1/10


救助した方が生存され、数か月後に当方を探されているニュースも。

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)〜現場から〜

地震発生30分後にアップ

その1「緊急スケジュール報告」2011年3月11日

私は出先から呼び戻され、救急の緊急出動となりました。
各所、大変な状態になりそうだけど、余震に気をつけてね。

救急手当ての方法は、傷口を押さえる(縛るのは相当大きな傷のみ)。これのみ注意。
専門知識のある救助者が来るまで、なんとか耐えましょう。

岩に挟まれた人がいたら(そして時間が経っていたら)、
押さえられた部署にたまるカリウムでショック死することも。
この場合だけは体側の部位を縛ります。

救急車が呼べない(携帯が入らない)野外での怪我や毒の対処

追記:リンク先は全て私のサブサイト内記事。(グロ写真があるので注意。by読者さん忠告)

 
体を冷やすな!!!

海と同じ様にジェットスキーで沖へ行ったりして泳ぎ、上層に張り出してきた冷水塊(躍層)に触れて
筋肉が麻痺して溺れる事が多いです。低体温症もある。

湖と海は似ていますが違うところも多くあり、ちょっと悪い事になる場合があります。
日本最大の琵琶湖ですが、毎年25〜30名が亡くなります。
すこし多いと思いませんか?あなたの近所の海水浴場ではどれぐらい?

友人知人にも教えてあげてくださいネ!

心臓マヒ=冷たくなった血流が心臓に入ると心臓マヒ。この場合は溺れる。

ショック=鼻から水を吸い込むと体の動きが止まって溺れる事もある(浅いプール、浅い川など)。

低体温症=冷水に体が触れていると、どんどん体温が奪われて最後には死亡する。
初期は、唇や体の震えが止まらず、握力もなく物が握れなくなる。経験有る人もいると思う。
内蔵まで冷たくなる数十分で死亡。空気中より冷えるのが早いです。

冷たい水に投げ出されたら、なるべく体を水から上げること。
(船の沈没などでは、冷水の場合は特に、濡れていても浮遊ドアなどによじ登る事)


低体温症を防げ〜実例〜

(奥の院・候補その3)


船の沈没で冷たい海に投げ出された人々、20分ほどでバタバタと死亡していく。
ある者は冷たくなった血流が心臓に入って心臓マヒ。ある者は冷水が手足の筋肉をを冷たくし、
この場合は溺れた。鼻から海水を吸い込んで体の動きが止まり溺れた人もいた。

殆どの人が低体温症だった。冷水に体が触れていると、どんどん体温が奪われて死亡する。
初期は唇や体の震えが止まらず、握力もなく物が握れなくなる。似た経験のある人もいると思う。
内蔵まで冷たくなる数十分〜20分で死亡。空気中より冷水中の方が、体が冷えるのは早い。
冷たい水に投げ出されたら、なるべく体を水から上げること。
つまり、船の沈没では、濡れていても浮遊ドアなどによじ登る事だ。

2時間後、近くを通りかかった客船が救助船を出し生き残った人を捜索、その中で2名が生き残っていた。
その二人の内一人は、浮遊していたドアによじ登って低体温症のスピードが遅れて間に合った。
驚愕なのがもう一人。体はどっぷりと水に浸かっていたのに、なぜか助かった。不思議な人である。

医学的検査の結果、内臓や血管などに特殊なものはなく、唯一の差は『酔っ払っていた』こと。
しかし、酔っ払っていたから助かったと言い切れない。他にもアルコール血中濃度の高い人が亡くなってたし、
これが医学的に説明されて納得できるかというと無理。20分程度で死んでいった周囲(生き残った人の談話)、
なのに2時間も生きていたのが信じられない。他の何か要因が無ければ説明も難しく納得も厳しいのだが、
現に医学の常識を超えて生き残ってるんだからね。人間の不思議というか生命の神秘というか。

この事件は世界大戦の始まる直前、1912年に起きた超有名なアレ、そうタイタニック号の沈没事件です。

水に濡れても体を外に上げ、風が防げれば尚OK。1日、2日と生き延びれるかもしれない。
もちろん、服などが濡れていなくて屋内であっても、徐々に体温が奪われ低体温症で亡くなる。

災害などでは、初期症状が自覚できたら、とにかく優先的にストーブなどへ近づき温まること。
(この為にはトラブルを防ぐために人々の啓蒙が必要。)
ストーブがなければ人同士でもくっついて暖めあう。恥ずかしがってる場合ではなくね。

行政側などは急いで灯油やファンヒーターなど提供するようにすべきでしょう。
新聞紙を体に巻きつけるのは、意外と保温効果があったりして有効。毛布と共に新聞紙を活用しましょう。

上の奥の院というのは、作者の釣り雑誌連載の中にあるオマケの雑知識です。時間がなく急ぐので原稿コピペで失礼。

さて取り急ぎ私のスケジュールです。

3月一杯〜4月初旬、この緊急出動で予定がびっしり埋まりました。
特に今日からは、原子力発電所または被害の大きいエリアの救助&分析チームの指揮と調整です。

設置されるでだろう避難所への巡回・医療チームの医師や看護士の人選もやってます。必要薬剤も。
海外から来る災害分析チームの調整もあるかも。そうすると4月中旬までは不在になります。

追って予定が決まり次第、関係者さんへは連絡を入れます。
サブサイト内でもうひとつ「骨折しちゃった、どうしよう」もどうぞ。


★非常に生々しい表現があります。不慣れな方は気づいたら引き返してください。2011年3月14日更新。

現場:先発チームとしての報告メモ 3月11日〜3月14日までの救助活動

現場に到着した私が経験したお話です。まだTVマスコミも自衛隊も来る前です。
時々、書きとめていましたが、余りにも文章が酷いので、極力読みやすくしました。

<とにかく急いで一人でも助けよう>

初日に集合し出発、夜を徹し、明るくなり、また夜を徹し、明るくなる。

吹きすさぶ雪が真横に吹き飛ばされていく。小さなものからボタン雪まで200−300m一気に走る。
あっちへ飛ばされた雪が、風向きが変わってこちらへ飛んでくる。今は3月中旬なのに。
外気温は2度。昼間の明るい時で4度から6度。風が出ると一気に体感も気温も下がり凍える氷点下、寒い。
これは風情狙いの表現ではない。行った事があれば、この風景が異常である事が判る。


最初、到着し合流した医療中心の我々は、全員が寒さ対策をしていたのは、もちろんである。
被災した方が手伝います案内しますと申し出してくれたが、道案内を依頼する必要がないほど破壊され、
想像する作業は見せられないほど酷いと思われたので押しとどめた。

私は、冷水に入る為のウェーダー(滑り止め長靴と防水ズボンが一体化した特性服=渓流で使う)、
スキーウェアのズボン(2重にするため)にセーター、ダウンジャケット。
ハサミやナイフや糸など小道具のベスト、手袋(グローブ)は親指と人差し指・中指が出るタイプ。
偏光グラスと軽いカーボン棒。飛ばないよう首ヒモのあるボウシ。色々と着込んでいるから重いです。

一見すると救助隊ではなく、ウインターレジャーの合作みたいな出で立ち。
TVなどで状況が解かってから来る準備後の救助チームや制服のある自衛隊らとは違い、
第一陣は何があるか判らないから最大想定の混成部隊となってしまっているのが我々。

阪神大震災でも経験しているが、早い救助や分析をして、関係各所へそれぞれが伝えねばなりません。
報告が途中で途絶えることがあるので、中間点の組織や担当者が重要なんだけど、まだ確立されてない。
後に公的機関が機能してなかったことを聞くが、この時点では想像すらしていなかった。

そして、重要なリュックサックを背負っていた。タバコ・ライター類(意外かも知れないが役に立つ)、
ありったけのホカロン、バンドエイド、アレルギー錠、正露丸、コンタック600(鼻炎系)、マスク、
消毒剤、痛み止め、スプレー式シップ、包帯、飲み物(ポカリやカフェオレなど)、カロリーメイト。
チョコ、聴診器、血圧&心拍計、被災者さん用の物資と私用です。

マフラーを忘れてきたことに途中で気づいたものの、そこまで寒くないだろうとタカを括っていた。
ダウンジャケットには風防がない。耳が風にさらされるが、タオルとか何とか工夫すれば良いだろう。
中にはもっと軽装のメンバーがいたが、初めての経験だから仕方がないところ。

この時のTV報道・時系列は「津波の映像」や「全体で10数人の死者」というレベルだった。

<阪神淡路大震災との違い>

津波があったことから、大規模で大至急対応しないといけない。そう低体温症です。
阪神大震災との大きな違い、それは”海水”である。被災者が濡れてしまえば暖めないといけない。
しかし、まだ楽観視していた。ラジオ情報を聞いているメンバーから「死者は少し増え数十人だそうです」と。
そうか、高台に逃げる訓練を繰り返していた自治体だから、人的被害が思ったより酷くないんだな。

しかし、誰もいない現場に立つと、目の前には地獄があった。

そこかしこに遺体がある。水の中で浮いていたり、重なっていたり。

通常、肺が浮き袋になる。体だけでは水に沈むのだ。魚も同じで浮き袋がなければ沈降する。
水中に没した遺体は「助けて」と叫んだ直後、波にもまれて水を吸い込んだ、肺が海水で一杯な筈。
水の中にいる人々を見ると、その時の光景が目に浮かぶ。

「誰か返事しろ〜!!!」と叫ぶ。
何も反応が無くても、私はとにかく水に浸かっても生きているかどうかを確認していく。

初めの水域は綺麗な遺体が多かった。一見すると、私達との違いは心臓が動いているかどうかだけ。
今にも目を開けるのでは…というほど綺麗な遺体たち。男性も女性も。老若男女、ご老人が多かった。
念のために何人かの心臓マッサージをしてみた。しかし、いずれも鼓動は開始しなかった。

先では濁流に巻き込まれた柱などと一緒に掻き混ぜられ、ありえない方向に曲がった姿をするのもあった。
波に巻き込まれた場所によっては、どろどろにヒモや海草などが絡み合って腕がもげたものなども。
凄まじい津波の破壊力だった。陸にでかい船があるし、想像は出発時からしてたものの酷かった。

裂傷のご遺体は後に来る自衛隊の回収部隊に任せて、とにかく生死を確かめることを淡々と粛々と進めていった。
同じように酷い状態になる交通事故とかと違う点は、遺体数が膨大なことだった。
何十人かのレスキュー隊が一人の事故者を助けるのとは違う。警察が交通整理をしてくれるわけでもない。
横に救急車が担架つきで待機してくれてるわけでもない。誰もいない。

「おーい」と叫ぶ。しかし、すぐに声が出せない状態というのを自覚した。低体温症だ。
やはり声かけではなく、一人一人確認していく。手を水に入れ、外気にさらすと凍ることもある。

生きている方がいた。水から上げて、酷い怪我を縫ったり、出血した骨折(複雑骨折)に当て木をしたり、
テキパキと全員が進めていく。しかし指がかじかんで動かなくなってしまう。1時間で感覚が無くなった。
生存者にはホカロンをすぐに与えて温まるように指示した。ホカロンはすぐに無くなってしまった。

衛星通信機器は切れがちで、ついでに持ってる誰の携帯もPHSも繋がらない。
被災者が多すぎる…これでは助かる人も助からない。
電波が入ってメールを送るも「届きませんでした」とあとで跳ね返ってきた。

ホカロンなど追加できない。しかし寒い。油の匂いやガスの匂いがするから火を起こせない。
水から上げた怪我人はどうしたら良いのだろう。時間と共に衰弱していく。目の前で亡くなって行く。
今後、阪神大震災後に作られた緊急医療をする隊や自衛隊にバトンタッチするために、
生存者は暖めた上、避難所までの誘導と、遺体をなるべく集めておきたい。
出来る限りご家族の待つだろう避難所へ送れるよう早期対応したい。

どれほどの時間が経っただろうか。キリがない救助作業。
私達が目の前にしている状態から想像すると、広大な場所に同じように数百体があったりするはず。
阪神大震災との違いが直ぐに判った。全員が簡単に理解した。これは苦しく長くなるぞと。

時系列では、100体の遺体が警察に発見されたという情報があった頃。もちろん我々の所ではない。
マスコミチェックのメンバーに聞けば、今でも死者は50人を超えてない模様。
私達の目の前だけで、ラジオやTV報道が言ってる数字を超えてる。しかし、寒い。

<被災現場は広大>

最初の頃、私は左こぶしを切ったらしく血を流していた。まったく気づかなかった。
低体温症のスタートです。救助する側なのにね。バンドエイドを出そうとすると箱がクチャクチャ。
目の前には数百体あって、生存者がいたものの、これでは自衛隊らが到底間に合わないのではないか?

空気には様々な物質が混ざり、アレルギー持ちの怪我人へは広く無難な予防薬(市販薬)である薬を、
総合感冒薬やマスクなどは、あっという間に無くなってしまった。持ってきていた飲み物も無くなった。

どうしても水が飲みたいと訴える怪我人には、濾過をした海水を与える。
刺し傷などが全身にあり、発熱しているので喉が渇いていると錯覚している場合の最後の手段だ。
1日ならコップ一杯は大丈夫。飲んだと脳を勘違いさせれる。その間に水を手配すれば良い。

先進国である日本で水が無いなどお笑いだ。水道水を飲まずに高額なミネラル水を飲むほど恵まれている。
しかし、水が来なければ海水を飲みすぎる。飲みすぎれば脱水症状で危険なので看護が必要だ。
目が離せない。また、喉を怪我した人は、体温回復後に喉を掻きむしる傾向がある。これも看護が必要。

早く保温とカロリーメイトや水を確保しなければ。これ以上、劣悪になったら規律も崩壊する。

体が動かない経験をした人はいないでしょう。だからパニックになる被災者もいる。寧ろ亡くなる。
倒れている人たちの中で生きている人を発見すると目だけが動く。死んだように見えても違うんです。
「ありがとう」声ではなく唇が動くだけ。急いで暖める準備をする。この繰り返し。
動けるぐらいに体温が回復すると歩ける。数時間〜数十時間前は普通にできた”歩く”なのだから。

かなりの人数を手当てしたが、全体から見たら少数。ダメだ、救助人数が少なすぎるんだ。
屋根に人がいた。しかし動かない。屋根は水没していたから、流されて引っかかったものだろう。
上と下を見ながら歩けば、人だけじゃない、動物たちも一杯。同じように全てが動かない。
静かだ。生き物の生活という意味で音が無い。時折、轟音がする。余震。音はコレだけ。

阪神大震災の時は物理的な骨折や打撲、裂傷が多かったが、寒さは同じようなものだったかな。
しかし、薬類は結構間に合った。ところがココでは海水に浸かっているので死亡率が加速していく。
唯一の救いは、外気温が低いために仮死状態に近い場合は助かる、助けれる可能性が出てくること。

そうこうしている時、救助した生存者が危篤状態になった。心臓マッサージをするが回復しない。
チアノーゼだ。他の医師と交代しながら蘇生作業を続ける。せっかく生きてたんだ、がんばれ。
家族が待ってるぞ。アドレナリン(強心剤)、注射器、ディフブリレーター(除細動器)、200…、300…、

……亡くなった。普通なら助かっていたレベルなのに。

逆に、もうダメと思っていた人が、あれよあれよと奇跡的に回復し、生気が戻るを超え、
まごつきながらも歩けるようになったりした。これには全員ビックリ。
先の低体温症のページで紹介したタイタニック号の泥酔生存者みたいな回復力でした。

年齢や性別、体力などで左右されると思えるが、実際は水に浸かっている時間や衝撃の強さ、
助けが来たとホッとした安心感など、様々な要素で差が出ているのだろう。初動とは重要なものです。

生存率の高いエリアを重点的に見回る。声が至る所でする場所だ。時間と勝負しながら、やっぱり秒読みだ。
水から上がっていても濡れていれば、これから二晩で多くの生存者が難しいだろう
一晩で大多数、乗り越えた人でも二晩で殆ど困難、まったく濡れていなくて浮いているものの上なら、
1週間以上はだいじょうぶだろうが、心が折れ、泳ごうとして入ったら筋肉が麻痺して溺れる。

周囲は2時間で我々も手足どころか全身が動かなくなる寒さ。
自分のホカロンは怪我の方に譲ってなくなってしまった。他の生存者も体が動かなくなってきている。
連絡が取れない。自衛隊はまだか。阪神大震災の教訓で作った医療チームはまだなのか。

いや、他力本願は止めよう。一番嫌いだったこと。目の前にある問題は自力でクリアーすべし。

我々は山の上の丘へ怪我人らを集めて、または運動場のような広大な場所で焚き火をして、
怪我人らを暖めようと考えた。もちろん2時間も現場で作業していれば寒さで動けなくなる我々も同じ。
特に手足は30分で動かなくなる。足を滑らして水へ落ちれば、救助される側に簡単になってしまう。
歩けなくなるし、自分だけでは這い上がれないほど力が抜けるからだ。

焚き火の場所を物色していて、遠くで火の手が上がるのを視認した。
多分、油の匂いが濃くする場で焚き火をしたのだろう。どこの自治体救助者か、被災者か判らない。
会えなかったからだ。我々は広い場所を探し焚き火を始めた。温まったら海岸へ行くという繰り返し。

船(ボート)さえあればなぁ。腰以上の深さはウェーダーでも限界。
沖には生死すら確認できない人々(ご遺体ではない)が漂っている。早く水から出してあげたい。
もし気絶だけであって、生きてたら?そして未だ声も多くする。時間が経てば消えていく。

そして道が無い場所というのは、富士山の樹海と同じように少しの距離を歩くだけでも大変です。
重い防寒具はまだしも、生死を確認する作業、応急処置の作業も加わるし、汗や水で重くなり冷える。
何といっても他のご遺体などを引き上げ一箇所に集める作業だけで体力は終了するほど消耗が激しかった。

服が流された遺体達、子供達。文集とか卒業アルバムとか見つけたら水からあげておいてあげる。
自動的に行動する。国籍、社会的地位、お金、出世、保身…クソ食らえ!!!と感じてしまう(失礼)。

怒りはエネルギーを生む。

1〜2時間手伝ってくれるだけで、多分、この大震災の真髄が理解できるかと。
特に決断の権限を持つ立場の方々(行政の長とか)には是非ともこういった作業を経験して頂きたいです。
きっと”本来の人間とは?”という確固たる考えが出来る筈。人生を変えるほどだと思う。
非常に困難。経験者じゃなければ中々理解できないものがコレです。
しかし問題に対して決断が早く正確になる。自然には根性では太刀打ちできないものたちが多い。
今回は特に、寒さや水…10万人の自衛官でも足りないかもしれない。

そしてメンバーも足を滑らして水に落ちた。彼は新規メンバーで靴の下に滑り止めがついてなかった。
医学や救助知識は普通にあっても経験者と無経験者の差が出てきた一件だが、
阪神大震災では経験した臨機応変さ、しかし”水”のせいで救援隊・救援者ですらこのザマ。
自衛隊が来たところで活動が継続できないかも。阪神とは根本的に違う災害である(原発ではない)。

電気も灯油もなく暖めれないのは隊員達もだからだ。風呂なんか入れないだろう。
被災者優先にしないといけない。私は危機を感じていた。自衛官や救助隊の病気大量生産。
これから入る救援隊がどれほど亡くなるか…制服を着てなければ被災者と区別がつかないだろう。
もちろん、報道されることはないでしょう。救援者はヒーローじゃないといけない。
ツインタワー9.11の消防隊と自衛隊が重なるはずです。だから必至になって頑張るのです。

<仲間との会話>

あの火の手を作った救助隊か地元の方々か、大丈夫だろうか。これからそこかしこで発生するだろう。
それほど寒い。私も耳が痛くなり指も足も動かなくなった。
最初は寒く感じたが、今は感覚がない。雪が頬を叩くが、感覚がない。ヒモすら結べなくなった。
救助しながら場所を転々とするので、焚き火の場所は遠い。私は皆に言った。

「休憩しよう。」

しかし、休憩するってどこで?車で暖は取れない。テント数個でアルコールランプで温まろう。
外よりは良い。避難所から私達のスペースを借りるわけにはいかない。人数も結構いる。
テントを張る場所が少なく難航。全員男だったにも関わらず「裸で抱き合って」という冗談すら出なかった。

灯油や電気がなくて体が温められないとすると、持病の人が悪化する、
もちろん、救助した人はそのまま重体化する。治療には”より”長くかかることになるから、
灯油などの燃料は災害全体の悪化を防ぐ上では最重要だろう。
早く自衛官が到着し、早く水から怪我人を出し、風呂を設置して対応しなければ長引く。

私は今回で引退するので、後継者として今後頑張ってくれるメンバー。かな?
ボツリと医師の初参加たちが呟く。

A「TV報道を見てる人は、まさか、こんな風になってるとは知らないでしょうね。」

B「3人ぐらい水から引き上げたら、私達の手指が動かなくなる冷たさですし。」

私「理解してる人はいるよ。早く正確な指示が政府から出れば良いんだけどなぁ。」

C「津波の水が冷たいことを暖かい部屋で対策会議してる人たちが気づくでしょうか?」

私「大丈夫だって。殆どの人が気づいて早く引き上げろとか駆けつけろとか言ってる筈だよ。」(希望的観測)

D「怪我人引取りの順番待ちが出来るのがつらいですね。」

私「自分の子供が流されたら、一刻も早く水から上げたいもんな。皆一緒だよ。」

A「全員が直ぐに助けろとパニックを恐れているかもです。」

D「もう皆が死んでると判断してるってありそうですか?」

私「理屈を考え始めたらしり込みするから、こういう時はとにかく始めるのが最善かな。」

全員「救急医療隊とか自衛隊はまだかな・・・・。」

私「大地震だけの出動命令の開始では間に合わない。肺に水を吸い込んだ人は沈んでるので発見しにくい。
  潮流に流されるのも心配しなくてはいけないし、増援の決断が遅ければ対処も徐々に困難になるな。」

B「そもそも体だけで浮くと思ってる人がいますしね」

私「うん、それに遺体が多いので火葬は無理だし、君たちの病院の出入り葬儀屋に頼むわけにもいかない。
  土葬になると思うから、提案しておくべきかなぁ。」

A「服の脱げた女性や子供の遺体を写そうとする記者も来るでしょうね。」(怒)

私「写真撮るのじゃなく遺体回収を手伝ってくれればなぁ。」

この時、実はまだ津波警報発令中であり、後の自衛隊や他の救助隊は入って来れなかった
先に現場に駆けつけた救助隊は他にもいたので、みんな同じ気持ちだったのだろうと思う。
生死確認のためにはボートが効率的に必要であり、このままではどの救助隊も頓挫してる筈です。

ただ現場の場合、警報代わりは地震であり、水が引けば津波の前兆と常識なので高台に上がれば良い。
別にラジオじゃなくても判断できるもの。津波注意報になれば早目の解除で自衛隊が入れるから充分。
決断する人(首相)がブレイン達の報告を聞けばの話だが期待しておこう。とにかく急げ、だ。

結局、津波の注意報が早く解除され、早目に自衛隊が入れたかどうか、私は知らないです。
冷たい津波が加わったのだから、2次災害を恐れず警報中だろうが自衛隊を突入させて救わせて欲しいが。

マスコミのヘリや自衛隊のヘリが飛んでいる。どこかからソニックブーム(衝撃波)が届いた。
あとで考えたらコレは原発の最初期・水素爆発だったんじゃないかな(報道では該当部はなかった)。
でも、何も知らない現場の我々は今は寒さが敵。

津波による家屋の倒壊の規模から、動力が低地に設置されてる原子力発電所が大丈夫かと心配になったが、
30分や1時間程度で制御棒を入れて停止させることが出来るのだろうか。
これまたメンバーいわく「大丈夫だそうです。東電、保安院、官房の発表ですから。」と。
3機関のチェック…つまりトリプルチェックがあった上でのOKとのこと、大丈夫だったかとホッとした。

(このトリプルチェックがダメだったことを後で知る作者だったが、まったく想像できてなかった。)

<初めてのセリフ=撤退>

空気が汚れているためか、セキが止まらなくなった被災者がいた。寒さからかもしれない。
もう総合感冒薬も無いので、私のマスクを渡し、喉に新聞紙やタオルなどを巻いて保温を心がけるよう指導した。
手足が凍傷になったもの、渇きで海水を飲むもの、食料が必要なもの、睡眠も必要だ。

ある時、救助した怪我人がケホケホし始めた。今度はセキではなく別物、チョコを喉に詰まらせたんだ。
低体温症は寒さで感覚がマヒするので固形物を一気に飲み込む時に詰まらせる事がある。
「舐めるように、決して飲み込まないで」と渡していたのに起きてしまった。
これは会話による意思疎通の困難さ、思考能力の影響があるからだろう。

呼吸なので最優先の対処だ。若者だったので立たせ、みぞおちや脇腹から肺をめがけて拳をぐっと入れる。
これは肺を拳で押し潰して吸ってた空気で詰まったものを押し出す方法である。

それでも無理なら仰向けやうつ伏せに寝かせて体重をかけて強引にする方法などもあるが、
怪我人含め誰もが服を着込んでいるし、呼吸が出来ずにのた打ち回るし、
脱げというわけにはいかないので、力が充分入れれる角度やら狭い所で行うのは大変だった。
周囲に「どいて!!!」と叫ぶがスペースがない。幸い助かったがチョコを与えるのは気をつけよう。

正月なら子供や老人がモチを喉に詰まらせる。それと同じ。若者でも寒さで起きるんだね。
体力のある若人なら「1日2日、物食うな」と指示すべきだろうか。本来、水分だけで充分だ。
ただ災害時は精神が心配、ものを食べるというのは精神的に落ち着かせれるから必要。飴玉は元気な子供用。
ウイスキーの小さなボトルも持ってきていたが、彼らの口に軽く含ませるだけで既に無くなってた。

海で拾ったワカメを与える方が良いか。水分補給も出来るし。海草サラダを思えばいい。
こんな時だ、まさか「不衛生なものを食わされた」と後に訴えられることもないだろう。
とにかく生き延びてくれないといけないしね。

連続職務可といえども指が上手く動かないので、傷口を縫う応急処置すら出来なくなってきている現状。
名を知らないメンバーも多く、顔色が悪い、もう問診は不要、唇の震えなどで症状が明らか過ぎ。
地震も頻繁に続いている。怖いだろう。これは大変さで気が遠くなる。私は初めてのセリフを言った。

「撤退しよう。このままでは私達も遭難してしまう。出直しだ。」

我々のチームの人数は小さな災害なら軽く対応できるスキルがあると自負していた。
今はまったく足りない。自衛隊など応援が来ないので、人数を増やして出直しと判断した。

=各地同様

R氏「マスクが湿って呼吸がしにくかったです…」。それでも生存者を黙々と探す。

週明けぐらいは全国を休日にして、国民全体で超法規で対応しないと早期対処は無理かもしれない。
被災地域以外の医療関係者をかき集めて派遣できれば望ましい。
公的機関、民間、すべて同じ人間として動かないと、復興が徐々に遅れていくと思えた。
クェート(イラク侵略)、ベルリンの壁崩壊を経験してきた。また世界の歯車が変わりそう。


しかし、私はまだ原発事故のことも、TVで流れていた失敗会見も、公的機関の壊滅も知らなかった。


<被災エリア河村さんより>

助けてくれてありがとうございました。

無理ばかりしてるだろうけど
自分の事も守ってください。

私は何もしてなくて、情けない。
ただただ、祈り思いやるだけです。ごめんなさい


今回の被災地のひとつである仙台在住の菊池道範と申します。

今回の震災の救助作業、本当にありがとうございます!
何も力になれず、たいへん申し訳ありません!

サイトの方をいつも読ませ頂かせております。
この状況の中、先の見えぬ戦いで疲弊してると思いますが…踏ん張って下さい!
今は、その言葉しか言えません…


<作者より>

返事が出来ませんが、お許し下さい。しかし心強くなりました。今回も深刻です。ありがとうございます。

仕事が手につかない人、何もやる気の無い人、いいんですよ。今は甘えればいい。
数万人を1日で飲み込んだ災害なんて、ほとんどの人が初めてでしょう。
友達の友達みたいな数珠繋ぎをすれば、国民の多くが関わってるんですから当然。
先輩から後輩へ、経験を伝えていけばいいと思います。

月並みですが、次の世代のために。

=ボートの代用品で賄う地元消防。我々も苦労した。

=初日の救助文中にある通り、土葬許可となった。

▲この頃ネットでは”拡散”とかで情報が氾濫し、本当に重要なものが流され、重要っぽい雰囲気だけのものが主流となっていた。
人の正義感を利用したチェーンメール等は、教えてもらった限り、現場に役立つものは見当たらなかったと思う。


現場TOP     次へ