標本の写真提供つきダイオウイカの謎。どうして淡水にはいないの?全3ページ

ページ数が多いので読み返す、ブックマーク時には1ページに集約したコチラを用意しました。NOT別窓設定。
UMA部分も消してありますので、宿題などにも役立つように配慮しました(&他の方への紹介へも便利かも!!!)。

大きなイカなら

当サイトの冒頭に出しているダイオウイカは27メートルだったそうですが、
見た感じはもっと有りそうな気がしています。

←カナダ・ニューファンドランド。全長27メートルのヤツ

正式な最大記録では19.8メートルです。それでも驚愕な大きさです。

マッコウクジラのところで書きましたが(←未だの方は是非お読みください)、
ダイオウイカなどの巨大な軟体動物は自身の遊泳力だけでは体を支えきれない事が多く、
海底へ沈降していってしまいます。

魚類と違ってウキ袋のない軟体動物たちは比重の違う液体を体にまぶし、
主にアンモニア(塩化アンモニウム=濃塩酸+アンモニア)で
体の中を海水と同じ密度にして海水と吊り合わせて浮いているのですが
素早い動きが出来ないと推測されています。関連記事⇒浮き袋の秘密

エサを取るのもキツイですから、なかなか巨大になれないのに加え、
存在すること自体が微妙に難しい生命体です。
実際に生態は分かりませんのでピューピュー泳いでいるかもしれませんが。
(その後、素早い動きをすると言う科学者の調査発表がありました)

つまり存在自体が不思議なれっきとした怪物です。海は広くて深い…


▲イカの刺身やスルメイカの味をイメージする人が多いですが、
体内のアンモニアの影響が大きく無茶苦茶マズイそうです。

一方、海には巨大な軟体動物がいるのに、池や川、湖にはいません。
淡水では浸透圧というものが大きすぎて”バランスを保つ事”が難しいです。
簡単に説明すれば、真水がどんどん体の中に入ってきて細胞が壊れてしまうわけです。

もっと簡単に言えば「水ぶくれになっちまうぜ…」って感じ。(←解りやす過ぎるか…)

骨格もなく、体に体液を送る血管みたいなものも貧弱という巨大軟体動物の限界ですネ。
サケ類は海から川に入るのに約1ヶ月半も河口域で体を慣らします。エラも血管もフル稼働。

そもそも淡水のエリアに巨大なイカやタコ、クラゲ(←小さなモノはいます)が存在していれば
ネッシーを始めとする巨大生物の議論は別の展開になっていたでしょう。

▲後に「科学分析の章」を作っていますが、その中で生物的可能性の項があります。
血管様組織が最も発達しているのはタコね。

=こんな風に泳ぐのかな?



戻る     表紙     次へその2