その9「縦と横の繋がり」2011年3月23日

当方もサブサイトのおかげで風評を垂れ流すサイトと思われていて、
どうして真贋が内容から判らないのか?その事に憮然とする作者でした。それはいずれまた。
現場の救助合間に書いて編集しているので、読みにくいのはご容赦下さい。

<現場では、横の繋がりで四苦八苦していた>

前に予告した原発の現場である福島、当時(メルトダウン危機の当日)から何に悩んで、
恐れているか紹介しましょう。混乱が起きながら右往左往させられながらも、
放射能対策に頑張っている努力の姿が浮き彫りに。

今は福島県にて放射線モニタリングに従事されていらっしゃいます。研究者。
TVで初期の頃にワイワイガヤガヤの「対策本部前から中継です〜」でお馴染みでしょうか。

出てくるポイント32については過去記事を参照下さい。あまりにも連絡が来ずに怒っていたものです。
サイトでアップする前にポイント32を聞いていたので、その返事(調べに行けない事情)に触れられてます。
WHOがわざわざ「20km圏内なら大丈夫」と広報した、他国の「80km避難勧告」の原因ポイントの件。

また別人の読者・松本さんによりますと、今はポイント31やポイント33へ移動し、
計測機関は文部科学省から今は代わったそうです。(今は私の手を離れています。)

▼18日の時点ですでに風評被害の心配がされている。その後、予想通りになってしまった現実。


線量率モニタリング

以前、〜〜させていただきました福島県方面の対策担当のXXです

今回は、福島県での原子力発電所事故に
ご対応していただきありがとうございます
心より御礼申し上げます

私も一公僕としてボーダーライン上の自治体でモニタリングに従事しており、
事の重大さと、ここしばらくの事態の趨勢が今後地域に与える影響については
ひしひしと肌に感じております

そのような中、心無い〜につきましては
おそらくお怒りを抑えられないものと推察いたします。一員として、お詫びさせていただきます

さて、おっしゃられるとおり今後は事態をうまく軟着陸させる地点を
模索することになるとは思います。そのような中、個人的には、
生半可な根拠の有る事態の風評の発生とその被害を心配しているところでもあります

具体的にはすでに被曝を受けている地域からの動物(特に鳥類の飛来)、
他動物による捕食で管理区域外でのホットスポットの発生。
拡散…これを非常に憂慮しているところです

現在私も業務の合間に放射線関連の専門論文等で調べているところですが
なかなかこのような事例については記載が無いのが困りものです

ご懸念のポイント32のホットスポットについては
福島県の行っておりますモニタリング数値および
文部省などで公開されている数値以外の情報は入っておらず
また、いわきからはそちらに調査に行くこともできない状況です。

ご期待に沿えず申し訳ありません。
私の測定したデータから得られる情報としては

・いわき地方ではモニタリングが3/14の8時から開始

・第一原発での何かしらの事変後に放射線の変異が観察されるのは大体20時間後

・最初の一号炉の水素爆発による空間線量率の変化は2日後の測定開始時に
 0.05マイクロSv以下の増加ときわめて微弱

・いわきに比べて、いい伊達や福島方面の数値は大きい

というくらいいしかありません。
あとは、福島県内の阿武隈山系ではモナザイトというトリウム含有鉱物が採掘され
石川郡(郡山市の南南東)三春町(郡山市の東)で放射能泉がある
ということくらいでしょうか

また、私の言うホットスポットというのは、ポイント32とはまた別の話になります
(一応、このホットピンポイントの話は機密情報ということでお願いします)

私は線量率モニタリングに就いてから、ずっと積算線量計を身に帯びているのですが
これが通勤中の徒歩1分以内のあいだに54マイクロSvの上昇を示した事例に起こります
真実ならば、きわめて狭い範囲にきわめて強い線源が存在することになります。

この事例については、

・真っ先に機器の誤作動を疑い

・半導体型の線量計+サーベイメータ+電離箱式の線量計の三種三台で現地を集中調査し、

・異常がないことを確かめ

・さらに、時間をずらしての再確認を経て、

多方面からの分析を試みた結果、問題なし、との結論に至っております。
今までは調べなかっただけで、風説の流布となる材料が元々日本全体にはあるという事でしょうか

(私のつけている線量計が流通の途絶により専用電池が手当てできず
自作の外部電源パックを使用しているのも原因かもしれませんし
安全性という点では、過剰カウントは機器の用件として適当ではあります)

で、この事例を受けこのようなホットなピンポイントの発生する原因としては
被爆した鳥類の移動くらいしか思い浮かばなかったというのが一連の流れ、背景となります。
しかし、異常値発生の一回ごとに潰していくので、なかなか大変な作業です。

もしこれが真実であったなら半径40キロ地点において、ホットピンポイントの発生が確認
動物(死体)に触らない旨の広報、実質的な汚染や避難の範囲の拡大など
非常に胃の痛い話になるところと考えられます。

その後も、線量計は欠かさず身につけて散歩していますが
また出たらどうするかと、身も心も磨り減ります。

さておきまして
まず、お体を大事にしていただけますよう
よろしくお願いいたします

乱文・乱筆、失礼いたします

追伸

あ、今日は給料日でした
確認できなし、下ろせない、お店も開いてない、物もないです。


ポイント32が移動?

お忙しいのにありがとうございます!松本です。ポイント32気になって発表を見ていたのですが、
最初見たページは確かになくなってますが、現在文科省の別のページに一応載ってます。

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303747.htm(文科省)

プレス発表資料なので、gooの地震関連のページで
過去のものがPDFファイルで残ってました。
http://news.goo.ne.jp/feature/tohokuearthquake/(プレス発表資料PDFファイル)

で、見てて気付いたのですが、測定者が3月21日10:00発表までは文科省だったのに、
その後日本原子力研究開発機構に変わり、その後警察(NBC対策部隊)になっていました。

しかも、21日21:00発表では

ポイント32の値は61.0に下がっているものの、
ポイント33は110.0、
ポイント31は66.0に上がっています。

いずれもNBC部隊測定ですね。この辺はあまり探らない方がいいのですかね?
もう事情もご存知かと思いますが、一応お知らせまで。


オマケ:以前に出したスペインの旧知人より

Dear Dr.Makoto Sakuma.

I'm glad you are well.
If you need anything from Spain, and is in my hand, do not hesitate to ask.
And if you and your family need to leave the country
and spend time in Spain please tell me you will be welcome at my house.

Greetings.

Jos

私同様、現場での実務者というのは非常に厳しく、幅広い知識で真摯に対応しています。
それが上手く伝わらないのがTVや政治の会見…という感じ。
そもそも現在進行形で被災地や原発も心配なんですが、報道すべき事を24時間流す局がないものか。

また、長く読まれている読者さんらのメールも選抜して転載・紹介します。
必ずこの場(または先の特集ページ)にてアップしますので、少し経ってからご確認下さい。
多数の激励、応援、ありがとうございました。レスは困難ですが、こういう事が励みになりますね。

⇒急務の多忙につきアップは未定です。出来なかったらゴメンナサイ。

あと「管理人、回を追うごとに変になってないか?」という意見がありましたが、
その通り、やっと自覚できました。まったく気づかず来ていました。
キャリアが相当あるにも関わらず、お恥ずかしい。といいますか、普段の方が変です。

救助系というのは、時が経つにつれて特におかしくなっていくもので、
別に緊急救急救助じゃなくても、普通の仕事でも休む暇なく連続勤務してれば同じ。
判断が遅れるようになったら指揮官を交代させるルールがあるのは、能力ではなくこの為。
プルトニウムの致死量を被曝しても脳には来ません。誤解なきよう。

=これは千葉市川の石油コンビナート爆発瞬間。

撮影者さんによりますと「世界が終わったか?」。映画みたいだが現実に起きたこと。
一斉にブレーキを踏むドライバー全員。Uターンしようか、撮影しようか、混乱のスタートです。

<今後のTV報道などのタイムスケジュール予測>

太字は私の専門分野や研究=各運営サイトはその一般ネタが楽しめます。
あと、私がこういう災害に適しているというのは『運営サイト全て』が下記の通り当てはまります。
やっと理解してもらえるかな?どうしてジャンル違いのサイトが作れるのかと。何でも屋の本来の姿です。
だいたい以下の感じで進んで行くと思いますが、原発などの状況変化によっては一部繰り返すでしょう。

地震&津波という大災害発生=広域危機管理、救急救命、治療
     ↓
ご遺体の撮影について、そぐわない場合は控えて頂くように(TV自主規制、雑誌は?)。
     ↓
原子力発電所メルトダウン=国際的調整
     ↓
メルトダウン防止の緊急冷却のため海水の投入、海水放水(真水ではない)←書いてる今はこの段階です。
     ↓
海水で起きる周辺機器の塩害の対策海水などのそれを使った研究
     ↓
淡水循環や真水の放水にて徐々に塩類を除去
     ↓
被曝治療、特に遺伝子を変異させる放射線量では造血幹細胞移植が最優先か。
     ↓
周辺の海域や大気汚染=潮流、魚介類、鳥類などでの移動
     ↓
買い占めなどによる低体温症・薬剤不足などの4次災害
     ↓
有名人の貢献など、被災地復興を中心に報道
     ↓
動物報道で国民の癒し。ペットの感動秘話など。
     ↓
避難者の感染症、疾病の重病化など諸問題が発生、インフルエンザ予防方法など啓発。
     ↓
トイレに使う浄化槽(濾過槽の巨大版)の設置作業は報道されないが重要な施設だ。
     ↓
大気&海洋に流出した(安定まで長期間必要な)放射性物質の世界的問題は避けられない。
     ↓
地球温暖化(本当は気象めちゃめちゃ化)の加速は避けられない。これをどうするか。
     ↓
放射能水塊は海流方向計測不能、濃度予測不能のため、原発から命をかけても流出させないこと。
     ↓
避難地域を越える場所では(大気による)汚染が別に恐ろしくないことを啓発報道
     ↓
有名人の訃報など行方不明者の追跡
     ↓
デマによる避難者の空き巣被害の報告
     ↓
被災地での空き巣・盗難=小型である高級時計などの盗難先追跡
     ↓
デマの中で団体が行った所を中心に捜査
     ↓
訴訟・裁判ラッシュ。
     ↓
政治やTVマスコミの有り方の問題点議論
     ↓
未公開映像などの災害特集

体内(内部)被曝の場合ですら、セシウムや放射性ヨウ素は半月から3ヶ月で体から出て行く。
ラドンは直ぐに出て行く、プルトニウムは肺直撃…など具体的に蓄積が難しいことを説明。

ヨウ素といっても体に害のある放射性ヨウ素と無害のヨウ素(治療薬)があるし、
セシウムでも安定するのが早いものと30年と長いものがある。問題視するのは安定化が30年の長いヤツ。
お手上げのプルトニウムが1万年とかの話をしても、すぐに一般の方々が理解できるだろうか?
この辺は、普段やってないツケと思えるので、説明しても混乱を増すだけだろう。

大きな船を借り切って、休業となった大企業の自宅待機社員を被災地に送る(給料は政府が出す)など、
人員に限りがあるので、国民全体が参加できるような対策をするのが早く収める、復興させる策だろう。


2011年3月25日 現場から〜その10:縦と横の繋がり(2)

★これから数日間はメールではなく急務用PHSのみになります。

前回から今回までは時間がなく、メールも更新も身内への電話も出来ずにいました。
さて、色々と起きていますが、難解な事柄を淡々と解説していきましょう。

とうとう死亡行方不明は27000人を超えてしまいました。

当初10万人〜20万人規模の大災害が初動成功して減ってよかったという記述をしていますが、
どうやら、そういう規模であるという認識がなかったのか、
原発事故初動などでも報告が遅いミスなどがあって災害救助全体へブレーキをかけたことを聞くに及び、
とにかく怒っていたのが過去のメイン理由でした(被災者の代弁という感じです)。

さて、そんな状況の中、ネットならではの共有。デマの共有ではありません。
憎むべきは震災であり大津波なので、政治とか大企業とか報道とか敵対するのは後で良い。
前回登場の福島県対策本部の方の続き情報、また東北エリアの裁判官さんからのやり取りを、
特定できないように校正してますが紹介しましょう。

お二方とも旧知の間柄ゆえ私信っぽい表現が入っていますがご了承を。


福島方面対策担当のXXです。お体のほうは大丈夫ですか?

私はだんだんと仕事の効率があがってきているように感じ始めているころです
そろそろ、意図的に手綱を緩めないとまずいですね
今日はトリスでも飲んで寝ましょうかね

さて、上層部は自分の知らないところで実務担当者がものをいうのは非常に快く思わないので
そのうち、クレームや問い合わせがくるのかもしれません
作者注:守秘義務がありますのでいつも通り大丈夫です。墓まで持って行くのがルールですから)

機器の誤作動かもしれないという件は現場職員のみの確認で不十分と思われますが、
もう、この状況下では逆に隠すことによる問題のほうが大きくなりそうで、考え物ですね。
一応、間違いの出ない手法での確認を取ってはいるので
様子を見るしかないと思われます

さて、別件ですが

昨日今日と、今度は水道水の汚染の話が出てまいりました
思うところがあり、ラジウム温泉やラドン温泉といった放射能泉と比較してみたのですが
温泉法では放射能泉はラドンで約74ベクレル/kg以上
ラジウムなら鉱泉分析手法により約111ベクレル/kg以上ないと
その旨の表記ができないとあり
有名どころ(島根の三朝など)では数百マッヘ(数千ベクレル/kg)程度の放射能を
有しているところもあるようです

…が、

岡山大学温泉研究所報告第56号1−4頁によると染色体が退場の頻度が他地域に比べて高いものの
悪性腫瘍による死亡比率が高い事実はないとのことですので
α崩壊のラドンと、β崩壊のヨウ素
体内残留半減期の違いなど、いろいろ差はあるものの
そんなに大騒ぎすることではないのでは?と思います

むしろ、今までろくに計ってこなかったから計ったら出ちゃったんで、
びっくりということではないでしょうか?

おっしゃるとおり、やはり身近な例で示したほうが皆わかってくださると思います
あとは、数値だけではなく機械ではなく、人がきちんと測定している
ということが見えたほうが、やはり人は安心するものだと思います

このあたりは、今後検討していかなければならないとおもっております

本当に体にはお気をつけください

本日もまた、一気書きの乱筆をお許しくださいませ
それでは


 ご無沙汰いたしております、以前幾たびかお世話を頂きましたXX(裁判官)でございます。

 このたびもまた大変なご様子、お察しいたします。
 とはいえ、当方の想像など及びもつかない状況に身を置いていらっしゃるのでしょうけれど。

 さて、件のポイント32やポイント33の線量測定の結果なのですが。
 ポイント32については、21日には90、22日と23日は75
 (いずれも原子力機構測定。なお、21日の原子力機構測定の30分前の警察測定では61)と、
 100を切って来ておりますが、ポイント33については、何ともいいがたいところがあります。
 
 というのも、ポイント33についてはこの3日間、原子力機構と警察がそれぞれ測定しているのですが、
 21日は、警察測定で110を出した5分後の原子力機構測定で45、
 22日は、警察測定で95が出た約2時間後の原子力機構測定で40、
 23日は、警察測定で103になった約3時間後の原子力機構測定で35と、
 数値が大きく違っているのです。

 測定の場所が微妙に違うのか機器や手法に相違があるのかは分かりませんが、
 これだけ数値上の差が出ると、データとして直ちに同列には扱えないようにも思います
 (なお、数値の単位はいずれもマイクロSv/h)。
 ちなみに、上記の数値は文科省のサイトで公開はされていますが、公開されているだけです。

 その他雑感。

 さすがにNHK総合は現在でもほぼ24時間震災、津波災害、原発関連のニュースや
 番組を流し続けていますが、それでも連続テレビ小説と高校野球は放送するようです
 (高校野球は教育に相当シフトするようですが)。
 民放はかなり通常番組ですね。CSは地震直後も(ニュースチャンネル等以外は)通常番組でしたが。
 

 避難所によっては燃料を含めた物資が危機的状況だというのは報道されていますけれども、
 報道には余り出て来ないところで、未だ避難所にすら辿り着いていない人々がいるようだとか、、
 
 避難後に亡くなった方が多数出ているけれども、その中には栄養不足で亡くなった小児や
 救助後の低体温から回復できなかった方もいるようだとか、
 回収が間に合わないご遺体が多数あるのは勿論、原発近くだと回収作業自体できないとか、
 気が滅入る情報が多々流れております。

 行方不明者の数にしたところで、誰かが届け出なければカウントされないわけで、
 端的に言えば、一家そろって流されてしまい、届け出る縁者がいなければ、
 数えてすらもらえないという現実はあまり気づかれていないようです。
 

 あまり知られていないといえば、東京電力って、そのサービスエリア内に原発を持っていないのですね。
 東海は日本原子力発電ですし。東京電力が持っているのは福島と柏崎で、
 青森の東通にも建設中だけれども、いずれも東北電力の地域で。
 
 東通なんて青森市より北(北のはずれと唄われた竜飛崎と同じくらい北)
 で、東北電力の1号炉が稼働していますが、そこから半径10kmで円を書くと下北半島が分断され、
 半径20kmで円を書くとむつ市にさしかかり、
 半径30kmで円を書くと恐山もその中に入ってしまうということで、
 近辺の防災担当者が頭を抱えているようです

 それにしても、被災地や原発の近くで活動されていらっしゃる多くの方々のことを思うと
 正直涙が出ます。ただ、うまくケアしていかないと、
 過労やその他諸々で心身に変調を来す方が多く出るのではないかと不安です。
 
 くれぐれも御身御大切になされますよう。

 当方の業種はある程度落ち着いてから出番が来るのですけれども、
 その予想される業務量の膨大さは阪神淡路の震災を超えるのですが、
 その辺りは、またいずれ機会がございましたら。

 皆様のご無事をお祈りしつつ。

             XX XX(裁判官)


はじめまして。
私は相馬市在住の者です。
以前から先生のサイトをUMA関係で拝見しておりました。

先生が今福島で原発の情報を発信して下さっている事に心から感謝しております。
屋内退避ラインギリギリに生活する私達にとっては信用できる情報こそが何より嬉しいです。

激務でお疲れのところにこんなメールを突然送りつけて、大変申し訳ありません。
ただ、どうしても御礼を申し上げたかったもので。
ご容赦ください。

本当に有難うございます。


福島県相馬市在住 国谷


はじめまして。千葉在住の石井と申します。
突然のメール、また大変過酷な状況で働いていらっしゃる時に失礼します。

私はここ10年、さくま先生の様々なHPをずっと拝見させて頂いている者です。

さくま先生の大変わかりやすい説明、ギャグにいつも笑いながら勉強させてもらっています。

さくま先生がいわき市に救助活動に赴いてらっしゃる事を知って、
大変失礼ながらメールを送らせて頂きたいと思いました。


なんて言ったらいいかわかりませんが、さくま先生の無事を祈っています。
そしてもちろん犠牲者、生活困難者の方がこれ以上、増えない事も。

さくま先生の1ファンとして、先生がどうか心身共に
ご無事で帰ってきて下さる事を願っています。

先生のHPで勉強させていただいた事は私の宝の一つです。
そして、これからも先生のHPで色々 勉強させて頂きたいです。


大変過酷な状況で尽力されている中での突然のメール、大変失礼しました。

変なファンの暴走としてお笑いください。(笑) 
もちろんHPで書かれていたようにレスは結構です。


重ねて、
被災者、そして さくま先生を含めた救助隊や原発で尽力されている方々に
これ以上の被害が出ない事を祈っています。


乱筆、乱文そして大変失礼なメール、ご容赦ください。

ありがとうございます。後半のお二方は…UMAは出されるとお恥ずかしい(汗
あそこは科学遊びの位置づけですから。信頼を一気に落とすサイトバレを一番恐れていたり。

他の被災者の方々のご意見や現場情報など多々ありますが、
いつものように最後にまとめてアップします。校正しますのでご安心を。
(但し、分量が毎回多いので出来ない可能性があります。)

初めてさんが多くなって来てますので、なぜ変な趣味サイトの管理人である私のところで、
こういう記事を載せているかと言うと、過去ログとかプロフィールとか読んでくだされば。←手抜きです。
ただ変な先入観は捨て去って欲しいです。アップしている文は数日前です。
一服できる時にネットにつないでアップしているので、時差が発生しています。

今やってる原発事故の作業が失敗したら?

原子炉一機が圧力で破裂した場合(水蒸気爆発)、放射性物質が飛散する。
屋内に溜まる水素爆発ではないです。紛らわしいけどご注意下さい。
一昨日(23日)も昨日(24日)も危機だったんですが…

どれか1機だけで他の原子炉作業は困難になる。基本的に不可能と思って良い。
他の炉が暴走しても近寄れず防げないので、連鎖的に破裂していく。
核爆発はないが、軽度メルトダウンの高温高圧になって爆発(爆裂)だって相当怖いのですけど、
下記は原子炉爆発の場合です。これを防ごうとしているのが今の作業です。注:ひび割れ程度ではない。
ちなみにアメリカ規格の原子炉なので、そこから教えてもらってます。

・破裂した場合は避難地域20km以遠は当座大丈夫。
 従って20km〜30kmの屋内退避は中途半端なので、いっそ避難地域にするか、取り消しすることが望ましい。

・破裂速報後、風向きなどの条件が示され、その後、逃げる時間は充分にあります。

・現場作業員達は致死量を浴びて全員死亡する(生存期間は1日〜1週間)。全員覚悟の上でしょう。

半径200kmの海域が汚染される。#避難の20km、移住できない50kmではない。
 湖の躍層のように海でも温度と濃度で海流は拡散・混ざりにくい。そうすると推測しにくく流れていく。
 表層や下層では流れ方が違うし、深層水なんてのもある。1000m以深が海水域面積の約88%と広大なこと。
 海水は地球表面の水分の99%を占めています。我々の飲み水、湖や池や川などの淡水はたったの1%。
 ゆえに地上よりも広大に仕切らねばなりません。漁業が壊滅するというのはイメージではなく根拠がある。

・放射線は海水で吸収されるが、放射性物質はエリア内の環境を完全に破壊する。

・プランクトンやエビなど魚介類の食物連鎖が根底から破壊される。

・漁業など海洋資源を利用できないのは無論のこと、海水浴など海岸で遊ぶことも当然禁止。

・長年続くが期間は人類未経験のため予測不能である。確か燃料は広島型原爆の1000倍だったかな。

・東日本が分断される(福島に半径50kmの空間がぽっかり出来る)。

・移住が5年間以上出来ない範囲は改めて設定されるが50km以内にはしないと思う。

・放射性物質を取り込む細菌がロシアで発見されているので、その応用研究スタート。

・地球温暖化(本当は気象めちゃめちゃ化)加速。温暖化と勘違いしてる国民啓発は今更困難。

これを防ごうと現在進行形で深刻なのに、報道は今の「なんとか成功状態」で平和っぽいですよね。
テロの場合の日常生活の破壊を防御する対応と、災害での対応の違いを勘違いしているかもしれません。
前に書いたマスコミの話は「復興を中心に撮るように」という指示なんだそうで、なんだか早くないかな。

深刻じゃないもので買い占めとかある反面、本当に深刻なものが「大丈夫」とか変ですし、
余震の深度5とか「またか」だし、感覚を気づかずにマヒさせているのじゃないかと思ったりする。
地震が来たら机の下にもぐれといってるTVが、棚を押さえたり電話をかけ始めたりのスタッフ画ばかり。
相変わらずですが、それはソレ、誤解せずに机の下にもぐりましょう。救助の際その空間は重要です。

とりあえず今回収されているご遺体は外見で判別できません。歯形のカルテ資料は流されてます。
DNA鑑定も数が多くてどうすればいいのか。一家全員であればDNA鑑定をしても家系は不明。
そもそも最初に東電が「大丈夫」と言っていたのを鵜呑みにしたのが口惜しい。
避難命令の地域は広大で、そこは救助やご遺体回収の手が一切入ってないのだから。
目の前のことを早く収める事。遅ければ遅いほど収拾は長くなる。基本を胸に抱き、現場作業は続く。

昔、国民を平和ボケにしておくのが良いという意見も(冗談からか)あったようだけど、
疑心暗鬼ばかりで評論家を大量生産、実務が出来ない世界になってしまったのでは?
放射能を詳しく解説するのは普段すべきことで、どうして今になってやるのかな。
素人判断をさせたいのか?普通はプロに任せるものでは。
放射線に不安になってイソジンとか飲む人が出てきたし、副作用のあるヨウ素剤を多量に飲む弊害。
水を飲まずに脱水症状の方が病気に影響があるんじゃないかと思われます。

役割分担…前回紹介した松本さんが「私は教育でやります」というのは素晴らしい意味汲み取り。

3号機の原子炉に何らかの漏洩があったのは皆さんご存知かな?よりによって3号機です。
意味が解からない人はもういらっしゃらないと思うけど、なんなら語句検索をどうぞ。
命がけとか深刻だという意味が、よりいっそう解かるかと思いますが、
放射線被曝をしたのは東電社員じゃないのに誰なのか?隠すのは隠蔽イメージが再燃するのでは。心配。

すでに軽度メルトダウンの原子炉破壊を起こしていた場合、数字と照らし合わせて避難拡大させますが、
作業員が入っている段階で水蒸気爆発の大規模漏洩はしていないと解釈するのが妥当でしょう。

ただ、プルトニウムを計測できる機器って多かったっけ。放射性ヨウ素やセシウムの話ばかりだけど、
本当はプルトニウムを計測できてないだけじゃないだろうか。最も肺に直撃、蓄積する放射性物質なのに。
中部電力に機器を借りてないのかな?いや、そんなことまで不安に感じてはいけないな。

何はともあれ、どうして私が解説などしているのか、時々非常に自己嫌悪で凹みます。


<個人的な雑感>

ホロコーストを防いだ実務は成功 初動の光と影

当初、東京電力は「社員を撤退させたい」と言ったのに菅首相は駄目だと却下した。
一方、原子力安全保安院は避難地域まで撤退していたのも周知の通り。
菅首相の良い叱咤激励の判断に見えたが、社員を撤退させたいと言った東電の判断が正解で、
「手に負えないのです」という意味だったとしたら?保安院が避難を実行していたのが気になる。

航空自衛隊の拠点である小牧空港(旧:名古屋空港)から、波を被って故障した原発用の電源モーターの代替、
つまり新品のものが空輸された。覚えてるでしょうか?地震発生後の多分2日目か3日目か。
スムーズに到着したものの、規格があわずに使えなかった顛末。お笑いではありません。

これは”古い第一原発に充分な知識を持つ人間が、すでに退社して即判断できないのでは?”と推測できる。
古い原発だから、新しい規格に精通してる優秀な人でも、古い知識があるとはいえない。

また周辺機器が破壊されて使いたくても使えないのであれば、期待させて時間を無駄にさせてはいけない。
もしウッカリ・ミスであれば、さっさとアメリカかフランスに指揮を任すべきだったと思う。繰り返すから。

「手に負えないのです」であれば、放水で緊急冷却する時間稼ぎで放射性物質が流れ出しても、
メルトダウンを臨界になるのを防ぐのが先決と理解が得れた。多少飛散するけど大丈夫だと。危険なら指示と。
アメリカやフランスの指揮に任せる理屈も、国民に買い占めではなく半径20km以遠は大丈夫と説得できたし、
時間が経てば徐々に避難を広げる指示をしますから従って下さいとも言えたし国民は従ってくれただろう

正直なところ、最初の1号爆発、3号爆発の映像は酷いもの。あれで安全というのは無理だろう。
「これは大変だ、世界的な壊滅になってしまう、一致団結して破滅を防ぐぞ」と命を賭ける人々を、広報を、
そして今幸運にも水蒸気爆発を回避し、今の段階で済んでいることがあれば、日本の奇跡的な努力と能力として、
東電の株価が下がるどころじゃなく世界中が学んでくれ尊敬してくれた筈

ほぼ確実に起きたであろうメルトダウン水蒸気爆発を防げたんだよ!?

なんで、今こうなってるのかなぁ。情報経路のどこが捻じ曲げてるのか。無知なら足を引っ張らないで欲しい。
私にもクレームが多々来ていたのを思い出す。いったい誰にクレームを送っているのか、情けなくて悲しくなる。
読みもせずに決め付けるのなら知らない第三者に読者代表のように「あこそはダメ」とか下さないで欲しい。
10年以上前からの読者と今日知った読者じゃ全然読み方が違うでしょ

もうひとつ。東電社員より精通している筈の技術者(協力会社)が長靴をはかずに被曝したって件、
普通に信じられないでしょう。こういった変な会見は背後の人材不足を露にしているのではないか。
救助現場を経験した人間にはお金をいらない(買収されない)正義感のある人間がいる。
しかしシッポ切りされる。私の不安は未だに拭えない。

管首相が最初の大災害の視察に出た時のこと。
そのせいで原子力発電所のベント(空中に放出し圧力下げ)を遅らせたと聞いた。
現在の状況に至った原因を作ったと自民党が国会で詰め寄ったという。

肩を持つわけではないが、首相が大災害の視察に出るのは普通のこと。どんな首相でも一緒。
民主、自民だろうが公明だろうが首相ならやってたはず。今後どうなるか実務なんか知らないんだから。

問題は現場の長。何回も何回も早くベントしなければメルトダウンで危険だと説得しなかったのか?
断られ、却下されても、危険性を知っているのは現場だけでしょ。何回も繰り返す事です。
首相や大臣や社長に沢山の人を救うためと説得を繰り返せばいいだけ。

原発のせいで全体の対処が遅れるのは分かってたはずだ。
警告を無視してくるなら、首相ヘリを無視してベントすべきだった。これが危機管理の基本中の基本です。
(大袈裟な表現で実際出来ないでしょうが、それぐらいの心構えで真剣に取り組むというのが重要ということ)

責められてもいいじゃないか。それで何倍もの人が助るんだから。たとえクビになっても心は救われる。
私のように普通に細々と生活できるし、欧米のどこかが拾ってくれるもの。

今じゃ「首相ヘリを狙ってベントしろ」などと言われても好いぐらい状況が変わってしまった。
現場の実務において実際に救っていたのは政府でも保安院でも東電でもない。
協力会社=下請け企業というイメージではなく、表に出ないがそれだけは覚えておいた方がいいと思います。

ここを読まれている現場の方々へ。生命や生活を左右する判断が発生した時、
正確な知識のあるものがリーダーやキーマンを説得するよう、それを頑張るよう、エールを送ります。

ご注意:私は政治・宗教・財界・大企業とは無関係、実務者としての視点です。
お立場によってはお怒りになられるかもしれません。第三者としての視点としてお許し下さい。
本章に書いていますが、職務の守秘上マスコミの取材はお受けできません。



実は、キーボードもスムーズに打てなくなってしまって、いまだ職務継続中につき、
無事に帰宅できればメールをアップします。レスは物理的に無理ですが、有難うございました。
風呂、2週間入ってないです(笑


戻る     〜現場〜TOP     次へ