11/東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)〜現場から〜

2011年4月23日 海洋シミュレーション

私達のチームの大親分(=米のこと)から海洋シミュレーションを借りてきて、
自分達が救助活動から移動した後に行った各種調査データを放り込む作業をしていました。
もちろん、余震の大きさや過去の大地震なども網羅して、アレコレと内密な話まで。

その中で、放射能調査と海洋調査(海底観察や透明度など)のデータ。
海底調査では透明度が回復傾向にあるのは水深5メーター程度付近まで。
水深10メーター以降はガレキや濁りで全く視界はひらけていませんでした。それが広大な範囲にわたる。
海岸の多くの場所でチェックしましたが、漁協や港湾会館…管理組合など、どこの部署が掃除するのか?
遅くなればなるほど、暖流と寒流によって流されてゆくだろうと心配しましたが、
その前に陸地をせねばならない。物質と労力のバランスが取れるのはまだまだ先。

1ヶ月がたち、被災地ならではの釘やガラス片による破傷風や砂埃やウイルスによる肺機能の低下が流行、
初動とは違った治療が必要になってきている…エリートの仮面がはがれた上層部はどうするんだ云々。

そうだ、実際に多くあったエピソードでもしようか。今回で4話目ぐらいかな。

初動の時には常にあるんだけど「お金を払うから優先的に救ってくれ」と言い出す人。
そういう人たちに共通するものがあるけど、普段、それで人を動かしていたのだろう。
私はこのおかげで「金なんて要らん」スタンスになってしまった。金で動くと心が傷つくことがあるからね。
だから肩書きに反してアパート住まい。別に不満はないです。寧ろペットに囲まれて天国だ。

無下には平等性を崩さないのが救助側の姿勢だけど「金を出すから」の顔を見て判断する時もある。
全財産をはたいてもいいから子供(恋人、親)を救って欲しい、頼む…という場合であり、
崖下の娘を救ってくれとかいう場合を思い出す。その娘を救う間に別の場所で3人4人が救えると悩む。
情容赦なく切り捨てなければならないので、金で動く救助者(特に指揮官)ならば適任ではない。

「金を…」の人の娘を崖下から救い上げ救命措置で蘇生すると名刺やメモをくれた。後に感謝したいという。
だが後に連絡することはない。実際、同じ事があって連絡しようと思う部下がいたら止める。
連絡しても「助かって良かったですね、お金は要りません。」でお仕舞いです。
自己紹介しないから、ここを読まれない限り誰に救われたのかも分からないでしょう。

崖下の身内や恋人という真剣な場合じゃない時、実は、これが圧倒的に多い。
「XXまで金を払うから連れて行ってくれ」というような人命関係ないケースです。偉そうな人に多い。
救助や救命じゃないから断るが怒り出すのが常。そうなると私も怒り返す。その後は悲しいだけ。
しかし、時に我々の移動中に遭遇すると乗せてあげる。決して鬼じゃないからね。

これらの場合でも当たり前だがお金は頂かない。金で動かない人間がいることを覚えておいて欲しい。
(金で動く上層部のせいで国がやばくなったかどうかは言及してないので念のため)

現在、金で動くやつが信用できると時々言われるが、その上には金では決して動かない人間がいる。
初動は目の前の生命の左右を決めるのだから別件は勘弁してと願うが、阪神大震災でも同じ事が何回もあった。
普段なんかでも、お礼をしようとする人がいる。あなた達から貰えませんよ。←永久貧乏性

まぁ、そんな現場の話は多々あれど、今後の海洋はどうなるのか?今後の大気汚染はどうなるのか?
さっそく報告書にまとめていたのだけど、ここで先月に落としそうになった原稿を思い出した。

「そうだ、漁業関係なら釣り業界も入るじゃないか!!!」と。

ということで、強引に連載中のそこの科学的な、いな、論理的な連載解説は「原発の放射能」に決定。
釣り原稿にまわしてしまいました。いや、東日本から南下する放射能なら関東エリアも危機な訳で、
すでに出版予定数も減ってるとのことだし、他人事じゃないという現実がありますからね。

サイト特集の続編が釣り連載かよ!!!と狙っていたわけじゃないけど、磯投げ情報誌も読んでってください。
立ち読みよりも買ってくださると嬉しいです。しかしまぁ発売時1ヵ月後の放射能状態を書くわけで、
予想に反して収めれなかった原発からの流出、増えるか減るかも判らない状況で推測がハズレていたら最低。

ちょい更新でした。

<関係者必読>

…本日の更新後に、今日アップされた新聞↓を知らされた。関連してそうなので転載保存しておきます。
ここを読まれてる一般読者の方々は(レポートその1)を読まれた後で下記を読むと驚かれるかも。

雪の夜 たき火が命を救ってくれた 命の恩人捜しています

河北新報 4月23日(土)6時12分配信

宮城県南三陸町で津波にのみ込まれ、九死に一生を得た気仙沼市幸町の会社社長加藤欣司さん(70)が、
凍える自分のためにたき火を用意してくれた家族(に見えた人たち)を捜している。

3月11日、雪。あの夜、津波にぬれ、低体温症で大勢の命が失われた。
「たき火がなければ間違いなく凍死していた」。自宅も会社も流され、再 起を目指す加藤さんは
「命の恩人に感謝の気持ちと再出発の決意を伝えたい」と言う。

小型船舶用エンジンの販売・修理を手掛ける加藤さんの会社「カトーディーゼル」は、
南三陸町の志津川湾に面していた。大津波警報の発令を聞いた加藤さんは、車に重要書類を詰め込み、
女性事務員(62)と2人で国道45号を北上した。

目指したのは、会社から約1.2キロ離れた同町志津川天王山地区の空き地。
1960年のチリ地震津波でも浸水しなかった場所で、加藤さん独自の「指定避難場所」だったという。

到着して間もなく、大津波が襲いかかってきた。近くにいた4、5人全員が波にのまれた。
がれきが邪魔で水面に顔を出せない。1度は死を覚悟したが、必死でがれきをかき分け、杉の枝をつかんだ。
ようやく脱出し、山の斜面を20メートルほど上ると、寒さと疲労で動けなくなった。
「溺死を免れたのに凍死するのか」。1日に2度、死を覚悟した。

「津波から助かったのだから、生きましょう。火を起こしたから暖まって」。
加藤さんがうずくまっていると、男性の声が聞こえた。

木くずや泥が目に入り、 視界はぼやけていたが、男性の他に女性が3人いるように見えた。
祖母、夫婦、娘という家族構成だろうか。男性は自分より年下のように思えた。
たき火を用意してくれた家族はその場を立ち去り、加藤さんは暖を取りながら一昼夜を山の中で過ごした。

12日、自力で山を下り、自衛隊のヘリコプターで仙台市内の病院に運ばれた。
全身打撲に右手首の骨折、低温やけどの重傷で、そのまま1週間入院した。
幸い(加藤さんの)家族は無事で、得意先の船も大半が津波被害を免れた。
一緒に逃げた女性事務員は遺体で見つかり、丁寧に弔った。

「70歳にして生かされた。気持ちを切り替え、とにかくやるしかない」。
体調が回復し、再起に向けたエネルギーが少しずつ戻ってきたが、
「あの家族(に見えた人たち)に『ありがとう』と言わないと、本当の再出発はできない」とも感じている。

加藤さんは21日、南三陸町最大の避難所、志津川ベイサイドアリーナの入り口に、一枚の紙を張った。

「命の恩人を捜しています」

(山崎敦)

救急救命&救助レポートその1の記述に似た状況だけど、やっぱり私達の誰かかな?
服装はレポートの通り着込んでいるし男女の区別は困難でしょうし、場所もあってる。
確かに急いでいた移動途中でも同じことはあった。総勢20人だけど救助分担して散開してた。

当方チームの所属メンバーの誰か記憶してるなら私まで連絡を。業務連絡としてヨロシクどうぞ。

多分、全員が同じような人を各百人以上は助けてるから特定は無理かもしれませんが、
もし我らだったら、この場で「助かってよかった、再出発の気持ちを受け取りました。」と、
お気持ちを受け取り、お返事しておきます。

名乗り出てしまうと売名行為と思われること、しかも人違いで間違いだとチーム全体が恥ずかしいので、
正体を明かさずにやってる以上、代表して、遠くの空からエールをお送りしておきます。



●少しの期間(未定)全作成サイトを休止します。激務のためです。しばし、ごきげんよう!!!


戻る     〜現場〜TOP