漂着した幼生個体!?

ネッシーの村(ドロムナドロケット村)モンスター博物館。

←ドロムナドロケット村の像クミさん提供

大きな霧の立ち込める湖で、なんだか大きな物体が泳いでいるようなものを目撃した場合、
まずは湖を科学的に分析します。それは酸素であり、潮流です。
酸素は海とは違う湖の特性で、底の方には貧弱な酸素量しかありませんから必須ですし、
潮流については、泳いでいる物体は餌を追う場合を除いて「走流性」に支配されるのが生物なので、
かならず流水力学的なものを調べれば、更なる存在を確認できる可能性が高いです。

調査の最終目標である捕獲は、潮流や酸素分布、水温などを検証すれば定置網などでもOK。
そもそも、過去の調査ではいまいち専門分野が違う学者の参加が多いと思われます。
本書で、専門ビンゴの方法論をお楽しみください。

ここでは、ネッシー目撃それぞれの歴史を網羅してみます。マスコミ報道影響の解説や紹介です。

尤も、過去に紹介されているものたちは氷山の一角といえます。
埋もれているものを掘り返せば、相当なものが存在していることでしょう。
ネットの無い時代、更にはマスコミに提供しなければ歴史に残ることも無かったわけですから。

<目撃報告の細かいチェックすべき点>

ボンヤリとしてしか目撃できなかったものが多いはずなので、分類は難しいのですが、
下記の点を注意しながら追ってみたいと思います。頭の隅に5点の特徴を入れておいてください。

1,タテガミのある記事…タテガミの水棲哺乳類は居ない(とか)

2,首が長い目撃…首の長い水棲獣はいない(とか)、トドは意外と首が伸びて長い。

3,陸上を歩く目撃…水陸両用の哺乳類はゾウアザラシ系?両生類は大きなものが居ない。

4,遊泳速度…ネッシーの速度は約36km/h、首長竜ですら理屈では7.2Km/hです。

5,卵が何故発見されてないのか…爬虫類⇒恐竜⇒鳥類なら産卵タイプ。両生類タイプの卵か?

首長竜の泳ぐスピードは、一応骨格から推定した筋肉量に従って計算されています。
1秒間に2mほどで、意外と遅いとのことです。時速にすれば7.2km/h。

恕留樹(じょるじゅ)さんが私の保存したデータ(ライブカメラでネッシーと思われるもの)が立てる波、
首らしきものとこぶが複数ある胴体らしきもの、実際に移動する様子、沈んだと思われる跡から、
水上に出ている部分の長さと移動距離を目算し移動する速度を計算してくださいました。

すると、長さ20mの最高速度72km/h(39.7kt)!!!
長さを10mとしてみても最高速度約36km/h(20kt)となり調査用の潜水艇の出せる速度ではない。

ネッシーは、首長竜の5〜10倍の速度となると、首長竜説は、ほとんど不可能です。
泳ぐスピードだけは進化したと考えても良いですが、そうしますと体型をかなりいじらないといけません

例えば、噛む力を強くすると、頭や体系がずんぐりむっくりになります。
ちょっと速く泳げるようになったよ…というだけでも、生物学的理屈では、相当進化する必要が出てきます。

さて、という前置きは終わり、目撃報告の歴史に触れてみましょう。

イギリス・スコットランドの深い湖、ネス湖。
水温は低く、湖と気温の差で霧が発生した時には神秘の空間をかもし出します。
数10メートル先は何も見えません。

耳を澄ませば、ボチャンと水音が聞こえ、急深の湖は呼吸をしているかのように、
木々には神や妖精が潜んでいるかのようなムードになります。

霧の湖。それは神秘的で奥が深いです。自然の素晴らしさを感じるひと時でしょう。
神からの使者、愛称ネッシーが居たって可笑しくない雰囲気です。

単純に長期間に渡り目撃報告や人気が続くのは巨大マスコミが煽っても難しいです。
良いネタがあっても、直ぐに正体・原因が判るか忘れ去られるのがオチ。

あなたの近所の湖で怪物目撃騒ぎが有ったとしましょう。
「科学調査であっという間に正体判明」…はさておき、1年、5年、10年、30年、
そして40年が経ったら…?誰も覚えておらんでしょう!!!
目撃なんて最初の1年目の数件で無くなり、いくら当事者が頑張っても、
知名度を維持するのは大変、たいへん…。ウソだとしても数年間もてば大成功。

話題を作ろうとしても、それなりの「真剣に思わせる何か」が無い限りスルー。
何故か長期間の目撃が続くネッシーは、正体を簡単に自然現象に求める方が不自然。
つまり、私は”ネッシー”はいると思う。その正体が何であれ。

上のフレーズ、私が10年近く前に書いたものです。
なんとなく見事に言い表している感じがして、紹介させていただきました。

また、一例を先に紹介いたしますが、既知の生物でも胎児や異常形状個体、死骸だと、
全く別物に見える事が多くあります。あまりにも砕けている場合はDNA鑑定をします。

ただ、DNA鑑定法も肉に含まれているタンパク質を分析するアミノ酸鑑定法も
すべての動物をデータ化して世界中の共通知識としてなっていませんので、
分析結果が一致しないことも多く、分からないものであれば、そのまま報知されることも多いです。

たとえば、2004年9月9日、イギリス・パートン周辺の海岸に奇妙な生物が打ち上げられた事があります。、
地元のジョアン・シングルトン女史が、Lowca Beck川河口付近を散歩していて発見したもの。
横に転がっている缶(ペットボトル)と比較すると70cmぐらいでしょうか。わりと大きいですね。

写真:http://www.whitehaven-news.co.uk/unknown/viewarticle.aspx?c=1143&id=334150

=使用許諾未だThe Whitehaven News紙

写真の右を向いて口らしき部分があり、歯も鋭いのがある、球根のような体型、
小さな足が前と後ろに付いているのが見えます。背ビレと胸ビレ、かぎ爪まで。
驚くことに、尾ビレらしきものが左側にオマケ程度(役に立たなそう)についています。

通常の魚ですら湖と海では尾鰭が強靭になりますから、↑のような貧弱な尾鰭は幼生的。
すると、胎児か何かなのかと思ってしまうが、やはり形態が異常に怪しい。細い手足も同様です。

住民たちの感想は「初めて見る生物だ。非常に奇妙…」と溜息をついたそう。気持ちは分かる。
連想したのは、ネッシーがネス湖と海を行き来しているという考え方から「ミニネッシー」と命名。

ホワイトヘイブン・ニュース紙も図鑑などを紐解き、よく判らなかったため情報提供を呼びかけたものの、
学者から調査したいので送って欲しいなどの申し出は、持ち主(?)がなぜか断り
約1ヵ月後、イルカ系の胎児じゃないかと持ち主が推測し一件落着(一部の方々のみ)だそうです。

私自身も送って貰いたかったです。多くの疑問を持たれる決着でしたねぇ。
イルカの胎児ってこうなのかな?この写真のものが胎児ではなく子供であれば、すごいものでは?

←イルカの胎児(やっぱイルカだよね)

イルカの妊娠期間は1年間で、祖先はかばの仲間で、ムナビレの骨は人間のような5本指、
子宮の中で体を折り曲げているので生まれたばかりの子には線がついている。ヒゲもある。

和歌山県太地町・太地町立鯨の博物館には標本が幾つか有るのでピックしてみますと、

 

……だとか。いったい、ミニネッシーの正体は何だったのだろう。


ネッシー正体説その2

ネッシーの正体を分析し考察する・哲学編

姿勢の話を再度しましょう。浮力が重要。

ここ十数年の間に恐竜学者と生物学者や植物学者が協力し合った結果、
恐竜学が非常に発展し、恐竜の姿勢描写が変わっていきました。

これによって、ブラキオザウルスのような超巨大なものでも池に入って葉を食べる描写よりも、
歩き回って活発になっても不自然ではなくなり、大移動の方法も、歩くことでOKとなり、
多くの謎がクリアー、中生代風景に対する発想も大きく広がってきました。

既出ですが、左から右に代わった恐竜姿勢。



こうなったのも平衡的力学検証の賜物という訳ですが、同様に、首長竜も姿勢図が左から右へと交代。
従って、首が直立している目撃写真は「理屈的に可笑しい」と考えて差し支えないと言及しました。



ところが、これには「チョット待てよ」と思うところがあります。
恐竜学の発展に伴い、以前の姿勢に関する知識は覆され、結果、昔のイメージからはかけ離れ、
必然的にUMAの目撃写真や表現も最新情報に適合するかのように切り替えられつつあります。

確かに、陸上の恐竜たちは平衡的に今の描写が最適でしょう。
しかし、そもそも海竜の連中のみは、水に対する姿勢なので、少し趣が変わります。

恐竜に引きずられて、首長竜の姿勢も納得してしまっては、いけないのです。
科学的根拠は陸上とは別なのですから、水棲のものまで連動させて考えてはダメなのです。
この点のみ、詳しく主張ないし強調する必要がありましたので、宜しくお願い致します。

首長竜の姿勢には浮力部の考察が絶対に必要。

水に棲む生命体には浮力が最も大切です。これは首長竜でも例外ではありません。
恐竜姿勢のように寝かせるのもOKなのですが、首を直立させてもあながち間違いではないです。



その浮力は何処から出しているのでしょうか?

人間でも”沈む”という人がいます。海では中々難しいですが、プールでなら簡単。
肺の空気を思いっきり出すだけです。そう、肺はウキ袋の代わりをしています。
溺れるというパニック状態でも、肺にタップリと息を吸い込めばプカプカ浮きます。
実際、溺れる場合の生命を左右させるのは、直前に吸い込んだ空気量に因る程といえます。

尚、溺れて亡くなり最初は沈んだ場合でも、何日かすれば体の体液などがガス化し、
貯まってきますので、浮き上がってきます。変な例え話をしてしまって申し訳ありません。

それほど肺というのはウキ袋的に機能します。ゆえに、肺のある爬虫類のワニやカメなども、
元々は体は沈み、水面に浮くのは肺の中の気体量と臓器位置のバランスです。

泳ぎ方も、肺の機能と体のバランスで様々ですから、UMA目撃の場合、泳ぎ方もチェックですね。

=泳ぎはシッポを左右にくねらす。速い。

=泳ぎは手足をバタつかせるだけなので、やや遅い。

一方、ヘビやウナギは体をくねらせて進みますが、ヘビは水面上へ頭を出せますけど、
ウナギは頭を出しすぎると、エラ呼吸のせいで鰓が互いに引っ付きあってしまい、
急性のアンモニア中毒っぽくなってしまいますから鎌首はもたげられません。

=細長い動物の場合は左右にくねる。

真っ直ぐになっている場合は、惰性で進んでいる時です。

水棲では殆どの生物が左右くねりで進みます。最適合の筆頭としては魚類であり、
ヒレが上下に広がっているからこそ、恐るべきスピードを可能にします。
湖より海の魚のほうがヒレが強靭な傾向があります。

 ←魚類尾びれは上下に広がり恐るべきスピードを獲得。

一方、クジラ・イルカやアザラシなどの海獣類は上下泳ぎです。それは左右に広がったヒレだからです。
例外が少ないだけに、これらのポイントさえを押さえておけば、UMA映像の泳ぎ方で直ぐに絞れますよね。

 ←何か素材集で好い写真があれば。

・千葉県袖ケ浦市沖の東京湾。コククジラとみられるクジラ(共同通信社ヘリ)
・海を泳ぐイッカク。クジラ類は頭を出したりして泳ぐ。

基本過ぎて失礼しました。つまり、水棲の動物については浮力というものの考察に加え、
水中圧力や臓器のバランスの分析も必要という、陸上動物よりも若干難しく、
単純に切って分けれないのです。

鎌首を持ち上げる場合、湖中ではどんな様子か。

水面上と水面下。違う世界が展開されていてもおかしくありません。
クールな顔つきのUMAが、水面下では想像を絶する格好で一生懸命手を振り足を振っている、
そんな面白い想像をするのも、おつなUMAファンの余裕のなせるわざです。



これは単純に体が首に比べて非常に大きく、バランスが上手く取れていると考えただけです。
巨大な体躯ということは、逆に水流によりバランスを崩しやすいので、泳いでいる映像があれば、
これは直ぐに判明できます。具体例の過去目撃が無いので、このパターンはないのでしょう。

首長竜では首の直立はないとなりつつありますが、そうではありません。



図のように前方・後方と2室的に調整できる肺であれば簡単に鎌首をもたげることが出来ます。
これでも当然、泳いでいる最中は前傾姿勢にならざるを得ないですが。

シーラカンスでは、ウキ袋が空気ではなく脂肪で満たされていて、
更には第二背鰭の後方まで延長し、くびれによって2ないし3室に分かれていました。

このように、今の生物と古代の生物では根本的に”何かが変”という事実がありますので、
あながち首長竜が鎌首をもたげれなかったというより、出来た可能性はあります。

そもそも、周りを見渡すのに都合の好いのが高い場所から見下ろす事ですからね。
遺伝子異常や突然変異で出現したら、もちろん、自然淘汰はされないと思う。

生物学系の人間として主張させていただけるのなら、ネッシーを捕まえるまでは正体は分からない、
それゆえ想像するのが楽しいもの。しかし、生物学と大きく違った知識を入れすぎるとSFにまでなってしまう。
そうなると、面白さよりも目撃情報や分析の間違い探しになってしまい、非常につまらなくなります。
なるべく正確な生物学を取り入れること、なぜなら、それだけでもトリビア情報は豊富にあるし、
謎に満ちているのですから。

原稿表紙     次へネス湖の致命的な急深と不思議



表紙