船をテレポート!?

世紀の天才、アン入りシューマイ博士(アインシュタイン博士)。

彼の相対性理論、特殊相対性理論は光と空間と時間のスゴイもの。
そのアン入りシューマイ博士の理論を元に実験されたのが
フィラディルフィア実験と呼ばれるものです。

その実験は船(巡洋艦だったかな)をテレポートさせようという恐るべきものでした。

テレポート出来れば、戦闘機は要りませんし、敵国の本体近くにテレポートして
爆弾を落とせば勝率100%です。

かのドメル将軍の瞬間物質輸送機が最初からあるのなら、
ヤマトが7色星団まで来る前に地球侵略は完了していた事でしょう。

何故出さなかったのか!?

宇宙を侵略しながらも、隣の星のスターシャを恋しているため
手を出さなかったデスラー総統は女性には弱かった…というのは置いておき、
楽勝になる瞬間物質輸送機は邪道として最初から使わなかったのでしょう。

なかなかナイスな男であります。

しかし、デスラーのように使ってはいかん…はずの瞬間物質輸送機を
実験まで漕ぎ着けたという大国アメリカ。

テレポートさせたあと、海軍の乗組員は消えるは、
空間は歪んで壁と同一になる兵隊さんは出てくるはで、
2度と起してはならない実験とされたという。

無論、こんなことが世界各国に知れたら非難の集中砲火を国連で浴びせられるので
内緒になっているそうですが…。


フィラデルフィア実験 ろきさんより

初めまして、ろきといいます。
いつも楽しく拝見させて貰ってます。
フィラデルフィア実験の詳細っぽいの見つけたんで報告しておきますね。

第二次世界大戦の最中である1943年10月28日、
アメリカのペンシルバニア州フィラデルフィアにある米海軍工廠において、
レーダーに対して不可視化する実験がおこなわれた際に
実験艦として使われた駆逐艦がエルドリッチである。

エルドリッチの船内には数多くの電気実験機器が搭載され、
そのスイッチを入れると艦はレーダーはもとより肉眼でも認められなくなったという。

 ところが実験中エルドリッチは突如消失し、フィラデルフィアから
およそ1600マイル離れたノーフォーク沖へテレポートしたのである。
エルドリッチはその後フィラデルフィアに帰還したものの、
乗組員の中には体が船体に溶けてしまったり、衣服だけが
船体に焼き付けられた者や精神異常をきたす者もいた。

 そもそもこの実験は、『UFOについて』という本を出版した
モーリス・ジェソップという作家に1956年、カルロス・マイケル・アレンデという人物から
届いた手紙に端を発し、モーリスはこの手紙を受け取った3年後に謎の自殺をとげ、
海軍は総力をあげてアレンデを捜したが失敗に終わった。

この怪実験は現在でも様々な論議を巻き起こしている。

さて、身の危険を顧みず語ってしまう現地で医学研究中のHarry博士のレポートへ続く



例の実験【その1】 Harry博士

さくだいおう様

お久しぶりです、Harryです。

多忙を極めていたため(というのは多くの方に該当することでしょうが)、
ここ最近はROMることすら侭ならぬ時を過ごしておりました。

さて、UMAの話と離れますが、『フィラデルフィア実験』の話が目に留まりましたので、
現地人の話をなんとなく聞いてみたくなり実行しました。
というか、たった今聞いてきたばかりなのですが・・・。

非常に「切り出しにくい」話題ではありましたが、なんとかトライしました。
もっとも、話が聞けたのは僅か2名ですが・・・。
しかし、生粋のPhillyっ子に訊いたこと間違いありません。

私「・・・ところで、『フィアらデルフィア実験』ってどんな実験だっけ?」

若手の同僚A「ん?ああ、アレね。軍艦を使ってやった不可視化実験だろ?
なんでも失敗して船がテレポートしたってやつ」

年長の同僚B「映画の話か?」

私「映画?あ〜あ、そういえば、そんな題名のSF映画日本のテレビでも
見た気がするぞ(わざとらしい)。ああ、映画の話か」

同僚A「いや、実際にあった出来事を元にして作られたって話もあるぞ」

私「エエッツ?(大げさなリアクション)」

A曰く…

「大多数の人はテレポテーションなどの出来事があったとは信じていないよ。
だけど、ごく一部の人ではあるけど、信じている人もいるみたいだね。
なんだか知らないけど『証拠がある』とか言ってね」

B曰く…

「ああ、映画だけの話じゃないのか。
そういえばそんな話信じている人たちが確かにいるって話も聞いたことあるな・・・
いいかい、そもそも瞬間移動はだな、・・・」

その後同僚Bは「物質消滅」の可能性の話を原子レベルで私に説明し始めましたので、
この場はこれで流してしまおうと思っていました。

ところが・・・、

同僚A「・・・だけど、どうしてそんなことを訊くのか?その話に興味でもあるのか?」
と鋭い切り替えしに、私がもっともらしく、
「えっ?い、いやァ・・・無い無い。『フィラデルフィア染色体』なら興味あるけどさ。
いや、何故こんなこと訊くかというと、そ、それは、つまり、その、き、君たちの国の政府は
なんでも隠したがるように思えてならないから、その例えとしてね、挙げたまで。はは・・・」

などとと、脈絡の無いほとんど無意味な言い訳をしたのですが、それが功を奏して(?)か、

(【その2】へつづく)

例の実験【その2】

同僚B「おお、そうだよ、何でもかんでも隠したがるねぇ。
だから政府の言うことを何も信じなくなる人たちも出てくるんだ。
知ってるか?アポロの月面探索は作り物だったという話もあるぞ」

同僚A「そう、ハリウッドみたいに!」

私「ああ〜、聞いたことあるねぇ!その話・・・。
そういや『隠す』といえば、エリア50だか60だか知らないけど・・・(わざとらしい)」

同僚A「51だろ?エイリアンがいる秘密基地」

同僚B「エイリアンか?そりゃいるだろうよ。だけど地球に来れるわけ無いだろ。
アインシュタインに訊いてみろ」

(どうも同僚Bは真面目に答えすぎるきらいがあるようです)

同僚A「中には政府の連中はみんな人類の皮をかぶったエイリアンだって
信じてる連中もいるぜ」

同僚B「そりゃそうだ。数えてみろよ、たくさんいるぞ。
政府の人間なんてXXX(某大統領)もYYYも、ZZZも、
・・・みんなエイリアンみたいなヤツラばかりじゃないか、ははは」

私「違いない、ははははは・・・、ま、冗談はこれくらいで・・・」と、
この辺で切り上げました。これ以上突き進むのは少々危険と察知したからです。

以上、実に横道に逸れっぱなしではありましたが、この様な話が聞けました。
今回のサンプルには偏りがあり、しかもN=2では話にならないかもしれませんが、
実際のところ街行く人に「あなたは神を、いや『フィラデルフィア実験』を信じますか?」
と聞いて回るのは流石に勇気がいります。

何はともあれ、良識のある現地人は誰も信じていない、というのが結論のようです。

お粗末でした。

ところで、ペンシルバニア州は五大湖(エリー湖)に接しているので、
機会があれば「それとなく」変な生物・UMA情報などを訊いてみようかな、
などと目論んでおる次第です。

それと、今回も無駄に長文となってしまったことを陳謝いたします。
ではまた。

おおお…、なんという恐ろしいキケンなレポート…

ちなみにフィラディルフィア実験の話を元にした映画も有ります。

▲冒頭の私の解説は記憶を頼りに書いていますので、
後に実験の日付とか文献とかの修正追記をします。
掲示板の記事も拾ってみます。


フィラデルフィア実験 junk-yさん

フィラデルフィア実験は確か軍艦が磁気信管式の機雷を爆発させないために
実験で比較的小型の巡洋艦や駆逐艦に発電機乗せて
コイル巻いて行っていた実験にどっかの目撃者が尾鰭背鰭胸鰭尾頭をつけて
噂話になったんじゃなかったかな?

注:船という物は長い間同じ方向に向けて建造するので
地球の地磁気により着磁してしまいます、
磁気信管式の機雷はこの磁気に反応して爆発します。

オマケ:

Harry博士と同様に、危険な発言でも無いのに当サイトに載ってしまうと
危険なひとに見えてしまうドクターK2さん(ボストンで外科医として研究中)の
写真付き記事(座礁したボート)も後半に出てきます。早く読みたい方はどうぞ。

フィラデルフィア実験・おしまい



戻る     表紙     次へ:コラム編