実際にネッシー探しへ行った日本人

本書のラストを飾るのに相応しいものをご紹介しましょう。それはネス湖へ調査へ行った日本人の手記。
この方はオカルトなどの業界の方ではなく、私同様に一般人で趣味で調査を行われました。
読まれれば気づかれるでしょうが、行動の仕方や準備方法に現代科学を用いる姿勢があり、
意外とオカルトっぽい話ではなく、リアルさが伝わってまいります。

UMAはオカルト扱いをされがちですが、正当派で行動しよう・調べようとする姿勢を見れば、
それが別の面白さを持ち、エンタメとしても軽くあしらえないジャンルだと思われることでしょう。
捨てがたい未確認動物の世界を素晴らしくかもし出します。そして、埋もれている人材は豊富です。

写真のコメントは作者が入れました。最後に首が動いているビデオをリンクしてあります。

調査場所


ネス湖調査記録

1. ■6月29日 土曜日(一日目)

 以前訪れたネス湖。そこで数日滞在し、遊覧船に乗り、
ビジターセンターみたいなのを2箇所巡り、ネス湖研究の第一人者とも話した。

 そして不満に思った。「どうして直接捕獲に乗り出さないのか」。
帰国後にもその思いは日増しにつのり、来年またこの地に来て、
僕の考えで、この手で、ネッシーを捕獲してみせる、そう考えた。

 二年後、用意は出来た。巨大な仕掛け網を業者と相談の上作った。
それを支える全長60mにも及ぶフレーム用パイプも買った。スキューバダイビングの資格も取った。
寒冷地仕様のウエットスーツも特注した。毎日ネス湖に潜ろうと、簡易潜水ボンベも買った。
小型の魚群探知機も、イルカの歌を録音したテープも、それを再生するテレコも、
テレコ用の防水ケースも揃えた。

 それらは前もって前回の旅行の時に泊まったネス湖畔の宿気付で送っておいた。
 荷物はぎりぎりまで切り詰めた。いつも旅行の際に持っていくカメラやトランプや知恵の輪は外した。
替えの下着も最低数に絞った。どうせ10日間近く、安宿に泊まって毎日アウトドアするのだ。
しゃれた格好は必要ない。

 「忘れたものはないな」
再度部屋の中を振り返り、午後6時半発のキャセイ・パシフィックに乗るため、僕は家を出た。

 =魚探は現地作動中を撮影。

■6月30日 日曜日(二日目)

 移動。成田−香港− ロンドン(ヒースロー)、ロンドン(ガトウイック)−インバネス。
冷たい雨。ネス湖をずっと西へ延長していった海辺の町Fort Williamへバスで。
ダイビングショップに寄ってエアータンクを借りる予定だったが、明日来い、との話。
ネス湖観光の中心、Drumnadorochit町(以下ドラム )の
Loch Ness Backpackers Lodgeに入る。

2年前と宿自体は全然変わっていない。日本から送った網等も問題なく届いていた。一安心。
問題勃発。二年前は毎日夕方に宿の泊り客に呼びかけ、8人集まると一人5ポンド(約1,000円)で
オープンデッキの漁船で一時間の湖上クルーズが楽しめた。

=波は見方によっては怪しい。

ところが、今もボートクルーズをやっているものの、需要が多くてとてもこの安宿から客を募る暇はないと言う。
困った。この漁船を当てにして、この宿を再び選び、また仕掛け網を張る計画も立てていたのだ。
一辺15mの正三角形、深さ7.5mの網を一人で張る間、ずっと彼の漁船をチャーターしようと考えていたのだ。

■7月1日 月曜日(三日目)

 昨日エアータンクを借りられなかったFort Williamのダイビングショップへバスで。第二の問題勃発。
ショップのエアータンクは日本から持ってきたミニボンベ
(ネス湖周辺にはダイビングショップがないため持ってきた)と口径が合わず、空気が充填できず。

となると、スキンダイビングしかない。水中テレコ(で鳴らすイルカの歌)が効くなら
網を張るのも考えるが(水深7.5mまで素潜りか?)、
当面はカヌー&水中テレコ&フラッシュランプ(水中で赤い光で誘き寄せる)で魚
群探知機に反応が出るか試してみる。

午後から2時間半、日本から持ってきた折り畳み式カヌーで湖上に漕ぎ出す(感激)。


 
■7月2日 火曜日(四日目)

 昨日のカヌーイングで腰が痛いので、今日は準備日。
インバネスで餌用の鮭を丸ごとと、防水ケースを買う。丸のままの鮭はソナーの先に付ける。
構成としては水面上にフロート、下へ向かって水中テレコ、それを沈める錘、フラッシュランプ、
ソナー探知部、餌の順となる。

=養殖場

 帰りにネス湖公式展示センターに寄って、Adrian Shine博士を待つが、
結局会えず、手紙を託して宿に戻る。

素潜りでの作業しか出来ないので、日本から送った仕掛け網を張るには
氏の力を借りるしかないと思ったのだ。
当初のアイデアは、交通量が多い北岸(宿は北岸にある)を避け、漁船で対岸の南岸に網を仕掛け、
毎日水中テレコの電池の交換と網に何か掛かっていないかカヌーで見に行く予定だったのだ。

 夕方、カヌーその他一式を湖岸まで運んでおく。

■7月3日 水曜日(五日目)

 やる気が出ず午後一時半起床。
ウエットスーツ、インバネスで買った餌用の70cm大の鮭(16ポンド!)、
カヌー用ポンプ、水中ビデオ、タオル等を持って湖岸へ。
ツーピースのウエットスーツ上下にマリンブーツ、上から山用の雨具を着てカヌーで湖上へ。

 水中マスク、シュノーケル、足ヒレ(フィン)は水中ビデオやソナー一式と共にカヌーに積む。
テレコが水面に浮かんでしまった。ネッシーに水中でイルカの声を聞かせ、
太古の昔に先祖が共に暮らした友の声で誘き寄せようというのだが、
水面に浮いてしまっては仕方がない。

それに2年前とは異なりクルーズボートの数がかなり多く、
そのエンジン音やガイドのマイクの音で安物テレコでは音量が足りない。
テレコを水面下1m位に沈めて、音と光でネッシーをおびき寄せ、それをソナーで探知して、
(勇気があったら)カヌーから飛び込んでビデオを撮ろうと思うのだが。

 ソナーはナショナルのハンディソナー。2万円。水深と魚群を写し出す。
アーカート城沖、水深16mのところで、ソナーが「魚群:水深5m」と表示したときは「すわ」と驚いた。

 カヌーからたかだが3m先の水面下1mの鮭もぼんやり見えるだけ。
水は濁っているというか、とにかく浮遊物が多く透明度が低い。岸へ戻る。

  

 水深2mくらいのところでカヌーからのダイブに挑戦。
ウエットスーツの上に雨具を着て、その上にライフジャケットを付けているので、
雨具とLジャケットを脱いでまたLジャケットを付けねばならない。一仕事だった。
さらにカヌーを転覆させずに水面に降りるにはまた一苦労した。

 視界は悪い。水底は見えるのだが、前方は3m先も見えない。水の色は茶色。

 =湖底

=いたるところから泡がブクブクと。

ここにいきなり体長15mもの怪獣が出てきたら怖いぞー。
ひとしきり泳いだ後、水中からカヌーの上に這い上がることを試みたが、無理と判断。
カヌーを引っ張って岸まで30mを泳ぐ。

 夜、宿には子供づれの家族。久しぶりに手品など披露して楽しい夜だった。
 
■7月4日 木曜日(六日目)

 今日は波が高い。昨日と異なりウエットスーツを着ていないのでかなりおっかなびっくり。
湖に浮かべ、カヌーでその周囲で待機する予定。ようやくアーカート湾に着き、
フロート(ビーチボール)に餌・テレコ・フラッシュランプをぶら下げたものを仕掛けた。

  

アーカート城の敷地に上陸。
芝生に寝そべって、岸に泊めたカヌーと、沖に浮かばせた「仕掛け」を見張る。
フロートが湖水に引き込まれるような動きを見せたら、すぐにカヌーで急行せねば。

 しばしの後、カヌーで湖の真ん中、アーカート城の沖合い、最深部まで出てみる。
さっきと違って波は静かである。向う岸(南岸)まで行くことにする。
自分とカヌーの他は周囲360°水面という不思議な気分。

 湖の真ん中からドラムの街や、アーカート城の敷地からは見えない湖の
北東の果て(DORES とLOCH END)と南西の果て(Fort Augustas)まで見渡せる。

 向う岸に着くまでは楽だったが、帰りは風と波が強く、転覆しないかとかなり難儀した。
岸に着いたら「仕掛け」は無くなっていた。

 夜、久しぶりの自炊のスパゲティーは美味くなかったが、ビールを2本開け、
カヌーでの往復行を労った。

■7月5日 金曜日(七日目)

 今日は食料とビデオカメラを持って徒歩でアーカート城へ。徒歩45分くらい。
一番見晴らしがよく、陽当たりもよく、寝心地もよい芝生を探す。
長時間湖面を観察するには寝そべられることが必須なのだ。

僕が陣取った場所からは左右135°位が見渡せる。ビデオを構えて湖面を見張る。
岸辺近くでもないのに、またボートが通った後でもないのに、湖面の特定の場所が波打っている。
かと思うと、やはりボートの航跡でもないのに縦に長い波が非常にゆっくりと一方向に進んでいく。
ただ、ビデオのファインダーを通して見る限りではいくらズームしても水面下には何も見えない。

 =怪しい波発見。

 夏は6:30に城は閉鎖されるが8:00まで居残った。その時間帯でも直射日光は暑い。 

 =浮遊物体を撮影

    すると… ↓あのヒレ写真に似てるかどうか実験。似てなくて良かったというか何と言うか。

=佐久間挿入

■7月6日 土曜日(八日目)

 ネス湖の東北の端、Dores で”Nessie-Sery Independent Research”を主宰している
Steve Feltham氏に会いに行う。
インバネスから自転車でDoresへ一時間で右手にDores-Beachという遊泳場が広がり、
そこに彼のキャラバン・カーが有った。

  

「日本から巨大な網を持ってきたのだが、共同でこれを仕掛けないか。」と持ちかけるが
「網を使っての漁は禁止されている」「他の動物に危害を与える怖れがある」とにべもない。

 で、こんなこともあろうかと持ってきていたハンディソナーをプレゼントとして渡すと態度が一変した。
車内に入れてもらい、持参のサンドイッチを食べながら、彼にソナーの使い方を説明する。

 キャラバンカーが彼の家。内部には彼なりの研究成果が展示してあると思っていたが、
12年間この寂しい岸辺で一心にネッシーの姿を追い続けてきて未だ一枚の写真も撮れていないのだ。

 「今までの一番の成果は?」と聞くと湖底をソナーでスキャンしたカラー断面図を3枚ほど見せてくれた。
彼自身がこの調査を行ったわけではないそうだが、深部に赤い物体が2つ示されてあり、
「赤い」ことは「大きい」ことを意味するのだそうだ。

 彼の目標は「ネッシーを見つけて写真にとること」であって、捕まえることには興味がないそうだ。

 彼から、「網を仕掛けたいなら友人を紹介してやる」 と言われた。 

 宿に帰ってから思うと、宿の欧米のバックパッカーとの会話は半分くらいしか理解できないのに、
今日はほぼ100%理解できた。話題が一点に絞られていたからか。
それとも「同好の士」ということなのだろうか。

■7月7日 日曜日(九日目)

 朝4時に起きて城へ。途中で朝日が湖の端から昇る。城には誰にも居ない。一番乗りだ。
湖面は鏡のように静かで、観測には持って来いの時間。

=朝日

 寒い中、約2時間半粘ったが、何も見られず。朝8時に宿へ戻り、
Gパンのまま寝たら風邪っぽくなった。

 午後二時に起き、昨日スティーブが紹介してくれた遊覧船の操縦士、
Dick Raynor氏に会いに船着場へ行く。ディックは向うから話し掛けてくれ、すぐに船に乗せてくれる。



 船は快適。あっという間に湖の真ん中まで進む。
船は最深部を少し過ぎると引き返し、アーカート城側の岸辺伝い、岸から10mくらいのところを走っていく。

 ディックは明日から休暇でイングランドへ行くと言う。
彼と協力して網を仕掛けるか、でなくてもせめて彼が網を仕掛けるところを
見届けたかったのだが無理のようだ。

 二回の連続のクルーズの後、仕掛け網一式と網の設置方法の説明書を手渡した。
彼は、これらを無駄にはしないことを約束してくれた。
 
■7月8日 月曜日(十日目)

 一寸先も見えないとはまさにこのこと。今、僕はアーカート湾を泳いで横断している。
ウエットスーツの腰にベルト。
ライフジャケット、両者を?ぐロープ、腰にそれとは別にスキューバ用のウエィトベルト、
左足には万が一に備えてのナイフ、マリンブーツにフィン、手袋、頭にはヘッドカバー、
水中マスクとシュノーケル、そしてヘッドライト。首から防水ケースに入れたビデオカメラ。重装備である。

 これには訳がある。ただ泳いで行って帰ってくるだけならLジャケットもウエィトベルトも要らない。
ウエットスーツ自体にかなりの浮力があるためだ。
しかし逆にスーツを着ていると裸の時のように、2m、3mと「潜る」ことはほとんど不可能だ。
そこで考えたのが腰にウエィトを巻き、その重さを相殺するためにLジャケットを着る。
潜るときだけLジャケットを脱いで「素潜り」をしようというのだ。

 午後4時過ぎに水に入る。太陽光が届かなくなる水深5mを過ぎると下には何も見えない。恐い。
絶えず、深みの方に神経を注ぎながら泳ぐ。呼吸音が激しくなるのが判る。
「冷静に、冷静に」と自分に言い聞かせる。

=浮上してパチリ。

考えた末、底が見えるか見えないかの境界線が身体の中心に来るようにして泳ぐことにした。
浅すぎては本来の目的である「ネッシーの目撃&撮影」が出来なくなるし、
深すぎれば何も見えなくて恐い上に、何も撮影できない。

 魚(たぶん鮭だろう)はたまにしか目の前に現れないが、動きが速く、ビデオで撮るには至らない。

=魚が泳いでいるのは分かる。サケかな?

 Lジャケットとウエィトを付けているせいか、中々進まない。
ようやく、昨日ディックと出会ったTemple Pierへ着く。往路約一時間。フィンを外し、波止場に腰をかける。
身体が冷えて、疲れている。甘いものが欲しい。

 

 年配の紳士が現われ、「 この湖で泳ぐのは危険なのは知っているか」と不機嫌そうだった。
スティーブは先日、僕が泳ぐつもりだ、と言うと「ああ、あそこでの水泳は快適だろう」なんて言ったが
この紳士の対応は逆である。

紳士は怪獣の危険を言ったのか、水温の冷たさを言ったのか、天候の激変を言ったのか。

 帰途に着く。帰りは向かい波。進まない。足が疲れてきた。気を取り直して再び泳ぐ。
時々姿を見せる魚が心を和ませる。
 ようやく、「僕の基地」、出発点にたどり着く。ホッ。水上は小雨。2時間強水の中に居たことになる。
距離にすればたかだか800m×2なのに。

 さて、最後に素潜り。息をこらえてジャックナイフ式に一気に水底4mへ。
当たり前だが、4mならば潜ってみれば水底はかなりはっきり見える。
一度、70cm位のウナギを湖底に見た。

3、4回の潜水を終えて陸に上がる。満足。湖上には奇麗な虹がかかる。

 =虹が締めくくってくれる。

 
■7月9日 火曜日(十一日目)

 今日は城から湖面を観察することにする。
4時間粘っていたが、特に何も怪しげなものは見えず、とぼとぼと宿へ帰る。



 宿へ戻ると「警官が鮭密漁の疑いでお前をさっきまで待っていた」と宿の連中が言う。
夜、電話をして説明するが、形式上、書類を埋める必要があるので、明日会いたいと言う。

なんてこったい。

 夜、宿で新聞の切抜きを読んでいたら、地元の人が昨日僕が泳いだアーカート湾でネッシーを見、
かつネッシーの身体に触れたと言うのだ。

興味深かったのでオーナーには内緒で持ち帰って来た。
夜、明朝の警官との想定問答をしていて寝付けなかった。

■7月10日 水曜日(十二日目)

 朝食後、カヌー一式を取りに湖岸へ向かう。
何度も歩いたこの径、何度も見たこの湖岸からの眺めともしばしお別れだ。

 宿に戻り、警察を待つが来ない。
出国の際、何かトラブルになるのは嫌なので、こちらから警察に「出頭」することにする。

 ドラムの街の派出所は閉鎖中、インバネスの警察署に行ったら移転したとの貼り紙。
ドアフォーンで警察を呼び出す。しばらくしてパトカーが来た。
「何の用だ」と警官が言う。こいつも担当者じゃないみたいだ。

「判った、お前はサーモン(鮭)を捕まえに来たんだな」

「何度言ったら判るんだ。俺はサーモンなんて捕っていない。ネッシーを捕まえようとしただけだ」

「ああ、ビッグ・サーモンだろ」

これがスコットランド風のジョークなのか。
 明日、インバネスからロンドンへ飛び一泊、明後日の夜ロンドンから帰国することになる。

 こうして、僕のネッシー捕獲プロジェクト、「Operation Shallow Peep」は非成功裏に幕を閉じた。
誰かが、後に続いてくれることを信じたい。

7月23日 世田谷区のワンルーム・マンションにて記述

=長い首が水面を移動!ビデオ1/ビデオ2


さて、如何でしたでしょうか。

お金をかけたマスコミ主導の取材も面白いですが、いざ真面目な方法を選択して挑むと、
素人さんでも興味深い調査ができるものですし、起きるハプニングにしても、
地元の思惑や人間としての悩みや疲れ、いやぁ、読んでいて大変面白いです。

逆に考えれば、個人の力で、自腹程度の小資本でココまで出来るのですから、
調査費が大きい組織・機関なら、もっと好い結果を出せれるのじゃないか?と感じます。

実はネッシーが今でも本当に存在していて発見されるのを待っているかもしれない。

調査費のあるTV局なんかが製作会社に予算を提供し、真面目に最適な科学を用いて調査すれば、
直ぐ見つかって大ニュースを世界に流せ、人々を震撼させれるのにね、とか、
もちろん逆に居ないとハッキリ示せたりできるでしょう。

科学が進歩しても、それを選択し扱うのは人間次第。
細分化した現代でも人生は長く、他のジャンルの科学を学んで絡めた使用をすれば、
楽しいことは沢山作り出せます。今は忘れ去られているネス湖ですらこんなに楽しい。

作り出すのは貴方かもしれません。そう思いませんか。



表紙