掲示板報告集6


きれいな魚、怪しいクモ たけさん

はじめまして!仕事中に暇で仕事場のパソコンでインターネットしてます。

本題ですが、僕が小学生の頃(14、15年前)に
兵庫県西脇市加美町にある川で銛をもって鮎を捕まえようとしていた時に、
体長3〜4cmほどで全身が黄色(よりは金色に近い)、
ムナビレが紺色のとても綺麗な魚
を捕まえました。

形はブルーギルの様でしたが、えらに特徴はなかったです。
一緒にいた友人(加美町地元の子)も初めて見たと言っており、
父に聞くと「キンシュブタ」みたいだが、ちょっと違うと言っていました
(そもそもキンシュブタて何やねん!!)

あまりにきれいな魚だったので持ってかえりたかったのですが、
手ごろな入れ物がなく、落ちていた空き缶に入れて歩いていたのが、
流れに足をとられ転んでにげちゃいました…それからは一度も見たことがありません。

あと5年ほど前に母の実家(福岡県久留米市の山奥)の風呂で
僕の手のひらよりも大きくて(円と考えて直径20cmくらい)
しかも足が10本のくも
を見たことがあります。

風呂は母屋とは別棟で木造、そのうえ五右衛門風呂と虫は出入り自由なんですが、
大きさはともかく足が10本て!?

僕は無類の虫嫌いなのでパニックになり風呂の中からお湯をバチャバチャかけて
室内より流れ出て行くのを見てました…当時僕は18才だったので
「これはしかるべき所に持っていけば絶対大発見や!」
と思うには思ったのですがなにせ相手がくもなんでそれどころではなかったです。

母の実家近くはまだまだ謎が多いようなんで
(にわとりとあひるの雑種みたいなのもふつうに見かける)
また見つけたらなんであれ(虫も)確保してまたカキコします。



神戸市に住んでいたことがありますが、裏の六甲山でクワガタなどが採れた事に
ビックリした経験があります。兵庫県は結構開発されている様で、自然も残って
いますよね〜。

金色のブルーギルはアルビノだったのかな?
再度捕獲頑張って欲しい!!!

く、クモは…
う〜む、⇒こちらかも

カニ・カニ・カニ!! 吉田ひであきさん

リンクしましたぁ〜♪
相互リンクありがとうございます。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

わたしの小さな発見?(UMAではないです)
国道一号下、自動車一台が通れるほどのトンネル。
その出入り口付近にある人家下の小さな斜面。

そして、斜面道向いはマンション。
この斜面に蟹達が生息していた。(水染み出てます)

驚きというより喜びでこの事を知人に話すが・・・
特に反応はなかった・・・当り前の事なのだろうか?
しかし、この蟹達の未来は暗いだろう。

昔山、申し訳ない程度の草木
そして、水が染み出している程度の環境があるのなら
皆さんの近くにも蟹達は居るかもしれません。

UMAでなく申し訳ない。生物という事でお許しを。

http://www.01.246.ne.jp/~kanzin/


私の今住んでいるアパートは小さい山の上にあるんですが、ある雨の日に
道端にカニが…!ショックを受けたことがありました(笑)。
サワガニじゃなかったのが…。


うまかった/アルビノカレイ どじょうさん

去年、祖父と網で、晩御飯のおかずの、魚を、捕りに行ったら、
両面真っ白な、カレイが、捕れました。たぶん、もう、死んでいるだろうな。
と、思って見ていたらなんと、生きていたのです。

そして、それは、持って帰り、からあげにして、食しました。
うまかった(続き) どじょうさん
うまかったですが、ちょっと、怪しかったです。
ちなみに、私は、少し根性のくさった小6の少年です。



こういうカレイをプラチナカレイといって、鑑賞魚関係では
超破格で取引されるとか。惜しいね〜。

小6ですか〜。今後もよろしく!



空飛ぶ人間型の… Dさん

皆さんあけおめ、ことよろ。

12月31日放送のビートたけしの特番見ましたか?

特に漁業のプロさんは必見だと思いましたよ。
そう、メキシコの「フライング・ヒューマノイド」です。
どう見ても「ニンゲン」の空版じゃないですか。偶然なんでしょうか?

人型の黒っぽい物体がメキシコの上空で多数目撃されているというものですが、
映像で見てみるとその形状がとても奇妙なのがわかります。
確かに五体のようなものが見えるんです。

しかし、真っ黒い(映像ではそう見える)ことから、
これが宣伝用の気球やアドバルーンではないと思われます。

また、動きも横にスライドしながら回転するような物体もありましたから、

少なくとも既知のものではないような‥インドのムノチュワといい、
何か得体の知れない機械の目撃が多くなっていますね。

個人的には「ニンゲン」と「フィライング・ヒューマノイド」の類似性に注目しています。
なにしろ「ニンゲン」は漁業のプロさんの話によればオフレコなはずですからね。
誰もが知ってる情報ではないはずです。あ、でもこのHPに公開されてるな(ーー;)

ひろさん
>フライングヒューマノイドの映像
 ワタシもみたですよ。そしてニンゲンを思い出したですよ!

 でもそれよりも同じ番組中の
 月に宇宙人の秘密基地があった
 という特集のが気になりました〜。

 月面探査を続けていたら、
宇宙人から 「もう来るな」
 って言われたって、マジか?!
 って感じでおもしろかったのです。
キングさん
ある日学校で、何気に外を見ていた友達が、
「何か飛んでる」といったので、外を見てみると、

人っぽい物が飛んでいた。

そして、しばらく見ていると海の方へとんでいってしまった。
あれは、なんだったのだろう?
かずさん
遅くなってしまいました
明けましておめでとうございます!
今年も様々なUMAが現れるといいですね♪

大晦日に放送したビートたけしの番組には驚きました
『フライングヒューマノイド』!!

ありゃ、なんですかね?

あの得体の知れなさが不気味です(^^;
(ところで『ニンゲン』って何なんですか?)
Dさん
> (ところで『ニンゲン』って何なんですか?)

かずさんこのHPの「漁業プロ」さんの話を参照してください。
フライングヒューマノイドがストライクな人にはたまりません。

キングさんそれはどんな色でどんな動きをしてました?
メキシコ以外で目撃されているとしたら新展開ですよ。

ひろさん確かにアポロの月着陸疑惑も新展開ですよね。
アエラなどでも取り上げられましたが、
いままではアポロが月に行ったのか行ってないのかという、
「白か黒か」みたいな議論しかされていませんでしたね。

なるほどまずいモノ(UFO)を隠すため‥月に行ってないという暴論
(一般のイメージ)よりは建設的でなかなかよい展開だと思います。
sさん
> (ところで『ニンゲン』って何なんですか?)

もともとは2chのオカ板で昨年5月から話題になった話ですが
今はそれを蒸し返すような形でYahooのオルタナティブ板で
トピが出来ています。
リンク↓参照。

ここ


一番我々が触れてはいけないエリアへ進んでいるような…。(笑)


ハリガネ! コッコさん

こんにちは。こんなHPがあるとは思ってもみませんでした。大変感激しております。
で、早速なんですが謎の生物情報です。

一昨年ぐらいの夏のこと、神奈川県の相模川で友人が捕まえたんです!
友人は川から流れてきたと言っています。
その生物は、太目の「針金」です。いや、見た目なんですが・・・。

長さ(体長)25cmぐらいで目や口、手足など見当たらなく、本当に「針金」のようでした。
水から出すと硬くなって動きません。水につけると動き出します。
珍しいと思い、ペットボトルの中に入れて保管してました。
水を入れないまま一ヶ月そのままにしておいたのですが、また水をかけると動き出しました。
なんなんですかね、これは?
知っている方がいらっしゃれば、教えてください。
写真を撮ってあればよかったのですが、ありません。
なにとぞ、なんとぞ・・・。

ハリガネムシ ななしーさん

それはハリガネムシですよ



写真:水棲生物雑記帖さん

最近では珍しい様ですね
軟体… S・Sさん
そのアドレス入れませんでした・・・。(;;)
ハリガネムシって軟体動物系なんですか?
カマキリからコンニチハ。 灰之さん
そういえばハリガネムシは幼稚園の頃カマキリ虐めてたら
なんか死んでしまったカマキリの体からうねうねと針金のようなのが出てきて
幼かった自分はパニックになり石で叩きつづけてました。

しかし丈夫なようで叩いても叩いても死にませんでした〜
気持ち悪かったですよ(苦笑
人間への寄生も かずさん
>ハリガネムシ
懐かしいですね〜
小学校の頃、ガキ大将がカマキリの腹を切って
出したのを見た思い出があります

幼虫は昆虫に寄生するらしいですね
人体への寄生は世界で数十例、日本でも数例あるそうです
これは偶然に寄生したと考えられているようですね

http://isweb46.infoseek.co.jp/cinema/hawkdown/


ハリガネムシ…。これを最初に見た人は必ずショックを受けるみたいですね。
切っても、石で潰してもなかなか死なない。
漢方薬なんかで出ていないのかな?
長命薬なんかで利用できそうだったりして。





あけましておめでとうございます。 usagitobiさん

ご無沙汰していますネス湖生き物観察のusagitobiです。
新しい年を迎えましたが今年もマイペースで
ゆったりまったりとやっていきたいと思います。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

http://usagitobi.hp.infoseek.co.jp/

代表してusagitobiさんの2003年のご挨拶から。
今年もはりきって頑張りましょう〜〜。


巨大魚(渓流) Kyoさん

初の書き込みをします。Kyoと申します。
しばらく前から興味深く読ませていただいてます。
これから、よろしくお願いします。

さて、巨大生物とまではいかないのですが、
私が小学生(20年前)にこんな体験をしました。
私の実家の山の中には
岩魚・山女の住む中沼という沼がありました。

ある日、親父と山を登りついでに釣りをしたところ
私の握っていた竿に当りが!!

しかし、子供の私には竿を引けないぐらいの引きでした。
親父にも手伝ってもらいましたが
あっけなく竿(渓流竿)が根元からポキリ。

親父は後で、岩魚なら60cmを超える
大物だっただろうとは言ってましたが。

しかし、柔軟な渓流竿をへし折る
魚っているのか?と思ってみました。
あんなのがいまだに泳いでいる
姿を想像するとドキドキします。

次回は去年、以東岳にチャレンジした時の
大鳥池のことを書きたいと思います。
長文失礼しました。



渓流竿はおっしゃられる通り、なかなか折れませんよね。
私の経験では郡上八幡の吉田川のよどみであろうことか50cmのコイが
掛かって、取り込めました。

折れた経験は1回しかないのですが、サツキマスの大物がかかり、
折れてしまい、姿は見えたのですが逃げていってしまいました。
(海で流用していた竿だった為、クロダイを釣った際にヒビが入っていたのが
原因でした)

この取り逃がした記事は、週間釣りライフという新聞で記事にしました。
どちらにしましても、かなりの大物でないと折る事は無理でしょうねぇ。

大鳥池の記事、お待ちしていますね!


巨大な蝶/蛾 ユウジさん

明けましておめでとうございます。
早速ですが、以前見かけたのですが、名前などがわからないものがありまして・・・。

今から5年程前、当時中学1年だった自分は、部活帰りに
他人の家の植え込みに大きな異物がくっついているのが見えました。
近くで見ると、およそ30センチ近くある蝶のような蛾のようなものでした。

住んでいるところは徳島県の田舎で付近に山もあるところなので、
まぁありえるかなぁ、と思い数分間観察していました。

作り物だったとしても、わざわざそこにくっつけておく意図もわかりませんし・・・(笑)
触ってみても、燐粉は手につくし、触覚らしき物は動いているしで、
十中八九生きている本物だったと思われます。

あまり特徴は覚えていないのですが、羽の模様は、
黒と茶色で鮮やかではなかったと思います。
触覚を見れば、蝶か蛾かわかったんですが、
中1の時にそんな知識は無かったので、覚えておりません(^^;

おそらく、蛾ではなかったかと思います。
羽を広げたままペタッとくっついていました。

今思えば、捕獲しておけば良かったなぁ、と後悔です。
あの時以前も以降も見たこと無いですしね(^^;
成虫30センチだったら、幼虫はどれくらいなんだろう?(笑
よろしければ、ご調査願いたいしだいです。



大きな蝶や蛾は記録を塗り替えることがあります。

主な要因は幼虫時代の栄養摂取の量に拠るようですが、
記録が現物があればギネスブックをはじめ、生物学会の資料に
記載されますので、見かけられたら危険を犯さない様に配慮しながら
ゲットを試みてください〜〜。


見たことが無い足跡(シカ?) 将軍さん

あけましておめでとうございます。初めての書き込みです。

僕は、北海道に住んでいて、釣りが好きなのでよく山や海に行くのですが。

去年の夏、山奥の渓流を源流の方までずっと上がっていったのですが。
今までに、見たことのない足跡があったんです。
形は鹿の足跡に似ているのですが蹄と思われる者が3本有り、
普通の足跡の2倍くらい有って異様な大きさでした。


その足跡を見つけてから、下をずっと見ながら進んでいたのですが。
突然、今までに聞いたことのない鳴き声まで聞こえてきました。
その日は、恐くなってすぐに山を下りたのですが。

後になって写真ぐらい撮っておけば良かったなと後悔しております。



雪男関係とは言いきれない、謎の動物は北海道なら可能性は高そうです。
知識が無いとそのまま素通りだった生物関係も、少しの知識で発見できるのが
当サイトの啓発?の趣旨ですが、鹿のバカデカイものですか〜。

栄養を取って成長ホルモン異常というのがオオソドックスな見解ですが
写真が有ると面白くなりますから、後悔よりも次回チャレンジくださいね!

なかなか出会えないのが辛いところですけどね。気持ちわかります。


巨大なヘビ 鬼十郎さん

大変面白いHPで、気づいたら5時間ほど捉われておりました。

私の体験談ですが、昔、とても大きな蛇を見ました。

もう15年ほど昔になりますが、当時小学生だった私のうちに
従姉妹たちが遊びに来ておりました。

私の家は農家でそれなりに広い敷地があり、その一角を生ごみ捨て場として
次の春からの肥料を作成しているのですが、その近くを通ったときに
祖母が悲鳴を上げながら逃げてきました。

あまりの錯乱振りに何があったのか尋ねると、腰を抜かし、
泣きながらながら「大蛇が…」とのこと。

怖いもの見たさに行ってみると、一部しか見えていませんでしたが、
確かに「大蛇」!

生ごみの山に半ば埋もれるようにして、50センチほどが見えておりましたが、
何より驚嘆すべきはその太さ!20センチはありました

「ヅルヅル」と重たげな音を立てていたそれを見たとき
私は「睨まれた蛙」状態(実際睨まれてはいませんけど…)。
逃げることも、目を離すこともできず、瞬きさえせずにそいつに見入りました。

そいつが再び生ごみの山に入り込むまでどのくらいの時間がかかったのかは
あまりの衝撃に覚えていません。

体を引きずる重たげな音と、湿った地面の音か腐乱した生ごみの音か
「ぐぽっ、ぐぽっ」という音、そしてその想像できるあまりの大きさは
今でも色褪せず頭に残っています。

ほかに蛇関連で言えば頭が二股の蛇とか両端が頭の蛇とかいましたけど
こっちはそんな珍しいものじゃないですよね?

この大蛇の模様は……えーと、あえて言うなら
畳の縁っぽい模様(六角形のやつ)で、色は茶、灰、黒でした。

大きな蛇の話 恕留樹(じょるじゅ)さん
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

鬼十郎さんの投稿もありましたし、おめでたい
話題として私が目撃した大きな蛇の話をします。

1986年のことでしたか私が中学生のとき林間学校で
秋田県の岩城少年自然の家に行きました。
http://www.lifelong.pref.akita.jp/sizen/iwaki/
そこでハイキングに行ったのですが、農家の人が田
植えをしている水田の脇を通った時、あぜに大きな
蛇がひなたぼっこしていました。
暗い青みがかった色をしていて頭の少し後ろですぼ
まっている形からアオダイショウに間違いないと思
います。
太さは大人の人の腕ほどの大きさがあり、長さは目
測で5mくらいあったように思います。
以前本で牛ほどの大きさのアオダイショウが見世物
にされていたという話を読んだことがあり、なるほ
どこれほど大きな蛇もいるのだなあとそれほど不思
議に思いませんでした。
女の子達はギャーギャー悲鳴を上げていましたが、
農家の人たちはニコニコして眺めていました。
大きな蛇の方もおとなしく体を伸ばして横たわって
ていまして尻尾から2mほどのところを私らが歩いて
いても平然と横たわっていました。
尻尾をふんずけたら面白いだろうなと私は思ったの
ですけれども、実際にそうしていたら農家のおじさ
んに追い掛け回されたかもしれません。
UMAは身近に??? Foyersさん
さくだいおうさん、今年もよろしくお願いします。
みなさんの書き込みを読むに、UMAは絶対身近にいますね。
灯台下暗しってヤツかも・・・
今年こそ発見しましょう!!

http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/1933/

へび Mr.Aさん
蛇で思い出しました.保育園のころ道端で2mは在ろうかと言う
大きな金色の大蛇をみました。
頭は見れなかったのですが胴体の太さだけでも
大きな木の枝ほどでした.
それいじょうかもしれません。

5時間もかけての読破、ありがとうございました。
ウチもいやぁ、結構な分量になってきましたから、読み応えも出てきましたね。

巨大なヘビは、奇形(双頭など)よりも可能性は低いと思いますが、
大きいゆえに目撃されやすい事から存在している可能性が高いとも言えるかな。

大きなヘビを見かけますと、たしかに身が危険という事にあわせて、
腰が抜けるといいますか、ヘビに睨まれたかえる状態になる事が
普通に起きるようです。

また、ご報告をお待ちしています。


ここ最近、巨大なヘビについての報告が多くなっていますが、
環境の変化(暖冬)の影響が出ているのかもとか。
別の視点で考察して見ると、意外なことが浮きあがって来たり。



戻る     表紙へ     次へ