ハッシー(岐阜県羽島市)など/謎のエリア愛知県Part3

謎のエリア、愛知県Part3。知識や知恵を愛するという県名です。
こんな素晴らしい名前がついている県は他にあるでしょうか?
県知事始め、議員や県民の全てが毎日、知識に喜びをもって過ごしています。

お膝元にはその知恵のおかげで世界に君臨するトヨタ自動車の本社があって、
市の名前をイチ企業の豊田市にしているほど。

とはいえ県は借金が多く、実際には素晴らしく見かけ倒しという、
噂も有る事はありますが、それはそれ、中部国際空港セントレアも出来、
新世紀初の愛知万博でリニアモーターカー(リニモ)が見れる、
こういうメデタイ時はマイナスに触れないのがお約束。

で、愛知県の話は実は全く関係ないので本題。まずは下の写真をご覧頂きましょう。

←横幅20cm、重さ700グラム

学研「UMA未確認動物」P249より↑

なんと、この大きな貝はシジミだそうです
シジミの味噌汁が何杯飲めるか? 想像してくださると好いでしょう。

とはいえ、この写真の貝は鹿児島県曽於郡(そおぐん)松山町の農家、
谷口さん(フルネーム省略)が飼っていたもの。

1982年に都城(みやこじょう)市の城、都城の池ざらいをしていた時に、
ドドーンと発見された5個を譲ってもらったものだといいます。

50‐60年も生きているとか。
見物人も相次いだという話が残っていました。

それはそうと、左手の親指が恐ろしく曲がっているのですが…

そして、愛知県海部(あま)郡佐屋町でも

1984年4月、愛知県海部郡佐屋町の農業用水で
これまた巨大な貝が見つかったそう。
幅30cm、縦20cmの巨貝。これまた5個。

発見者は佐屋町の華道教師伊藤さん(フルネーム省略)。
水路の改修の時に自宅前!!!のドロ水の中から見つけられたそうです。
(写真は無かった)

まぁ、淡水貝の大きなモノは琵琶湖原産カラス貝とかド〇貝とかありますが、
食性(基本プランクトン食)が問題で、どうしてデカくなったのか?
そんな環境があることを調べる方が興味深い所です。
(持ち込まれた場合なら、どうやって持ち込まれたのか?とか)

この海部郡というところ、実はかなり美味しいエリアでして、
作者が幼少の頃、蟹江川という信じられないほど生物相が豊富な河川がありました。
現在はドロ河川化、ヘラブナ釣りの聖地になってるようです。

下部に読者さんからの投稿も入れています。

岐阜県羽島市/長良川

1986年6月10日。

名古屋からほど近い岐阜県羽島市。

ここには中部木曽三大河川である長良川、揖斐川、木曽川が
仲良く隣同士で流れ、分岐して行く場所(に近い)。

長良川をはじめとする木曽三大河川には、トドやアザラシが寄生虫を落とす為、
また、迷い込んだりして登ってきます。
ただ、現在ではなく「かつて」と言ったほうが良いかな。
最後の(河口堰が無かった)長良川に堰が出来たので、残念ぽんというところ。

かつて、トドとかアザラシとかじゃなく、妙な巨大生物が目撃されていました。

目撃者の社会的地位に信用があり、リアルな話から「これはすげぇ!!!」と騒ぎに。
地元では「ハッシー」という素晴らしく安直な名を付けました。

←ハッシー

学研「UMA未確認動物」P244より↑

目撃者

羽島郡岐南中学教頭 大堀先生(フルネーム省略)
岐阜市厚見中学教諭 武藤先生(フルネーム省略)

羽島市の長良川には川沿いに長く伸びた道がありますが、
二人はその道を走っていた所、川の中央付近に怪物が出現!!!

体長はおおよそ2m、横幅が1m、黒っぽい茶色、
巨大なエイの新種っぽいというか、そんな感じに見えたそう。

エイの様に見えたポイントは、横腹の部分から手のような三角形のような、
波立つ雰囲気からそう感じたそうです。

そして、一冊だけじゃなく、もう一冊の記事を比較のため拾ってみましょう。

←私もネーミングセンスを磨きたいものです

廣済堂文庫「日本の怪獣幻獣を探せ!」宇留島進著P228より↑

1986年6月10日。午前11時40分頃

岐阜県羽島市桑原町西藪の長良川右岸で目撃。


右岸・左岸とは?知っているようで知らない知識シリーズ

川の右岸左岸は、上流に背を向け、下流へ向かって見て右か左かです。

              上流
          |        |
          |        |
          |        |
      右岸  |          | 左岸
          |        |
          |        |
              下流

無駄知識のサイトらしいぜ…ふふっ(遠い目)

二人は車で津市へ出張の途中、助手席の教頭大堀さんが
水面に浮き沈みする黒い背ビレのようなものを見た。

車を止めて二人で良く見て、手のようなヒレのような横腹のもの、
こげ茶色の巨大なエイの様な感じ…を確認した。
その後、悠々と下流へ泳ぎ去った。

2人で確認したのがポイントですね。

河口から20km入ったエリアでの出来事で、塩分は海水魚が登れるほど濃くなく、
当時の学者の推測はマチマチのようです。


岐阜大学教育学部/和田教授

「軟体動物はまず登って来ない。エイは塩分が薄すぎるし底に居るから違う。
トドが過去に登っているから、それの可能性が高い。」

岐阜県哺乳動物調査研究会/川崎会長

「哺乳動物で間違いないだろう、こげ茶色から考えると、
イルカやクジラじゃなく毛皮のアシカ類と思われる。」

K大学/さくだいおう臨時講師

「アマイですね、みなさん。これは怪物に違いありません。」

こうやって海から怪物が登ってくる事も河口堰で皆無になったと作者は惜しむ。
(サイト内参考⇒サツキマスと長良川=河口堰について)古い記事です。

下記物件、調査に行くぞ!!!

現場が作者の住まいに近いということもありますが、
メールでの話によりますと、幻の河川・蟹江川(謎)の話題まで出現。
暇な時には、是非とも率先してチェックを入れたい物件です。


うりこさんより

初めまして いつも楽しく読ませていただいてます。
でも読んでいるだけでは・・と思い、私が長年あたためてきた目撃談を聞いてください。

それは今から15年程も前、今は私は名古屋市内に住んでおりますが、
当時は海部(あま)郡の某所に住んでおりました。
たぶん、小学3年生ぐらいだったと思います。

朝の集団登校の集合場所である近所の公園で友達と
ぼーっとフェンスの向こうの池のような所を眺めていました。

すると底からなにか爬虫類のようなものが浮き上がってきて、
よく魚がするように一瞬水面に顔?を出しすぐに潜っていきました。

その色が・・・オレンジ色の皮膚に黒い大きなブチ模様だったんです!
形はワニを小さくしたようなラブリーな感じで、たぶん60pから1mぐらいかと・・。

←こ、これはっ!!!アマッシー

ほんの一瞬の出来事でしたがあまりにも強烈な色が未だに忘れられません。
友達もびっくりして、「見た?今の!」「見た見た、気持ち悪い!」というような
会話をしたのを覚えています。

当然親にもほかの友人にも話しましたが、「そんなもん、おるわけないわ!」
・・・まあ当然の反応でしょうが・・。

それ以来私も友達も誰かに話すのをやめてしまいました。
でも、その池に繋がっている小さな川では、
私はほかにもオオサンショウウオのような形をした何かを見ているのです。

川はきれいでしたが(当時は)、池はどんよりと薄暗い感じで、底も見えず、
心霊スポットのような雰囲気のところで、いかにも何かいそうな感じです。

さんざん否定されたのであれ以来今まで話したことはなかったんですが、
ここなら聞いてもらえるかな・・・と(汗)。

UMAっていると思ってた方が夢がありますよね!
ではまたお邪魔しにやってきます。

今の時点の推測

ハイ。聞いてもらえます。

アリゲーターガーのアルビノウの目撃だった、
オオサンショウウオの脱皮か?←あるのか、という
時代的には難しそうなウルトラワザですが…今の所、アマッシーと命名しましょう。

現地の写真を撮る為(←釣りを兼ねてリフレッシュのため)
行こうかなと考えてます。

アマッシー、ラブリーっすね。


はじめまして。森といいます。

深夜に研究室で実験待ちの暇な ときなどに
拝見させていただいております。
ざくざくと切って いく感じがかなり楽しいサイトですね。
内容もかなりわかりや すくためになります。

しかも懐かしい内容も多いです。

九州育 ちで母方の実家が鹿児島であったこともあり
池田湖も行きまし たが、あそこのうなぎは非常に大きく,
幼心にびっくりした記 憶があります。

あと巨大な青いミミズとか中学校に行く途中に
いっぱいいたのを覚えています。

話がだいぶそれてしまいましたが,
気になったことがあって メールさせていただきました。

ご教授願えれば幸いです。

私は もともと工学部に在籍していたんですが,
現在は農学部の修士 課程に在籍している者です。

生物系でも植物(特にセルロース )がメインの研究室なのですが,
個人のテーマとして炭酸カル シウムを追っております。
ご存知のとおり炭酸カルシウムは貝 殻の主成分という事もあって
生物工学の分野で盛んに研究され ております。

そこで質問なのですが,貝と言うのは脱皮をする のでしょうか?

なぜそんなことを聞くのか?と思われるかもしれ ませんが,
小さいころにどなたからかオウム貝の貝殻をもらい ました。

その貝殻は不思議なことに
表面が普通の二枚貝などの 内側に見られるような光沢のある
つるつるしたものだった記憶 があり,
渡されるときに脱皮したからこうなったんだよって
言 われた記憶があります。

すっかり忘れてたんですが,サイト見 てるうちに
気になってしょうがなくなりました。

ご存知でした らお教えいただけると幸いです。

P.S ウモッカ見つかるといいですね。
個人的には南米の東海 岸沿いとかも怪しい生物いそうな気がします。

上の”オオサンショウウオの脱皮”に引っ掛けて、
こちらで紹介させていただきます。

実は専門が異なりますので、貝のものについては
専門的な方が解答下さると嬉しい状況です。

脱皮というのは「生物が大きくなる時に起きる古い細胞を捨てるもの」
という感じと思っておりますが、貝でも皮をカルシウムの表層と例えれば、
同じ言い方でも構わないかもしれないなぁ…と感じました。

どうなんでしょうね?

お役に立てれず申し訳ない…
代わりにエールをお送りします。

「修士卒業、頑張って下さい!!!」

サイト内/地域関連記事

ジモティー(地元住人)ならチェックしない手はないよね。

⇒コラム4a愛知県名古屋市守山区は異世界への出入り口!?



次回、アマッシーの住んでいた魔界をご期待下さい。
to be continued....

(続きがあるのか…?)

岡山の怪魚前へ     表紙へ     次へ人面? グレイ?