海洋に出ることは防がねば〜2011年3月29日

やっぱりメールレス無理そうです。時々、読めなくなります。連続やり取りの場合、空く場合があります。
応援メールを下さっていたサイト管理人さんたちのリンク、一般の読者さんの名を追加しましたが、
それはメールが読めた方々です。もし名が無ければ読めてませんので、申し訳ありません。

海洋の放射性物質影響について補足を入れました。
簡単に言えば先のリンク湖の躍層すら知らない研究者が多かったという経験から推測するに、
会見で「海で放射性物質が拡散して薄まる」だなんて言ってるのを聞くと不安感に駆られる。

常連さんはとっくに気づいていたでしょ?(うんうん)

大気と違い、寧ろ水温や濃度によって、まとまって海流で流されること(水塊)があるから、
今の原発対処が失敗したら、ノーテンキに夏の電力心配どころじゃないんだけど、
いや、あっちの現場を信じよう。なんで私が心配するのか。

半減期の短い放射性ヨウ素やセシウムばかり取り上げてるけど1万年のプルトニウムは計器無かったみたいだし。
(最近、プルトニウムの名前を出してきたのは、中電などから計器を借りて計測できたからだと思う)

今は風評どころではなく、科学的な事実を結集しないと更に悪化しかねないからなぁ。

これから暫くは更新なしですが、校正や名前の追加(メールのアップ)はしたいので、
いつもの生存報告代わりとして生きてるか心配な方、関係者さんはハテナアンテナとかで対応下さい。
あ、そうそう。画像を送ってくださった方もいらっしゃいますので、それらは先にアップしますね(多分)。
いつもの怪しい系は止めて、ホノボノ系だけを選んでやります。

あと色々と書類が郵送されてると思いますが、徐々に対応していきますので宜しくお願いいたします。

イレギュラーな危機的な状況と、会見やTV報道が不足だった場合、再度の更新で解説しましょう。
再登場にならないように祈りつつ。

PS:原発放水を初めて開始した頃から私の時が止まっています。
阪神淡路大震災の時は、10年にかけてバタバタと企業が倒産し潰れていきました。
関連していたわりと大きな企業まで、です。
関東の企業に吸収された大手(トップシェア)まで。

今回の大災害は震災に加えて津波被害。そして原発の避難エリアも加わってダメ押し。
関連する影響は全国から世界に広がるかもしれませんね。規模的には当然といえば当然か……。


★本日までの全てのメールにレスを送りました。

2011年4月1日 一番多い質問の回答と対策本部さん再び

旧知の間柄である国際協力機構のIさんより。
私のアドバイスについては今後は報道でどんどん出てくると思います。


大変お疲れでしょう。日本を救うために頑張って居られること、サイトの身内として誇りに思います。

福島は、いまやFUKUSHIMA、フクシマとカタカナ書きで、ヒロシマ、ナガサキと
同列に扱われるようになってしまったと福島県南相馬市にご両親を持つ友人が嘆いていました。
差し支えなければ教えて頂きたいのですが(個人的見解でも結構です)。

1.福島原発は、いつごろ終息するのですか?終息と言うのは、避難している人が戻れる、
という意味です。1年後、5年後、10年後、30年後? 

回答(個人的見解)
今の段階で冷却できて他の施設で放射性物質を保管、破壊施設はコンクリ(石棺)までやれば、
半年−1年といった感じでしょうか。もし国民の協力なくスムーズに出来なければ2−3年延長。
放射性物質の種類と放射線量が無害と判断できるまで、です。注:廃炉の期間ではないです。

半減期というのは分子が安定する期間で(無害化とイメージ)、
ヨウ素やセシウムなどはそんなに長くないです。8日〜3ヶ月です。
ですから、放出元(原発)の放射性物質を冷却し安定させること、管理のためコンクリで固め、
あとは周囲の放射能が減っていくのをモニターして判断します。

但し、プルトニウムは半減期が1万年なので、放出してしまえばお仕舞い。海でも大気でも。
高濃度で放出してしまえば、2度とそのエリアには入れません。
これが出るのを一番心配していますが、どれぐらいの規模かはなってみないと判りません。

早く戻るためには今の冷却作業の出来次第。応援しましょう。

現実的な話として、原発は地震には耐えれました。見事。ゆえに近代化した原子炉を作り直し、
発電機など管理用のアレコレは高台に置く、というのが経済をやり直す軟着陸でしょうが、
反原発の流れが出来てしまっているので、火力や自然エネルギーで代替できるか、
他の模索が困難で迷走すると思われます。利害関係がでかいですしね。

2.今後さらに避難指示地域は拡大されない模様でしょうか?

回答(個人的見解)
残念ながら、状況によってはありえます。

保安院によると臨界して核爆発はもうないとのことです。しかし水蒸気爆発は可能性が残ってます。
またソ連時代、廃棄プルトニウムを集めていたものが自然に核爆発したこともあったらしいです。
詳細は聞いているところですが、可能性が少しでもあるなら警戒し続ける必要があります。

原子炉近辺、原子炉内の状態はまだ不明なままですから何も発言できないのと考えられます。
メルトダウンしたものが亀裂の入った原子炉から漏れ、下部に広がって等、色々と想定されますが、
自動ロボットが映像や放射線量のデータを送ってきてからの話になります。

普段ならTV報道で24時間特集中の段階。やらないのは買い占めなどが起きてしまったからという。
(まぁ、ひとつの理由ですね)
冷却作業が失敗したら、周辺モニターの結果から計画を練り直しとなります。

放射性物資なんか、種類によってはコレクションできるほど周囲にあるので、
今は排気ガスやコレステロール、添加物などの環境ホルモンなどを心配した方が良いでしょう。
心配になり、不安になる方が、ガン発生の確率が増えるし、神経性胃炎になると思われます。

3.IAEAの測定結果と日本の見解が異なっていて、飯館村は避難しなくて良い、
と政府は言っていますが、飯館村の放射線が福島の事故に起因するものならば、
どんどん放射性物質は降り積もり、どんどん線量は増大、
だから「今は避難レベルではなくても、いずれは避難しなければならなくなる」
のではないのですか?

回答(個人的見解)
先に書いたように、積もった放射性物質の種類によります。
ラドン温泉と放射性ヨウ素とセシウム、プルトニウム。
まったく安定するスピードや、吸い込んだら体に溜まる部署が異なります。

積もったばかりなら強い放射線を出しますが、1週間後には無くなる場合もあります。
プルトニウムのように1万年も変化なく出し続ける種類じゃなければ良いのです。種類が大切。

実は日本の技術者、実務者や理系は世界に誇れるほどハイレベルです。
IAEAはポイント32(サイトで指摘してた極ポイント)のように変化する場所の強調をしなかった為、
それを勘違いした報道官のNEWSが大元でした。
だから今は退避進言は取り消され様子見に切り替えられてます。

日本政府も従おうとしたかもしれませんが「IAEA現場も日本技術者(現場)も見解は一致」なので、
ただ単に広報の失敗。言い直し方が悪かっただけですね。それをTVのコメンテーターが政府不信と。
逆にそれほど信頼を落としてしまったということが怖いのですが、現場技術者はキッチリしてます。

そこら中に降り積もった放射性物質がどんな種類か、種類によって対応が変わりますので、
プルトニウムを他機より多く含む3号機を特に重要視しています。

結局、まだ「方針が見える」のレベルではなく進行形ですから、拡大するか、早目に戻れるか、
実を言うと今やってる冷却の作業が成功するかどうかに全てが掛かってます。

ついでに漁業への影響は大きい話。

大気と違って海水に入ると、拡散というのは相当難しいです。
酸素の拡散ですら水中では、1年間にわずか6mの拡散距離しかありません(自然拡散)。
石の状態から粉々になって溶け込む放射性物質は、とにかく水中では拡散しにくいです。

水塊でのまとまった海流移動、モニターの規模も上下左右と広大になり、手が出ません。
半減期の長い(安定するのが遅い)ものを海に出すことだけはレベルが異なりますので、
とにかく悪化しないように祈るだけですね。

27歳の女の子が、南相馬市にご両親が頑張っておられて(24kmと聞きました)、
福島から逃れるよう泣いて説得しているのですが、聞き入れてもらえない、と困って私に相談してきています。
ご両親は「放射線が健康被害を及ぼすのは40年後だそうだからその時自分は90歳過ぎ、別に構わない」と
言われているそうですが、そんなものなのでしょうか。

回答(個人的見解)
はい。放射線は軽いし、たとえ放射性物質を取り込んでも、種類によるし大量でなければOKです。

またガンの進行が遅いのはご老人。細胞分裂が少ないからです。放射性物質を取り込んでも同じ。
そうそう私の古い研究ですが人間の細胞は56回の分裂で終了します
それが寿命や病気に絡んでいるのですが、仰られるとおり、そんなものです。

子供や若人が”より”危険ですが、屋内退去のエリアは無害とはいえ微妙です。
いなければ盗賊が心配ですが(財産を守るためには居た方が良い)、生活物資を運ぶ人が敬遠中。

放射能は今は全然大丈夫ですが、これらの観点から、出来れば財産を持って出た方が、
公的機関への負担が減ります。私としては「もしの場合」救いに行く人が必要になる等々、
残られていると、いざという時に都合が悪いと思います。
健康よりも、そっちの問題で南相馬市のご両親を連れ出すようアドバイスしてやって下さい。

但し、避難区域と違って全部やってもらえませんので、寧ろ損を被ってしまう気になりますが、
せっかくだから遊んでくださいとお伝えを。仕事場がある人、危険物管理の人、困ってるようですね。

地元選出の国会議員に「中途半端なら屋内退避を解除しろ」か「寧ろ制限してくれ」とご意見を。
その為に高給を得ている人たちなので。私は前にこの提案を書いていますが難しいです。

屋内退避で操業できないなどの損害があった場合、訴訟になると思います。
過去記事にあるMさん(裁判官)が仰られてましたが、裁判所も恐ろしく忙しくなるはずです。

TV、見られていますか? 最近はようやく、「現場で働く人の過酷な状況」が
取り上げられるようになって来ました。無理をせず、(と言うこと自体が無理でしょうが)
適宜休養をとられつつお仕事されて、いつか普通に息抜きサイトの管理人に戻られる日を待ち望んでいます。

残念ながらTVはいまだ見れていません。時が経つにつれて、忙しさが増しています。悲しいです。
原発による混乱遅れや的確な判断が失敗し問題解決の時間が引き延ばされてるように感じます。
早期発見、早期治療は全てにおいて当てはまるんですよね。

あ、しまった、Iさんの所属の機関というかハンドルネームがバレます?
でも今は逆にお名前を出されて良いと思うんですが、直後にご提案を頂いたことは忘れておりません。
各ジャンルのプロフェッショナルが知恵を出し合うのが一番ですからね。

私はノーテンキになれるか心配です。

さて、ラストは「対策本部からの中継です」でお馴染みだったモニターご担当の研究者さん。
お互い大変だけど頑張ろうというねぎらいです。
前にも書きましたが旧知の間柄ゆえ、気楽な文章表現があります。念のため。

福島方面の対策本部Sです

まずは無事に〜になられたようで何よりです。
ご対処、ありがとうございます。本当にお疲れ様でした。
また、ピンスポットの点では情報ありがとうございました。

こちらは教えていただいた点もあわせて、
ホットピンピンポイントの件が片付きつつある中、
風評過の真っ只中に突入してしまいました。

農業・漁業はすでに報道にあがっているところですが、
今後、工業製品にも必ず及ぶところであろうことを踏まえ、
私のほうも、日々のモニタリングとデータ整理を行いつついます。

そして、本来業務の企業の技術サポートという点において、
今後の復旧のためのサポートとして、
製品出荷の際のスクリーニングについても、
情報収集と手法案の作成に頭を悩ませているところです。

このような場合、国が、行政が・・・というのは常套文句ですが、
おそらくはそれを待っては、手遅れ。

公的機関の看板や、IAEAあたりの指針、などで信頼にたる根拠を示し、
かつ、今できる手段を模索してゆかなくてはならないでしょう。

ところで放射線がらみということでさらに個人的興味で調べていたのですが、
身近に普通にある物においても、放射性物質は無縁というわけではなかったもよう。
夜光塗料ですら、放射性同位体の元素種や線種により、
使える放射性物質量の規制値が異なるなど、ややこしいです。
規制前のとなるといやはや、どうなっていることやら。

風評過の中にいる身としては、昔から流行った物で現在もそこかしこにあるアレ、
良くトリチウム入りの*****など身につけれるものだと、
感心しきりでございます、しょんぼり

原発のほうも収束まではまだ期間がかかりそうですし、
まだまだ、楽はさせてもらえないようです。
壊れない程度にもうヒトがんばりさせていただくことにいたします。

まずはゆっくりお休みいただけますようお願いいたします。

例によりまして、乱文乱筆ご容赦ください。

こちらこそ、ありがとうございました。お互いに死なない程度に頑張りましょう。

しかし、風評被害であった放射性物質ですが、それを遥かに超え備えている製品が全世界にあり、
しかも日常的に身に着けてるのに、そういう高額ブランド品には気にもせず、
洗えば全然大丈夫な野菜達が敬遠される現状。
まったく、報道の使命とか会見の重要性とか、どうなってるのかと色々と考えてしまいますね。

命を救えるかどうかの危機の初動(例:私みたいな立場)さえ終われば、
読者の皆さんは、物事を簡単に思えば良いと思う。判断もゆっくりでかまいません。
この世の中、複雑に見えて簡単なんです。次はお金の問題が出てくるだけですからね。

あとの復興は、政治家や役所の上層部、そして大企業の上層部の方々の出番です
普段から支持されてるのだから、的確な指導力を発揮していただきたいもの。

そうそう、やっと名前が決まったそうですね。東日本大震災とのこと。
今、中部以北、東日本で無関係な筈の地震が頻発して、まさに日本を粉々にしようとしているみたい。
連鎖的に地殻に刺激を与えまくり、非常にストレスの掛かってる状態のままですね。
地震を起こすプレートがそれぞれ関係ないと地震学者は言うけど、
双方のプレートが連鎖してるのは物理学をすれば想像してしまうもの。

多忙により更新できない状況ですが、質問が多かった部分の回答を優先的に紹介しました。

何はともあれ、ギリギリの時に的確な判断が出来る人材を増やして欲しいと望んでいます。
今回、これだけは痛感しました。何人救えなかっただろうか、振り返ると私は大変凹みます。


戻る     〜現場〜TOP     次へ