オーストラリアの人食い怪物バンニップ

(写真は、1994年「超常怪奇物を見た!」TBSテレビ編二見書房税込490円より)

Part1

シドニー大学・マックレイ博物館(オーストラリア)に保存されている
目がひとつしかない謎の怪物の頭骨。人を襲って食うという伝説の通称「バンニップ」

19世紀に採集されたそうで、写真を見ての通り”伝説の怪獣・エイリアン”と感じるほど
インパクトがあります。この頭骨以外に同じような骨が見つかっていない事から、
まずは人工創作物(作り物)かと考えられました。

しかし、博物館研究員は、なんと否定。
どうやら作り物にしては不自然なほど各パーツの整合性が良いらしいです。

←歯は草食動物タイプだ。

現在は遺伝子異常(=ミュータント)だという見解がされています。

とはいえ…

先ず最初に浮かぶのは、上顎(うわあご)と下顎が合っていないので
どうやって物を食べていたのか?ということでしょう。
草食タイプは上と下の歯をこすり合って、咀嚼(そしゃく=カミカミ)するわけですから。

肉食のように鋭い歯で肉を切り裂いて飲み込むのではないです。
たとえミュータントでも、成長・生命を維持する為には食べなければなりません。
草食タイプでアゴが揃わない場合は、作り物という見解が結論にならざるをえません。

すると…

作り物ではないという研究員さんの調査を否定する事になります。

では、産まれて直ぐに死んだというミュータントの頭骨なのかな?
そもそも目が1個しかないですし。

・・・・・・・という感じで私の頭もぐるぐる回るわけです。

ただ、珍獣「カモノハシ」が居るオーストラリアですし、もしもカモノハシが
一体の骨しか見つかっていなければ、モグラの体で水かき&クチバシを持つ作り物
という見解になったかもしれませんよね?


ということで…

この謎の動物の骨は、ひょっとして正統派の絶滅動物だったかもしれません。

(スーパーウルトラ何でもあり論法)

#実は、この頭骨についていた皮といいますか、顔の写真があります。
次回はそれをアップしますので、ご期待下さい…と引っ張るイジワルな私。
顔写真から食性をかなり絞っていきますゾ!


翼さんから

さくだいおうさま初めまして、翼と申します。

さくだいおうさんのサイトとても おもしろくよませていただいております。

バンニップの顔の写真を見て思った のですが、
ギリシャ神話にでてくるサイクロプスのようでした。

むかしのひとは あれをサイクロプスと呼んでいたのでは?
出来ればお返事くださいませ。


そうですね。

人工物の場合、元のネタがありまして、今回のバンニップも
ギリシャ神話などから引いてきたのかもしれませんね。


Part2へ

To be continued.....



ネス湖は氷河期…戻る     表紙    次へ(バンイップPart2へ)