どんな災害でも防災に金かけたり議論したり啓発するのは大切。
しかし、どうやって早く駆けつけて救助するか?という直接方法の議論や啓発が少ない。
残念だ…未来に不安。

2011年4月11日 休みを取る

休みを取ると宣言して、やっと…と帰宅準備。そして最大余震が発生してしまった今。
今でもまだ海の中には2万人近い人々がいるということを忘れてはいけない。
大規模捜索で、毎回50人〜100人近くが回収できてるが、
初動で思うのは、沖に多々いらっしゃった人々もボートがあったら……。

義援金なんかはこれからも増え続けるんだから、さっさと小額ではなく高額で分配を始めれば良い。
公平性とかに配慮したら遅くなるんだから、とにかく始めて問題が出れば解決すれば良い。
「問題が出るでしょうが、先に分配を開始します。些細な問題は責任追及しないで下さい」とマスコミに宣言。

日本という国が弱者にとって頼りがいのある国なんだと見せるのが先決。皆に生きる希望が出る。
再生は16万人の避難所の人々が「よし俺たちもやるぞ」と思うことから。
金が無いから古今東西いらいらする。苦情が増えて対応が大変になる。精神が分断される。
放射能で東北が分断されるのではなく、精神が分断されるのも近いんじゃないかな。

「ちんたらやってるんじゃないよ」と感じる今日この頃。

------------------------------------------------------------------------------

さて、モニタリング業務からスクリーニング業務に移動されたご担当さんが再登場。
ただ最近、動きが激しくなってきていますので、ジャストインタイム方式で紹介できているわけではありません。
スクリーニング業務というのは色々とありますが、皆さんが最近見かけるとしたら、
対象者を立たせて検査器具でピピピ・・・の業務が想像しやすいでしょうか。

しばらく見ぬ間に様々なお立場の方からの便りが紹介されており驚きました。
それだけたくさんの人がご覧になっておられるということで、
私のつたない文章ですが、現場の状況が少しでも伝われば幸いです。

また別方面での駆り出されがあるご様子、くれぐれもお体にはお気をつけください

私は運悪くというか恐れていたことにというか下痢を起こしてしまって、戦々恐々しております。
間違っても被爆によるものではありませんが、
それでも、感染性の物なら避難所ではえらいことになります。

あの環境下で水道水忌避や脱水症状などおこされたら・・・想像したくもありません。
とりあえず、明日は一日OFFになりましたので、
神経性の下痢であることを祈りつつ引きこもることにいたします。

なお、その後の業務については、モニタリングからスクリーニングに移ることになりました。


お役所仕事らしい「しょるいのとういつせい」やら、
「てがらのとりあい」やら「なわばり」やらに引きずられ、
だいぶ遅れることになりましたが半歩前進。

放射線の知識、除洗の知識など勉強を重ねつつ啓蒙活動もしつつ、
働かさせていただきたいと思います

しかし、私も情報収集にインターネットは使用いたしますが、
玉石混合で見るままに信じてしまうと危険極まりないですね。
「オカルト」同様、分別の上で嗜まないと困ったことになりそうです。

マイクロもミリもなかなかなじみはありませんし、
ベクレルの後の/kgや/cm^2といった単位は無視!というか削除!
というマスコミの報道を鵜呑みにされると、対応には非常に苦心します。

私も毎回説明させていただいておりますが、
まずは広報や報道の方にも正しい単位無しの正しい情報はありえないということを理解していただき、
周知をしていただきたいものだと思っております

しかし、資料をあさるといろいろと知らなかった知識も入ってきます。

1980年代までは中国が大気圏核実験をおこなっており、その当時のフォールアウトの137Cs平均濃度は、
今回の事故前の約100倍(1MBq/km^2)あります

当然、食事中の137Cs摂取量も5倍ほどにたっしており、チェルノブイリでの事故の影響よりも大きい。
▲原典は文部科学省、環境放射能調査研究成果論文集です。

とか

そこらにありふれたカリウムは天然の放射性同位体を持っており、
それはカリウム1gで30ベクレルほどの放射能を持っており、
天然の鉱物では、それよりも高くなる場合もあり、
障害防止法では370ベクレル/gまでは放射性物質としての扱いをしないことになっている。

とか

空気清浄機に用いられているHEPAフィルターは、もともとAEC(アメリカ原子力委員会)で開発された、
放射性物質のフィルタリング用であった。

一般の家庭用でもある程度の捕集効果はあるでしょうが、
フィルターに放射性物質がたまるわけですので、
フィルターの外側に遮蔽をしないとなりませんし、処分にも困りそう。
▲出展:放射線概論(第一種放射線受験用テキスト)

とか

少しとっつきにくい本でも、よく聞く単語から索引を引くなりすれば、
かなりたくさんの「正しい」情報・知識を得ることができるはずです。

本当に怖くて、信用ができない、というのならば自分自身の目で調べてほしいです
公立の図書館も学校も開いているのですから。

単に来期モデルの携帯電話にサーベイメーターが搭載されるだけとか、
モニタリングポストからの情報を元にTVの放射線予報がされるだけとか、
そんな感じで終わりにはしないようにはしたいものです

例によりまして、長文の上、乱文乱筆で失礼いたします。
くれぐれもお体にはお気をつけて、わたくしごときでもいないとちょっと困るそうです。
今はほんっとうに、人材こそが宝です。

     本日の大地震後↓


4月11日私は本所のほうに出向き、無事にGM管と半導体式のサーベーメータを借りることができたところです。

が…

本日夕刻の地震で、再度、勤務地の公所が被災してしまい、スクリーニングが遅れそうな雰囲気です。
思い通りにはいかないものです。それでもやるしかありませんが。

私も時々単位の間違いをすることがあるので、単位を正確にと部下に注意しつつ、
どんな報道機関でも呼びかけるならば、よりいっそう慎重を期すようにしないといけないと、しみじみです。

優秀な実務者の人材不足は深刻ですね。評論家の方が多くなってるから議論ばかり。
うーん、困った。

保身から腰を上げたかに見える東京電力の清水社長が福島へ、しかし佐藤雄平知事は拒否、保身のまま。
ポーズは不要だから会って進めなきゃ。いずれにせよ会って進めないといけないんだから。
菅首相の民主党はじめ自民党の谷垣総裁も守るために保身、政争の真っ最中。報道機関は揚げ足取りを探す。
お涙頂戴、高額義援金のPR合戦、節電、選挙では相応しい人が当選しただろうかetc。

リーダーシップを発揮するって、具体的には何だろうね。
どっぷり癒着し料亭へ行ってたのに手の平を返すのがリーダーシップだろうか。
ネットでは変な意見が増えてます。前から気になってたんだけど、利害関係の香りが漂ってる。

実務の人が少なくて、評論家が増えてると微妙に視点がずれていくもの。嫌な予感がする。
新しい情報ばかりを追って一喜一憂、刺激のある情報が欲しいとか、基本を疎かにしてないだろうか?

政府の地震調査委員会が長期⇒短期展望。
「南北約500キロの余震域以外に東北、関東、中部地方の内陸部などで、大規模な地震に警戒すべき。」

判断のスキル、命令のスキル、現状把握のスキル、科学知識のスキル、確固たる自分を持つスキル…即必要。
同時に心の準備がなく愛する人を亡くした人が山ほどいる状況で、避難所の状態が深刻になってゆく。

▼発表された地震や津波の後、避難所や搬送された病院でのまとめ。

東日本大震災が発生し、11日で1か月。

避難所の寒さや衛生状態の悪さから持病が悪化するなどして亡くなる「震災関連死」の疑い例が、
岩手、宮城、福島3県で少なくとも282人に上ることが、
読売新聞の災害拠点病院などのアンケート調査でわかった。

被害が甚大だった岩手沿岸の病院では未回答のところも多く、人数がさらに膨らむのは必至だ。
避難 所の劣悪な状況はあまり改善されておらず、
専門家は「関連死が拡大する速度は、阪神大震災や中越地震の時と比較にならない」と警告している。

調査は、災害拠点病院と主な2次救急指定病院の計113病院に、
3月末までに被災した影響で持病悪化や新たな発症で亡くなった患者数を聞いた。
56病院 から回答があり、3県24病院が該当ケースがあるとしている。

282人の内訳は、宮城214人、福島63人、岩手5人。大半が高齢者とみられる。

読売オンライン最終更新:4月11日(月)14時33分 

集計中ですら282人死亡。氷点下に近い気温の中でお爺ちゃんやお婆ちゃんが耐えれるか?
温めるということに未だに気づかず(=優先順位が低く)、灯油などの燃料やストーブの到着が遅い。

これだけでJR西日本の尼崎事故の2倍以上だし、日本の死亡者の半数はガン。
放射能でガンになるのを心配しなくても、ガンになるのは普通なんです。
それより今(低体温症で)亡くなりそうな人を頼む…。

私の方は、大余震があった後、チームの仲間との連絡がつきません。


戻る     〜現場〜TOP     次へ