東日本大震災〜現場から〜のご感想その3

初動以降のその後です。着信順です。ありがとうございます。
ブログなどと違って、残りますのでヨロシクどうぞ。
削除&修正依頼はいつものようにメールを放り込んでおいて下さいませ。


講談社・漫画家の森一生さんより

佐久間さま、ご無沙汰しております。XX(本名)です。

被災地での救助活動、本当に本当にお疲れ様でした。
日本国民の一人として、最大限の尊敬と感謝の気持ちを贈らせていだだきます。
もう現場からはお戻りになられたのでしょうか。
どうか、ご無理をなされませんよう、お体を大事になさってください・・

佐久間さんが現場で奮闘されているころ、私はといえば、ただただ
うろたえるばかりで、ネットに流れる情報の断片らしきものに翻弄され、怯えて嘆いて、
しまいには自己嫌悪と罪悪感のような妙な感情に苛まれる始末。
もう、ダメダメであります。

編集部も直後は軽くパニックに陥っていたようで、担当者からは次回打ち合わせ無期延期の連絡。
現在は通常営業に戻ったようですが、紙とインクの供給次第で今後も出版に影響が残るかもしれません。

震災から数日、近所では私の主食・カップラーメン(笑)が消え、ごはんが消え
難儀しているところに、名古屋の両親から「ちょっと顔みせろ」と言われて一時帰省しておりました。

家族とはいろいろな話をしました。

原発のこと、被災者への政府の対応の遅いこと
佐久間さんのような優秀な人材がいると言うのに、トップが馬鹿すぎる・・
はては神様の話まで・・・

作者より:私は日本ではダメのレッテルを貼られて某国に拾われたので、正確には今回も後方支援です)

久しぶりに八丁味噌のお味噌汁をいただいて、やや心も落ち着き、
すっかり里心がついてしまいましたが、ブラブラしているわけにもいきません。

帰京し、また机に向かっています。
白い紙と筆記具、そして机に向かい合うだけであります・・・

原発の危機は現在進行形ですし、いずれ必ずやってくる東海地震。
(『これで海釣り出来なくなるな。いや、食べないでリリースすればいいか・・』と、
まず釣りの事を考えてしまう私は馬鹿)

地味に危機進行中の「もんじゅ」中継器事故。

既に起こってしまったことは仕方ないけれど、これから起こるであろう危機には
それまでの教訓をしっかり生かして欲しいものだと切に願うだけです。

*******************************************************************

ところで佐久間さんは引退後はどうなさるのでしょうか。気になります。
海外移住でもされて、現地の金髪女性とラブラブに・・いいなあ〜←私の妄想

・・・不謹慎で失礼しました。

漫画「アングラヒーロー・さくだいおう」の原作もお願いしたいところだけれど
守秘義務の壁がありますからアレンジ効かせないといけませんね。

それでは、また。

作者より:表には決して出ず、自分の売り込みはせず、守秘は墓まで持って行く存在が私、
 なかなかストレートに出す商品化は壁がありそうですね。UMA本ぐらいが限界だったでしょうか。
 ノブナガという番組も断りましたし、今思えば出ておけば良かったかな。なんてウソウソです。)


物を送るダンボールが不足するなら…達也さんより。

捜索も少しづつ進んでいるようですが、
身元不明者の火葬が東京でされたとのニュースがありました。

遺体の傷みが酷いのでしょうが、身内の方にとっては、本当に堪らない話なのでしょうね。
私などは想像してもしきれません。

また、ヤフーのコメントでも被災者へのインタビュー記事などへの反感が多く出ています、実際そうでしょう。
ただ、そういう話があることで、西のように被害のない地域でも、感情が伝わります。
そう考えると難しいところですよね。

海への汚染物質の流出、単純に薄まるから大丈夫というのは、酷い論法だと思っていましたが、
なるほど、そんな問題では無いのですね。
やはり一刻も早く放出を止めないと想像すら出来ないことになりますね。

いわきにある大手製紙会社が段ボールの原紙を作っているそうなのですが、
野菜などの箱に加工されるため、放射能汚染を心配して出荷できない、製造できないそうです

実際どうなのか、測定してそれなりの数値が出たのであれば別ですが、
こういった形の風評被害も出始めているようです。

何はともあれ、気を付けてください。皆様のご無事を祈っています。

作者より:体育館などの集合場所で家族ごと、着替えごと、
 仕切りにダンボールが使われつつあります。こういう事に使えそうですね。)


谷川さんより

ご返事ありがとうございます.

報道されないひどい状況におかれている中で
私などに返事していただき申し訳ありません.

FUKUSHIMA50」と称されている方々の一人は
ヒーローなんかじゃない.責務として当たり前のことをやっているだけだと言っておられました.

私の中で「さくだいおう」さまはスーパーヒーローですが,
生身の佐久間さまは責務として当然のことをやっているということでしょうか.

引退後はジャックバウワーのように,
呼び戻されるというオチが待っていないか心配です.

長々と書いてしまいすみませんでした.
それでは失礼します.

作者より:彼らはそう呼ばれてるんですね。私は使命感で自分の持つスキルを役立てよう、
 そんな感じのまま育ってきましたから、お金よりも満足して死ねるのを選択するんです。
 物理的に物事を収めたり変えるのが難しいことを知っているので、出来る人たちでやるしかなく、
 評論家が嫌いというスタンスで嫌われますが、こういう時だけは実務者以外は手を出せず輝けます。
 私は特に”拳銃を持たないジャックバウアーと仲間内からは言われる時が…最近、自称も”)


市川さんより

こんばんは。いまだ、大変な毎日を送られているのでしょうか?本当にご苦労様です。

最近になって、ピット付近から汚染水が流出だの、低レベル汚染水を海水に放出だのと
連日のように悪いニュースが流れていますね。
しかし、テレビやインターネット上といった場所で流れるニュースというものは、
政治家がいかにダメだったかとか、汚染水がどのような影響を及ぼすか、
などという情報に限られていますね・・・。

海洋汚染による漁業被害や津波被害による農家への補償や放射性物質の人体への影響なども
重要な情報であることに違いはありませんが、実務レベルではどうなのか、
といった情報は佐久間様のホームページやメールなどといった極僅かなものでしかないのが気がかりです。

また、最近のニュースなどでは、また汚染水の流出が止められなかったとか
低レベル汚染水を海水に放出せざるをえないといったミスと受け取られるような報道が多く、
一般の視聴者に、何もできないような人ばかりなのか!と思われかねないような気がします。

不安ですね。

救助活動の方はどうであったのでしょうか?

テレビではお涙頂戴劇のような感じばかりですが、
実際の現場は凄惨なものであろうことは想像に難くありません。
現地をこの目で見ているわけではないため、所詮は想像であるのが悔しくてなりません。

勇んで現地に行ったところで何もできないのは明らかであるのですが。
今自分にできることは、正確な情報を一人でも多くの人に伝えることぐらいかなと思っています。

まだまだ、佐久間様は活動を続けるのでしょうか?
毎度、言っていることではありますがご無理はなさらぬようお願いいたします。

作者より:私達より後に来た救助隊は、15日に阪神消防のメンバーらがいました。
 指示系統で混乱して、実働が90分だということで、メンバー全員が愕然だったようです。
 私のように、バカな命令が来ると上司無視して干されるぐらいやって欲しかったですが、
 隊長にはこういう未曾有な災害時は、それが許されるんだと教えたかったですね。)


井川さんより。

こんにちは、お忙しい中、失礼します。
佐久間さんが気にされていたことが、どんどん酷くなっています。

高濃度の汚染水の放出は、収まったようですが、
低濃度とはいえ1万トンの排出は実行されるし、
拡散という前提が間違っていることなど想定外なのでしょう。

近隣各国との関係悪化も心配です。

事前通知していればどうなんでしょう?少しはマシだったのか。
理解はしても認められないとの発言も国家としては有り得ると思いますし、難しいところでしょう。
でも、せずに色々言われるよりは、やはり・・・・・。うーん、難しい。

今回の原発事故関連で言えば、一般人に出来る事って何でしょうね。

変な風評被害に惑わされないよう気を付けたいと思いますが、それ以外は・・・・・、
作業者の方の無事を祈る、一刻も早い終息を祈るくらい?

近くの運送屋は、千葉から上には行かないようにしているそう。
おいおいと思いつつ、理解できる自分もいます。

こういうのが風評被害に繋がるのでしょうね。ジレンマです。
私自身なら行きますが、自分はこちらにいて、社員に行けとは言えませんものね。

ところで昨夜、震度6強があったようですね。皆様ご無事でしょうか?
余震も収まりつつあるかのように思っていましたが、まだこんな大きなものが、目を疑いました。
ホントにとんでもない話です。

例のホットスポットの話に関連して、本日の朝日新聞の一面に30Km圏外でも危険、
みたいな話が出ていました。

広大だったか先生方の調査の結果のようですが、ウーン、何が本当なんでしょう。
これが本当なら、もっと早くに動くべくだったはず・・・。
どちらにせよ、新聞の一面に出てしまうと大変ことになるのでは。

以上、佐久間さんのことですから大丈夫と思いますが、お気をつけて。
今回の余震で、ばたばたかと思いますが、余裕が出来たら、
またサイトの更新でもお願いできると幸いです。

頑張りすぎないよう頑張ってください。皆様、ご安全に。

作者より:最初の爆発時に『世界が終わる』みたいなハッタリをしていれば(最初だから許される)、
 何をしても収めている現在は褒められる状況でした。しかし、『安全です』というハッタリだったので、
 余計に混乱したみたいです。一般の方々から見れば上層部のやり方は理解に苦しみますが、
 どうにもこうにも、なってしまった今の状況を打破してからの話になりますね。まだまだ危険です。)


●●さんより

ただでさえ身心共にギリギリの状態で職務にあたっていらっしゃるのに
サイトの更新までマメにわかりやすく丁寧にして下さって。
ありがとうございます――これしか言えません。

佐久間さん、大丈夫ですか?
放射性物質や原発についてなど専門的な知識については噛み砕いたものを教わる一方ですが、
佐久間さんのやり場のない思いなら私にもわかります。

各界のトップの方々の言葉の羅列に過ぎないような何も伝わってこない陳謝の会見や、
全てが後手後手に回っているかのような報道。
その一方、被災者の方自身も含め、最前線の現場で最善を尽くした人々ほど
自責の念に囚われてしまっているような現実などなど。

初動班だったはずの佐久間さんが現場を離れるには、
まだまだ越えなければならない山が沢山あるのでしょうね。

ここ数日の更新を読ませていただいていると、また少し違った方向に
壊れて来ているように感じます(笑)←ごめんなさい。

緊張の糸が切れてしまうと、元に戻すのも大変でしょうが、
時には春の風を感じたりしながら激務でお疲れのご自身を癒して下さい。

作者より:やはり大丈夫ではなさげです。精神的なものかもしれませんが、
 まぁ、これも過去の災害などと同じように時間が解決してくれるものと期待しています。
 といいますか、まだ終わってなくて、私もいざとなれば命を賭けて助けに行くつもりです。)


栃木県・Sさんより

はじめまして。そして救助活動お疲れ様です。
いつも先生のサイト(生物関連と書いた方がよろしいでしょうか笑)を楽しく、
感心しきりで拝見させて頂いております。

作者より:ご配慮ありがとうございます。アレ以外はまともなジャンルですので、先入観も…微妙ですが)

ニュースを見ていて気になることがあり、初めてメールさせていただきました。
しかし、佐久間先生はご多忙の身でしょうし、内容は人命に関わるものでもなく、
急を要するものでもない!?かと思われるので読み飛ばして頂いて一向に構いません。

あえて2度書かせて頂きました(笑)↑
内容も出来るだけ簡略化したいと思います。


私が気になったのは、政府の水稲の作付けについてのニュース(4/8)です。
安全かどうか、数字に関するところは、素人の私には何も判断できません。

しかし、人体に被害が無いとされている微量の放射線量、小動物にとってはどうなのか
私が気にしたのは「カエル」です。

カエルは水田に水が入っている短期間で、産卵からオタマジャクシが変態をして成体にまでなるので、
細胞分裂もかなりするし、それでは人間よりはるかに小さいカエルでは、
放射線の影響がかなり出てくるのではないかと思った次第であります。

私の家(宇都宮)は、真裏と向かいに田んぼがあり、夏場には家の玄関や外壁にカエルが多数おりますので、
もし稲作が行われた場合、注意深く観察してみたいと思っております。


くれぐれもお体に気をつけて、今後も活動を行ってください。
佐久間先生のような方こそ救われた方々にとってはヒーローであり、
被災地を応援する私達にとっては心の希望のような存在であると思っております。

もしここまでお読みになって頂けたなら、ありがとうございました。

作者より:生物濃縮という通常の毒素=フグ毒みたいな=は放射性物質では起きませんので未だ安心、
 ただ、食物連鎖が崩れること、小動物が軒並み死滅すると、一部の生物だけ大発生したりして困ります。)


遠山さんより。

さくだいおう様

ご無沙汰しております。
旧・売上向上相談所でお世話になっておりました遠山桂です。

さくだいおうさんのサイトは、ストーカーの如く継続して拝読しておりました。

何度かメールを送ろうと思ったことはありましたが、
お忙しいときにお手間をかけてはと思い、ご無礼しておりました。

今回の東日本震災が起きてからも、さくだいおうさんのサイト更新をずっと見続けております。

本当にたいへんな状況の中を、様々なストレスと闘ってお仕事をされているものとお察しします。
敬服の気持ちを込めて、おつかされまです、と言わせて下さい。

この震災のダメージは、各方面に出てくると思います。
僕のような震災地と離れた零細ネット事業者でも、
震災を境に問い合わせ件数や業務受託数が激減しました。

否が応でも、震災地や原発の状況が気になります。

日本中が不安に陥っている中で、正しい情報を発信して頂くこと
がどれだけ多くの方々の救いになるかと思います。
さくだいおうさんの記事に、多くの方々が注目されているのは確実です。

本来のお仕事の他に、こうした情報発信を続けることは辛いものなのでしょう。
それでも、書かずにいられないというお気持ちをお察しします。

何も出来ない自分ですが、自分なりの仕事という役割を果たし、
この国難に立ち向かっていきたいと思います。

くれぐれもご自身の体調には気を配って下さいね。
陰ながらいつまでも応援しております。

=======
遠山行政書士事務所
遠山 桂                
509-8301
岐阜県中津川市蛭川2244-2
TEL 0573-45-2803
FAX 0573-45-2366
携帯 090-7304-0444

遠山行政書士事務所
http://www11.ocn.ne.jp/~tohyama/

示談書作成エクスプレス
http://furin-jidan.com

IT事業の契約書作成サイト
http://keiyaku-web.com/

作者より:今のようにダラダラになっているのは、利害関係者の入り乱れによります。
 ただ、第三者には両者が正しく見えるので、よりイライラ感がつのります。
 どんなことが正しいのかを考えれば、初動で沢山の人を救えること、安心させること。
 不安感を広げるのは、現地の被災者さんが助かっても亡くなったり、
 関連する方々が自殺したりということがいえます。
 これからも大地震が繰り返される可能性もあり、早期対処をしないと次に備えられません。心配です。)



最新     現場TOP     ご意見集その1     その2     大津波・動画集