東日本大震災〜記事の感想・激励・ご意見集その1

ここからメール紹介のラッシュです。削除&修正依頼はいつも通りです。

当日〜次の日はメールも電話も殆ど不可でした。
3日目になってポツポツと受信や送信が出来てきた状況です。

メールの内容は、最初は「だいじょうぶ?」との安全確認、
TV新聞ラジオ報道によって情報が集まり、死者が数十人から数百へ増加。
原発事故による色々な弊害が出てきて、死亡者も数千、1万人と深刻さが増す。
そんな初期のメールです。

記録としてアップしていきますが、ハンドルネームが付いている方はそれを、
氏名だけの方は苗字か名前かフルネームを、内容によって振り分けました。
(例えば常連さんではフルネームだと正体バレしたり、サイトバレしたりを配慮)
完全に匿名の方は住所氏名電話番号を知ってる人で職業柄(対策本部、裁判官、医師等)です。

▲容赦なく掲載するのが鬼の透明性です(By作者)

どう工夫しても個人情報バレバレの場合、敢えてお名前部分を加工して対応しました。

ご無沙汰致しております。
覚えておられないかとは存じますが、1500万キリ番の際にご迷惑をお掛けした保田です。
その節はありがとうございました。

3/11お知らせ・感想紹介の[誤解説明] を拝見しメールさせて頂きました。

これまでに費やされた労力と精神的な消耗は、私などには想像もできませんが、
「とつもない苦労をなさっている」という事だけは、私を含め多くの読者の方々が理解しており、
尊敬の念を持って応援していると確信しております。

私は佐久間様のサイトに出会えた事に、そして考え方に大きな変化を与えて頂いた事に、
感謝と恩を感じております。

今回の調査からは一旦手を引かれるとの事ですが、それがよろしいかと存じます。
疲れた時には休まれるのが一番、体調を崩してしまわれては元も子もございません。

ご多忙な事は重々承知致しておりますので、ご返事等お気遣いは無用です。
くれぐれもご自愛下さるようお願い申し上げます。

mokichiです。おはようございます。思わぬ災害に見舞われてしまいました。
オカルト陰謀論が跋扈せぬよう、また救助救援が迅速に行われることを祈るばかりです。

私自身の生存確認は個人サイトの更新状況も参考にしてください。

面倒なことをお願いします。たぶん杞憂に終わるでしょうが(笑)
みなさんの住んでらっしゃる地域では地震の影響はいかがですか?
袖すりあうも他生の縁。掲示板で知り合った方々のご無事を祈りつつ。

返信はお気遣いなく。またご連絡いたします。

こんにちは、井川です。メールを開く余裕もないと思いますが、
とりあえず・・・・です。

先のサイトの話もあり、応援メールだけでもと思っている間に
大変な状況になってしまいました。阪神も凄かったですが、
津波の被害は想像以上で、言葉も無いです。

緊急対応で大変だと思いますし、どうしても無理もされると
思うのですが、気を付けて頑張ってください。

余裕が出来ましたら、サイトでの状況報告更新でもお願いできれば嬉しいです。

では、お気を付けて。

どうかご無事で・・・いえ、
きっとご無事にお戻りになります。

言葉には力がありますから、
祈りを込めて送信します。MSです。

原発処理班として、家族を送り出す人の気持ちが分かりました。
無事に戻っておいでになられたら、もう何も要らないと思いました。
よかったです。

今までも色々なご苦労をネットで拝見していましたが、
今回ばかりは怖くて、ついメールを差し上げてしまいました。

やっぱりだいおう様を信じてないとダメですね。

また福島に行かれるとのこと、大変ですが今度は風邪薬も
シップ薬もビタミン剤もホカロンも皆持って行って下さいね。
(頭痛治りましたか?)ついでにマフラーもお持ち下さい。

では!

さくだいおうさん
 お疲れ様です。タカです。

 火事を防ぐだけであれば、酸欠状態を作り出すことで、
ヘリによって、水ではなく土砂を撒くことで対処できないでしょうか。
もしくは青森あたりから雪を積んで来て撒くとか。

 そして、水・雪でも土砂でも、プールへの命中度を上げるために、
壊れかけの屋根を完全に破壊する(爆破しか手段はないでしょう)訳にはいかないのでしょうか?

 一方で、最悪の事態を見越して石棺
(チェルノブイリで現在原子炉を封じ込めているコンクリ/鉄製の巨大な箱)の製造は
始められているのでしょうか。

 関東は電力不足だから無理でも関西であるいは外国で作ったものを輸送して
多数のヘリで上からすっぽり被せることの検討がされてもいいと思います。

★素人のアイデアです。

★しかしながら、非常事態に誰かが検討をしてくれても無益ではないと思い、
一番働きかけの強いであろう現場で働かれているさくだいおうさんにご連絡差し上げました。

 取り急ぎ。電源が回復して冷却が進むことを祈ります。

何とか無事なようで一安心です。とは言っても激務なので心身共に
疲労の極致だと推測してます。
なにがあっても安全第一に判断力の低下には気をつけてください。

風邪の具合はいかがでしょうか?
最近になって医療現場の悲鳴がツィッターなどで聞こえてきているようで、
ご指摘通りの展開ですね。残念です。


事件は現場で起こってるってテレビドラマでありましたけど、まさにその通りです。
買い占めの件も情報をきちんと伝達できればこんな騒ぎにならないと思うのですが。。

それにしても人材不足は深刻ですね。疲れでケアレスミスも増えてしまう懸念もでますし心配です。
反核団体もいい加減にして欲しいですね、今はそれどころじゃないでしょうに。

ともかく身体に気をつけてください。
友人の自衛官に無理するなよって言ったら、
今無理しないでいつするんだよって返されたというブログの記事がありました。
現場の方々には頭が下がる思いです。

KM(医)

さっき、ネットに繋がらなくなったので(理由不明)、
今のうちにとメールしてます。

原発に関して、正確な情報ありがとうございます。
※誤った情報ではなく、(良くも悪くも)正確な情報がほしかった。

私は、とにかく良くなりかけると、ガクッと、ダメージを受けることが続き
やっと3月11日(金)午前中に、血液検査用の採血をし(安心のため。体重が落ちてるので)、
もうこれで大丈夫と思った、11日午後、東京都ビル内に一人でいるとき、地震にあいました。

パニック映画のような状況に、また心臓がバクバクしたけど、
(家族のために)家に帰らないと、と、情報が何も手に入らない中、
※古いビル、首都高、狭い道、落下物から逃げ場所がない状況
自分の判断で、徒歩で、家に帰り着きました。サイトに出会っていたから、
判断に何の間違いもなく、一人で帰りつけたと思ってます。

生きてて、良かった。やっぱり、そう思います。せっかく生きのびている命(天命?)、
今回のことの後、現職から引退するというのは、間違っていない、と私は思います。

※これ以上、皆のためにがんばって、なんて言えないと思う。
 勿論、今回、自分を犠牲にして頑張っている方たちのことを、
 どうこういう意味ではありません。

今回、わかったことは、政治経済と人命尊重は、イコールではないということ。

・・・実際に会って、お話しないと、色々伝わらないだろうな、と思いつつ、
とにかく、生きてて良かったと、お伝えしたくて、メールしました。

日本は必ず復活すると、思いながら・・・。

では! 恵

こんにちは。
福岡の徳永でございます。

未曾有の大災害の発生に伴いレスキューの指揮を執られている旨、
休むことも眠ることもままならない状況であるかと存じますが、
ただただ、ご無事で帰還されますことをお祈りするばかりです。
そして一人でも多くの方をお救い下さい!

遠く安全なところからTVを見ているだけの自分が
どれほど無力で何も出来ないかということに
心砕かれる想いでおります。
せめてと募金や救援物資を通じて微力でも協力しているのが
小市民として唯一の貢献といったところでしょうか。

原発のお話も興味深くお聞きしました。
私は工業化学科の出身でして、趣味が鉱物採集なものですから
「放射性物質」や「放射線」のお話は他人より聞きかじり程度には
理解しておるつもりです。(家には放射性鉱物がゴロゴロしております)

だからこそ、今原発で命を削って作業に当たられて居られる原発関係者の
心身ともに渡る疲労、被害に胸が痛みます。

遠隔操作の出来なくなった原子炉に接近し、手動で弁を操作する・・・
どれだけ防護服を着ていようとフィルターを通しての呼吸であろうと
それは死を覚悟しての作業ですものね。

一部心無い無知なマスコミの報道を見ると怒りしか覚えません。
爆発という表面的な事象のみをセンセーショナルに伝えるなど
小学生でも出来ることなのに・・・・
彼らは大卒のはずですが勉強や自己研鑽が嫌いなのでしょうか?

原発で命を懸けて作業を続けておられる方々の
健康を何卒お守り下さいませ。
何卒、何卒宜しくお願い致します。

何となくですが、今までの例から推察するに「状態が悪ければこんなことも・・・」
と考えていたことが起こりつつあったのだなと薄ら恐ろしい感じがしております。
何もできはしませんが注意と注目は続けて行きたいと思います。

福島県は花崗岩の巨晶帯(ペグマタイト)が多く存在し、
ご指摘であったようにモナズ石を含め「希元素鉱物」の国内屈指の産地です。

今でも嘗ての鉱山跡に出向いて捨石(ズリと言います)を掘り起こせば、
放射性鉱物の1個や2個拾うのは造作も無いです。
わざわざ行って置かなくとも「落ちている」可能性もあるやと思います。

今回の震災の影響で倒産した最初の会社はなんと福岡のイベント会社だったそうです。
なんでもコンサートが自粛で中止となり資金繰りが悪化し倒産したとのことです。
深く静かにそして確実に身近にも影響が出てきつつあるようで恐ろしいですね。

私など本当に何も出来ません。
何も出来ないからこそ普通の生活を普通どおりに続けていくように心掛けております。
普通に仕事をして、普通の休日を過ごし、欲しいものを買って、食べたいものを食べる。
こうして経済を回していくことが一番の復興への近道だと信じております。
すべて自粛では日本が死んでしまいます。それが心配です。

無事にご帰還されましたこと本当に嬉しいです。
しかし、お話を聞いていると「出戻り」の可能性もありとのことで
予断を許さない状況が続きそうですね。
せめて此方に居られる間ぐらいは必要な休息をとって心身ともに
リラックスして下さいね。
なるべくなら「緊急出動」など起こらずに、このまま事態が終息へ向かうと
佐久間さまにとっても日本にとっても良いことですね。
ご近所の神社仏閣に片っ端からお祈りしておきます!

この度は有難う御座いました。くれぐれも御身体ご自愛下さいませ。
また宜しくお願い致します。

繰り返しになりますが、ご無事を心よりお祈りいたしております。
無事に帰還されましたら、また名調子の小気味の良い文章で
楽しくも切れ味鋭いHP更新を楽しみにしております。
頑張って下さい!

地震では家族も町も無事です。
消防団で見回りまして大変でしたけど、地元での死傷者は無しでした。

地震当日では、ビックリしましたが、揺れが収まって、
何事もなかったかのように、仕事を再開。自分達が日本人なのを感じた瞬間でしたね。

あれから、自分のかとり市は千葉県の災害指定区域に認定されてました。
細かく説明させてもらうと、自分の消防団担当部落は敷地内の古い働き場や、
誰も住んでない屋敷が倒壊し、居住家屋の瓦が落ちたくらいだと思ったんですが、
後から専門家の調査で色々と出てきましたて、屋敷から離れて避難生活をする者も...

まぁ死傷者や火事がなかったのが、地震発生時間の不幸中の幸いでありました。
まだ水道が復旧しませんが、自治体からの情報と民間からの情報とを照らし合わせると、
試験通水も含めて、水道復旧はもう直前まで来ています。
また、田舎のため、暴動も起きず、みんなが協力関係、情報交換関係にあるので、
物品が不足気味なのは仕方ありませんが、大きな混乱はありません。


昨日は消防団の年度末総会がありましたが、みんなの意見として
『自分だけが大変じゃない。有事の際は消防団、自警団として積極的に動こう!』となりました。
心の強くない者もいると思いますが、有事の際は団員全員が口だけじゃない、
行動で示せる事を祈り、皆の足並みを揃えて行ければと思います。

自分一人では何ができるか限られてしまいますが、まずは身近にできる事、
家族、部落、香取市、千葉県、日本へと『和』が広がっていく事を望みます。

口だけではなく、文章に置き換える事で意識確認と決意とさせて頂きます
(本音はこれ以上、何事もない事を望みます)自分の家の状況です。

東北、茨城の被災地に比べてれば、こんな物はへっちゃらです。
しかし自分、植木屋なんで、販売や手入れの仕事が無くなっちゃったなぁ...
まぁ、他業種のアルバイトでも転職でも、がんばるしかないっすね!

さくだいおうさんも皆も体が資本なんで、怪我と病気には気を付けて下さいませ。

千葉県かとり市ランバラルさんより。

自分が無力過ぎて悔しいです。
自分に出来る事はせいぜいいつもと同じ生活をして
周りの人達にも買いだめ等しないように呼びかける事程度で、、。

救援物資を購入したはいいのですが、
今は受け入れしてくれるとこがパンクのような状態なのです。

ほんと気持ち程度の募金しかできない状態が悔しくて情けなくて。
できればお金より物を今送りたい気持ちなので。。

なるべく自分にできる事はしていくつもりです。
佐久間さんの原発の情報も正しい情報として一人でも多くに伝えて、
むやみやたらにパニックにならないように広めています。

一人でも多くの人達の力になってあげてください!
頼る事しかできないですみません。

矛盾してるかもしれませんが、無理しないように、
ご無事を祈っております。
そして、一人でも多くの人達が助かりますように祈っています。

申し遅れましたが澤田と言います。
かなり感情的に書いてた為(半分泣きながら書いてたのは内緒ですw)
名乗るのを忘れてまして失礼しました^^;

当方岐阜なのですが、こちらでも一時期、米が店頭から消えたり、水がなくなったり
原発の報道影響か、ほうれん草が売れなくなった「近くの農家の方の話」
工場の生産が止まったりなど、震災の影響が出てきた状態です。

いつも気になっているのですが
友達もマスコミをかなり毛嫌いしていて、「詳しくは教えてくれないけど」
ああいう時のマスコミって現地に行って多少なりとも支援などしているのでしょうか?
テレビ見ている限りじゃ全くそれらが伝わってこないのでいつも不思議に感じてます。

機材や人を積んで移動するくらいなら、ハンディカメラ1個にして
あとは支援物資や病人や怪我人を運べばそれで助かる命もあるんじゃないかと・・・。
まぁ、極論ですかね?^^;
「正しく」伝える事の重要性も理解しているつもりなので。。

自分なんかじゃ想像すらできない過酷な現場でしょうが
お体に気をつけて下さいね^^


PS 
一人の人間として尊敬してます!!
が、男のファンですみません(笑)

心から無事を祈っています。

頭痛も早く治まりますように。

さくだいおうさん、現場で作業している方々、被災された方々、
皆様どうか無事でありますように。
すべてうまくいきますように。

東北をはじめ、日本に平穏な毎日が戻って来ますように。

心の中でいつも応援しています。感謝しています。

またサイトで色々な話を聞かせて下さいね。絶対です!

どうか、無事に帰って来て下さい。

今は、すべてがうまくいくよう祈っています。

本当に応援しています。
心を込めて。

めぐ♀25

 当方、風邪の治療も得意だったり致しますので、寒い所で風邪に苦しみながら、
危機管理の最前線で、身体を張っていらっしゃる佐久間殿に、
何の御力にも成れない事が歯痒くも御座います。

此方は此方で、出来る事を遣らせて頂くしかない、
この様な中(三陸の方とは勿論、比べものには成らないと存じますが、
浦安の南側も、ライフラインは未だ未だ、ガソリンその他、物品の不足も未だ未だです。)

でも、御来院くださる患者さんの為に、治療院を、開け続ける事しかない、と、考えております。

 兎に角、佐久間殿の御指示通り、情報を得る為に、治療中もラジオを掛けっ放しに致しまして、
万一の事が御座いましたら、指示に従う、という、心構えで居ります。

患者さんにも、同様の事を、お伝えさせて頂いております。
 御武運を、としか、申し上げられません。

 今は、本当に大変な事態ですが、また、色色と、お話させて頂ける日を、楽しみに致しております。
 この後、19時から22時まで、当地は計画停電です。
停電中も、治療のご予約を頂いておりますので、此方も、頑張ります。

マスコミ情報に接する事が出来ない程の、お忙しさだったのですね。想像を、絶します・・・・・・

 当地でも、温度差は凄いです。
 浦安市内でも、国道357から南側、海に近付けば近付きます程、被害は大きいのですが、
357から北側や、橋を渡りまして、市川市や江戸川区に入りますと、何事も無かったかの様な状況です。

 357から直ぐ北側では、地震の翌朝、ゲートボール場で、
普通にお年寄りがプレイされていた、との事です。
此方は道はガタガタ、液状化して噴出した泥と水まみれ、ライフラインはストップ、
という状況だったのですが・・・・・・

 御蔭様で当院は、先週末、ライフラインは復旧致しました。
ガソリン、灯油は常時、その他のものは、其の時時に因って、
買い占めに因り欠乏するものが変化致しますが、
現在は、トイレットペーパーとティッシュペーパーが、欠乏している様です。

 大変、御疲れ様です。兎にも角にも、御無事でいらっしゃる、という事が、何よりです。
中中、佐久間殿の代わりに役割を果たせる方が、いらっしゃらない訳ですね。
後から来た方が、先に帰って行く、というのも、大変、御辛いですね・・・・・・

 少しのお時間しかないのかもしれませんですが、出来る限り、ゆっくりと休まれて、
風邪の方も、御大事に為さってください。

反核団体ですか。佐久間殿も中中、開放されませんですね・・・・・・
佐久間殿の記載された、避難地域の指定範囲(を、狭い、と感じられたのでしょうね・・・・・・)、
に対しての、「突っ込みな」のでしょうが、標的が、ずれておりますよね・・・・・・と、
申しますより、団体なのでしたら、何が正しい、とか言う事も、
問題にされていないのかもしれませんですね・・・・・・佐久間殿、お気の毒です・・・・・・

 御返信頂きますのは、大変嬉しいのですが、呉呉も、御無理を為さいません様、御願い申し上げます。
 当方も、患者さん激減で、大変苦しい所です。佐久間殿程はとても無理ですが、出来る限り、頑張ります。

菊池洋行

お久しぶりです。地震が発生してから、1週間となりました。

被災された方々や、原発で作業を続けてくれている方々について、
ニュースで状況を知るばかりです。
私は東北出身ですので、この時期の寒さは大変だろうと思います。

被災者のみなさんは、自宅がない、避難所生活となれば不便なことも多いだろうし、
心身ともに辛い思いをされているだろうと、胸が痛くなります。

サイトを拝見し、スケジュールを見て、落ち着いた頃にメールを・・と思ったのですが、
いつになったら落ち着くのか読めず、お忙しいだろうとも思ったのですが、
なんだか私が落ち着かなくなってきたのでついにメールを打っております。

お疲れのことと思います。
作業をなさっているたくさんの方々が無事に戻られることを祈っております。

今後、どのように状況が変化していくのか見守っております。
こんな時、出来ることも微々たることなら、言葉すらないのですが、
とにかく気持ちだけ送ります!!

・・・私は父親が東電の下請け会社というんでしょうか、
原発で塗装をやっている会社に勤めているので今回は少し分かりました。
原発問題が報道された当初「評論家はデタラメばっかり言ってる」と父が言っていたようです。
母が話したので、どのような部分についてなのかは不明ですが。

私はぼんやりしているので、分からないことがあるんです。
分かったフリしても無駄な気がするので、分からない時は正直に書こうとは思ってます。

さて、買い占めですが、この2〜3日は少し落ち着いたように思います。
ちなみに、近所のガススタンドでは、ロープが張られ給油拒否状態でした。
新宿は、韓流の観光客が少なくなった分(店自体休業しているところが多い)、
日用品を買い求める人が増えました。

あまり長くならないように、本日はこの辺で失礼します。
また福島などに向かわれるとのことでしたが、寒いなか、
私の想像できない大変な状況かと思われます。お気をつけください。

S早智

おはようございます、高林です。
やっとカナダから帰国しました。そしてサイトのほうも拝見させて頂きました。
月並みな激励しか出来ない自分がもどかしいですが頑張ってください!!
そうとしか云えない現状が情けないです(>_<)

ちょうど我が弟が仙台支社勤務でしたが、大震災当日は秋田に出張中で難を逃れました
(兄弟そろって悪運が強いですよね)。
当日は電気が止まってしまって、モーターで地上まで汲み上げている
ガソリンスタンドは使えなかったようですが、レンタカーの燃料を ギリギリまで使って返し、
また満タンのレンタカーを借りるという方法で仙台ま で帰ってきたようです。

弟の会社は某ドリンクの会社ですので、会社から
「飲料というライフラインを担う仕事をしているので、みなさん被 害者だという意識は捨てて、
ここ一番がんばってください!」と云われ腹を括ったようです。

現場の皆さんの様子を報道等からしか知ることができませんが、自分は義援的なもの以外、
本当に何も出来ないことにもどかしさを感じます。

とりとめのない文章になってしまいましたが、兎に角
最小限の被害でこの危機的状況が落ち着くことを祈ってます。
そして無事に帰れることを祈ってます。

いつも…一週間に一度位、雑記を楽しみにしている中井です。
東日本大震災が起きてから一週間。

被災地の外にいると様々な情報が玉石混合で溢れ返り…便利ではありますが
扱いを間違うと怖い時代になったように感じます。

さくま様の発信も心無い中傷を受けたとのこと。本当にお疲れ様です。
(私はさくま様の件の発信は筋が通ってるな、と興味深く受け止めていました)

今の状況を見ていると、国レベルでの組織の足並みが揃えれていない印象を受けます。
どうか危険と苦労に見舞われている所が最大限スムーズに動けるように、
と願わずにはいられません。

一日でも早くさくま様、さくま様のチーム、
何より被災地の方が心から休めるようになることをお祈り申し上げます。

こんにちは、達也です。お疲れ様です。

また、サイト更新、ありがとうございます。
何とか帰れそうな雰囲気が出てきたという感じでしょうか。
不適切かも知れませんが、良かったです。

原発もこのまま落ち着いてくれれば・・・・。
(消防の方の会見がありました。家族にお詫びします、との言葉もあり、
事故でもあったかと心配しましたが、そのような報道はなく、
被爆を意識した言葉だと思いました。)

TV、そうなんです。一昨日くらいからでしょうか、徐々に特番が減り、
どこかは震災情報をやっているだろうと思ったら、NHKでさえ、
放送していない時があります。

思えば、阪神の時も、被災地以外は、
普通の生活にあっという間に戻ってしまったような・・・・。
でも、実際は、今だって、住宅問題を抱えていたはず・・・・。

どこか1局くらいは、延々と震災情報を流しても良いと思うのですが。
そうしないと、やはり普段の生活に流されてしまいます。

先日のメールにも書きましたが、燃料の供給が怪しくなりました。

JXのみならず、他も供給制限を始めた様子です。
ガソリンはしばらくすると正常化すると思いますが、
A重油は、火力発電所絡みもありますので、長期化しそうな気がします。

四国電力から聞いた話ですが、自衛隊は防護服を持っていなかったんですね。
消防、警察は持っているそうですが、なんと自衛隊は・・・・・。
原発関連の事故には、自衛隊出動が想定されていなかったということなんでしょうか。

いやぁ、びっくりしました。

ガソリン、なんと、こちらでも供給制限が始まったスタンドがありました。
一回2000円まで。

ま、首都圏などのように、並んで待っているところはまだ見ていませんので、
冷静にといいますか、落ち着いて対応しているようです。
でも、地方は自動車無しでは生活できませんので、不安感が表に出てくると心配です。
(私も、いつもはスッカラカンになるまで乗っているのですが、早めに補給しようかなと、
先日は半分で入れました。ま、普通はそんな感じと思いますが・・・・。)

明日は、東京で会議です。業界団体の会議で、たいしたものではありませんが、
アスファルトや燃料の各社の状況が少しは分かるのだろうと・・・。
もっとも、それらと震災の話に終始してしまいそうですが。

原発に、また煙とのニュースがありました。何だ?と心配していますが、
放射線量に変化が無く、今のところ問題が無いような感じの報道でしたが、
分からないのが本当のところかも知れませんが、印象は非常に悪いですよね。

ヤフーのコメントでも、すぐに本当のことを言え、みたいなコメントがありましたが、
過去の隠蔽があるだけに、本当の事を言っていても、そう言われてしまう状況がありますよね。
言われるように、真贋を判断できるようになることは大切ですね。

この連休は天候は悪いものの暖かかったですが、また冷え込むようですね。
被災地を考えると気の毒ですが、戻られるとのこと、風邪気味との話もありましたが、
気を付けて頑張って下さい。

(今日の新聞?だったか、被災地では頑張る人が多く、頑張りすぎてしまう傾向にあるそうです。
その人曰く、頑張りすぎないで、と声を掛けるそう。本当は、その方がいいのかも。笑)

以上、色んな意味含め、皆様の無事と助かった方が亡くなることのないよう祈っています。

お久しぶりです。Tombow's HEATです。

原発関連の情報はマスコミでも報道されない貴重な情報でした。
まず、その貴重な情報に感謝です。

次に、この未曾有の大災害において、募金と節電しか貢献できぬ
スキルの無い自分に悔しさがこみ上げると同時に、
現場で作業している警察、消防、自衛隊、医療隊等の方々に
途方もない感謝です。そして、その感謝はさいだいおう様にも。

原発で作業している方々が被曝した、というニュースが流れるたび、
感謝と申し訳なさで涙が溢れてしまいます。
それと同時に、地震の影響が殆ど無い都内で買占め、
デマの氾濫等が起きている事態に怒りを覚えます。

私は失礼ながら、さくだいおうさんの様な方々を勝手に
「アングラ・ヒーロー」と呼び、本当に尊敬と感謝で溢れています。
とにかく、被災者や救助隊の方々を応援し、神頼みくらいしか出来ない一個人として、
実動隊として頑張っている方々に頭が下がりっぱなしです。

時間が取らせて申し訳ないですが、一言でも応援と感謝を伝えたく思い
メールをさせていただきました。
当然のことながら、返信は不要です。

山梨の片隅から応援しています!

初めまして。ウモッカ騒動の直前からお邪魔している一読者です。
普段メールなどはしない主義なのですが、今回だけ。
他サイト含め読み込み&いつも応援しています(もちろん返信などは不要です)。
見出し以外読み飛ばしでも結構ですよ。

今回の地震でも現地で忙殺されるのだろうなと思っていましたが、案の定でしたね。
渦中の更新はほっとする反面、やはり過労を心配してしまいます。
早く解放される事を祈っています。
そうなれば、少なくともこの災害も、復興への流れと進み始めたと言えるでしょうしね…。

私見ですが、原発の問題は佐久間さんの解説で全く正しいと思います。
今回は政府広報も含め、悲観的なシナリオ想定での対応だとみていますし、
逆に過剰に反応するマスメディアの「報道災害」じゃないかとさえ思っています。

そして、結局は何があってもじたばたせず、今できる事を精一杯やるだけだから、
逆にやたらと悲観的な話を信じたがる人の心理が理解できないのですが…
騒ぎ立てた結果として、彼らはどうなりたいのだろう?

毎度の事ですが…少なくとも報道する人間は、
せめて「今目の前で起きている事を、自分自身が理解。」してから
報道してほしいなぁ…と思いますね、強く。

流れてくる情報を右から左に流すだけならまだしも、理解できない事から来る漠然とした不安を
これでもかと加えて装飾して流すのはやめてほしい。
そういう意味で現場の人たちと枝野官房長官は、よくやっていると思います。
が…安全なところにいる他は…想像力や洞察力は働かないのかなぁ。

直接被災しては居ない私は(道南在住、被害は微少)当事者じゃないから達観し
ていられるのかも知れませんが、パニック起こしている人ばかりじゃないんだと
知っていただければ幸いです。

今の所義援金と、救援物資の供出、それも些少に過ぎない、が、私に出来る精一杯ですが…
他人事ではないと思ってできる事をしています。
実際はこういうのが一番普通の事、普通の人の反応だと思います。

大半の人はちゃんと解って今を生きていると思いますし、信じています。

…今回の震災、不思議な事に今まさに渦中で苦しんでいる東北の人たち、
被災者の方々の表情が、あまり悲観的に見えない事が不思議…。
時期が来れば彼らは必ず立ち直る、強い、そう感じます。

そして繰り返しになりますが、一日も早く現職から解放され、元気で帰ってくるのを待っています。
長文失礼しました。

P.S.本当はUMA絡みのネタ見つけてメールできたら、その方が自分的には
嬉しかったんですけどね…。

藤田 保博

さくだいおうさん、こんばんは!nikoです。
私はなぜか風邪をひいてしまいましたが、地震に関しては大丈夫です。
無理しないでください、といっても状況が状況なので難しいかと思いますが・・・・。
心から、お疲れ様です。

こちらは、ガソリンスタンドはすごい車の列で、
地震直後は、水や電池やローソクや牛乳やお米がどのスーパーからも消えていました。

今は、牛乳なども入荷されるようになってだいぶ落ち着いてきた印象ですが、
なぜかどのスーパーも「納豆」が売り切れなんです。
一時的なものだとは思いますが、ちょっと不思議な現象です。

そんなに買い込まなくても・・・と思う反面、
買占めの報道も、なんとなく、買占めしている人を必要以上に、
面白おかしく「悪」に仕立て上げている感じがして、ちょっと複雑な気持ちでした。

不安感をむやみに煽っているのも、買占めを制しているのも、全部メディアなのになぁ。
なんて思ったり・・(もちろん、無駄な買占めはいけないと思います!)

なんだか、さくだいおうさんにメールを送ったのが大分昔のように感じます。
LOSTや24やサバイバルの話をしていましたが、
数日後にそれに近いような状況になるなんて、思いもよりませんでしたね。

さくだいおうさんは、やっぱりすごい人で、
でもこんな私にも丁寧に返信をしてくれたりだとか、
すごい存在の方なのに、誰にでも平等に接してくれて、
人柄まで感じられる素晴らしい方だと思うんです。

普通はきっと、さくだいおうさんのような存在の方は、
もっと近寄りがたいオーラというか・・・
そういう雰囲気を醸し出してしまうのではないかなぁと思います。(勝手なイメージですが;)

でも、そういう雰囲気を出していないさくだいおうさんは、
人より一枚も二枚も上手で、器が広いんだなぁと、尊敬してしまいます。

って、本当に長々と何を言っているかわからない感じですみませんが、
きっと、それ故に、一瞬サイトを見ただけでさくだいおうさんのことを誤解したり、
妬んだり、鼻を明かしてやろう!なんて思ったり、反論したがりな人が来たり、
そういう事も人一倍多いのではないかと思います。

なので、私には計り知れない苦労がたくさんあると思いますが、
私も含め、さくだいおうさんを尊敬している方はそれ以上にたくさんいると思うので、
微力ですが、本当に応援しています^^!!
私はさくだいおうさんの飾らなくて真っすぐなところが大好きです。

本当にお忙しい中、また長々とメールをしてしまってすみません。(反省)
もっと伝えたいことを、うまく伝えられるように頑張ります。(反省2)

心身ともにお疲れだと思いますが、どうか体調には気をつけてください!
(って私も風邪っぴきですが^^;)

それではさくだいおうさん、すぐに出戻りとのことですが、業務が落ち着きますよう
心から応援しています!

こんばんは。
おつかれさまです!

一時的とは言えご帰還されたこと自分のことのように嬉しいです。
また現場に戻られるとのこと、くれぐれもお気をつけ下さいませ。
佐久間さまの代わりは誰も居ないのですから必ずご帰還下さいね!

東京の買占めはオイルショックを想像させるような事態ですね。
危機的状況ではないのに、先行きの不安から買いだめに走ってしまう心理を
分からなくも無いですが、こういったことが起きないようにするのが
政治であり、報道の仕事だと思います。
原発も同じですよね。

原発関係の報道は特に酷いと思います。
必要な事実関係はお座成りにされ「こうなったら」「ああなったら」と
恐怖心を煽る内容ばかりで、辟易してしまいます。
ここぞとばかりに反核団体がらみの人物がしたり顔で語っているのも胡散臭く、
そもそも今その話題を公共の電波を使って流す時間があるなら
円滑な災害復旧に寄与する報道をして欲しいものです。
そして原発報道は「事実を時系列に沿って正確に分かり易く伝える」のが
マスコミの仕事のはずなのですが・・・

寒さだけでなく、食事や睡眠も満足に取られていないのではないでしょうか?
疲労が蓄積すると事故の元です。いつも以上に気をつけて、
なによりご自身の身の安全を第一に行動されて下さい。お祈り申し上げております。

ご返信は無用で御座います。
おヒマな折に読み流して下さればそれで結構です。
大事な時間を大切に使ってくださいませ。

一範

連載の…予備原稿ですみません〜磯投げ情報を応援お願いします。

お疲れ様でございます。
サイトのほうも見てますが本当に大変な様子。
原稿のほうは心配なさらずにそちらに専念してください。
なるべく、ぶっ倒れない程度に……。

直接の磯投げ関係者は、常磐方面のライター、
釣具店などなど含めてとりあえず無事とのことです。
店舗や船がダメになったところはあるようですが。

農産物は早くも放射性物質が……などと報道されてますが、
今後は水産のほうも風評被害含めて深刻なことになりそうです。
沿岸のほとんどの堤防は被害を受けているようですし、
釣り場として復活するのはいつのことになるやら……。

当たり前に仕方ないですけど、
今月号は創刊以来壊滅的に売れなそうな気配です。
前のめりかつツンのめって転ばないように頑張ります〜。

そういえば「サカナにまつわる」のイラストを
お願いしている方、●●さんというのですが、福島から東京に避難中です。

原発から直線50kmですが、お子さんが小さいので心配されての一応の避難とのこと。
これが一般的な感覚なんでしょうけど、
国の発表の仕方やテレビの報道の仕方では、
確かに不安と不信だけが積もってしまうような……。

PCは持ってこられなかったそうなので、
もしかすると来月のイラストは他の方になるかもしれません。

---------------------------------------
磯・投げ情報編集部 高橋

お疲れ様です。Iです。

 何か支援できることがありましたら何でも申しつけ下さい。

技術的には何もないと思いますが資金面・労力(今現在では不要ですね?)ならば
できると思います。

 友人が神奈川で医師をしていまして医薬品の一部が日本で品切れになるということで、
高校時代の友人(アメリカ在住、医療関係)と連絡をとり、
アメリカから支援してもらう準備をしています。

 私も今週末には(ガソリンの手当がつけば)
現地にボランティアに入ろうと思っております。

 ご自愛下さい。

昨日、更新があったとき、驚きました&ほっとして、嬉しかったです。

でも、その後、TVで3号機から煙のニュース、
サイトを見たら、すぐ福島に呼び戻された・・・との更新を見て、不安が・・・。

大分落ち着いてきたんですけど、まだこちらの辺りは、19日時点で
スーパー、コンビニとも品切れ品が多く、時間帯、場所によっても、まちまちです。

ネットは、安定して繋がるようになっていて(biglobe 流石)、
サイトは、毎日チェックしています。
戻られてからの更新を見て、どう言葉をかけていいのか・・・。

サイトを見るたび、安心をもらっています。

こういう混乱に乗じて、悪い人達がはびこるというのも、常套手段ですので、
目を光らせてもらえるのは(日本にとって)ありがたい事ですけど、心配です・・・。

> 外国レスキューとか国内のレスキューですら後で来て先に帰ってしまいました。

えっ?!
そういえば、外国レスキューのこと、最初は報道が流していたけど、
最近、耳にしないなぁと、思っていたら。

戻って数時間でまた現場と聞いて、心身ともに気がかりなんですけど、
更新を目にするたび、あぁ、生きてる、と安堵してました。

東京にいる私が救われています。絵

こんばんは。本当にお疲れ様です。原発などは爆発などもあり、
ひやひやしましたが無事で何よりです。

買い占めなどは埼玉でもかなりひどいです。
停電の影響も受け、物資をためておこうと朝から行列ができたりもあります。
不安になるのはわかりますが、もう少し節度を持つべきだなということは感じています。

ヤフコメとかでも時々見受けられるようにアンチの攻撃というのはなかなか苛烈ですね。
それが団体ともなればなおさらです。節度を持ち、反論してくるのならば、
それは一つの意見として尊重されるものとなるでしょうが、
このようなやり方は一般の人に分かってもらううえでも逆効果になりかねないと思います。

素人考えですけどね。

たぶんこの先も色々と大変な問題も起きてくると思います。
早く片付いて、のほほんと趣味に走れるような日が来ればよいと願っています。
また出張とのことですが、ぜひ頑張ってください。

ススム

毎日本当にお疲れ様です、またご苦労様です。

ご自身の時間を削って働いているのに、少しでも休憩を取って下さい、倒れてしまいます。
でも結局それを周りが許さないか。。。

まだ氷点下でしょうし、それを我慢して働いているのに恐らく上の人たちは。
仰ってましたが、役割があるのは社会ではしょうがない事ですが、
やっぱり納得できない事も多く。
引退も良いと思います、やるだけやっての結論ですしご自身の人生がありますしね。

体調は大丈夫でしょうか?(救助)地獄絵図とはこの事でしょう(勝手な事を言ってすみません)
撤退されたのは正解と思います、判断が遅れるとご自身達の身に影響が(偉そうですみません)

言葉にならない、想像を超えた事柄の対処、本当にご苦労様でした。

一段落しましたら少しゆっくりして下さい、流石の佐久間さんでも脳裏に焼きついた
事柄を整理するのは大変ではないでしょうか。

現地に行っても無いのにいろいろ本当に勝手な事ばかりを言いすみません、
現地で動いていたのは佐久間さん達ですものね。
なのに理不尽な人達の多すぎる事、目を覚ませ!ですね。

でも落ち着きましたら是非飲みに行きましょう!勿論ぼくのおごりです!

では少しでもいいのでゆっくりして下さい。本当にあと少し頑張って下さい!

 堀江T

寒いですか?利奈です。何て書いていいか、悩んでいました。
私の父方の祖母、親戚一同宮城県です。
内陸寄りでしたが、とても心配していました。

5日前に連絡が取れました。全員無事でした。

きっと、テレビに出ない人達のお陰様で、
助かってその後も生活できているんだと思っています。

計画停電で、寒かったり、トイレが使えなかったり、
電車が不規則だったりします。

お米やガソリン、トイレットペーパーもお店が空っぽで、困ってたりします。
地震からずっと、横になると揺れている様で、少し起き上がって寝ています。
でも!でも!

ありがとうございます。
寒いですか?
何も代わってあげられず、ごめんなさい。

上手く気持ちが伝えられないけれど…
チェーンメールにも騙されず、報道に惑わされず、
家族にきちんと情報を教えられたのは、間違いなく、サイトのお陰です。

そして、代わりに沢山の事を見てくださって、
本当にありがとうございます。
ご無理だけはなさらずに。

東北でご活躍なんですね
本当に、本当にお疲れ様です!

自分の仕事が存亡の危機でして^^;
地震以後、ホームページに行っていませんでした。

あの、悪夢の阪神淡路大震災をさらに凌ぐ天災が来るとは・・・
津波の破壊力に言葉を失いました。

地震大国日本が、阪神で、そして東北で学んだことを今後に活かしていかないと・・・
亡くなった方々が無駄死にになってしまう・・・

「戦後」という言葉が終わり、「3・11震災後」の時代に入りました。
産業、生活文化の全てを変えていく新しい時代に入らないといけませんね。

しかし・・・原発の放射能は・・・
次の世代に凄まじい負の遺産を残してしまったことが心苦しい・・・・
ヨウ素131はともかく、セシウム137は半減期が長いですからね(><)
土壌汚染、海洋汚染がどの程度まで進んでいくのか気がかりです。

自分の子供には、もっと住みやすい世界を与えたかったです(涙)

さっきも、業界紙からインタビューを受けていたのですが、
なんせ今回の国家的危機である地震と原発問題の解消に
まったく寄与しない業界ですから・・・先行きはまったく見えません

私も死なない程度にがんばっていきます(笑)
くれぐれもご自愛してくださいますように
気が滅入る光景、話が多いとは思いますが、お身体をお大事に。

ジーク

お久しぶりです、金魚を愛すマスカラ・キャットです!

更新されてて、無事と思ったら、緊急出動。お疲れさまです!
危険地域では気をつけて頑張ってください!

私は幸い自宅でしたので、帰宅に困ることもなく無事です。
金魚水槽が大変だったくらいです。

ご機嫌伺いを兼ねて久しぶりにネタでもと…
なんてメールをしようと思ってた矢先の地震でした!


取り急ぎ安否確認でした!

連日の激務お疲れ様でございます。

震災の現場では特に放射能漏れの地域は復興が遅れるという意見が多勢を占めています。
まさに目に見えぬ悪魔との戦いであると感じています。

さて、だいおう様が更新しておられます記録を広く一般にも読んでいただきたく
facebookなるものに投稿いたしました。
お名前は伏せておりますが、だいおう様には無許可での転載になります。

メールでお伝えしようかと悩んでおりまして、事後報告となり申し訳ございません。
http://www.facebook.com/home.php#!/katsuhiro.koda

事実は現場に立ち会わなければ見えません。
この度の大災害も政府関係者が隠蔽したい個所が数多くあることでしょう。
しかし被災された方々や、これから現地入りして復興のお手伝いをされる方にとって、


真実の報道がなされなければ身に危険が迫ることは目に見えています。
あまりにも大きな災害のために、あらゆる行事や祝い事が自粛され、
西日本各地にもその影響が見え始めました。観光地に客が来ないのです。
そのうちに私どもの商売にも影響が出始めると覚悟を決めています。

特に当店の通販部門では、仙台、宮城方面のデイケア施設が多く被災されたようで注文は激減しました。
前代未聞のこの日本の危機を、一人の日本人としてお役にたてることがあれば
老骨に鞭打って働きたいと願います。

どうぞ、だいおう様におかれましては体力維持にお気をつけられ、
国民のために様々な知恵を開示して頂きたく存じます。

長文でお許しください。無レスで結構でございます。

失礼いたします。

日本茶専門店 めいせつ堂
幸田明雪堂茶舗 幸田勝博

はじめまして。千葉在住の石井と申します。
突然のメール、また大変過酷な状況で働いていらっしゃる時に失礼します。

私はここ10年、さくま先生の様々なHPをずっと拝見させて頂いている者です。
さくま先生の大変わかりやすい説明、ギャグにいつも笑いながら勉強させてもらっています。

さくま先生がいわき市に救助活動に赴いてらっしゃる事を知って、
大変失礼ながらメールを送らせて頂きたいと思いました。


なんて言ったらいいかわかりませんが、さくま先生の無事を祈っています。
そしてもちろん犠牲者、生活困難者の方がこれ以上、増えない事も。

さくま先生の1ファンとして、先生がどうか心身共にご無事で帰ってきて下さる事を願っています。
先生のHPで勉強させていただいた事は私の宝の一つです。
そして、これからも先生のHPで色々 勉強させて頂きたいです。

大変過酷な状況で尽力されている中での突然のメール、大変失礼しました。
変なファンの暴走としてお笑いください。(笑) 
もちろんHPで書かれていたようにレスは結構です。

重ねて、
被災者、そして さくま先生を含めた救助隊や原発で尽力されている方々に
これ以上の被害が出ない事を祈っています。

乱筆、乱文そして大変失礼なメール、ご容赦ください。

お世話になっております。
渓道楽の高野です。

今回の大災害での現場対応、本当にお疲れ様です。
私のような者には災害現場がどういう状況なのかというのが、
TVの映像で見る限りしかわかりません。

ですが、TVで放映されるのは、比較的当たり障りのない映像ばかりでしょうから、
現場の凄惨さは想像すらできません。

今回は地震・津波といった自然災害だけでなく、原発事故による放射性物質の拡散という、
もっとも心配されていたことが起きてしまい、とても不安な毎日を過ごしていました。

しかし、さくだいおうさんのサイト記事で詳しいことを知り、
いたずらに不安がらなくてもいいのだということで、とても安心することができました。

東北地方は私たち渓流釣り師の活動フィールドです。今までも何十回も訪れ、
多くの人にお世話になってきました。
そういったお世話になった土地、人が被災されたことに心を痛めています。

また直接の知り合いも多くいますが、幸いそういった知り合い
すべてが無事とわかり、一安心しました。

さくだいおうさん、どうか健康にだけは気をつけて、災害対策にあたってください。
応援しております。

追伸:以前メールいただいたniftyのメルアドは無くなったのですね。

カリフォルニアのねえねえです!
まさかとは思っていましたが、やっぱり福島に!!
心配です。
いくらプロフェッショナルなさくだいおうさまでも、過酷な現場なのでは?
心配です。

アメリカでも、毎日 日本のニュースやっています。
なんかなー、煽り気味な報道なんですよ。

今、私は輸入業務についているのですが、日本の輸送業者さんから
「アメリカはテロ対策として とっくに放射線検査を通関で設けているけれど、
ヨーロッパの航空会社などは過剰反応してブッキング断ってくる始末。
(貨物)船の入船を拒むケースも出ています。」な報告を受けています。

日本のある企業さん(これ極秘でお願いします!すぐ私だとバレますので!!)から、
「部品業者さんが被害を受けており、部品が揃わないので納期が遅れます。」と連絡が来ます。

被害を受けており・・・亡くなった方もいらっしゃるのだろうか、
避難所にいらっしゃる方もおられるだろうな、
被害を受けて会社を復興・・・大変だろうな・・・

納期?そんなの構わない!私の心はそう叫んでいるけれど、アメリカ人上司は容赦ない。
自分らが被害を受けていないからなのか、その人の性格の問題なのか・・・
「何がなんでも納期に間に合わせるようにさせろ!」と言うのです。

客先からも(普段は私と客先の間には営業担当者・営業事務担当者が入るので
ダイレクトに連絡は来ないのですが)地震の直後・・・週明けになってから、
「納期を前倒ししろ。3月20日納入。」なーんてイタタタ・・・なメールが来て、言葉を失いました。

だってアメリカのニュース番組、地元ニュースやらないで
日本の報道ばっかりしてるのにですよ?
天下のある企業(ここも極秘で!)の人間はCNNを見ないのか?と・・・。

自分に出来るのはちゃんと働いて稼いで募金すること。
日本の経済を回すために、少しでも日本からオンラインで買い物をすること。
日本の経済に貢献するために、大企業がいっぱいお金を遣わせること。
(今週だけで、ン十億円のオーダーを切りました。)

さくだいおうさまのお仕事に比べたら、ちっちゃいことですけれど・・・。
目の前にある、出来る事をやっていくしかないと思っています。

さくだいおうさま、身体に気をつけて。ご無事でいらして下さい。

それから私、境界性人格障害の診断が取り消されました。ただの鬱病になりました。
PTSDの症状も、でなくなりました。パニック発作は時々起こしますが・・・。
でも、前向きに物事を捉えられるようになってきました。
頑張って・・・でも、力まないで 完治させようと思います。

さくだいおうさま、寒いでしょうし お疲れでしょうね。
どうか体調を崩されませんように。

東電を叩く人がいるけれど、東電という会社はともかく、
現場で命を張って頑張って下さっていらっしゃる方々はとても尊い方達だと思います。
自衛隊の方々、消防や救急、海上保安庁の方々や、すべての作業に当たっていらっしゃる方々、
避難所の運営をなさっていらっしゃる方々、物資を届けて下さる方々・・・本当に有難いと思います。
さくだいおうさまも その中のお一人なんですね。本当に有難うございます。
どうか頑張りすぎないで下さい。

心から頑張って、でも頑張りすぎないでと祈っています。
早くご自宅へ戻れますように。

乱文失礼しました。

早速被災地に舞い戻られての激務、大変、お疲れ様です。

貴サイトより引用
何はともあれ、どうして私が解説などしているのか、時々非常に自己嫌悪で凹みます。
引用終わり

 当方の想像を絶する程の、質、量、人間関係等、全てに於いて激烈な状況の佐久間殿が、
私的なウェッブページに於いて、今回の災害の、一般向けの解説迄為さるのは、
本当に大変な事と存じます。しかし、数多の危機管理を経験なさっていらっしゃる、
佐久間殿からの生の情報が、本当に、大変貴重で、有り難いです。

 或る種、治療院一筋、引き篭もりの様な生活をしております当方の所でさえも、
「娘の友達のお父さんが東電の関係者で、実は・・・・・・」みたいな、
嘘か本当かわからない様な情報が、入って参ります。

 パニック的、混沌とした中で、本質、本物を見極める力を。同じですね。

 佐久間殿に頂いております情報を胸に、せめて、当方の周囲や患者さんが、
変に惑う事が無い様、当方も、頑張ります。

 呉呉も、御自愛くださいます様、宜しく御願い申し上げます。

きくちマッサージはりきゅう治療院

佐久間先生

こんにちは、M(高校の校長先生)です。
過酷な現場でのお仕事、お疲れさまです。

サイトの「現場から〜その11」を拝見しました。

私は、自分の知り合いに災害救助の最前線で活躍されている方がおられることを、
尊いお仕事をしておられる先生のことを、いつも誇りに思っていました。

今回、一連のサイト記事を拝見して、現実はいかに過酷なものであるのかを知らされました。
素人の予想をはるかに超える、あまりに壮絶な災害現場の様子に言葉になりません。
(かつて父が話してくれた戦争の話を思い出しました。)

とにかく、佐久間先生のご無事をお祈りします。
一日も早く、かつてのような先生の「趣味のうんちく」を
ご披露していただけることを願っています。

決してご無理はなされませぬよう。
お身体ご自愛のほどを

乱筆乱文をお許しください。



佐久間先生

こんにちは、さぞや心身ともに相当お疲れのことと存じます。
その大変なお仕事のなか、サイト更新並びにメールをありがとうございます。

おっしゃるように、震災の前と後で世界が変わってきましたね。
ある意味、震災から何かを学び、私たちは変わらないといけないのかも知れません。

ここ数日、日中は暖かく、家の近くの川の堤防に植えられている桜が咲き始めたと聞いて、
朝から様子を見に行ってきました。
今年は例年に比べて開花が1週間ほど遅れていましたが、そろそろ見頃を迎えています。


私たち日本人にとって、桜の花は、
疲れた心を癒し、元気と勇気を与えてくれるように思います。

下手な写真ですが、ご笑覧ください。
そして、ほんの一瞬でも一息ついてください。

お身体、ご自愛のうえご活躍ください。
取り急ぎ、用件のみ

こんばんは。オクターブの共鳴音です。

本当に大変な中、サイト更新、震災の前と後で世界が変わってきていると、
私も、感じていました。

IAEAが避難進言を政府にした時、サイト記事のポイント32を読んでいたので、すぐピンときました。
読売新聞が、大きくさいてこのことを書いていたので、
うわぁ・・・読売って・・・と、思ってました。
(前にも、都度不安を煽る内容を載せていましたし)

どうして、過去から学ばないんだろう?と。

精神が負けてしまったら、人間、何も出来なくなりますから。

そういえば、携帯が繋がらない・・・で、人と話していたら、
被災地とも、スマートフォンはskype等で、繋がったようですね。
これは、自分で全く想像もしなかったので、意外でした。

本当に、心身のバランスを考えて、お過ごしくださいませ。
ファンの方は、皆、そう思っているとおもいますよ〜。
大変な中、恐縮ですけど、お願いいたしますm(_ _)m

以前、メールを掲載させて頂いたことのある者です
毎日、佐久間さんの安否確認とばかりにサイトの更新を
拝見させていただいております。

危険な現場の最前線で身体を張った、しかも裏方の仕事に本当に頭の下がる思いです。
寝る間もない激務の中、常連さんでもない者のメールなど
足手まといの他ならないかもしれませんが、少しでも励みになればと…

実に私事ですが、私は子供達と暮らしています。
佐久間さんのやっている事に比べれば、雲泥の差ですが、
私も日本の未来を信じて、子供達のためにも今出来る事を
自分なりにやっているつもりです。

私の中では、佐久間さんは孫悟空のようなヒーローなのですから。
どうぞお身体に気を付けて。
あなたを信じて、固唾を飲んで見守っている人が世界中に沢山います。

こんな時にお目汚しですが、うちのシマリスです。(笑)
冬場の凶暴な噛み期から、桜のつぼみがふくらんでいくこの季節に
合わせるかのようにタ○タマもふくらみ、やがて手乗りモードの
ラブリー期に突入です。

いえ、佐久間さんの気分転換とウケを狙って下ネタに走るつもりは
毛頭ございません。(…私、女性ですが何か)
春の発情期に向けて噛みモードが収まるので、飼い主としては
鉛筆の芯のような前歯でガブリッとされる流血の惨事を免れるための
大切なチェックポイントなのです。

他愛のない内容で本当に申し訳ありませんが、ぴょんちゃんに替わって
少しでも張りつめた心の糸を和ませられたら幸いです。

今朝、原発の現場の作業員の方々が不眠不休で、どれほど過酷な環境で
その激務にあたられているのか報道がありました。
佐久間さんをはじめとして、復旧作業や救出に関わる全ての皆様の
ご健闘とご無事を心から祈っています。



地震の前後で、本当に世界が変わって来ましたね。
佐久間さんのサイトとマスコミ等の報道くらいでしか情報を得られない
一市民の立場でも、ひしひしと感じます。

本音と建前は、どの社会の階級に属してもあるのでしょうが、
佐久間さんのお立場は、想像以上に複雑で難しいんですね。
どうぞ、ご自分を責める事なく、頑張り過ぎないようご自愛下さい。

私は埼玉在住ですが、とりあえず生活に不自由しない程度の日々が再開しています。
被災地の皆様や佐久間さんのような現場で実務にあたっていらっしゃる方々に
申し訳ないくらい程の日常に追われた生活が、また回り始めています。

馴染みの八百屋の店主は、商品の品薄や風評に踊らされながらも
これから夏にかけて、東北の産地で野菜の植え付けが出来ないから
正念場はこれからだ…と笑っていました。

転んでもただでは起きない位の気合いも大切ですよね。
「たら、れば」を並べる前に、今出来る事を1つずつ積み重ねて、
明日に繋げて行くしかないような気がします。

今、巷では引き寄せの法則なるものが流行っているようですが
思いに現実を引き寄せる力があるなら、最大限に素晴らしい世界を
思い描いてそれを実現させたいとも思います。

とりとめのない長文になってしまいました。
人恋しくて、おしゃべりになっているのかもしれません(笑)
佐久間さんの事を埼玉の空の下から見守っているくらいしか出来ませんが、
命あってなんぼです。

繰り返すようですが、どうぞお身体だけは、お気をつけ下さい。
今、プライベートで使えるパソコンが無いので携帯電話からの
メールにて失礼致します。

まめっこ

災害救護・支援、大変お疲れ様です。
今日もアングラ・ヒーロー達に感謝する岡部です。

お忙しい中、少し自粛していましたが、災害レポートを読み、
いてもたってもいられず、メールを送ることをお許しください。

地震発生後、テレビを見られたのが夕方でしたが、
そこに飛び込んできた津波の映像に、恥ずかしながら涙が止まらず、
自分の情けなさを痛感しましたが、さくだいおうさんの災害レポートに、
再びの戦慄と感謝で涙してしまいました。

文章が上手いとか、そういうことではなしに、
現場で正に文字通り「決死」の救助に当たっていた方の手記に、
同じ人間として、根源的な部分が見え隠れしたような気分で、
自分がこれからどうあるべきか、この驚愕の大災害を
どう自分の糧として生きてゆくべきか、深く考えさせられました。

今現在、災害にあった現地の方々より、ほぼ被害の無い筈の
首都圏の人々がパニックに陥り、混乱しているように見えるので、
実際に都市部に同レヴェルの災害が生じた場合の事を考えると、
正直、不安を覚えずにはいられません。

普段から津波や地震を警戒していた東北の人々でさえ、
あの状況になったというのに……。

原発のことについても、メディアが被爆と被曝を混合する程度ならまだしも、
そもそも高専卒の私でも理解している「放射能」について、
理解せずに報道している場面も多々あり、また原子力の専門家でも
無いコメンテータ達が知ったかぶりで「20kmは無責任な数字だ!」とか
言っているのを見ると、なんだかな……と(NEIの発表とか知らないのかな……)。

政府や東電等の会見も専門用語の羅列で、ミリとマイクロの意味も
理解していない一般人が沢山居るのに、あれでは逆に不安を煽ってしまうだけだとか、
日本人の核アレルギーが混乱に拍車をかけているとか、
思うところは多々ありますが、「水素爆発」を「水爆」と勘違いした人や、
スギ花粉を「放射性物質なのか?」と気象庁に問い合わせをした人など、
そんなに不安なら普段から多少でも勉強して置けばいいのに、
と思ってしまう出来事もチラホラ。

ネット環境がある人ならば、検索をかければある程度の基礎知識は
得られるのにも関わらずです。

今のところ、テレビを見る限り、「何故福島第一原発はこの状況になったのに、
第二原発の方は大丈夫なのか?」と疑問を投げかける場面は一度もありません。
むしろ、他にも被災している原発はあるのに、何故福島第一原発は駄目だったのか、
それすら疑問に思わず、「原発は全て駄目だ!!」という意見が溢れている始末です。

長崎の「原発なしでくらしたい」という団体が、九州電力に
「直ちに原発の運用を停止せよ」と要望書を出したとか、
他にも反・原発派の方々が「この機会を見逃すな!」と活動に
精を出しているようでして、それが復興の妨げにならねば良いのですが。

良くも悪くも情報が氾濫し、私の様な素人ではそれらが真実かどうかも
中々判断がつかぬ状況ではありますが、とりあえずデマらしき情報は
きっぱりと遮断し、日々を質実剛健に暮らす事くらいしか出来ません。

……地震兵器HAARPが使われた、という話が広まるくらいですので、
一般人の混乱の状況が良く分かると思います。
どう頑張ればM9.0というエネルギィを捻出できるのか、教えて欲しいですね。

無駄に長いメールとなってしまい、大変申し訳なかったですが、
とにかく被災地の一日も早い復興を祈り、災害援助に当たっている
方々に感謝しながら、自分に出来ることを模索して行こうと思います。

ではでは、失礼しました。

追伸:
サイトの記事だけでもかなり踏み込んで書かれているのに、愕然です。。。
アングラ・ヒーロー達が日の目を浴びる日が来ては行けないのですが、
いつかは来て欲しいと願ってしまう、そんな思いで一杯です。

こんばんは。
以前メールさせていただいた谷川と申します。

私の想像を絶する,本当の激務に追われておられることを知り
我慢できずメールさせていただきます。

私にできることは何もありませんが,
現場での救助,災害支援をがんばってください。
必死でやっている方々にがんばっては一番失礼な言葉かもしれませんが,
無事に帰ってきてください。

無事をお祈りしています。

tomiです、こんばんは。

まだ現場でしょうか、それともお風呂には入れたかしら。
毎度ながら貴重なお話をありがとうございます。

何か応援メッセージを、と何度か書きかけたのだけど
何を書いても空虚になりそうでだめだめで。。ごめんなさい。。

TV画面にはご遺体や厳しい場面はまず映らないですが
いろいろ想像していますし、みんなあの瓦礫の一片でも
片付けるのを手伝いたいと強く思っていますよ!

なんとここら近辺のスーパーでも缶詰とかカップラーメンの棚が
品薄になっていてびっくりですが、募金箱にはお札がばんばん入ってます。

自衛隊より先に現地に入るなんて、本当にお疲れ様です!
中部でもまだ寒いのに東北はいかばかりか・・・
お耳がしもやけになってないでしょうか。

どうぞ気をつけてご帰還くださいね。
まだまだこちらからもいろいろお祈りしています。

*画像、いちおう東の方を向いてます。
”数年前”の初日の出にて。劣化進行中・・可愛いでしょ♪ 五郎丸♪←犬

注:載せたら絶交デス

はじめまして。
小林悟と申します。
突然のメールにて失礼いたします。

いつも貴殿のHPを楽しく拝見しております。
今回の東北大地震で最前線で救急活動されていたのをHP上でしり、たいへん驚いております。
いろいろな場所で活動されてるようなので、まさか今回も?と思いHPを覗いてみたら、
まさか原発関連まで関わっていらっしゃったとは・・・。

11日〜からのリアルタイムの更新はどんなニュースを見るより衝撃的で考えさせられるものでした。

くれぐれもお体には気をつけてください、としかいえないのが心苦しいですが、
またHPを更新されるのを楽しみにしております。

サイト拝見しました。
本当に本当に、大変な状況なのですね・・・。

読みながら、言葉を失いました。

私は千葉や江ノ島辺りでは、冬に海に入ってましたけれど
それでも寒かったです。

頭が濡れて、風邪引いたこともありました。
海から上がって焚き火に当たってても。

東北の冷たい冬の海(東北行ったことないので、冷たさは想像出来ませんが)は、
海流のせいで夏でもかなり冷たいサンフランシスコ湾より冷たいんでしょうね。
大変なお仕事、本当にお疲れ様です。

そしてありがとうございます。

どうか体調を崩されませんように。
そして無事に帰っていらして下さい。
一度アメリカに、遊びにいらして下さいね。

本当に気をつけて。無事と安全を祈っています。
頑張りすぎないで下さい。

寿美

緊迫した現場での厳しい作業、お疲れさまでした。

テレビなどでも見ていますが、ショックが大きくないように
編集されたものだということをしみじみと感じさせられてます。

多くの戦争の資料写真とかを見ているので死者数などを見ると
悲惨な映像はある程度カットされているのだろうと感じます。

さく様がこれからまた現場に行くのかわからないのですが、
少しでもゆっくり休むことができるといいなと思います。
救助に向かわれた方々が無理をしすぎて、心身を病むことも多いので。

はるのネット一人旅

はじめまして、sunaと申します。

震災の記事、拝見いたしました。
ただ、ただ、お礼申し上げます。お疲れさまでした。

本当にありがとうございました。
正直、原発の難しい内容は私の頭では理解しきれませんでしたが、
とりあえず、無理・無駄に騒がないようにいたします。

なによりも、現場でのお辛い(心身ともに)作業の記事は、深く心に染みました。
被災地の本当に悲惨な状態が、他のどんなメディアより伝わって参りました。
多くの失われた命、助かってもそこで終わりにならない苦しみ。
その中で、どうにもできない辛さの中、実際に作業にあたってくださった皆様には、
本当に感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございます、ありがとうございました。
少しでも、お休みになれますよう願っております。
また、被災地の少しでも早いケアと復興を祈っております。

生きててよかった、えみちーです。

最近、こればかりですね・・・。
 「更新するごとに、管理人おかしくなってないか?」との問いに
  「いつものほうが、変です。」という答えに、
  「そう思う!」と、かんじた私←(笑!

27日の更新を見たとき、復活できるのか・・・?と、
心配しつつ、見守っていました。

28日、special thanks で、更新されているのを見たとき、
また、生命力の強さに、救われる思いがしました。
これまでの更新内容は、衝撃的で何度も具合が悪くなりましたけど(苦笑)

そうそう、それでこの記事を改めて読み直して、専門は、致死遺伝子の研究だったと、
思い出しました。これからの日本に、もの凄く重要じゃないですかっ!!!
やっぱり、生かされているんだと思います・・・。

今回、初めて送ったメールから、今までのを、全て読み返してみました
(私は、保存してありますので(笑))。

このメールをいつ読むことが出来るのかわかりませんが、
ネットでも、繋がっている人達がいるのをお伝えしたいと思いまして。

本当に、今回の日本の一大事に際し、ご尽力くださったのをありがたく思います。
サイトの仲間の方々にも救われています。

ゆっくりお休みすることは、出来ないのだと思いますが、
どこかに、心の休まる場所を見つけられたらと、切に願います。

私も、なんとかあがいています(苦笑)
ほのぼのとしたものを見ると、ホッとしますよね。
意識的に、そういったものへ気を向けるように努力してます。

また、やり取り出来るようになることを、楽しみにしています。

おうちに戻ったのですか?金田です。

お風呂に入れました?
お忙しいでしょう、そんな中ご無事で嬉しくて…涙が止まらないです。

ひどい状況の中、疲れで心の外側がウロコのように剥れていく、
どんどん優しい心がむき出しになっていく、
そんな状況をみているのが辛くて、苦しくて。

頑張らないで!!!

政府も原子力保安院でしたっけ?そこも、指示をしている人って、
何にも知識の無いお役人さんですよね?
どうして、実務の人に任せないんでしょうか。人災だと思います。

同じ様な事を繰り返してるのって、お役人さんだけが、
ころころ入れ替わっているからなんでしょうか…

しかも代わっても同じ様な人ばっかりなのかな…
実務の人が活躍できない、思うように出来ないから、
こんな事になるんですものね。
本当に、読んでごらんなさい!って怒りたいです。

ご無事でほんとにほんとに!よかったです。
頑張らないで下さい。ご自分も傷つかれているんですよ?

また厳しくなさっているんですもの。
もう少しだけ、ご自分を大事にしてくださいね!
お仕事が許さないのでしょうけれども…

泣いちゃって、上手く書けないんですけど、
読みづらかったらごめんなさい。
そして、本当にメールありがとです。嬉しかった。本当に。

実際の現場の状況を知る事が出来ました。
震災直後、ラジオのみから流れる情報を聞いてました…あの日を忘れる事は、出来ません!

実際、何かしようにも既にルートは寸断され徒歩のみでの移動…
近くの避難所は想定外の帰宅難民で溢れ、地域住民すら入れない状況に…
備蓄の緊急食料も底をつき、急遽、近くの高校に避難所の交渉をするも物資は無し…
本当に全てが想定外でした…

福島原発の件もサイトで見ておりました…
実際の報道とは、違う部分が書かれており大変、参考になりました。

青森の下北半島
おそらく御存知だと思いますが、六ヶ所村には核燃料サイクル施設、
東通村には原発、大間には原発の計画、むつ市には中間貯蔵施設を建設中…という地域です。
実際、今回の福島原発が重なる思いが有ります…
地元の利益と危険が表裏一体だという事を思い知らされたものです。

今回の福島原発は、本当にどのようになるのでしょうか?いわき市や福島市などに友人もおります。
いわき市の友人など職場が30キロ圏内で屋外作業の仕事です…悩んでました…
生活をするなら仕事をしなければならず、しかし、屋内待避の区域で自主避難区域…
家族には反対されてます。

関連倒産の危機がもう出始めてるんですね…
この先、日本自体が不安定になってしまいますね…どうなるのでしょうかね…

無事に帰られ、安心しました。サイトの更新を日々、楽しみにしてますので、
本当に死なない程度で頑張って下さい!

今度は、サツキマスの写真でもアップ出来るような世の中に早くなって欲しいです…
ちなみに私は、川のルアーが大好きです!ご活躍を期待してます!
長文で申し訳ありませんでした…返信は不要ですから!!

仙台市 K

佐久間さま
 お忙しい中、丁寧なご解答をありがとうございました。
 最悪な事態が起きないよう祈りますし、現場で働かれる方々が
 おきないように頑張っていただいていることを信じます。
 ご無事で。

 岩本

記事はずっと追ってました。名前が載ってちょっとびっくり、匿名にしておけば
…いや別に問題は無いわ(笑)。
旧知の人からはあだ名で「ぴーと」と呼ばれています。そっちを併記しておけば良かったかな…。

今回ともかく無事という事で「この先も活躍が期待できる、期待される。」訳でしょうが、
出来ればやはり引退されて、研究分野の方での活躍を期待したいですねぇ、私は。
心身ともにリフレッシュできる時間がとれると良いのでしょうが、
今の世情だと落ち着いてはいられませんかね…。

吐き出したい事も色々あると思いますが、そういう事なら承りますよ(笑)。
ここから余所に漏れる事はありません。約束します。

昔、Netの掲示板で些細な技術論から危うく守秘義務に触れそうな話になって以来、
迂闊な事はしないという自戒を守っています。
なので普段は顔見知り以外にメールもしない、Rom専に徹しているんですが、
今回だけは余りに「桁違いな事象。」に感じたので、そして現地は恐らく余りに凄惨で危険だし、
その後の精神的なダメージも相当だろうと思われたので…。

思った通り、凄惨な現場にいらっしゃったんだなぁ…と、
どう労をねぎらえば良いのか解りませんが、ともかくは一段落のようで、お疲れ様でした。
ご自愛ください。

ほぼ被害もない傍観者の立場でしかない私でも、思う事は多々有りますが、
まあそれをうだうだ書いてもしょうが無いですね。
ただ2,3,思う事を書きますと。

報道は…特に民放はもう既に余り興味が無いというか、金にならないから
「適当に流せば良いや。」的な雰囲気になってきている様に感じます。

災害の話をお金に転化しやすい安易なネタにすり替えて、種まきして、
火事を起こそうとしているように感じますねぇ…震災をネタに政争とかも
仕掛けてきそうね…くだらないけど。

ただそうやって誘導される事で、現状から目先が逸れれば神経質な人は救われるのかな…。

原発に関しては、環境への影響は…例えば、放射線出していようがいまいが、
重金属やら毒性の有る物質の流出と言うとかつての「公害病」を思い起こします。
水質汚染も、注視していけばあのレベルには至らないで収束するのではないかとみています。

有明の魚、今はおいしく食べられますよね?

もちろん出来るだけの努力はしてゆかなきゃならないし、その上での話でしょうが、
長期的には原発問題よりもやはり、東北の復興の方がよほど大変だなと思います。
何しろ、過去に体験のない事をしてゆくわけですからね…。

ただまあ何というか、日本人ってつくづく「経験豊富。」というか…個々の事象だけで見ると、
似たような事はかつて乗り越えてきているんですよね。
今回の震災は規模も内容もある意味その集大成というか…それでも乗り越えていけると信じています。

以下はオフレコの余談(校正しました)…まあ柵もあるので内緒の話になりますが、
フライトレコーダーなんかもやってましたね。
私はそこで基礎開発、商品開発業務に携わっていた時期もありましたが、
一番長くは特注の業務用機器の設計、製作でした。

放送局に機材入れたり、実際に自分で現地に赴いて設置設定、使い方の説明からまで一通り。
と言うわけで放送局の雰囲気少し解るので、報道には余計辛辣かも。

また、阪神大震災の時には身内(兄)が東灘区で被災したし(怪我だけで済んだ)、
自然災害絡みの話はそれで人並み以上に気になるのかも知れません。

勤め人時代は私「C型肝炎」との診断で治療を受けつつ、でも仕事は待ったなし、
徹夜の合間に週二回、強ミノ40ml注射と栄養剤の点滴を受けて何とか生きている
ような状態で働いていた時期もありました、
が…それでも自分の仕事放棄する気にはとてもならなくて、後先考えずやってた事を思い出します。

必死というわけでもなく、とにかく何かに怒りながら、それをモチベーションにして
後先考えずにやっていましたが、今思うとそれこそが「必死」という事だったんでしょうね。

その後C型肝炎ではなくて先天性の肝機能障害「体質性黄疸」という物だと判明、
とはいえ症状に大差は無く、結局その時の無理が祟って後に長患い、
入退院を繰り返した挙げ句現場復帰は無理と判断、退職、その後闘病生活する事になった訳ですが…
30代半ばで燃え尽きちゃった格好でした。

そうした経験のためか、今必死で頑張っている人の事を思うと、
何か援助が出来ないかとやはり思うわけです。「燃え尽きるまでやっちゃ駄目だよ。」とも…。

だから早く現職リタイヤしたいという気持ちはよく解るし、その判断は全く正しいと思いますよ。
私は家族が…とか、収入が…とか思い悩んでいるうちに機を逸して、
結果的にさらに多大な迷惑を家族に強いてしまった。
家族の代わりはいないけど、仕事は大丈夫。代わりは、必ず誰かやれますから。

今はまあ、病気だけでなく様々な理由でもう十分苦しんだから、
この先は何があっても楽しんでやるんだという気持ちで日々生きています。
で、そうやって開き直ったら、面白いモンで体調も改善、今ほぼ健康体なんですよね。
まあ無理はしないし、出来ないとは思いますけど…。

最後に軽い話。
今回の震災の前後、うちで飼っているブッシープレコ
(南米産ナマズの一種、うちで生まれ育った奴4匹)異常行動していました。
混泳水槽なので低床に砂を入れているんですが、それを掘り返して流木の下に隠れていました。

しかも、えさのキュウリを入れると、普段だと飛びついてきて
朝までには薄皮一枚になっているのが、ろくに食べず。
今は何事もなく普通にキュウリにへばりついていますが…
ちなみに他の混泳魚は特に変わった様子はなかったです。

…偉い長文になってしまいました。ご容赦ください。

ぴーと

少し前、偉い人たちのハッキリしない会見を見つつ、間違っていたとかいないとか、
はたまたおかしな発言をする人たちとか(都知事よ、撤回できないぞ:怒)辟易し、
最近は本当に頑張ってくれている人たちのことだけ考えるようにしています。

マスコミの影響も大きいですね。
日本の実務者は優秀・・・今頃、なんとなくそういう報道になったけど、
マスコミはそういった部分よりも、不安要素ばかりを押してきますね。
話題性、面白さ・・・それだけしか見ていないんでしょうね。残念です。
マスコミには力があるはずなのに・・・。

こんな風に少し離れた場所の一市民は状況を見守っている状態です。
ちなみに、本日定期検査で病院へ行き、漢方薬をもらってきましたが、
地震の影響で工場がストップし、長期の処方が出来ない(薬が無いから)とのこと。
私は命に関わる病気ではありませんが、重病の方は・・と怖くなりました。

復興まで、これからどのくらいの時間がかかるか分かりません。
でも、仰るように、前向きに捉えることが大切ですよね。
若い人たちが、人のつながり・優しさを確実に感じて、
自分なりに実践しようとしている姿がテレビや新聞に出ていました。
若い頃にはなかなか分からないことを、知ったんだな・・と、心が温かくなりました。

かくいう私は、東京で少々不便という程度で過ごさせてもらっています。
正直にいうと、罪悪感があります。
そんなことを思うこと自体、なんとおこがましいことかと思うのですが・・・。

ひとまず、本日はこの辺で失礼します。長くなってしまいました(汗)。
できれば頑張りすぎないように頑張ってほしいです。
無理だと思いますが、ましてや、ぬくぬくしている自分がいうのもおこがましいのですが・・・
とにかく応援しております。

斎藤

過酷な状況でのお仕事、本当にお疲れさまです!

素人の私でも会見にイライラしてますし!
おかげさまで、記事やネットの情報があるので、
IAEAの発言ももしかして『ポイント32』?と気付いて、不安感はほとんどなかったですし、
お水その他の買占めもしてません。

石川県にいる姉のほうが心配してくれてます(笑)

風評被害は本当にお気の毒と思います。
野菜も牛乳も売っていれば、平気な人は買うのに!
(農家の心配してる人が私のまわりに、わりといます)
って思うんですが、安く売っていればそれを悪用する人たちなんかも
出てきちゃうのかな〜とか考えてみたり。

それもこれも、政府とマスコミの負の連携みたいなものを感じちゃいます!

現場で頑張っている方々の気持ちを思うとつらいです。
でも、現場がしっかりしているから、今の状況に落ち着いているんですよね。
早く落ち着くことを祈ってます。

あ、私のメールなんて紹介しないでくださいね(笑)

桜が咲き始めるくらいあたたかくなってきてます。
少し負担が軽くなるかなと思います。でも、無理のしすぎには注意して!

『可愛い珠♀』でした。

矢沢と申します。
連日連夜、原発の事故の報道を目にしています。
当然ながら、空気中・土壌ばかりでなく海への汚染も気にかかるばかりです。

友人が福島県本宮市に住んでおり、3月の内に奥様と息子さん2名を
九州の鹿児島の友人の家へ避難させています。
多くの人が被災地では疲弊しきっていると聞きました。

何もできず、ただ見ていることしかできないことが日ごとに歯がゆくなってくるばかりです。
以前、テレビでチェルノブイリのその後の番組を見たことがあります。

皮肉にも人が避難退去したことにより、豊な森や多くの(また稀な)動物の楽園のようになっていました。
その反面、ツタの絡まるビルや学校の中は、積もる土ぼこりや枯れ葉の下に生活がそのまま残されており、
自然の力の強さと人の無力さを体現しているようでした。今も退去したまま戻ることのできない人々。

戻れたとしても生活できるようになるまで、村として町として都市として機能できるようにするまで、
どれほどの時間と労力がかかるか。こういった事故の難しさを考えてしまいます。
ただ今は福島がそうならないことを祈るばかりなのですが。

また、お返事にも少しあったように、どこでも上の人間がまともに動かないことへの腹立たしさ
(今、私の周りは管首相のことを、呆れかえった果てにナオト呼びしています。)。
どこにでもいる無神経で、想像力のない、痛みをしらないバカどもへの怒りや、自分の無力感。
本当にやるせないです。

一日でも早く、被災者の方が安心して目覚められる日が来ることを、
今日は良い日だねと言い合える日が来ることを願ってやみません。
地震と津波、原発の事故、多くの人が本当に自分の命を削って手を差し伸べてくださっていることへ
深く深く感謝しております。
本当にありがとうございました、そしてお疲れさまでした。

死なない程度に頑張りますとのことでしたが、
ぴょんちゃんときゃっきゃっと遊べる位の余裕ありでお願いします。
UMAサイト楽しみにしていますので、どうぞお身体だけはお大事になさってください。

感情的な文で申し訳ありません。長々と失礼いたしました。
(あと、返信はご遠慮させてください。お忙しいのを存じ上げているのに、
頂いてしまうと恐縮してしまいます。サイトでご無事の確認ができれば、それで大満足です。)

 ずいぶんご無沙汰してます。仙台の佐藤です。大変お世話になりました。

 久しぶりにホームページを拝見し、さくだいおうのご活躍に心より感謝いたします。
震災より半月経ち、仙台市街地は震災前の日々に戻りかけている気配を感じます。

ガソリン不足で先週末まではまばらだった車も、今日は渋滞をつくる始末です。
その一方で、まともに津波の影響を受けた市内海沿いや石巻市、名取市などは
自衛隊の方々含め沢山の方々が頑張ってくださっていますが、未だに壊滅状態のようです。

 生活が落ち着いてくるにつけ、復興に向けて何かをしなければならないという思いが
日に日に強くなりますが、自分に出来ることとして、今は、職場(大学)を復旧させて
多くの学生に安心して学べる場所を提供していくこと、
家族と職場の部下の健康を守ること、この2つに絞って努力しています。

 今週からまた東北地方は冷え込みます。
くれぐれもご自愛ください。また絶対無事に帰還してください。

このメールを目にする頃には、少し落ち着いた状況になっていることを祈っております。

---------------------------------

仙台市 佐藤

初期に受信できた一部を紹介しました。まだまだ続きます。




最新     現場TOP     ⇒ご意見その2     その3     大津波・動画集