ネス湖紹介(地図、行程、地層、深度、透明度など)

ネス湖は特殊である!!!

しかし、何故か陸水専門家がネッシー調査に加わってない、どうして専門ビンゴが参加してないのか?
とあるTV局の製作スタッフ(TV朝日、番組名:これマジ!)に聞いたところ、行ってくれる先生がいないから(笑
生物博士という肩書きはないが、動物病院の先生が調査へ行ったことがある(ヤラセ)。

←地図サンプル

イギリス・スコットランド(北部のハイランド地方)にある、ネッシーのおかげで他を追随させないほど、
あまりにも有名になっているネス湖ですが、LOCH NESS…ロッホ・ネスと呼びます。

長さ約38km、幅は2kmで狭く細長い。最深は230mを越し平均132mです。
透明度が約3m〜7mと濁っており褐色、視界は悪く、水中調査での撮影も困難だそうです。

約1万年前にスコットランド自体が氷河に覆われていたので、
氷河の後退と共に、地殻変動によって形成された湖となっています。
その後、3,000年前に陸地の隆起により、生物たちが湖に閉じ込められたといいます。

氷河期って簡単に言えば、地球上の気候が非常に寒冷になった時代のことです。
しかも、地球誕生以来数回にわたって発生、生態系に大きな影響を与えてきました。

私の致死遺伝子発動防止研究でサケ科タイヘイヨウサケ属を扱っていますが、
陸封型であるイワナ・ヤマメ・アマゴの変異さは氷河期解明に非常に重要な魚類でした。
各河川への無差別放流事業で交じってしまい、役に立たなくなってしまいましたが。

PHYSICAL DIMENSIONS
下記データは(財)国際湖沼環境委員会(ILEC)において科学的公になっているものです。

Surface area []表面積 56km2
Volume []体積 7.45km3
Maximum depth []最大水深 230m
Mean depth []平均の深さ 132m
Water level[]純淡水湖 Regulated
Length of shoreline []湖岸線 86km
Residence time []湖水還流 2.8yr
Catchment area [] 1,775km2

湖の下にはお約束、火山があると言われていますが、最終確認は不明。
ネッシー誤認の一つである、温水の塊が湖底から急上昇する現象が時々起きているらしい。
(表面張力の差でボートに向かって行き、転覆まで引き起こす)一般の火山性噴気現象。
池田湖や屈斜路湖でも多く観測されています。そのおかげで湖水還流が2.8年の期間で入れ替わる!!!

但し、データにばらつきがあるので、更なる調査が必要みたいです。

Mean temp. [deg C]
Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec Ann.
2.8 3.2 5.2 6.9 10.1 12.4 13.8 13.6 11.6 8.7 5.7 4.1 8.2
Precipitation [mm]
232 177 127 156 93 114 148 150 189 234 196 242 2,058
*1 Circa 50 km west of the lake.
*2 13-year mean.

Number of hours of bright sunshine: 1,374 hr yr-1.
Snowfall (lake side): 15-20 day yr-1 =年間に15〜20日雪が降る。

Water temperature
湖の平均水温は約7℃。水面は季節の影響を受けているが、
水深75m前後で安定しているようです。

December 1977-November 1978
Depth [m] Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
0 5.7 5.6 5.6 6.3 7.5 10.0 12.5 13.5 12.5 10.6 9.8 8.0
75 5.7 5.6 5.6 6.3 5.8 6.6 7.5 6.3 6.5 6.7 7.3 8.0

Freezing period: None.=冬でも凍結しない不凍湖。
Notes on water mixing and thermocline formation
The thermocline is formed from May to October

ペーハーpH
水面下10mまでのペーハー値。ほぼ中性(PH7)で安定していますが、
若干の揺らぎは酸性雨などの影響と思われます。または濁りの素材影響かも。

November 1977-October 1978
Depth [m] Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
0-10 - 6.7 6.7 - 6.8 - 6.6 6.5 - 6.6 - 6.8

LAND USE IN THE CATCHMENT AREA
環境要素データ。周りが森林か砂浜かなどのものですが、急に切り立った崖が多いので、
そんなイメージで良いと思います。

Area [km2] [%]
- Natural landscape
Woody vegetation 247.9 14.3
Rough 1,354 78.3
- Agricultural land 32.6 1.9
- Urban 7.5 0.4
- Others 86.2 5.1
- Total 1,728.2 100.0

<生物相>Maitland, P. S., Smith, B. D. & Adair, S. M. (1981)

生息魚類:あまり生物相は豊富ではありません。

アトランティックサーモン、ニジマス、ブラウンラウト、ブルックトラウトなどサケ科、
つまりタイセイヨウサケ属たち、他にサケ科イワナ属、カマス類、
ヨーロッパウナギ、ヤツメウナギ、トゲウオ、コイ科ウグイ属、ナマズ科、チョウザメ類。
Lampetra planeri, Salmo salar, S. trutta, Salvelinus alpinus, Esox lucius,
Anguilla anguilla, Gasterosteus aculeatus

動物類:

カワウソ生息は有名ですが、環境変動による生物相を計るのに重要なデータのひとつ。
時々日本のタマちゃんらのようにアザラシなどが間違えて遡上しているそうです。

鳥類:

白鳥など、普通の渡り鳥たち。特別珍しいものは無かったので省略します。

植物系:現地の名前で失礼。

Emerged macrophytes (6)
Scutellaria galericum, Veronica scutellata, Carex rostrata, Menyanthes trifoliata,
Mentha aquatica, Potentilla palustris.

Submerged macrophytes: Myriophyllum alterniflorum (6).

Phytoplankton (5)
Oscillatoria sp., Elakatothrix sp., Melosira sp., Rhizosolenia eriensis,
Asterionella formosa, Tabellaria fenestrata, T. flocculosa.

プランクトン調査(ベントス系):

専門用語で失礼。動物性プランクトンが多いのが特徴です。
湖の対流の正確な数字とは別に、植物性プランクトンより多いということは、
湖水に含まれる酸素が”より”貧弱といえます。もっと調べる必要がありそうです。

Zooplankton (7)動物性プランクトン
Daphnia hyalina, Bosmina coregoni, Diaptomus gracilis, Cyclops abyssorum.

Benthos (8, 9)植物性プランクトン
Lumbriculus variegatus, Cloeon simile, Amphinemura sulcicollis,
Chloroperla torrentium, Sigara dosalis, Stylaria lacustris, Asellus aquaticus, Nemoura avicularis.

総括

湖水が還流するのが2.8年となっていますが、その根拠が火山性活性酸素(酸素と付くけど毒)、
温泉の噴出しのためと推測されていながら、湖底に温泉(火山)は”あるらしい”と推測です。

総合的に感じるのは、公的データなのに不思議な湖分析のデータになっています。
湖底に酸素を送るのであれば、身近な特殊湖では、琵琶湖があります。
琵琶湖の地底下部には、琵琶湖並みの地下水が眠っているそうで、なんとも広大な世界。

ネス湖は調査機器を入れやすいですが、広範囲に調査するには急深と切り立った崖の存在が
かなりネックになっていると思います。科学的に湖としては未解明のものと言えるでしょう。

水の交換が多いのに濁ったままというのも是非調べたいものです。
一般的湖と違うということは、ネッシーを置いておいても科学的興味が湧きますし興味深いです。



ネス湖の熱量から水温などを計算して対流のレベルを推測

ここで、ネス湖を題材に恕留樹(じょるじゅ)さんが役に立ちそうな資料を発見、
それを元にして独自計算して水温などをチェック。
理系以外の方は思いっきり頭が痛くなる方も居るかもしれません。
でも、こうやって色々なことをやってみてこそ学問が身に付いていると言えるのです。
(少々専門過ぎですけどネ)。


ネス湖の水温勾配 恕留樹(じょるじゅ)さんより

新しい記事「湖の対流水温など」を拝見して、あるウェブのことを思い出しました。
老舗ネッシーサイトに次のような記述があります。

Because of the great amount of water in the loch a
thermocline lies at around 100 feet down in the loch.
The top 100 feet of water alters temperature depending
on the weather conditions but below the thermocline the
temperature never alters from 44 degrees Fahrenheit.
So as the surface water cools in winter and nears
freezing point it sinks and is replaced by the warmer
water from below.
This can cause the loch to steam on very cold days, in
fact it as been estimated that the heat given off by
the loch in a winter is the equivalent to burning 2
million tons of coal.

華氏44度は摂氏6.6度にあたります。
対流は季節的に発生するものですが、「200万tonの石炭」という記述から
熱力学的に対流のスケールを見積もってみましょう。
石炭の単位質量あたりの熱量を5000kcal/kgとして200万tonの石炭で10兆kcal。
大雑把に言って1calは1気圧で1gの水の温度を摂氏1度上昇させることができる熱量だから、
摂氏6.6度の水が摂氏0度になるまでその熱量を放出すると仮定すると、
10兆kcalを放出するのに摂氏6.6度の水が15億2000万立方メートル必要になります。

ネス湖の全水量は同じウェブページで2630億立方フィートすなわち
74億立方メートルとありますから、手荒い見積もりですが、
一冬の間に湖水の約2割が対流していることになります。

ネス湖の平均水深を129m(「ネス湖の怪獣研究所」より)とすると
その2割は25.8m。100フィート≒30.5mからそれほど遠くない値になります。
生物の代謝量についての知識は乏しいのですが、
ネス湖で水深30mのところに魚影があったとしても不思議はないように思えます。
僕は学校を卒業して以来熱力の計算から遠ざかっていた上に、
年々頭が鈍くなって来ているので計算にひどい間違いがあるかも知れません。
見直して間違いを教えていただけるとありがたいです。

私の個人的見解は、間接的ですが約40mぐらいかなぁ〜っと思ったりしています。
ネス湖では可能性があるような、無いような微妙な気がしています。
「200万tonの石炭」(紹介のデータ)の資料が、そもそもどういう計算なのか…。
スタート時点の算出方法に因っても結果が変わりますから、やっぱり実際に酸素分布を計測し、
湖底にも充分な溶存酸素があり、プランクトンが豊富で生物相が幅広いことを調べたいですね。

それならばスッキリしますし、可能性があるなら、後は捕獲を待つだけです。



表紙