1駅電車に乗って、セントレアへ出ることとなりました。

ところが、このフェリーからの最寄駅、りんくう常滑駅。
全然電車止まんない。
快速は通過、特急ミュー? ももちろん通過。

20分以上、寒いホームでたちんぼう…ぶるぶる、尿意。
あああ、もれちゃうよ。とおもったらトイレが改札の外!

そんな。

無人改札(というかそもそも駅員がいない!)を突破して、
外トイレに向かい、ほっとしつつ、 再度連れが待つホームに駆け上がり…
いったいこの駅、フェリーの最寄り駅なのに、 この冷遇はなぜ?

そんなこんなで到着したセントレア。

1時間見学して、名古屋駅に戻り、 名古屋駅で「しゃちぼん」を食べて
敷島パンの「なごやん」をお土産に東京に向け新幹線に。

←しゃちぼん…

セントレアから飛行機じゃないの? 
というつっこみがありそうですが、 すいません。見物しただけです。

もう1枚は、鳥羽港の近くのさだ港にある湾内周遊のうらしま号。

←うらしま号…

こんなのに乗ったら、一気に虚脱状態で白髪になりそうです。

では、とりとめなく話題が脱線したことをお許しください。
学研 カメラ編集室 S.T

脱線のついで

鳥羽水族館で、ピラルクーを間近に見て、
その迫力にちょっと感動です。
うん、これは知らない人が上から見たら、
巨大水生動物の頭部に 勘違いしてもしかたないですねえ。

すごい!

脱線のその2

じつは、2〜3年前に話題になった、 中国と朝鮮の国境にある白頭山のモンスター。
あれにちょっとからまったことがあります。
しかもムーの某氏といっしょに。

その件はまた次回のメールにて。 かしこ

7,777,777アクセスのイベントは勝利者不在で残念でした。
提供本は我が家で大切にしまわれております。

ところで…

さりげなく名古屋出身のモデルさんを紹介されるとは…。
ページ内リンクで張っておきました。

当サイトがブログだったらトラックバックが出来るんですけどねー。
S.Tさんの顔も立つし。←ココ重要か?

それはそうと南セントレア市…は見事に砕け散ったようです(大爆笑)


しゃちぼんとかじゃなく、モデルさんについてのコメントとは・・・
相変わらず注目する所が違うやん(by読者のこころ)




タイ国の高校教師よりアロワナが産卵     表紙     海と往復サケマス類河口堰問題