としぞをさん提供写真が一杯!!!

提供写真集:江ノ島水族館その2

重ねた腕のぬくもりに戸惑うカップルが集う水族館。
ケンカもしたけど、あのぬくもりだけは忘れる事が出来ないはず。
東京方面の方には良い想い出が一杯あるかもしれないですね。
その江ノ島水族館が来年リニューアルします。

見納めになる古い建物、皆さんの想い出を当サイトに残しましょう。

(クサイって言うな〜!!!)

注目はオレンジ色のザリガニ。
オレンジっていったら普通のザリガニじゃない?とツッコム方々は色の違いを良く見よう〜。


解説はとしぞをさんです。提供感謝です。

これが小田急線片瀬江ノ島駅、通称「竜宮城」。目の前は江ノ島〜。



この水族館も2004年年1月12日で見納め



デンキウナギでカボチャ点灯(ハロウィンだったので)。



ガマアンコウ様。なんでも、お仲間がスペースシャトルに乗ったとか。



海底を歩くホウボウ様。宇宙生物のようですが……



イザリウオ様。石ではありません。



これが有名なモナコ水槽。
水槽自体に自然界と同じ浄化機能を持たせてあるため、外部に浄化フィルターがありません。



アルビノヨーロッパオオナマズ様。25cmぐらいしかありませんが……ヒゲがおちゃめ。



アルビノヨーロッパオオナマズ様の後ろから。



オレンジザリガニ様。10cmぐらい。
突然変異でこうなったらしく、すでに茹であがっているわけではありません。
メキシコ産ファイアーオパールのように強い蛍光性のオレンジで、非常に美しい色合い。



ええ〜い、動くんじゃねぇ〜っっっ!!ううっ、ナマモノの撮影は難しい〜!



さあ〜て、これが本日のメインイベント、ハナデンシャ様っっっ!!(ウミウシ)
このためだけにロマンスカーで江ノ島くんだりまで来ました(わりと近いですが)。
右奥に見える濃いピンクの物体はハナデンシャ様が産卵なさった卵ですじゃ。



刺激を与える(つつくとか)か、夜になると体表のつぶつぶが発光するらしいッす。
み、見てぇ〜!!





しかし、正体を知らずに海でふんづけたらパニック必至っす。
あ、このハナデンシャ様は20cmぐらい。
孵化して水槽内がエ○クトリ○ルパレ○ドになったら面白そうです。



これが建造中のニュウゥ〜江ノ島水族館。
かる〜く5倍ぐらいの規模になりそう。2004年4月まで待て。



波とたわむれる、海岸のゴミ拾いに来ていたぢょしこうせいの団体様、約30名。
曇り空に霞む江ノ島もグゥ…などと浸ろうと思ったが、チミ達うるさい(かなり)…………。
















というわけで2004年の新江ノ島水族館(数倍規模)をお楽しみに。
としぞをさん、ありがとうございました。


腕を組んでドキドキか…。ふっ



戻る    表紙    次へサンシャイン水族館にも突撃レポ