漁業プロの話in掲示板

ニューネッシーを拾った瑞洋丸。
そして時は流れ、10数年後に乗ったという方(乗組員さん)が登場!
リアルな話が間接的に聞けるのか!?

前ページまでで科学的な考証を試みましたが、
新たなヒレの問題や正体とされたウバザメが、
そもそもシーラカンス以前の軟骨魚類の一族の流れを汲む生物…
ということで、アミノ酸分析にも説得力が無い事を書いてみました。

残りは現場の方々の意見。机上の理論では補えないものを、
これで補ってみましょう。
(現在進行形なら、どんなに楽なんだろう…)

ニューネッシー 漁業のプロ
すいません。私、ニューネッシーを拾った船に乗ってた事があります。
もちろん、拾ってから十年以上経ってからですが
すいませんすいません
瑞洋丸ですよね?すいません
電話くだはい さくだいおう
漁業のプロさん、実は乗務員さんをずっと
お待ちしていましたよ!船名瑞洋丸は、余り重要じゃない
と出していなかったです。(会社名は出しています)

取材をしたいという方がいらっしゃいますので、よろしければ!
電話下さい⇒xxxx
留守電になってますから、電話番号をいれてください。
わたしからおり返します。(さくだいおう専用線)
又はメールXXXXXXXXで。

表に出していないメルアドや電話番号までアップしたのが最高の礼儀!
瑞洋丸乗組員さんの件 さくだいおう
乗組員さんとして書き込まれる方には、
ご本人さん前提として考えてお返事しますので
是非ご連絡を下さいネ。

プロフィールなどメールを頂きました。
漁業のプロさんへ タカ
スウェーデンの水棲怪獣研究プロチーム、Global Underwater Survey Team
のボスがズイヨウマルの当時の船長さんとあと写真やスケッチを撮った人に
インタビューしたがっています。もし彼らの連絡先を教えて頂けるようでしたら
ご連絡ください。
大洋漁業ではありません 漁業のプロ
私が乗ったのは大洋漁業所属時代ではなく、大洋から子会社へ
売船されてからでした。 子会社の名前は伏せておきます。
まぁ、分かるとは思いますけど・・・・

で、若干名の乗組員ごと、売られたものでして、
当時の状況を知ってる方も数名いました。


以前、と、ある巨大掲示板に私以上にそのときの事を
事細かく説明してる方がいました。
会社のメンツも見え隠れした出来事でしたので
私の知ってる範囲では説明できません。

まあ、マルハは遠洋トロールから手は引きましたが・・・・
ただ、言えるのは、私が乗船したときにやはりNZだったんですが、
私が何気に「また入ったらどうするの?」って聞いたら
「今度は凍結して持って行くんだろな」って言ってました。

あと、誤解の無いように言っておきますが、甲板上は網を揚げるときは
戦場になりますし、限られたスペースを魚で一杯にしなければなりません。
ですから、無駄なモノや金にならないモノは全て捨てます。

あの船は船内にすり身の工場を持っていたんで会社の方が事業(すり身)の
監督できてましたんで、その方の撮影だと思われます。
社員はなにもすることがなくてブラブラしてますから・・・・・(^_^;)

私はあの出来事から十数年後に乗ったことだけは強調しておきます。
あと、関係ありませんが

『アノ辺』はこれ以外にも・・・イロイロあるんですけど・・・・

すいませんm(__)m
インタビュー 漁業のプロ
> スウェーデンの水棲怪獣研究プロチーム、Global Underwater Survey Team
> のボスがズイヨウマルの当時の船長さんとあと写真やスケッチを撮った人に
> インタビューしたがっています。もし彼らの連絡先を教えて頂けるようでしたら
> ご連絡ください。

私が小学2年生当時でしたので、船長なんかは結構な年だと思われます。
当時の天洋丸という同じ会社の船に乗ってた方を知っていますので何気に聞いてみます。
ニンゲン? タカ

> あと、関係ありませんが『アノ辺』はこれ以外にも・・・イロイロあるんですけど・・・・
 
 それって、「ニンゲン」のことですよね。本当なのですか?

作者より⇒南極周辺海域.巨大人型物体/通称ニンゲン
さらに関連するニンゲン・ヒトガタの話はこの「漁業プロの話」の最後に
「南極のニンゲン」として追加してありますので読み進めていってください。

ニンゲン? 漁業のプロ
 
>  それって、「ニンゲン」のことですよね。本当なのですか?

ニンゲンのことではないです。ニンゲンが居ると言われる高緯度まで
下がったことがありません。


南太平洋の高緯度での私の知ってる事の裏づけをしようとしたんですが…。

NZ沖での'70年代後半に焼津のマグロ船が目撃した「カバゴン」とか、
私が世話になった船頭が若いときに捕獲したという
「ぬるぬるしたトド?のようなモノ」とかです。

あの海域は変ったモノの目撃が多くて・・・・・。
すいません
すけっち マーカット
ニューネッシーってば、あの有名な写真のやつですね。
記事を読みましたが、あれはどう見てもウバザメじゃないでしょう。
スケッチを描いた乗務員さんも正直そうだし(笑)、あの骨格に肉を
付けていっても、どう考えてもウバザメにはならないでしょう。
自分も絵描きだから解りますが、想像で恐竜の骨格とかのスケッチは
描けないと思います。ヒトはともかく、動物の骨格は見なれないですから。
夢膨らむなぁ。
おお!スゴイ さくだいおう
>漁業のプロさん
いや、取材をしたい人は沢山居ますね。
注目は「足の存在」のことと、「皮下脂肪」かな。
でも、いまだにメールを頂いていません。
疑われるのは自然ですので、メール是非ともお願いします。

それと専門家ならウチを見つけるのが遅すぎ

>マーカットさん
でしょ〜!どうしても乗組員サンがうそをついているとは
思えないです(学者に言わせるとウソじゃなく錯覚)。
フォローをしているつもりですが、今になっては
修正をするのも手が出ないですね〜。

漁業のプロさん、ここは私に記事を書いて送って欲しいですよ!

是非〜〜〜〜〜是非〜〜〜〜〜(熱望)

ここまでは良かった、しかし…

だんだん主旨を忘れ他の話で盛り上がってしまう我々。



戻る     表紙     次へ