2011年4月7日 ベントの謎

関係者の誰もが忙しいと言うけれど、職務の合間にサイトを更新し1次情報の説明をしてきました。
いや、時間は作るものですからね。気づけば一気読みできないほど分量がたまりました。

毎日読まれる方はリアルタイムです。
流石に記憶違いが出るほど時差が発生してきてますし、もうダメかな?なんて感じ始めてます。

<ベントの謎>

オマケです。我らが日本の上層部は相変わらず一枚岩ではないようです。
原子炉内の圧力を減らすベントという作業が遅れて、屋内に水素がたまって爆発した件。
一体、誰がベントを遅らせたのか?報道からよく読んでみたいと思います。

協力会社の男性は11日午後2時46分、原発の敷地内にある建物で激しい横揺れに見舞われた。
揺れがおさまり屋外に出ると、作業員が大勢施設から出てきていた。
約30分後、海の方から「ゴー」という音が聞こえた。津波だった。

約300メートルほど離れた免震重要棟2階「緊急時対策室」に現地対策本部が設置され、
原発所長をはじめ、東電や協力会社の社員ら約 300人が集まってきた。
部屋の広さは学校の体育館の半分くらい。壁には大小のモニターがある。

「原子炉内の圧力が上がっている」。

作業員が慌ただしく出入りし、マイクを使って現場の様子が逐次報告される。
原子炉やタービン、救護など20〜30人ずつの班に分かれた。

異常に上昇した原子炉の格納容器内の圧力をどう下げるかが緊急の課題となり、
ある班では、テーブルに図面を広げ、弁を開いて圧力を減らすベントの方法について議論していた。
「圧力がこのまま上昇し続ければ、耐えられな くなる。早くベントをしないとダメだ」と聞こえた。

夜が明けて12日も状況は好転しなかった。

朝、原発視察に来た菅首相と廊下ですれ違った。
午後3時半頃、「ボン」という爆発音がして、免震棟が揺れた。「いつもの地震と違うぞ」。

状況をつかめずにいると、モニターから流れていたニュースで白煙を上げる1号機が映し出された。
水素爆発だった。ベントが間に合わなかったのだ。

「けが人がいる。救急車だ!」「放射線量をすぐに確認しろ!」。怒号が飛び交った。

早々、緊急対策の中で原子炉内圧力の上昇が心配され、ベントが議論されてました。
早い想定と対応と言えましょう。
しかし、いつベントを実施したかは明らかにしていないのが気になります。

いつやったのだろう?なんで夜が明けて12日も好転してなかったのだろう?
ただ、この証言から11日の夜〜12日の夜明けまでに東電はベントをやったと思われます。
公平な意見として、政府の説明を読んでみますと……。

枝野長官によると、11日から日付が変わった12日午前1時半に、海江田経済産業相が、
「原子炉の冷却機能が失われた1、2号機にベントを行うよう」東電側に指示。

午前3時、1号機のベントを実施するとの報告があり、直後、記者会見で発表した。
「発表した時点でベントが始まってる筈だった」。

ところが、首相が出発する6時台でも 始まっていないので「早くやらないといけない」、
と繰り返し東電に求めたという(記者会見での開始発表は訂正されていない)。

実際に東電のベント作業が始まったのは午前9時で、東電から十分な説明は得られなかったが、
ベントによる圧力降下が確認されたのは午後2時半だったので「減圧に成功した」と会見した。

しかし、その1時間後、爆発した。

菅首相は12日午前6時、自衛隊ヘリで福島第1原発の視察に向かい、11時前に官邸に戻っている。

枝野長官は「首相の視察はベント実施が前提で、遅らせたわけではない」と強調。
「海江田大臣が東電に『とにかく早くベントしろ』と言い続けていた」と不信感をあらわにした。

11日の夜には、原発現場対策本部は「ベントしないと危険」と手段を議論してたらしい。
日付が変わった12日になって大臣は「ベントをするように」と命令を出したらしい。
この時差が気になる。

また、ベントをやってる中、放射能に構わず首相がヘリで降り視察を行うという計画だったようだ。
しかし朝6時になってもベントが行われてなかったという。もうとっくに明るくなってる時間だ。
実際始まったのは朝9時だったらしい。どちらかが曖昧というか、嘘をついていると思われます。
よくある言った言わないの堂々巡り。国家が左右されてるのに何をやっているのでしょう?

暗い12日の早朝3時実施のベントが朝9時まで遅れた理由が、どうして未だに解からないのか?
この謎は技術者から見れば可笑しなこと。担当者が急逝して理由が解からなくなったレベルです。

なぜ協力会社の社員は、早々とベントを議論した件は言うのに、ベント開始時間を明確に言わないのか?
重要な項目なのに。私は何だかヤラセに感じるが、それは焦点がズレているからだと思う。
そもそも水素がたまる件を無視してたのだから、ベントを早くしてても爆発したのでは?という点。
3号機の水素爆発は、1号機での水素爆発の反省から水素を出そうとした中で起きてるしね。

遅れた理由なんかは直ぐに把握できるはず。公表できないものだろう。とすると首相が遅らせたとなる。

こういうやり取りが発生し、報道で載せるから、世間から「よくやった」と褒められる機会を逃し、
「ダメダメ」とレッテルを貼られたわけで、いまいち何にも心に響いてこないんですよね。
その結果、陰謀論やデマが発生することとなる。民主だけじゃなく自民党も同じに見えます。

デマを信じるなという前に、報道の仕方や会見や行動が変なのです。誰もが感じてるでしょ。
誤解が出たなら、理由をキッチリ話せば誤解は解消できる。放射能のホット・ポイントしかり。
なのに明確にしないんだから陰謀は跋扈できる。実務の連中が泣いてますよ。

復興のスピードを上げる背中押しは、世間が好意的な目であること。最重要でした。
あの程度がNEWSで流れ、国会で議論されてるレベルでは、陰謀論を皆で作ってるようなもの。
実際、どんな立場の人でも一生懸命にやってるはずなのに、低レベルさの演出というか、
メリットが誰にあるのか本当に分からないです。

国民の生命と財産を守るのが使命だというスタートで、10万人〜20万人が亡くなるはずだったのを、
今の段階で止めれたのは地震速報のシステムのおかげもあるし、初動には阪神大震災の教訓が生きてたし、
新幹線は飛び出すどころか脱線すらなかった。なのに金をかけたのに無駄といわんばかりの昨今。

他国で起きたらもっと酷かっただろうということを踏まえ、国益という考えに立ち返れば、
本当に素晴らしい成果と言えるのに、世界中に胸を張れるのに、今の現状は甚だ残念に思えます。

2011年4月8日 裁判所

一般向けのサイト記事よりも、少し突っ込んだリアル内容が多々あります。
但し、これらのやり取りはサイトアップよりもかなり前です。報道で出てきたりしているかもしれません。

この裁判官さまはポイント32の時にも登場されていますが、このポイントは30kmの地点の疑問と調査。
ピンポイントだから問題なしと報告するため、しかし原因の連絡が来なくて悩んでいました。
今になってやっと、30km地点のあれこれが報道に出てきていますが、読み直すと実務との時間ズレが浮き彫りに。
実際あれから時間が経ち、どうなってきたのか?風評から実害にシフトするのか、予断を許せません。

まだであれば新鮮なお話でしょうから、関係のある方々は「想定」に加えておいて下さい。


被災地の裁判所では…M(裁判官)さまより。

 お世話になっております、
 このたびも、無事にご帰還叶いましたようで、ひとまずは安堵いたしております。
 お疲れさまでございました。(作者注:実はまだだったりしますが…泣)

 初期の救命活動については、頭を垂れながら涙するばかりです。
 大津波警報や津波警報が解除されるまでは、公式には救助人員を投入することは難しいのでしょうが
 (特に大津波警報の間は)、今回は解除されるまでの時間がかなりかかっておりました。
 
 少し調べましたら、青森県太平洋沿岸から福島県までの大津波警報が津波警報に切り替わったのが、
 12日の20時20分、これが注意報に切り替わったのが13日の07時30分ということです。

 大津波警報から津波警報に替わるまで30時間
 そこから注意報に替わるまで、更に11時間を要したことになります
 
 いろいろと考えさせられるところです。

<当時の裁判所>

 そういえば、地震の際、当方は職場(裁判所)におりました。
 直後に停電し、非常電源は動き出しましたが、ネット等は使えなくなりましたので、
 職場のあちこちで職員が見始めた携帯電話のワンセグTVが主な情報源となりました。

 テレビで速報値の震度と震源地とマグニチュードを見たとき、
 それなりの津波と火災が危ないなとは思いましたし、
 津波が大きければ数千の犠牲者が出るかも知れないとも思いましたけれど、
 万単位の方々が犠牲になるとまでは思いも及びませんでした。

 大変辛いことですが、現在報道されている死亡が確認された方々・行方が知れない方々の数よりも、
 実際に犠牲になった方々の数は、千の単位で上回るように思います。
 
 ご遺体は早く回収して差し上げたいものですが、それもままならない様子で。
 長く外に置くと、ご承知のとおり、腐敗や水の影響や動物による痛みが進みますから。
 そして、避難されている方々で、避難後に亡くなる方々も、決して少なくないことでしょう。
 
 東北はまだまだ寒さの中です。当地では昨日も雪が降りました。無情にも、例年よりも寒いのです。
 聞くところでは、盛岡あたりでもガソリンや灯油はまだ入手しづらいとのことです。
 上下水道が回復していない地域もまだまだ多くあります。
 
 避難生活が長引くことの危険は当方などよりもよくご承知と思いますが、避難されている方々、
 とりわけ、まだお身内が見つかっていない方々のお気持ちを大事にしながら、
 どうやって衛生と医療を確保できる場所での生活に移っていただくか、
 その費用は誰がどの程度負担するのか、当事者ではない私ですら、気が遠くなる思いです。
 
 そしてまだ続く福島第1原発ですが。

 全く、よくまだ水蒸気爆発を防いでいるものと敬服しております。
 安定するまでにはもうしばらく綱渡りを続けなければならないのでしょうけれど。
 
 何とか、水蒸気爆発とPu(作者注:プルトニウム)汚染が防がれることを祈り続けるばかりです。

 それにしても、広報や情報の流し方が上手くないのは相変わらずですね。
 そういえば、日本には、運転開始から30年を超える原発が福島第1を含めて10箇所くらい、
 福島第1より古い原発が2箇所くらい稼働していたような記憶がありますが、
 まだあまり問題視されていないようにも思います。
 
 大体、運転開始前には試験やら建設やら許認可やらで、設計から結構な時間が経っているはずで、
 設計自体がその時点でプルーフされた技術を使う建前ですから、
 稼働開始時には既に一昔前の技術が使われていることになるわけで、
 そこから30年なり40年なりが経っていると考えると、いささか不安にもなるのですが。
 
<これからの裁判所>

 ときに、ご心配いただいている当方どもの仕事ですが、勿論、訴訟もそれなりに出てくるでしょう。
 典型的には、土地の境界が分からなくなった土地で、境界紛争が出てきます。

 境界標も、コンクリートや石のものはある程度残ったでしょうが、
 プラスチックや木の杭は失われたものが多いでしょうし、目安になっていた樹木が流されたり、
 地形そのものが変わったりしているでしょうから。

 訴訟で通常なら出せるはずの証拠も、失われたものが沢山あるでしょう。
 
 ただ、訴訟以外の事件もそれなりにありまして、例えば、行方不明者が不動産などを持っている場合、
 区画整理等をしようと思えば、家庭裁判所に申し立てて不在者財産管理人の選任を受ける必要がありますし
 (これから特例法ができれば別ですが
 何年か経って、行方不明者について亡くなったものとして財産の相続手続をしようと思えば
 家庭裁判所に申し立てて失踪宣告を受ける必要があります。

 その上で、相続人になる人も亡くなっていていないとなれば、
 家庭裁判所に申し立てて相続財産管理人の選任を受ける必要も出てくるかも知れません。

 また、現在裁判所にかかっている事件でも、例えば不動産の競売手続では、
 対象不動産が影響を受けているかどうか、どの範囲で調べ直すかという判断を迫られるでしょうし、
 後見などでも、本人や後見人等が被災していないか、その財産に影響はないか、
 いずれ調査を始めなければならないでしょう。
 
 こういったことが、今後数年は続きます。

 それでも、裁判所の建物は被災したものの、大船渡簡裁と福島富岡簡裁以外は
 最低限の執務はできるようになりました。

 大船渡簡裁は被災程度が大きく、福島富岡簡裁は福島第1原発から10kmも離れていないために
 立ち入れないので、当面動けないようです。
 職員に死亡者は出ていないので(ご家族を亡くされた職員や家を失った職員は多くおりますが)、
 何とかやっていくのでしょう。

 ただ、現実にはこれだけで終わるのではなく、不動産の競売事件や、
 倒産事件が増えるのではないかと危惧しております。地震と津波で収入を失ったからといって、
 事業資金や住宅資金や生活資金のための負債が消えるわけではなく、
 そのための担保が消えるわけでもないのですから。
 
 倒産だって、被災地以外でも大量に起きかねません。
 商品が満足に入ってこない小売店、原料や部品の供給が不安定になった製造業者、
 そういえばオホーツクの牡蠣養殖の稚貝はほとんど三陸から買っているはずで。
 
 被災者の生活再建だけでなく、諸々の影響をどれだけ抑えられるか、になると政治の領域でしょうか。
 

 ご健勝と無事引退が叶いますようお祈りしつつ。

 追記:今回のうち、ご遺体の痛みについての部分は、一般の方には辛いかも知れません。
    現実ではありますが。


 さて、福島第1原発のベントの経過についてでありますが、
 毎日新聞は4月4日付朝刊で、また微妙な経過があった旨記事にしておりますので、
 ご承知かも知れませんがお知らせをば。

 要するに、3月11日の午後10時には保安院でもベントが必要と考え、官邸に報告し、
 午後11時過ぎには官邸でもベントが必要と判断して東電に要請したものの動かず、
 午前1時半に大臣名でベントの指示をしたものの動かなかったため、
 午前2時に首相が現地に乗り込むことを決め、
 午前7時に現地に乗り込んだ首相に現地の発電所長がベントの実施を約束し、作業に入った、

 というものです。

 どういった取材で書かれた記事かは分かりませんので、真偽は定かではありませんが、
 仮にこのような経過があったとすると、さてどうなのでしょう。
 ちなみに、上記記事は現在、まだ下記にあります。個人的に保存もしましたが。
 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110404ddm001040085000c.html

 (作者より)

  確かに奇妙ですね。大臣が午前3時にベント実施の会見をしましたが、
  首相が朝に出向いて『ベントしろ』と命令する事が2時に決まっていたとは。
  先の東電関係者は早くから議論していながら実際の行動はボカしてますし、
  暗くて手動では出来なかったのなら報告できるのに、またもや両者に隠蔽疑惑が増大…
  旧ソ連でプルトニウムの廃棄分を集めたところで臨界核爆発を起こしたそうで、
  その点から、まだ核爆発しないとは100%言えないですし、水素爆発はありえますし、
  なんだか報道に出てくる内容は科学的に微妙に不安です。
  知った上で安心させようというのと、知らずにやってるのでは全然違いますものね。)

  東電の現場:ベントの必要があると提案(廃炉は嫌なので率先したと思われる)。
    ↓
  枝野官房長官:国民に説明するまで待って欲しいと制する。
    ↓
  枝野長官会見:AM2時、国民に説明した。ベントの準備してAM3:20予定で放出実施する。
    ↓
  菅総理はベント後に原発視察するが、放射能はベントしても少しだから大丈夫とPR。
    ↓
  東電の現場:電源装置が壊れて直ぐに直らないからベントができない。どうしよう?
    ↓
  菅首相到着:手動でも電動でもベントしろと主張。AM6:27官邸から命令。
    ↓
  東電の現場:手動でベントした。
    ↓
  枝野官房長官:ベントにより圧力低下を成功しました。
    ↓
  原発1号機:水素爆発。
    ↓
  会見がなくなり、その報告と詳細説明が何時間もなかった。
    ↓
  リアルタイムに報道しているTVらに、その衝撃映像が(会見まで)出なかった。
    ↓
  なにマスコミと結託して隠そうとしているんだ!!!と苦情&非難殺到。
    ↓
  茨の道スタート

 他、息抜きネタを少しだけ。

 放射性物質に喧しい昨今ですが、私の手元にはトリチウムチューブが仕込まれている腕時計が3本、
 置き時計が1個あります。寝台列車に乗るときや、出張時に枕元に置くのに重宝しております。
 
 本当は、クオーツでよいから懐中時計があるとなおよいのですが、
 なかなか需要がないのか、市販されているのを見つけたことがありません。
 さらにいうと、チューブがなく、針に夜光塗料が塗ってあって、
 文字盤にT25と書かれている腕時計が2本あったりもします。

 うち1本の夜光はほとんど光りませんが、もう1本はまだよく蓄光します。
 少し前は夜光塗料にトリチウムを使っているものはかなり沢山あったんですけれどもねぇ。
 
 そういえば、日本の標準電波の福島の局
 福島第1原発から18kmくらいのところにあるために停波しておりますけれども、
 A県の自宅に1個だけある電波時計が、たまに波を拾っているようです。
 (1日のうち数度だけかつ不安定に)

 長波とはいえ、ろくなアンテナも張らない状態で九州の50kwの波をA県で拾えるとは
 思っていなかったのですが・・・。結構驚いています。

 今日もまた、お役にも立たない駄文でございました。
 この辺りで失礼させていただきます。
 ご健勝と平穏な日々が訪れますようにお祈りしつつ。


 追記:メールを送ろうとしてふと見たら、避難されている方の中で
    肺炎が増えているとの報道に接しました。
    素人ながら肺炎とインフルエンザとウイルス性腸炎は危ないかなと感じておりましたが、
    やはり出てしまったようです。

    悪い予想がそれなりに現実化してくるというのは、私如きでも精神衛生上よくないのですが、
    現地で臨床をされている方々や公衆衛生をされている方々は血を吐く思いなのでしょう・・・。

ありがとうございました。ポイント32の件ともども…。しかし先が長いですよね。
対策本部のSさんもトリチウムのXXXXXを出されてましたが(←当時は伏字が間に合わなかった)、
もう少しだけ起きた&起きうるだろう事実を淡々と積み上げていきたいと思います。


戻る     〜現場〜TOP     次へ