東日本大震災〜記事の感想by教員さん

初期からの教員の読者さんのご意見です。多くあるので別枠で専用ページとしました。

ウモッカ協力隊の“ギル”ことMです。サイトみていて思うところ多々あれど、
いつもROMってて、こういうメールすることもなかったのですが、
今回はがまんできずにメールします。

お仕事柄とはいえ、今回の任務本当にありがとうございます。
日本国民の一人としてそう思います。他機関の皆様にもそういう気持ちでいっぱいです。

現場からの1次情報として流されるさく様の情報信用しています。
本当に時間の無い中情報をUPしてもらってすごいと思っています。
経歴や実績うんぬんを見なくても、その内容から見た人が自分で考え判断できる頭を持っていたなら、
その情報が正しいかそうでないかの区別はつくと思います。

書いていること、わかっている人間もたくさん居ると思います。
声に出さずとも応援している私みたいな人間はいっぱいいますよ!

私はある県で先生をしています。
今回の災害のことでは直接的な被害は無いものの、
一緒に授業研究していた仲間が仙台を中心に東北にはたくさんいます。

安否もよくわからない状態で、彼らや教え子さんたちのことを思うと
どうしようもなくなりそうです。

ただ、彼らも地質図をもって巡検するような連中(理系の研究会所属)なので、
理屈で分かっている分どうにか避難し、避難させていることと信じています。

また原発に関しても巡検したことがあるので、ある程度理解できているつもりです。
だからさく様の情報を正しいと信じられるというか。

現場の状況は私の想像の及ぶところではありませんが、応援していますし、
無事でいられるよう、また作戦自体が成功するよう祈っております。
これくらいしかできませんが、本気で思っています。

レスなしはもちろん、読まれるかどうかさえわかりませんが、
少しでも支えになればと思っています。
数日後、数年後に笑いあえるよう、その日が来るように願ってやみません。

みな無理を承知でやっていると思います。無事の生還をお祈りします。

ギル

お忙しいのにわざわざメールありがとうございます!
応援のつもりでしたのに、こちらが元気付けられました。
超がつくほどお忙しい身とは分かっていますので、返信不要です。
お気遣い無く。HP見ています。

人類には生きた教材・・・確かにそうですね。
現場で実務をされている方の言葉だけに、私にはずしりと重く響きました。
今後については、何を学び何を教訓とし、どう舵を切っていけばいいのか、
親しい友人らと考え中です。

あれだけのことが起きて何も学ばなかったらあまりにも愚か過ぎますからね。

救急のお仕事だけでも大変なのに、反核団体からのクレームとは!
でもどう読めば原発促進&政府隠蔽の擁護派にとれるのか??謎です。

任務は私が想像できないくらい過酷だとは思いますが、
「私達のためにありがとうございます!いってらっしゃいませ!!」としか言いようがありません。
少しでも早く収束に向かうことをお祈りしております。応援しています。

HP見ました。というかここのところ毎日見てますが・・・。

ポイント32でデータを見ていたときに感じたことで再度メールしています。

文科省から測定機関が変わったというよりも、
もともと文科省と日本原子力研究開発機構のモニタリングカーを走らせていて、
そのデータをまとめて公表→その後、電力会社、警察庁、防衛省等と
協力しながら検査地点を広げているというのが実情ではないかと思います。

文科省のHPにまとめのページが出ていました。データも過去分が記載されています。
混乱から少し落ち着いてきて、まとまって発表できる時期になったのでしょうか?

モニタリング計画の充実について

データの詳細 まとめ

ポイントの割り振りは回る効率を考えてか、何か意図があるのかはわかりかねます。
防衛省側のデータについてもそのうち記載されると思いますが、
そうするとデータから何か読み取れるかもしれません。
詳しい説明はないにしろ、こういうかたちでデータが公表されるのはよいことだと思っています。

それにしても1回目の3月15日のデータも異様に高いんですけど・・・

私事ですが、なぜこの件に興味を持ったかと申しますと、
以前友人と簡易放射線測定器を使っていろいろな場所の放射線を測定して遊んで、
異様に数値が高い場所が自然界に存在していることを知っていたからです。
といっても9.999μシーベルト/hまでしか測れないモノなので、今回とは桁が違いますが。

それと人形峠の話は知っていましたので、そんな所が日本にもあるのも承知しています。


『その9』のUP(対策本部のモニター担当の技官さんの部分)で、
モニタリングに従事されていらっしゃる方のご苦労が少し垣間見えた気がします。
いろんなところで専門の知識と技能を持った方々ががんばっておられるのですね!

尊敬です。

風評被害にしろ、放射線と放射能と放射性物質の混同にしろ、
正しい科学的知識の欠如だと思います。

前に書いた授業研究をやっていたというのはまさにそこで、
「子ども達に正しい科学知識をわかりやすく伝える」にはどうするかというものです。

きちんと政府なり関係者がデータを提示して、それを国民が正しく判断し行動できれば
パニックにもならないだろうし、風評被害もおこらないだろうにと思います。
「人には役割がある」の話を書かれてましたが、これが私の役割かな。

救急での人命救助や線量率モニタリングはできませんが、
それぞれの場でできることをがんばることですね。

こんな忙しい時期に、こういうメールを送るのもどうかと思いますが、
上の話は私がサイトを見ている根幹部分につながっています。また。
こういう話は普段よほどわかっている人間にしかしないので、
以前からサイトを見て親近感を覚えているとはいえ、
お会いしたことの無い佐久間さんにこういう内容のメールをしている自分に驚いています。
非常時だからか?

真面目に考えサイトを読んでいる一読者として、少しでも応援になれば幸いです。
長文ですみません。

P.S. 24時間ニュースを流す局があったらいいのにですね・・・アメリカみたいに。
たしかケーブルであったと思います。
日本でのケーブルの普及率を考えると多くの人が見れるほうがいいか?
地上波は無理でも、せめてBSでないものでしょうかね。
電波の入りを考えると災害時には逆に強いかも。

作業員の方が被爆されたニュースを見て心痛めております。
この件でも救助や治療(現場での診断?)に関わっていらっしゃったのではと思いながら
ニュースを見ていました。

放射線モニタリングのモニタリング(?)は文科省のHPのデータで続けております。
24日分のデータですと、ポイント32は65.0〜75.0と周囲に比べて高い数値ですが安定しています。
ポイント31は24.0〜74.0と開きがあります。ポイント33も30.0から103.0と開きがあります。

測定した時刻で変化するのか?とも思いますが、高い数値はNBC部隊の測定のときにでています。
しかしながら、同部隊の他のポイントの数値を見ると必ずしも高いわけではないので
機器による不具合でもなさそうです。
ポイント33は測定されいる側も気にされているみたいで頻繁に測定されていました。

3月24日1900発表のデータでポイント83(約25q北)が加わっていて
106.0の高い値を示しています。

以上ざっくりですが、ご報告まで。PDFファイルのデータは保存しています。

世間は、水道水に含まれる放射性物質や野菜についた同物質に関心が移っているようです。
ここでもデマや過剰反応があるみたいですが、遠く今のところ直接被害の無い地域に居るので
冷静でいられるのかもしれません。科学知識と行動について自問する毎日です。
素人ながらいろいろ考えているところです。

原発の方もまだ予断を許さない事態が続いているようですね。
お仕事まだまだ厳しい状況かと思いますが、どうぞご自分の身も守りながら救助にあたられてください。
私も引き続き注目しながら応援をしています。

ほんとこのような事態にもかかわらず、メールありがとうございます。むろんUP、OKです。
今後も注目し、応援いたします。

以上、連絡まで。

原発は未だ危機的状況を脱していないようなので、お時間は無いと思っています。
それ故、以下は読み飛ばしていただいて結構です。
時間取れるときに。。。なので無事のご帰還を心よりお祈りしています!

UPするにあたってはこの忙しい中配慮いただき校正してあるのに驚きです。
おそらく時間が無いなか「感覚」でされていると思いますが、そこは13年の経験と蓄積、
その「感覚」を信頼しておりますし、妥当だと思っています。

なので、急ぎのUPは断り無く結構ですし、私に割く時間を休養・食事・睡眠等(とれるか分かりませんが)
ご自分の時間にお使いください。疲労もピークを超えていることとお察しします。

放射線モニタリングについては裁判官の方も経過観察されていて、心強いです。

NBC部隊の件は裁判官の方のおっしゃっている通りのようですね。
3月26日1000発表の資料によると、NBC部隊の方はポイント33の測定からははずれて
ナンバー70台以降のポイント測定にまわっています。
気になるのはポイント83の92.5μSV/hとポイント81の58.0ですね。
ちなみに地図上で確認するとポイント81はポイント31と接近しているかほぼ同一地点です。

ちなみに同資料では
ポイント31は30.5〜22.0、
ポイント32は63.5〜65.0、
ポイント33は24.0〜27.0の値となっています。

素人の単純な疑問ですが、もともと放射線が高いところにフォールアウトがあると
その地点の放射線って上がるんでしょうか?
単純に足し算されるってことは無いと思いますが、意外とそういうこともあるのでしょうかね?
こういうときこそ専門家の出番ですよね、いつか説明を聞きたいものです。
また自分でも時間があるとき調べたいと思います。

サイトに残る件は承知しております。何かありましたら連絡させていただきます。
ご配慮ありがとうございます。

今回こうやってチェックしたりメールしたりしているのは、
佐久間様の千分の一、いや万分の一でしょうが、私にもいろいろ経験があって、
ちょっと目立ったり立場が上になったりしたので、誹謗中傷や妬みといった攻撃を受け、
きつい思いもしたことがあるからです。

ネット上やBBSの書き込みもそうですが、本が出版されたときは相当頭にきて
怒るやら不安になるやらホント凹みました。こういうとき支えてくれたのが仲間だったので、
そういうことが自分にもできないかと思いメールしています。

いや、長文は迷惑だろうと思うので、詳細はいずれということにしますが、
今のような国の一大事に比べれば何でもありません。応援になっていれば幸いです。

震災の影響もボディブローのように全国規模でじわじわときています。
やっとまわりも気付き始めましたが。
原発の行方如何では、復興もというか衰退も・・・というところを踏ん張って
耐えていらっしゃる現場の方の苦労と意識の高さには頭が下がります。
引き続き注目し、応援いたします!!

報道の件は関係者が友人にいるので尋ねています。
どういう方針で報道されているかです。何か分かったらメールします。

もし読んでいただいたのなら、時間取らせてすみません。
とれるなら休息もおとりください。

放射線のモニタリングの件、3月27日1000発表の資料で、
ポイント31は20.0、17.8(日本原子力研究開発機構)、
ポイント32は45.0(原子力機構)と46.0(文科省)、
ポイント33は21.0(原子力機構)26.0(文科省)と周囲よりも高いものの落ち着いてきているようです。
ポイント82は49.0、ポイント83は82.0(ともにNBC部隊)となっていました。

以下、長くなるので時間無い時は読み飛ばしを

報道の件ですが、友人より返事が来ました。質問のしかたが悪かったのかもしれませんが。

「復興路線でやるともやらんとも言えない状況じゃないだろうか、法的にも難しい問題がある
従って、迂闊に専決しても財産権の主張でお手上げ」

といったことでした。原発に関しては

「世界中から注目されているので、内容はある程度担保されていると言われている。
IAEAも入っているし、内容は発表通りで間違いは無いという認識」

だそうです。


友人はやりとりのなかで、こうとも言っていました。

「数値も生活圏内はそんなに心配いらないと思う。
自家発電持っているテレビ局や病院なんかは普通に高いし。」

マスコミもまあ、わかってる人はわかってるってことでしょうか。

福島第一の件でアメリカから技術提供受けているというのは、

6基中5基がGE社製BWR-3型で、
格納容器がMark1型なんですね。

なるほど、と思いました。

制御棒については、ニュースで一報を聞いたとき、佐賀の玄海原子力発電所と同じ型なら
(あとでわかったのですが、実際同じ型で冷却系だか何だかが少し違うらしいです)、
たとえ停電になってもすぐに制御棒は入るはずなので
(チェルノブイリと違ってというか逆の構造になっているので、と聞きました)
そこは安心かと思ってました。その後は・・・ですが。

救助活動の具体的な報告を読みました。現場の凄惨さは想像を超えています。
海外メディアが日本では出てない現場の写真を載せていたので少し見ましたが、
興味本位で見るものでもないので少ししか見ませんでしたが、
佐久間さんたちが入られたのはこれよりずっと前、初動なんですね。

そういうスキルの無いものにとっては尊敬しますとしか言葉が見つからないです。
本当にお疲れ様でした。救われた方もたくさんいらっしゃったようですね。

ラドンの件は、わかりやすかったです。
身近なものに例えるとか、擬人化とか子ども達に分かりやすく説明するために私も良く使う手です。
文科省データはちゃんと出しているんだけど、

データ(事象)→専門家→専門家の言葉をわかりやすく説明する人→一般の人々、

って手順をちゃんと踏まないから、というか専門家のところで躓いているからダメだなーと思います。
まあ、専門家の言葉をわかりやすく説明する(子どもへ)というのは私の仕事だったりするのですが。
文科省って前々から宣伝下手なんですよね・・・ウチの所轄省庁なんであまり悪口も言えないですが。

真面目な話に戻ります。

昨日26日のNHKニュース9で放射線の話が出ていて、
「原発から30km付近の浪江町でも放射線が高いところがある。1.4ミリマイクロシーベルトに達する。」
との話が出て、これが30kmを屋内避難から避難指示にすべき根拠にしようとする話になっていったので、
気になりました。

30Kmを避難指示にするかどうかの是非は別として、このポイントはおそらくポイント32です。
はっきりとニュースの中でこの文言が出たわけではないのですが、気になって調べたところ、
もちろん毎時あたりでそんな高いのはないのは知っているので、
ニュース内で出ていた「固定の測定機器を増やした」というところから
文科省の積算線量結果の発表を見ていると、ポイント32に3月23日12時14分に設置され、
3月24日12時22分にデータ採取された値が「1437マイクロシーベルト(59.6μSv/h)」でした。

毎時なのか積算なのかも示されないまま、1.4ミリシーベルトの高い値!って言われても何のことやら、
ましてやポイント32のことも知らないなら・・・と思うとゾッとしますが、
この数値がまた「外国人が80kmより避難」みたいな騒動の元データ(元ネタ?)になるなら、
そちらの方がゾッとします。

サイトを読んで少し安心したためか、長いメールを書いてしまいました。
少しでもお役に立てれば幸いです。休息の邪魔にならないか気にしてます。
忙しいときはどうぞ読み飛ばしを。

引き続き注目、応援しています。

今回のメールは最終回を読んでの感想ですので、忙しいときは流してください。
放射線のモニタは続けています。原発関係が収まるまでは注目していきます。
もちろん応援もつづけますよ!

以下、感想

〜現場から〜 全部を読みました。救助の最前線の一端を知ることができました。
お仕事は継続中みたいですが、少しは休息とられたのでしょうか?

今回のことでは、佐久間様の報告を通して違った面から(というか真実の)
東北地方太平洋沖地震及び原発の問題を見ることができ、また考えることができました。
深く感謝いたしております。

放射線のデータのモニタを通して今起きている事を見るだけでも、
誰が正しいのか間違っているのか、単に混乱なのか意図的にやっているのか
ずいぶん読めるようになりました。
少しでも佐久間様の助けになればと思ってやったことですが、
気がつけば自分自身のためにもなっていましたよ。面白いものですね。

助けといえば、今回の震災で多くの日本人が、いや他国の人々も
「何かしたい、何かしなければ」と思ったはずです。
私もその一人だし、アメリカ人の友人もそういう旨のメールよこしたくらいです。

でも、特殊なスキルがあったり、自給自足で組織だって動ける機関でなければ現場では無力だし、
実際のところ出来ることは義援金を送るとか(これは重要だけど)、
50Hzの地域に住んでいるなら節電とか、買占めしないとかくらいしか
すぐできることは一般人には無いです。

そのなかで一番考えたのは「真っ当に仕事して、税金納める」ことと
「自分の持ち場で精一杯がんばる」ことでした。
どの仕事も社会に必要とされているものですが、改めて自分の仕事の重要性に気付きました・・・
いや今まで手を抜いていたってわけではないですよ。むしろ精一杯やって倒れそうなくらいです。
大局的に見て、という意味においてですね再認識したというか。

ただ、周りに言ってもあまり通じないですね・・・九州は直接的な被害は無かったし、
東北と縁が無い人が多いからかな?分かる人は分かっているんですがね、親しい友人とか仲間内は。

話がずれましたが、書きたかったことは、そんな何もできない一般人が、
特殊スキルを持つ佐久間様の側面支援というか心理的応援をしたつもりになって、
何かやったことにしている=自己満足になっていやしないかと実は考えていました←自己分析。

なのでホント少しでもお役に立てていたら幸いです。
サイト等で知的好奇心を満足させていただいた、ささやかなお礼ができたらと思っています。

これからもまだまだお仕事続きそうですね。
被災地のニュース、医療系、学校系を中心に見ていますが、医療系も震災直後とは違う方へシフトして
長期戦になるみたいですね。

学校系も早く体制の立て直しをして再開し、子どもたちの心のケアを最優先に、
実際問題としては被災したり親を亡くした子ども達をどう支援していくのか、
これも長期戦になります。直接私が関わることはないだろうと思いますが、
東北在住の友人知人はこの問題に直面していくことになるでしょう。
何かお手伝いできればと思っています。

私以外にも感想なり応援なりのメールがたくさん届くでしょうから、今回でメールいったん終わります。
ただ、最初に書いたように放射線のモニタのモニタは事が落ち着くまで続けますので、
何かあれば言ってください。また、いつでも応援はしていますし、HPは見ています。

激務とは思いますが、ご自分のお身体も大切にされてください。
いつかまたメールするときがあると思います。

次は忙しくないとき、ゆっくりと話でも。そういう日が来るのを楽しみにしています。

お忙しい中、更新お疲れ様です。HP見ました。
私のメール、わざわざ特設で載せてあり大変恐縮しております。
掲載に関しては、佐久間様が必要=価値があると判断されたのであればそれで良いと思っていますし、
その覚悟はしてメールしたつもりです。
読んでいて、校正のかけかたと強調のかけ方で佐久間様のお考えが読み取れ面白いです。
これはメールを出した本人でないと味わえませんね。

福島第一原発の原子炉等については報道等でもいろいろ出てきましたね。
私は最初ナショナルジオグラフィック日本語版の記事を読んで、
念のため原版も読んで納得した部分がありましたのでメールに載せました。

ただその後調べたら、原子炉は

1号機がBER/3型でGE、
2号機〜5号機はBER/4、
6号機はBER/5で
格納容器はMark2型

ということですね。

ま、この辺は一般の人には些細なことなのでそれほど重要じゃないのですが、
格納容器が6号機だけ違って、今のところ問題が少ないのは知っておく必要はあると思いました。

格納容器については、Mark1が問題ありとする意見と、GE社の反論も出てますね。

それと、製造は

2号機はGE・東芝、
3号機東芝、
4号機日立、
5号機東芝、
6号機はGE・東芝

なんですね。これを知ると、なんで作業員が東芝とか日立の人なのかわかります。

とりあえず以上ですが、気付いたらまたメールするかもです。
熊本は今日から新学期です。愛知は昨日からでしたね。がんばって仕事してきます。
佐久間様もお忙しいと思いますが、ご自愛ください。

オマケ:ご意見集パート1にてメール掲載後、削除依頼のみなさん。


度々メールしてしまって、ごめんなさい。
の・載ってるです!
しかも他の方のメールと比べて「おばか丸出し」です…

メールを出されている方々って、本当に頭の良い方々ばかりで。

私のメールって、今までもそうですけど、薄々気がついていましたけど、
ダメダメなんですねぇ(泣

きゃ〜って、じたばたしているところです。汗汗汗…
こんなおばかな私ですが(*^^*)
ご自分の事だけ考えて、ご自分に優しくね!


メールごと掲載されていて「おおっ!」とモニターにのめり込みました(笑)

私の名前など掲載されたところで困るようなものでもありませんから
お気遣い無くどうぞ、ただ心配なのは明らかに低次元&低レベルの誰から見ても
学の無い人間が書いたこと丸分かりの文章が掲載されると佐久間さまのHPの
ご迷惑になりはしないかという1点のみです。

戦後の教科書のように炭塗りしたほうが宜しいかも知れませんよ(笑)


”桜”は、日本人にとって、特別なものだと、私も思います。

他にも、文体や言葉で、気づかれそうで結構、ドキドキしてます^^;
大変な中、恐縮ですけど、お願いいたしますm(_ _)m


お返事メールと、このメールのサイトUPは、結構ですので〜。


あ、私のメールなんて紹介しないでくださいね(笑)

     ↓

うわ〜〜〜〜〜!!!
あの画像は特別に使用してるリーフレットなので、
見る人が見たら分かっちゃうんです(汗)削除して♪


サイトの更新を日々、楽しみにしてますので、本当に死なない程度で頑張って下さい!
今度は、サツキマスの写真でもアップ出来るような世の中に早くなって欲しいです…

ちなみに私は、川のルアーが大好きです!
今回のメールは、ご内密にお願いします!
ご活躍を期待してます!

長文で申し訳ありませんでした…返信は不要ですから!!


申し遅れましたが澤田と言います。
かなり感情的に書いてた為、名乗るのを忘れてまして失礼しました^^;


記事はずっと追ってました。
名前が載ってちょっとびっくり、匿名にしておけば
…いや別に問題は無いわ(笑)。

旧知の人からはあだ名で呼ばれています。
そっちを併記しておけば良かったかな…。


サイトにワタクシの名前が!

ご丁寧にご連絡ありがとうございます。ひとまず、本日はこの辺で失礼します。
長くなってしまいました(汗)。

佐久間さん、できれば頑張りすぎないように頑張ってほしいです。
無理だと思いますが、ましてや、ぬくぬくしている自分がいうのもおこがましいのですが・・・
とにかく応援しております。


佐久間殿、大変御忙しい所、頻回の遣り取りをさせて頂きまして、恐縮です。
本当に、世界を変える様な、大災害で有ったのだと存じます。

初動救急時を振り返られた文章も、食い入る様に拝読させて頂きました。
御自身や御仲間も命を危機に晒されながら、目の前で沢山の方が亡くなって行く。
私の想像も付かない様な、壮絶な状況。

個人的にも、先月、祖父を亡くしました事
(過去に亡くなった近しい親族は、献体させて頂いておりましたので、人間が焼かれて骨に成った姿、
というのを、初めてみまして、色色と、考えさせられました。)に続き、諸行無常を感じました。

安否を心配し、メールを出させて頂いた、福島の方からの返信も、
生きているだけでも有り難い、此れからは、日日、楽しく生きて行きたい、と仰っておりました。


まずは生存報告!と受け止めさせてもらいます。
ご無事で何より(;∇;)/~~


サイトの更新もお疲れ様です。慣れてはいらっしゃるのでしょうが、
それでもあれだけのボリューム、大変だと思います。しかし、メールが
紹介されるとやはり恥ずかしいですね。苦笑です。ハイ


あっ、勿論レス不要です。

それから、このメールを身内に読まれるとキャラが違うと追求されるので、
これは内緒にして下さい。



最新     現場TOP     ご意見集その1     その3     大津波・動画集