ツチノコについて完全版

日本では首相より知名度があるんじゃないかと思われるメジャーどころのUMAです。
目撃は全国に広がっており、一人や二人ではない、大変多くの人々が接近遭遇、
死骸かもしれないものすら時々ニュースになるほどです。
残念ながら真性死骸は未だですけど、怪しいと思った発見者が放置し腐らせたりしなければ、
いつかきっと発見・確認されるだろう期待を持たされる未確認動物です。

しかし、なぜか日本において古今東西で話があるにも関わらず、
目撃報告は神話時代にまでさかのぼると言われているのに最低何百年間と未解明、
特に1900年からの最先端科学の発展を実現してきた人類において、これは手痛い情けなさです。

20世紀と言えば、海を制覇するがごとくのタイタニックを始めとする巨船を製造する技術を獲得、
月へ一歩を記したアポロ計画のアームストロング船長を支え、故障したアポロ13号を救えたNASA、
深海海底調査を実現した潜航艇・潜水艦の実現、地球を周回する7,000個を超える衛星を打ち上げ、
レーダーすら掻い潜るステルス戦闘機などと共に近代科学は神話のごとく発展してきました。

殺人事件では指紋判定を超えてDNA鑑定が幅を利かすようになり、
ヒトゲノムも完成し急ピッチで各部署の役割が解明されようとしている大製薬会社の競争、
まぁ、戦争や紛争は終わらないし、宗教対立もありますが、歴史上の汚点としては、
核を持って更に使ってしまった点が筆頭として揚げられるでしょう。

この事から言えるのは、優れた科学技術も使う人によって善にも悪にもなるというお約束。
しかも細分化されすぎた科学が把握できないほど肥大化し、専門外はサッパリという、
いや、まだ専門を覚えているだけOKで、遊びしか知らないと豪語するつわものすら増加。
ひょっとしたら、各個人単位で見れば、学術スキルは反比例して退化しているのかもしれない。

前置きが長くなりましたが、それほど解明が遅れている理由が見当たらないのです。
物理的存在がありそうなのに、存在を証明できないものという事自体が不思議な現象。
幽霊のように物理的ではないものであれば、解明できなくても仕方がないですけどね。

さて、話を本筋に戻しまして、ツチノコというものは妖怪っぽくもあり、神出鬼没で、
各目撃報告のある地方自治体は村興しと重ねて下心を出して賞金をつけています。

イラスト資料は別送りのもの

このツチノコにはバチヘビという別名があります。
ゆえにヘビと云うジャンルに組み込まされるケースが多いですが、ちょっと待った。
ひょっとしてヘビという絞込みが解明の足を引っ張っているのではないでしょうか。

では、ここで”ヘビ”とは何者か?を考えてみましょう。

<生物学的ヘビの簡単考察>

爬虫類に属する蛇は全世界に分布し、砂漠から海のウミヘビまで幅広く他の動物を睨んでいます。
洞窟の目無し蛇まで至ります。オイタをしたら躊躇なく噛み付き、中には猛毒を発揮し死に誘います。
神経毒など昔から研究・利用され、古代人は矢じりに塗って狩にも争いにも使用しました。
毒は大きく分けて2種類あり、神経毒と出血毒に分けられます。

神経毒=神経を麻痺させ、相手を動けなくする効果なので獲物を捕らえる為のもの。
咬まれた時の症状は、しびれ、運動・知覚マヒ、呼吸困難などで死亡率は出血毒より高いです。

出血毒=胃液みたいな消化液から変異させたもので、タンパク質をとかす物質。
血管組織を破壊(消化)していくので内出血が広がり、果ては内臓まで広がると危険です。

蛇というのは周知のとおり手足がなく、クネクネとウナギのように移動、又は泳ぎます。
トカゲの4肢が退化して、狭い場所でもスルスルと入り込み、大岩の下ではとぐろを巻き、
壁の隙間でもくつろいだりしています。

どうやら狭いエリアに入るために、無警戒のネズミや昆虫など、小動物を捕らえて食べるのに
効率よく見事に適した体であり、自然淘汰を勝ち抜いてきたと考えられます。
手足が退化して生物的に優勢になったわけですから、逆に手足が出てくるのはないでしょう。

むむむ、そうすると、ツチノコのようにせっかく手足が無くなるほど狭い場所に適応したのに、
狭いエリアへ入りきらないビール瓶体型になってしまったのは何故でしょうか。
ツチノコがヘビではないだろう1点の疑問が見つかりました。

また、爬虫類だけに変温動物であり、舌をシュルシュル出し入れして温度を感じ、匂いを判別。
卵を飲み込んで木に登り、落下して打ちつけて卵殻を割るというテクニックは有名で、
歯は鋭いですが、獲物の肉を噛み引きちぎり砕くには不適応で丸っと飲み込みがお約束です。
大きな獲物の場合、自らアゴを外して飲み込むという荒業をして見事なほど。
喉の付け根に毒液を貯める毒蛇系は、噛み付いたら注射のように牙から相手に注入します。
毒蛇王キングコブラに手足を噛まれると、村人は即行で手足部を鎌等で切り取るそうです。

手足があるトカゲやワニでは、爪で肉を引きちぎり食べますがアゴは外れません。違いポイント。
コモドドラゴン(トカゲの親分)、アリゲーター(ワニのメジャー)、パイソン&アナコンダ(キングオフ蛇)、
生息エリアが重なっていても自然と棲み分けを行い縄張りにて生活している感じでしょうか。

ツチノコはアゴが外れるのかどうか、太い体で狭い場所を住処としているのかどうか
好い考察ポイントが見つかりました。

目撃報告は後述しますが、顔がヘビっぽくなかったとか、丸くてナマズ似だったとか、
可愛かったなどの表現があり、シッポすらネズミ系でヘビ様ではなかったとか幅広い、
これらが私には非常に気にかかります。確かに体は爬虫類の蛇っぽいでしょうけど頭部が特にね。

・・・・・・少々、ここで回顧・・・・・・

爬虫類であるならば、足のないトカゲもターゲットに入れて生態まで想像つきます。
生息しているだろうエリアのキーワードは「水」「日向の斜面」「穴」。
当然、ツチノコハンターたちが捕獲しようとする場所は絞っていたはずです。
餌としても、生きたエサじゃないと食べなさそうです。
そうそう、手当たり次第に穴に手を突っ込む方法は絶対にしてはだめです。

釣り用のラインにアユの友釣り針をつけて浅い水路にヒヨコを餌にセットします。
寒いとヒヨコが死んでしまいますので、捨て猫系のダンボールに入れてピヨピヨさせます。
針共々ヒヨコちゃんも飲み込まれますので心を鬼にするべきでしょう。
優しさのある方には不向きな作戦ですね。

普段、他の人間にするぐらい非情になれば可。悪口や陰口、上司や同僚への仕返し、
部下・後輩いじめをなさっている方、他人を陥れようとしている人の方が倫理に煩いので
楽勝のはず・・・と思ったのですが、他のヘビが先に掛かりますので根気が要ります。
これはやはり、かなり表現(倫理)上問題なので却下です。失礼。

毒を吹きかけるヘビも居ますので、ゴーグルをはめた方が無難です。
長靴、釣り用の手袋(指先部を切る)で駆動力良く噛まれても大丈夫なようにしてください。
幸い捕まえたら温度の安定度があるアクアリウム水槽が良いです。

・・・・・・う〜む、回顧終了・・・・・・

思い返せば私も、過去はツチノコを爬虫類として捕獲方法を検討していました。
回顧録と同じようなやり方をしたハンターは、必ずいらっしゃった事でしょう。
私は発想しただけで実際に調査したことはないのですが、これには理由があって、
ツチノコが生息しているらしい場所には渓流があり、ついアマゴ(サツキマス)の研究の方へ
自動的にシフトしてしまうのです。釣りもしてしまいますし。

このような爬虫類的ツチノコ像を持っていたのですが、だからこそ未解明なのじゃないかと、
実は爬虫類ではないかもしれないと思い始めてきました。

爬虫類=ヘビやトカゲ的であれば、輝き光沢のある濡れたようなウロコがイメージできます。
カロリーの高い獲物を食すれば、しばらくは代謝活動を弱めること(=昼寝)が出来、
餌を食わなくても1−2ヶ月は楽勝で過ごせることが特徴としてあげられます。

しかし爬虫類でなければどうでしょう?

<新・考察ポイント集>

・普通の大きな餌を飲み込んだヘビやアオジタトカゲではない。
・目撃談を総合すると完璧な殺人マシーン。
・体長○○。丸まって坂を転がるお茶目な癖がある。
・全地形・気温に対応できる気象適応力。
・スピードは推定○○。くねらせれないし4肢もない。
・腐食性の毒液を吐く(吹き付ける)こともある。
・強靭な皮膚。ウロコとは断定しないこと。
・高度な暗視能力を持つ。
・大好物は○○だ。アゴを外さなくても丸呑みせずに食べれるから。
・太い体をリラックスさせる棲家はどんな○○場所か。

この項目中の○○を埋めれれば、一歩正体解明に、捕獲成功に近づくのは間違いないです。
爬虫類は省くのではなく、それをもひっくるめて考えようではありませんか。
長い間に捕獲されなかったのは、数が少ないのに加え、棲家が特殊なのかもしれません
物理的存在なのですから、基本ポイントを絞りなおせば捕獲・目撃も可能かもしれません。

我々は自然界に行った時ですら普段、空は見ないですし、釣りだと目印やウキばかり見てるし、
昆虫採取なら朽木ばかりだったり腐葉土ばかりほじったりですものね。
転がるというポイントを考慮に入れて、ん〜、ツチノコの棲家って木の上かもしれません……。

<ツチノコ情報・噂あれこれ>

・四国徳島県勝浦郡勝浦町の図書館に捕獲された「ツチノコ」のホルマリン標本が展示してある

・ヤマガカシの突然変異という報道がなされたようですが、地元の理科の先生が
「突然変異かな?」の言ったのが、「突然変異」と報道されてしまったそう。

⇒岡山県吉井町の1死骸の骨を採取し骨盤・鱗などの比較検討から正体はヤマカガシだった。
腹部に傷を受け成長がアンバランスになった1m20cmの大きさだったとのこと。
特に傷から後半部にかけ成長が止まったかのような形でシッポ型になったと推測された。

そうそう、吉井町にはスサノウノミコトがヤマタノオロチを退治し剣を洗った場所があることから、
ツチノコはヤマタノオロチの子孫だったとか(血洗いの滝)。伝説的なムードも満喫できそうですね。

・アオジタトカゲを真上から見ると足が短いのでツチノコの想像図にピッタンコ(死語)。
しかし、材木に潜んでアオジタトカゲが仮死状態で日本まで生きて来れるのかどうか?
日本全国で見られるほど多数の個体が輸入木材に潜伏して来ることが可能なのか?

・ツチノコ捕獲といえば、兵庫県美方町のヤツではないでしょうか。

・ノヅチとツチノコは別。水木しげるイラストは「和漢三才図会」などを元にしてたらしいので、
ノヅチの形態が分りやすく書かれてますが、あれを見る限りではやはりヘビとは言えないのかも。

・ツチノコを「土の子」と書いたり大山椒魚を「はんざき」とも言います。

・ツチノコには在来種と外来種が有る。

・目撃例には殺した捕獲したというものと同時に「怖くなって捨てた逃がした」という報告が多数。
信憑性があるかは謎ですが、一種神、妖怪、ハタマタ霊の類なんじゃないかな等と考えてみたり。

・「車で何度轢いても死ななかった」という話もありました。

・「お坊さんが死んだ後生まれ変わった」みたいな話もあります。

・女性の目撃が70%と高い(吉井町のデータによる)。カップルでの調査が有利か。

ツチノコ目撃場所一例
・2000年5月、岡山県赤碧郡吉井町〜体長70cm胴直径10cm。高田川付近多々。
・1994年、同上。ビール瓶ほどの太さ。真っ黒で紫がかる輝き、ウロコでかい。
・1991年8月、高知県香美郡物部村
・1889年8月、広島県比婆郡東城町内堀
・1888年10月、茨城県久慈郡

ツチノコ賞金一覧
・2億円、兵庫県旧千種町役場ふるさと振興課〜終了
・1億円、新潟県糸魚川市つちのこ探検隊実行委員会
・土地100坪、兵庫県美方郡美方つちのこ探検事務局
・2000万円、岡山県赤磐市吉井つちのこ研究会(年度ごとに1万円増額していく)
・100万円、奈良県下北山村ツチノコ共和国

<作者より>

もし新種のヘビ+トカゲの中間体であるとするならば、習性推測から捕獲されているはずです。
このパターンは習性の成り立ちが設定できるので除外できます。

生物学的には、単純に手足が無いために”ヘビの奇形”と推測せざるを得ませんが、
それは長年の目撃と捕獲無しから、既存の生物の見間違いは何か?を基本に選択するからで、
生物学者なら誰もが取るスタンスです。これは仕方がありません。責めるのは酷です。

例としては一卵性双生児のように発生した場合(双頭のヘビは現にいる)において、
頭が一方に吸収されてしまったケースは、胴が見事に太く2匹分の太さが出来ます。
見分け方は解剖して背骨が2本あるかどうかを調べます。2本あればコレの事です。
この複数背骨のせいでクネクネ出来ないため、目撃でよくあるシャクトリ虫の進み歩き方をします。

しかし、ガッカリしないでください。これはあくまでも凡百の一般生物学者が取る基本姿勢の話です。
事実は事実で把握した上で、UMAの解明を進めるのが本物の専門家(チャレンジャー)としての手腕。

ツチノコは存在している特殊な怪物と思っています。目撃談の具体性などから肌で存在を感じます。
今回、新しい調査ポイントを示していますが、人間は生活と異なる場所は意外に見てないのですよね。
それが長年に渡って捕獲すらもなしえなかった理由でしょうし、私なりのチェックをしていきたいと思う。

しかしデータでも出しましたが、岡山県吉井町のお話で(全国)女性が目撃70%は一体、
科学では解明不可デス。カップルの調査って言っても危ないよなぁ。
皆さんもフィールドワークは安全にお気をつけ下さい。さぁ、楽しんで野外調査をしましょう!!!

狭い場所に適応したヘビが、入れない太さに戻ることはありえないです。木の上を見逃さないでね。


ツチノコで気づいた共通点

目撃報告を過去から現在まで、複数の書籍などで調べていった時に、ふと思った件をピックアップ。

生きているツチノコを目撃したのは山林で、尚且つ、何らかの作業中の時に多いというケースでは、
河川からは若干離れていて乾燥がちな土中でも、空間からひょっこり頭を出して見ているという感じ。
目撃者が気がつくと、コケシが立っているような、巨大なリスが穴から顔を覗かせている感じの、
可愛らしかったというような印象があったような気がする。妖怪というより、やはり物理的な生物。
爬虫類的と言うよりも、知的好奇心のある哺乳類的な印象を持ちました。



もう一点も同じような感じですが、藁やアシや松ノ木の切った枝で盛り上がった場所では、
これまたコケシのように覗いている可愛らしい感じで、やっぱり知的好奇心を感じる描写が多かったです。
目撃談を読んでツチノコが知的に感じるのは不思議です。
知能が高いので発見されないのと考えれる理由にもなりますが、乾燥している場所で生体と遭遇し、
第三者を呼ぼうとした隙に居なくなったりするだけに、興味深い哺乳類的な動きがあるような。
なんだか表現し難い絵になっていますが、目撃者が描くスケッチも「何となく未知の動物風」という、
掴み所が無い雰囲気になっていることから、直感的に日本の生物ではなさそう、見慣れた動物とは異なる、
だからこそ、そんな証言が多いのかもしれません。

第三者に「肌で感じた直感」を伝えるのが難しいのと同様ですね。



どうして、そう感じたかは、各場所にて死骸の場所を追っていた時です。
死骸は殆どが水辺で発見され、腐らせるか(気の毒に可哀想に感じ)墓を作って埋めたりして、
話題となってから改めて骨を掘り起こし、結果、鑑定と相成ります。

なぜ腐敗が進行しやすい水辺なのか、何故水辺で死亡しているのか。
ひょっとして両生類かもと連想して考えてしまった私も居ます。

水中で産卵して死亡する…という両生類がいるのか、魚類で産卵後に死亡するサケ科サケ属と
何らかの関係がある魚類進化版両生類か、そう問われれば、トンデモ発想と自覚しますが、
生きている時は乾燥した場所、死ぬ時は水辺というスタンスで、今後の目撃談を紐解いていただきたい。
ひょっとしたら、こんな素朴な感想が、何らかのキッカケを与えてくれるかもしれませんからね。



朝方に出会う人が多いということから、夜行性で(シカなどと同様)山から下りてくるのかもしれません。

爬虫類のキーワードであった暖かい斜面、穴、水辺という3つのポイントを置いておいて、
乾燥した場所、哺乳類的動き、太さからモグラのような穴の移動ではなく、道を歩いているのでは?
そして、通常は木の上で寝そべっているのかもしれないと想像をしています。

このツチノコについては、実は専門的に弱いジャンルが関わっていますので、
今後の宿題・課題として、自分に課せることとします。


さて、それでは私が得ている提供くださったツチノコ目撃報告等を紹介してみましょう。


つちのこ!?の子供 なおっち探偵団さんの報告より。

ほとんど誰にも話さなかった事をひとつ・・・今から20年以上前の事です。
当時小学5年生だった私は少年サッカーをしていました。
毎年恒例の夏合宿でG県のH山に行き登山をするのですが、その登山中のことです。

山の中腹あたりまで来た私はだいぶ息を切らせて登山道脇の岩
(直径1メートル位で上部が平)に寄りかかり足をとめました。
そのとき先を行く指導員の人が下に向かって
「蛇が落ちてくから気をつけろ!やまかがしだぞー」と叫ぶので皆一斉に上に向くと
土の斜面を一匹の蛇が滑り落ちてきます。

皆がその蛇に注目してる中、私の目の端にふと自分が寄りかかり
肘を置いている岩の上部に動く物が移りました。
「虫かな?」と思い焦点をあわせると、体長5〜6センチの蛇の子供でした。

しかし何か変な形をしているのでよく見ると色は茶褐色、頭は角張った三角形、
胴体部分がやたら太っていました。

私はすぐに「つちのこ!!」と思い込み「捕まえるべきか?しかし毒があるはず、でも・・」
と考える間もなくそれは鎌首をもたげたかと思うとピョンと岩の向こうに跳ねて消えてしまいました。

やまかがしが、私たちの列を横切り下の茂みに消えるまでの短い間ですが、
つちのこのような変な蛇は確かにいました。しかし他の者はやまかがしに気を取られていた為、
誰一人変な蛇を目撃していません。

もちろん傍にいた友人に話しましたが信じてもらえず周りを探しましたが見当たりませんでした。
今思うと実は普通の蛇だったのか?しかし跳ねるかー???・・・謎です。


ツチノコとオレンジトカゲについて ミキ♂氏の報告から。

私はかなりのツチノコ好きで、自分の肩にツチノコの刺青を本気で入れようかと
迷っているくらい大好きでございます。今から20年も前のことなのですが
三重県熊野市に住んでいたおばあちゃんがツチノコをらしき蛇を見たのです。

胴体は大人の腕くらい太くそして60cm位の蛇でゆっくり奇妙な動きをして
(一説には背骨が2本あるからとか・・・)動いている蛇を発見!
近づいたら気づかれたらしくものすごい勢いで丸くなり山道を転がって逃げたそうです。

当時、山のおばあちゃんの家は近くにこんにゃく畑があり蛇がうようよ
(畑の水道にはぐちゃぐちゃになるくらいいたらしい)ので当然いる可能性が高いと思います。
さらに山に面して海が広がっておりツチノコは貝も食べるという事で
生存条件も十分に満たしている環境だったことと、
当時おばあちゃんはツチノコの存在をしらずに遭遇したわけですから
先入観ではなく、私はツチノコがいた事を事実と考えています。私も人目見たかった・・・凹み。

さらに20年前私の住んでいる千葉県で体長20〜30cmのかなりえぐく、
しかもオレンジ色のトカゲみたいな生き物を見たのですが、そんな生物はいるのでしょうか?
ちなみに見たのはかなり古い酒屋の倉庫のトタンの破れた隙間でした。


三重県のヘビとか いもり氏の報告から。

大学院で魚を勉強していますが、海は広くて人の知識はまだまだ浅いですからね。
未知の海洋大型生物は是非居て欲しいものです。

小学生のころ、家(三重県)の前のドブに生えた草に奇妙なヘビ
とぐろをまいているのを見ました。
確か体はヤマカガシによく似た模様ですが、尾の先の方はシマヘビのような模様でした。
体型は細長く、マムシのような太短型ではありませんでした。
とぐろを巻いていた為、体長は判りませんが、記憶のイメージでは
1m強といったところでしょうか(小学生なので過大評価の可能性あり)。

早速家に帰って図鑑で調べてみたところ、一番それらしいのはサキシマスジオ、
もしくは模様の記憶違いでイワサキセダカヘビ…しかし、両種とも八重山の種じゃないですか。

どっかのペットが逃げ出したのか、もしくは雑種か…
しかしそんなキメラみたいな雑種が出来るもんですかね。
見たのは一回きりで、個人的には前者だと思いますが、
サキシマスジオ…にしてはもっとヤマカガシっぽい色形だったと思うのですが。

余談ですが、親父の地元(岐阜)では時々ツチノコが出て、
曾御祖父さんも見たといっていたそうです。隣の家では軒下(!)に住んでいたとか。

あと中学の時、近くの川で釣り友達と体長5-7cmくらいの両端が少し膨らんだ
葉巻型の生物をみました。

背面が薄い灰色で腹面は白っぽく、くねくねと体を動かしながら「流れて」いて、
目の前の石の影に隠れた為、友達と捕獲を試みたのですが、失敗しました。
形や大きさから何かの幼虫や、病気にかかって弱った魚の線も考えられますが未だに謎です。
ちなみに別の釣り友達も別の川で同じような物を見たと言っていました。
一体なんだったんでしょうかね。


アオジタトカゲ写真 taschopper氏の提供報告より。

えっと、僕、タスマニアとゆうオーストラリアの南方の島に留学しているんですが、
ツチノコはアオジタトカゲではないだろうか?とでていて、
あっ!このトカゲ前に見た事があるとおもって、撮影した写真を引っ張り出してきました。
昔はよく庭にいたらしいですが農薬とかの影響で今はあまり見かけないそうです
(ガーデニングが盛んです)。以前一緒に住んでいた人がガレージで見つけました。

最初に見た時、「小型の恐竜?」などと思ったりしましたが友人に聞いた所、
Blue tongue lizard(アオジタトカゲ)とゆう事が判明しました。
大きい物はたしかにツチノコみたいだなと思いますが僕の見た物は体長10cmぐらいの子供でした。



母は以前日本で「ツチノコ見た!」といっていましたが(滋賀県の山中で)
このトカゲとじゃないかなと思いました。
えっと、上記のトカゲの写真送付します。かわいいです。

 


土の子 酒井氏の分析見解から。

ツチノコの伝承がある所ほど目撃談が多いというのも、
伝承のせいで普通の蛇もツチノコに思えてしまうという、
「伝承が先入観を産む」というような事もあると思います。

アオジタトカゲ=ツチノコ説には、突っ込み所はいっぱいあります。
生物の生命力は想像を絶するようです、人類の目の届かない所で
とんでもないUMAワールドが存在するようですから、
アオジタトカゲ=ツチノコ説も可能性は小さくないかもしれません、
あるいは在来種もアオジタトカゲだったなんて事もあるかも(笑)

また、、ネッシーやビッグフットなど全てのUMAは、
全て幻覚であるというユングの「無意識的集合意識の幻覚」
という説もありますね、しかし、これは納得できかねますが!

ツチノコの目撃者にアオジタトカゲを見せて確認するという手もありますが、
未だに捕獲されていない所を考えると、個体数が相当少ないか、
あるいは死滅してしまったのかもしれません。

最近ツチノコの目撃談が少ないらしいです。
環境破壊がUMAにも悪影響を与えているのでしょうか。

ツチノコ=アオジタトカゲ説の事ですが、ツチノコで有名な岐阜県東白川町の隣白川町には
大きな貯木場(材木置き場)があり、輸入木材も多くあるようです。

月に1度の材木市には、全国から業者が材木を買い付けに来るほどの規模の大きさ。
この材木置き場のある白川町にもツチノコ目撃談は多くあります。
ツチノコ=アオジタトカゲ説を調べるならば、アオジタトカゲの生息する地域の木材が
この貯木場に来た時期と、ツチノコ目撃談が多く見られた時期との因果関係を調べれば、
おのずと推測できるのではないでしょうか。

それは全国のツチノコ発見地域と貯木場、輸入木材、ツチノコ目撃時期の因果関係を調べても
興味深い結果が得られるかもしれません。

何故、都市部の目撃談がないのかという理由は、「貯木場が都市部には無い」からでしょう。
また、都市部にアオジタトカゲが出てきたとしても山間部ほど餌が豊富ではありませんし、
生き延びるには山間部の方が餌(昆虫?)が豊富でいいでしょう。

と、ツチノコ=アオジタトカゲ説に傾きながら、
「ツチノコはツチノコ!」であって欲しいと願っているのですが(笑)

昔(40数年前の話ですが)我が家の斜め向かいが材木置き場でした。
子供の頃、よくそこで「蠍」を見かけました。
気味が悪いので石で潰してしまいましたが、昆虫類などは不本意に輸入されてしまうのでしょうが、
爬虫類など可能性はどんなものなんでしょうか。


ツチノコ〜! メガ氏の分析見解から。

私自身は「サキシマハブ」の誤認なのではないかとも考えてましたので、
基本的に反対というわけではないのですが・・・
それだけで全て説明しきれるかどうか最近は疑問にも思っておりますので、
その辺についてちょっとお聞きくださいね。

というのは、ツチノコの目撃談は相当古くから存在したと思われることを
どう考えるのかということなのですが。

1)ツチノコの目撃談として有名になったのは、
山本素石氏が著書で述べられたのがきっかけかと思ってますが、
同氏が目撃されたのが昭和34年。聞き取りを行ったところ、
それ以前よりツチノコの目撃談は存在していたとされています。

2)ツチノコについて述べた一番古い文献は『古事記』、『日本書記』と言われているが、
それに出てくる「ノヅチ」が即ちツチノコと同義であるかは不明としても、
江戸時代に出た『和漢三才図会』には野槌蛇として出てきます。
そこまで古くなくとも、柳田国男の『妖怪談義』にもヨコヅチヘビ、テンコロコロバシ、
ツチコロビ等として出ております。

更には、ツチノコを意味する方言は全国各地にあります。
全国的に分布しているということは、輸入木材に従ってわが国に渡来したというだけで
説明しきれるのか疑問思っております。

戦後になって話題になったツチノコと、民間伝承に取り上げれれて居るツチノコは
別物であるということですかね。「昔から居たから、ツチノコ渡来種説は間違い」
ということにはならないと思いますが、同時にツチノコ渡来種説を有効とするには
「伝承に言われるツチノコと戦後に話題となっているツチノコは別物である」
ということを証明できないまでも妥当に推論し得る程度には説明できなければならないのでは。

全国のツチノコ発見地域と貯木場、輸入木材、ツチノコ目撃時期の因果関係を調べても
興味深い結果が得られるかもしれません。実際にデータを積み上げていけば、
ツチノコ渡来種説の証明データとなり得るのではないかと思います。

ただ、ツチノコの目撃談が数年以上に及ぶ例があるという点を
どう説明するかが課題になるような気がします。
もちろん、全て輸入材についてきたとする可能性を否定するものではありませんが、
同時に日本での「越年」の可能性も考慮の範囲に入ってきますのでややこしいですね。

全国に目撃談が広がっているのは、輸入材による「一時的な渡来」なのか、
「渡来」した種が「自然と分布」を広げていった「帰化」なのか?難問ですよね。

もっとも、実物が捕まれば、論より証拠ということでケリが付くのでしょうが
その公算は低そうですし、仮に捕まって「渡来種の誤認」となったとしても、
過去の目撃談・伝承の数々をどう説明するのかという課題は残るわけですから、
ツチノコという問題は生物学だけでなく民族学や場合によっては社会心理学上から見ても
面白い題材となり得るかと思います。

私は良く知らないのですが、輸入木材には「検疫」のような物はないのでしょうか?
それと、実際にツチノコ目撃談の有る町で聞いてみますと、
ツチノコ目撃報告のあった地点は町内の各所に点在(町と言ってもかなり広いです)。
輸入材についてきたのが、どうやって広い町内に散らばったのか?誰かが放してるとか。

生物の生命力は想像を絶し、生命の適応力と耐久性は驚くばかりだと思います。
6000mの深海ともなると、普通の生物の細胞は潰れてしまって元に戻らなくなるのですが、
どういうわけかそんな深海や超深海にも適応した生物がいますからね。

伝承のせいで普通の蛇もツチノコに思えてしまうという、
「伝承が先入観を産む」というような事もあると思いますが同時に山や海で暮らす人々の
観察力の正確さも忘れてはならないことだと思います。
だからこそ見極めは難しいのですがね。

最近ツチノコの目撃談が少ないらしいですが環境破壊が悪影響を与えていて
まさか、人知れず絶滅したとか。

自称ツチノコの里という町に行ってきました。山に囲まれた農村地帯でしたが、
小さな町にもかかわらず30人以上の目撃報告があるそうです。
それが真剣に取り扱ってもらえないのはなぜでしょうね?
多分、素人では生物の見分けがつかないから信頼性に欠けるという事なのでしょうが・・・・

普段から山に囲まれて暮らしている人が普通のヘビとツチノコの見分けがつかないというのは、
実に奇妙な話しだと思いますし、そういう方々は単なる「素人」ではないと思いますので
釈然としません。

よく考えて見ると、生物の知識が無いので「珍しい生き物」をUMAと間違える事もあるでしょうが、
同じくらいの確率で知識のなさからUMAと気づかないことも有るでしょうから、
まだまだ未発見の生物は多いのではないでしょうか?

ツチノコは、アオジタトカゲに良く似てますですね。
ただ、疑問に思う点が1点あります。アオジタトカゲが日本国内に入ってから山間部で目撃されて
ツチノコと誤認されるに至った伝播ルートはどのようになるのでしょうね。

ツチノコの目撃報告は数年に渡って国内各地で発生しましたが、
それと同等かもしくは上回る件数のアオジタトカゲの目撃報告があったのでしょうか?
もっとも、一般に知られていないだけで、税関や検疫の方々では
良く知られたことなのかもしれませんが。

仮にアオジタの目撃報告が無いとしたら、それがいきなり山間部で目撃されだしたことになるので、
アオジタトカゲは、どのようなルートで全国に広がったのでしょうか?



<作者より>

ツチノコは宿題っぽく捉えて、何か大きなことを掴みかけたら、何らかのアクションを起こしたいと思っています。
今後の展開をご期待ください。



表紙