感謝・Harry医学博士ご紹介

それは、とある投稿が始まりでした。


Harry博士より寡学的考察大全←サイト出来ました!!!

こんにちは。
仕事柄こんな話は実に心苦しいのですが
・・・実は何を隠そう、私もUMA目撃者なのです。

私は都内大学医学部所属のPh.D.で、現在米国フィラデルフィアの大学
研究留学中のものです。

一応薬理学者なのですが、その昔は動物生理学なるものをやっており、
その学位も持っております。
そんなことから、・・・というよりも、とにかく、UMAにはいろいろな意味で
大変興味を持っております。

その興味を持つに至った原因のひとつが、今日お話しする出来事かもしれません。
それは今を去ること25年ほど前の話です。

続きを読むなら⇒コチラ(目撃報告集その30)

この投稿を頂いてから幾星霜、
大変多くのご助力を頂きましたので感謝を込めて
読者の皆さんにご紹介するものです。

青いマスでの鋭い解説、当サイトの医学関係記載のチェック、
果ては湖の科学で底のユスリカの幼虫記載を
コッソリ修正くださるなど感謝が絶えません。

フィラディルフィア在住のため、
オカルト超常現象の有名な事例「フィラディルフィア実験」
レポートも下さるという美味し過ぎ!!!と怒られそうです。

切っては切れない学術的な考察が必須の当サイトにとって、
有り難いことこの上なしです。


現在米国PhiladelphiaのXXXXX大学というところに研究留学中の身で、
いわゆる「ポスドク」です。

日本国内では、「XX大学」に席を置いております。
そこでの所属は「薬理学講座XX」というところです。

最低あと2年以上は大学に帰らない予定ですが、先のことは分かりません。
このまま米国にとどまることも考えていないわけではありませんから・・・。
もっとも、簡単には辞められないのも事実ですが・・・。
 
かいつまんでお話しいたしますと、私の研究は、主に細胞外ATP
(細胞内では皆さんご存知の様に、
エネルギー供給体として働くあの『アデノシン三リン酸』です)
の細胞表面の受容体であるP2受容体、
およびそれに連関する細胞機能について、
生理学的・生化学的・薬理学的あるいは
分子生物学的見地から様々な研究を行っております。

日本にいる頃のテーマは、
特にP2受容体と内分泌との絡みに関するものでした。
 
さてさて・・・、
 
HNのHarryは単純に私の名前から
自分でつけたニックネームから来ていますし、
今現在も周りのみんなは私をそう呼びます。

「XXXX」という名前は英語がnative languageの人には
あまり発音し易くないようですね。
もっとも、この単語の意味は本来いい意味ではないのですが
(日本人は『Hurry』と間違える人が殆どなのですが・・・違います)、
大学院時代から外国人の教授に呼んでもらっていた名前なので、
自分的には愛着があるのも事実です。

そんなこんなの理由(?)もあるのですが、
何よりこのサイトではあくまでHarryで通したいと思っています。
もちろん、「ウモッカ」捕獲・運搬の費用は喜んで協力させていただきますが、
私個人はあくまでHarryというかたちで協力をさせてください。
 
さく様以外には私の本名は絶対内緒ということで!
(承知致しました!!!)←当然でした…
 
誤解なさらないでいただきたいのですが、
私、何も自分の社会的地位
=それほどの物があるわけではありませんが=
云々ということで正体を隠し通したい!などという、
そういう無粋な考えを持ってのことで
「Harry」を押し通したいのではありません。

ただ、このサイトの住人として「Harry」という人物が棲息している・・・と、
それだけでいいではないかナ、と思います。(ありがたいお話です)

いわば、UMAならぬ
「UMH (Unidentified Mysterious Human?発音ムツカシそう)」
というものがあってもいいではないかな、
なーんて思います。
でも正体を見たら何のことは無い、
よくいる生物の見違いだった、ということで・・・

これもある種のUMAには当てはまることですね(笑)。
理由にならないかもしれませんが、一度そう決めた身ですので、
変えないでそのまま行くのが私なりの信念です、まあ言うならば・・・ですが。
 
さて、またしても長々と無駄話をしてしました。 
ということで、真に申し訳ありませんが、
私の正体はさくだいおう様だけの秘密にしておいてください。
(専用記事を上げてしまうほど感謝!)
 
これからも時間がある限りは「謎の巨大生物UMA」の住人として
閲覧・書き込みして行く所存です。
ウモッカの発見の一日も早いことと、
サイトのますますの発展を祈りつつ!
 
明日は Thanksgiving Day で、ついでに金曜日も休暇をとり、
妻とドライブで長旅を・・・と、
久々の連休でなので気持ちに余裕のあるHarryでした。
 
ではまた!!
 
Harry
 
P.S.この夏も土日以外は一日も休みなしでした(!)ので
金曜の休暇は本当に久々の平日休みです!ウレシイ〜)



世の人々の不思議なもの・謎なものに対する見方(偏見も含めて) が
ほんの少しでも変わってくれればいいですよね。

表現の仕方次第で全く異なる印象を与えることが出来るという意味では、
同じ「炭素」という素材を用いても出来上がるものが
「ダイヤ」であったり「煤 」で あったりするのと
似ていますね・・・サイト構築は。

そこにある素材の魅力を余すことなく発揮できた、
と言う意味でもすばらしいと思い ます。

いずれにせよ、fakeの中に埋もれて見えなくなっているfactを
見極めようとする心を持つ事こそが
物事の真の姿を知るのに必要な姿勢でしょうが、
「謎の巨大生物UMA」にはそれが あると思います。

これからもますます発展することを切に願います。

Harry先生、一般の方にも分かりやすい
「物事に対する姿勢」を説いて下さって有難うございます。

おっしゃられる通り、サイト作りも
「同じ素材をどう料理するか?」で変わってきますけど、
それは科学研究はじめ、すべての事に通じるものと思いました。

日本では理系離れが進んでいるそうですが、
理系で働いている人々が本を出したりする
文系の仕事をすることは少ないと思います。

UMAって一般的には凄くバカにされますけど、
理系の人が紹介するケースが少ないからじゃないかしら?
・・・などと考えたりしました。

話は変わりますが、理系の人って、どうしてああも字が汚いのでしょうね。
私の周りだけなのでしょうか?

文系を苦手とする原因の一端とか思っていますが(冗談)、
ネットでは綺麗かどうかは分からないのが
理系が助かっている一因かもしれません。

Harry先生、字は…?(雑談で失礼しました)

さて、読者のみなさんは、
Harry先生の専門用語がスラスラ読めましたでしょうか?

敢えて解説を入れていませんが、調べることによって、
結構な面白さ(理系)を感じてくだされば幸いです。



戻る      表紙へ       次へ:ハムスターちん