日本産トキの羽

UMAサイトのおかげで、胡散臭い学者のレッテルを貼られているわけだけど、
ちゃんとした学者じゃなければ持っていない必殺のアイテムをご紹介しましょう。

日本産トキ、学名はニッポニアニッポンという国鳥の貴重な羽です。
無論、最後の日本トキ「キンちゃん」の羽と言いたい所だけど、それはさておき、
フンすらやり取りできないという貴重な鳥の体の部位だ。お金を積んだって買えません。
そう、これこそが人類の宝の一つといえましょう。

それを保証する当時の佐渡市役所の封筒も現状のまま保存している。
空気になるべく触れないようにしてね。私が死んだって残るものなのさ。

人類に役立つ研究をしている研究者と、肩書きだけで私腹を肥やす学者との違いは、
細かい部分からして全然違うもので、個人サイトだろうと、よく見ればそこかしこにある。







これらには、裏に隠された物語が当然ある。今を遡ること、XX年前のことです。
私は大学の臨時講師として、ブランド大好き女子大生に囲まれていました。

早く辞めたい!!!

いや、それは言うまい。周りが高年齢化した教授など男が少ない大学構内なので、
若い男(しかも海外飛び回った、ちょっと違う経歴の変な個性の兄ちゃん)だと、
専門講義をしていても、普段と違う雰囲気になるのだ。それがイヤだった。

薬学部というジャンルが大学で出来たばかり、一般的には難関の学部でもある。
医学部のバカ学生(のネタもあるけど)は置いておくが、
女性ばかりというのは学部や学科を超えて、
淑女と思う秋葉原系の人々とは違って、それはそれは恐ろしい……、

いや、こんな話ではない。そう、絶滅を控えていた日本産トキの話だ。

これを書いた時点で、中国産トキの養殖繁殖が成功し、日本(佐渡)の空を飛んでいる。
知ってるよね?もし知らなければ、時々はニュースも見ていないといけないぞ〜

この物語・・・いつか書こうと思う。

サイト内の他ネタ日本産トキ、学名はニッポニアニッポンという国鳥(怒られた…)



表紙