オーストラリアの人食い怪物バンニップ2

顔の写真

(1994年「超常怪奇物を見た!」TBSテレビ編二見書房税込490円より)



私は頭骨からのモンタージュで作られた顔だと思いますが、
ミイラ(本物の皮)だという記述もありました。人間タイプっぽい…。

さて、本物のミイラとして考えてみます。

こういうヘンなものを見たら、まず最初に考察すべきは動物の基本3大欲望です。

物を食べる、休眠する、生殖する…これ、ポイントです。
簡単に言えば「食う寝るエッチ」

その3大欲望を検討・推測することによって本物・偽造物・ミュータント(含む奇形)なのか、
生きていたらどうしていたのかなどの事が判ってきます。
当サイトでは、この視点に沿って書いている記事が多いです。

今回は”物を食べる”に注目したわけですが、この顔を見ますと物を食べるというより
ミルクなど流動物をちゅうちゅう吸う感じです。
また、あの頑丈な巨大なアゴを持っているのに、見ての通り貧弱なくちびるはどうでしょう。

一般的考察

・ミルクなどの流動食を吸うタイプ
・頑丈なあごを持っているにも関わらず、頭が小さく丸いので強い咀嚼力は持っていない
・一つ目で距離感が無い

生物的にはこれだけで、正体はミュータントで、尚且つ、直ぐに死んだ…と考えられます。
(動物の一つ目症例は山ほどあります)
人を襲って食う事は出来そうにありません。

イメージ的には身近な牛とか馬の類の頭骨に似ているとみなさんも想像していると思いますが、
他に同じ様な感じの動物は居ないのでしょうか。流動食=細かい食べ物というレベルで考えて見ると、
直感的にオオアリクイ

オオアリクイってどんな感じでしたっけ?
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
         ↓
←オオアリクイ(図鑑より)

←オオアリクイの頭骨(図鑑より)

全然違いましたねぇ(笑)

ちょっと身近でないとサッパリ分からないのが、頭蓋骨の奇妙な攻撃です。

ご参考にどうぞ。
写真では下顎がありません。

牛の頭骨:スケッチ大会で…(代々木公園アートスタジオさん)
馬の頭骨:砂漠で横たわる…頭だけ(Nature Studioさん)

馬刺しでメジャーな長野県では、馬の頭部を3,000円で入手して標本を作った方がいました。
安いんですね〜。それにしても、双方とも違う感じですね。

回転してみよう。

別の角度から見れば、違って見えるかもしれません。
ひとつ目にあたる穴が、首に繋がるところだとしたらどうでしょう?

←目を首だったとして横にして見ると…

(写真:1994年「超常怪奇物を見た!」TBSテレビ編二見書房税込490円より)

こうやって不自然さを探してみます。
巨大な下顎だったものは別の動物の部分であり、猿かなにかの小さい頭骨に、
ただ単にはめ込んだだけという印象も受けない事はありませんが……

やっぱり、わかりません…。ナゾです。



オーストラリアの怪物バンニップ総括

ちょっと踏み込んでみる

・頭骨がシッカリしている事から、長く生きていたと考えれます。
・顔はモンタージュの間違いとすれば、、、振り出しに戻ります。
・流動食というのは歯の整合性から確かですが、上顎は欠損しているだけで、
 本来はしっかりとした噛み合わせが出来ていたとすると話は変わってきます。
 元はちゃんとした巨大な口を持つ動物かも。
・一つ目というのは、日の当たらない場所での生存のため眼窩退化とする。(キツ)

う〜む。

伝説の人食い怪物「バンニップ」は、地底生物だったのかもネ。

読者さんへ

今回は”寝る”と”エッチ”部分については考えていませんけど、
読者さんが怪しいものを見たり聞いたりした場合には
動物の3大欲望にそって考えると面白い考察が出来ると思いますよ!

タキタロウの特徴が”鼻曲がり”ということでしたが、鼻曲がりはサケ科ならオスの特徴。
メスはいないのか?という生殖部分を考えると面白いわけです。
タキタロウの正体はサケ科じゃないという考えも出てきますよね?

---------------------------------------------------------------------------

Part3

例:ちょっと古いけど口裂け女

食う寝るエッチを使った考察の練習をしてみましょう。

避け裂けというのは、以前に日本中を恐怖のどん底に突き落とした妖怪(っぽい)で
夜に大きなマスクをした女性。
全体にスラッとした女性で髪は長く、目も綺麗なので下心丸出しの男性が
(サワヤカなふりして)声をかけると「私って綺麗?」と聞かれます。

「キレイですよ」と返事をすると「これでも、キレイ?」とマスクを外すと
口が裂けていて、あまりにも怖い顔。オーマイガッ!!!

スケベ野郎の場合ばかりであれば笑い話で済むのですが、
真面目な男性が遭遇した真剣な事件も報告されたりして(真面目=自称だが)
冗談では済ませれないかもしれないゾ…という展開になっていきました。

さて、そんな口裂け女を考察すると以下の様になります。

・唇が裂けている以外は人間であるので食べ物は同じ・・・食性
・夜に活動するので、昼間寝るタイプと思われる・・・睡眠
・口裂け男が目撃されていない・・・生殖
・オスが目撃されていないので、ミミズのようにな同姓生殖をするのか?雌雄が必要無いのか?
・性格は狂暴らしい

<正体の推測>

当時合法だったマジックマッシュルーム(幻覚キノコ)を食べて宇宙の心理真理を悟るはずが、
バットトリップに入ってしまい、口をケガして助けを求めていたが、
トリップ中のため狂暴に見えてしまった人間の女性。

<スーパーウルトラ何でもあり論法>

・オスが居ないので、人間の夜型男を生殖時に代用
・未発見の同姓生殖をする高等動物
・食べるために深夜の畑で物色、野菜の盗難を繰り返している

・同姓生殖をする夜型宇宙人
・人知れず活動する夜型妖怪(人間女性タイプ)
・オスは吸血鬼・メスが口裂け女。全世界に分布

・オスは狼男…
・オスは雪男…
・オスは透明人間…


・オスは「バンニップ」


キリが無くなりました。

結論は都市伝説として落ちつきましたが、都市伝説には、いつもバックグラウンドがあり、
口裂け女では「綺麗な女性にはトゲがある」とかを意味しているらしいですね。
下心丸出しの男性や、女性を人間としてでなく(モノとして)外見で判断する男性への
きびし〜い警告だったのでしょう。

ちょっと冗談が入りましたが、通称「バンニップ」のように頭骨の現物があるというのは
なにはともあれ大変興味深いです。
最近は殆ど世界を震撼させるような新ネタがありませんが、ちょっと残念です。

はじめまして・・・ Mickyさん
初めて書込みさせていただきます。
「バンニップ」面白かったです(^^)

しかし、いろんなとこからおもしろいネタを
探してきてくれるだいおうさまに感謝でございます。
あの皮付きの画像のほうひとつ間違うと相当危ない感じ
しますが、その辺りがまたなんともいえないですな(^^;
★女性読者がいることを忘れた記事ですからネー。

バンニップの件ですが… 土佐ジローさん
初めて投稿致します。
UMA関連の情報を科学的見地から考察しておられる貴サイトを
発見し、色々新鮮な感動を得ておる者です(_0_)

で、何時も観ているだけでは申し訳がないという事で、ネタ
のようなものでも…と探していたのですが、丁度バンニップ
の件で、似たような事例をみかけましたので、書き込ませて
頂きます。

これは牧畜の単眼奇形の症例なのですが↓
http://web-mcb.agr.ehime-u.ac.jp/tradition/plant-toxin01.htm

如何でしょう?バンニップに見えませんでしょうか??
胎児の発生過程で、顔面や脳の形成過程が阻害された場合、
頭の上部に発生した鼻部が眼より下に移動せず、眼球や
脳が分化しないという事があるそうです。
牧畜の場合、上顎部が欠損し、顎がしゃくれた形状になる
という報告事例が多いようで、正にバンニップのものと
される頭骨の特徴に酷似しています。
また、この症例の場合、出産されないまま胎内で成長して
しまうそうですので「ある程度成長した」と見紛う状態で
頭骨が発見される可能性もあると思われます。

一応、この症例では脳が未発達のため生まれたとしても
そのまま生命を維持する事が難しいとされていますので、
「人を襲う」という獰猛な生き物が、この単眼奇形動物
である可能性は低いとは思いますが、自然の悪戯で、
ある程度生き永らえた個体が居り、脳異常から、本来、
草食獣がするはずのない、他の個体を捕食するという
行動をとったのかも知れない…等と考えるところです。
また、肉食獣にこういう症状が発生してしまう事も
有り得なくはないと思いますので、あるいは、そういう
ものではないかとも思われますが、如何でしょうか?
長文失礼致しました。
★両目が前についているのは距離感が計れるため肉食の動物ということから、
見解を書いていましたが、自然のイタヅラと結ぶのも良いですね。


こんにちは。アメリカで環境学と生物を選考しているMといいます。

ミミズが一匹で増えると書いてましたが、ミミズは雌雄同体でも
一匹で増 えることは無いと習っております。間違いではないでしょうか?

ヒルも同じように雌 雄同体ですが、2匹が生殖に必要なはずです。
確認お願いしてもらえますかね?

どのページか忘れましたが、北極と南極の氷が解けて海面上昇と
書いてるのも見つけ ました。北極は大陸ではなくて海に浮かんでる氷なので、
解けても海面上昇はないと 思うんですがどうなんでしょう。
こっちも確認お願いします。

生物の勉強にとても役立ってるので、これからもどんどんサイトを広げてってくださ い。


★ありがとうございます。その通りです!!!
ミミズは掲示板で既出でした(先に修正済み)。
北極とかのはウチじゃない記事でしょうか!?
北極もその通りですが、やっちゃってるかも…。←いつものミスの事。

最初は私(作者)のネタ的笑い話のコラムだったのに、
妙に反響が有ったバンニップ。

何故かは分かりませんが、チュウチュウの口が男心をくすぐったのか?



戻る     表紙    次へ(不可侵領域とは)