選抜メール集その1

大変お待たせしました。
「う〜む、なるほど」と思わせるヒネリや文章の熱さとか、
面白いものをこれからも宜しくお願い致します。

スターウォーズVのDVDをコンビニで買いました。
しかし、やっぱり観れていないデス。

ozakiさんより

いつも楽しく(目が痛くなりながら・・・) サイトを拝見させていただいております。ところで、ウモッカ(下火になりつつあるようですが)を発見したので画像を送 ります。

画像←削除予定

なんちゃって。 ネットサーフィンのなかで拾った画像なので、本物をゲットしたわけでもないの です が。 (しかも鰭とか違うし・・・) でも雰囲気はぴったりだと思いませんか? これがなにかしらの要因で海まで流されて鮫といっしょに混獲されたら・・・や っぱり UMAですよね?

ちなみにこいつの正体は 学名を Bagarius yarrelli という、アジア産のナマズの一種です。

<コメント>

おお〜、ゴツイ魚ですねェ。

暑くて泳ごうと服を脱ぎ、ジャバンジャバンと楽しんでいるうち、
深場にでも行こうかなと思った矢先に水中でこんなのと遭遇した日には
スピルバーグ監督の映画ジョーズの音楽がBGMで流れてきそうな破壊力ですね。

サイト内にも奇妙な魚の写真は一杯ありますが、ふと立ち止まって見渡せば、
怪物じゃなく新種でもなくても充分楽しめる姿をしているのが多いですよね。

A Suwaさんより。

貴サイトには「巨大 イカ」の検索で辿り着きました。 コラム4の愛知県/魔界の入口 を読んで、小幡北小学校出身の私はあまりのローカルさにのけぞってメールして し まった次第です。

この前姉妹で万博行きましたが、今は東京で働いています。 緑が池は、偶に自殺者が発見されますね。名古屋の樹海なんでしょうか? それでは、ただのファンレターで、もちろん返事不要です、どうか無理せず続け てく ださいね〜(^^)/~

<コメント>

ありがとうございます。男性読者が圧倒的と思われる私の運営サイトでは、
女性からの爽やか率がすこぶる少なくて嬉しいです。同郷でしたか!!!

万博も無事に終了しましたが、やっぱり売買が出来る大掛かりさが良かったようで、
これ以前にあった国家事業(同じ長官、協会のもと)では訪問者無視で叩かれ、
直ぐに国民スルー状態になり、内部から変えてくれコールが出て混乱したことが有ります。
その内の一人が私で干されましたが苦い想い出です。

まぁ、一番のトラブルは35人もの外人さんが行方不明になってしまったこと。
万博特別ビザで来日したダンサーさんや技師などでしたが、テロ絡みか!?と騒動。

初めまして、矢音と申します。

いつもおじゃまさせていただいています。毎々からメールを書こうと思っていたんですが、いつも忘れてしまって、今日は、覚えてたんで、報告させていただきます。

実は、数年前、旅行の時中国で奇妙?な魚を見ました長さは、1-1.5mぐらいと思います、色は、真っ黒、口は、鯉に近かったような気がします大きな川にいました、私は、その川の橋で目撃しました。川の深さは、わかりませんけど、とても深い感じがします。

その周辺の人に聞くと名前はあるんですけど、カイドブック一つじゃ分かりません、あと鳴くそうです、私聞いてませんので分かりませんがとても大きな声だそうです。

<コメント>

声を出すというのは毛の生えた魚ネタで使ったことがありますが、
中国ではソウギョやアオウオの産地として3m級のものが確認されているそうです。
アオウオなら日本で定着して1.5〜1.7mクラスが、コイでも1.4mが。

鳴くというのが面白いですね。

ぴぐもんさんより。

そういえば、謎の村の取材はどうなったんでしょうね。 私、ちょっと心当たりがあったので、去年探索に行ったんです よw。ところが開発?で様変わりしてしまっていて、ぜ〜んぜ ん以前の昼間でも恐いという雰囲気とは違ってしまっていまし た。 廃村があったんですが、それもなくなっていましたし。

夜中に行けばちょっと違うと思いますが…勇気が…w 場所は飯高近辺です。行きますか?w アマゴ釣りを教えて欲しいぴぐもんさんでした。

<コメント>

2ちゃんねるから探検隊が出てTV番組(日本TV)にて放映されたやつですね。
ネタ元の私はスタッフに電話で「地質調査を入れてくれ」と指示するぐらいで、
画面にも出てませんが、番組は怪しい場所が有ったそうで突入の段階で終了。

電車男とか2ちゃんねる系でマスコミがネタ探しをしているため、
私のサイトへも来たという感じです。
手間掛かるワリに謝礼が無いので、どちらかというとツライ依頼が多いですね。

サイト管理者 様

はじめまして。お世話になります、どすこいランキングというサイトを運営しております、みずなと申します。この度は御サイトにぜひランキング参加して頂きたくお伺いさせて頂きました。立ち上げて間もないサイトですので、ページランクは、まだまだですが、 今後、集客アップがはかれれば、より御サイトにも貢献することができると思い ます。 トップページは、こちらになります。

http://dosukoi.pinoko.jp/ 通常のジャンル別ランキングに加え、総合ランキングは番付表にして トップページに大きく貼り出すなど風変わりなことも多々やっております。 よろしければ、ご検討のほど、お願い申し上げます。

では、突然のメールで大変失礼致しました。

<コメント>

申し込みが多く来ていた為「ランキングなどには参加しない」と
以前は注意書きを入れていましたが消してしまっていたので再掲です。

文を転載しましたから、宣伝になったと考えてくだされば。
(という内容のメールを書いてお送りしておきました。)

ゆかさんより(←サイト)

ご無沙汰しております!!!お元気でしょうか。 HPに紹介していただいてありがとうございました。 おかげ様で少しずつですが、アクセスも伸び。。。 まだ一回も売れたことがなかったのにそれから考えると大きな伸びです!

最近、ビッターズから強いお誘いがあり、出店してみようかなぁと考えていると ころ です。 でも、ビッターズの審査で落ちるかも知れないですけどね(汗;) うちの商材はすごく若い人向けで、PC利用者は30代くらいが一番多い年齢層 で す。 でも、ビッターズを利用すれば携帯サイトでのモールに出店できるので若年の 人たちにたくさん見てもらえるので。。。今携帯サイトももっているのですが、 携帯でうちのHPにたどり着くにはやっぱりすごく難しいです。 それにこれからは携帯のウェブが定額制になっていくのでネットショッピングは どんどん伸びると思うのですがどうでしょう。。。 早いうちに携帯でのショップの地位を獲得したいなぁと大きな理想をもっていま す (笑)

まぁ 楽天とかならたくさんいるとは思いますがビッターズはこれから伸びると ころ だと 思って。。。 と またまた怒られそうですね。相変わらずぶっ飛びな性格で。。 。 また、ビッターズに出店できたら報告メールしますね。

<コメント>

サイト(ネットショップ)をスタートさせてから軌道に乗るまでには
様々なモールから誘いが来たりして、中には変な誘惑もあるのでご注意を。
ネットショップのアクセス向上は、強い口調も出来ず、他のものもいじれず、
丁寧語での運営が強いられますので読者の延びは物凄くスローです。

他のアクセスの延び易い趣味サイトなどと比較して
「私のサイトはダメだなぁ」とならないよう気を付けて下さいね。
(趣味サイトではアクセス向上は必須では無いし)
アクセスの多い所は好きでも無い部分で相当苦労しているので、
目に見えないそういう部分を見つけるのもいいかも。

こんにちは,副田(そえだ)と申します.

ソナーのウンチク に関して,非常に細かいことですが 気になった点があるのでメールさせていただきます. ここで「ソナーの電波の反射の仕方によって」という記述がありますが, ソナー(SONAR) は名前のとおり,音波を利用していますSOund Navigation And Ranging ただ,そもそも 「ソナーは空気の存在を見つける機械です」 に相当する話も見つからなかったので,もしかすると 電波を利用して「魚群」と「ただの浮遊物」を識別する機能のある 魚群探知器 があるのかもしれません. ではでは

PS. (順番が前後しますが)今日はじめて「謎の巨大生物UMA」を知り, 非常に楽しく読ませていただいています. #Slashdot 経由でダイオウイカの話に飛んできました 湖に含まれる酸素の分布の話などは初めて聞いたので, 色々と参考しなりました.どうもありがとうございます.

<コメント>

湖の酸素は関連して考え付いた人が当時なく、もっとも最初に出しました。
それは陸水研究者が少ない為、居た人がネッシーなどに興味がなく、
結び付けることをしなかった為だったのですが…。

その後、いかにも最初から知っていた感じの酸素を元にした漫画や番組が多数出現し、
私も最初は嬉しかったのですが、せめてウチのことに触れてくれるとか、
なんとか考えてしまい、腐ってしまったことがありました。
たまに数字をワザと変えたりしてオリジナルがウチと分かるように
引っ掛けるようになったのも、そのせいで…段々性格が暗くなって行きました(笑
(まぁ半分冗談ということで)

ソナーについては専門書にお任せします。
表現はある程度強調したりして読者に興味をわかせる主旨でやってまして、
作者の知られざる狙いと解釈してくださると嬉しいです。

おはようございます。宇宙猫(偽)です。

この機会に気持ちをリフレッシュして楽しい 気分で活動できるようになるといいですね。 っと、どうも本題を書くのが下手なので読みづらいかとおもいますが、ご容赦を 。 もしかすると既にご存知かもしれませんが、私の管理しているサイト2つを閉鎖 します



21 ヴィクトリーがドリカ(パイロット)を強制的に逃がして黒幕の戦艦に特攻し てるシーンです。 20050424 黒幕の人(鉄鎖)です 20050410 鉄鎖その忠実な部下FeDoNA(愛称 ディ) 75 鉄鎖とFeRiNA(愛称 リナ)が昼寝してるのをディが見守ってます それ以外の絵は前回の後日談の中から何枚かです。 (シューティングゲームの癖に絵がものすごくあるのです) では。(うう、おなか痛い・・・)

 
 
 
 

<コメント>

サイトを閉鎖される宇宙猫(偽)さんのラスト・イラスト集。
他のイラストはサイト内記事ではコチラにあります。

最初の頃に頂いたもの達と比べて、印象がずいぶん違うよう。
ありがとうございました。

料理を作っている後姿お尻が可愛いぞ!!!などと
女性読者を自ら減らすセリフは中々書けませんが、
また可愛いイラストを待っています。

サイト再開されたら、また相互リンクを結びましょうね。

こんにちは、私は、「リズム道場」というサイトを運営しています。

いつも、UMAとITサイトはよく見させていただいてい ます。 どちらもボリュームがたっぷりで、タメになる記事がいっぱいです。いや、UMAはタメになるというよりすっごく楽しませてもらっています。

最近見つけた、「シーラカンスを狙った」のところに出てくる魚の写真、すごく 気になります。(何なんですか?あれは?) できれば、全体が分かる写真が見てみたいです。 もし、余裕がありましたら見せてください。 よろしくお願いします。

PS、いつの間にか900万ヒットを超えたんですね。   これからも楽しく拝見させていただきます。

<コメント>

ページのアドレスでUMAaoyagaraと出てますが、
そう、そのアオヤガラです。

当初、ヒントも書かずにシラジラしくアドレスだけで書き上げたのですが、
「なんだ、アオヤガラも知らんのか」と勝ち誇った書き込みが殺到、
「さ、最初から知ってたわい!!!」と言いたくとも「ご指摘ありがとうございました」と。

まぁ、そんなもんです、はい(笑

++ halcionさんより

毎度楽しく読ませてもらっています。今日和。 幼少の頃から生物好きで釣りやら昆虫採集やらが好きでした。 それで「釣りキチ三平」を読んだりもしていて、タキタロウについて少し興味が あっ たんですが、

>特にタキタロウは、昔食べた人が多かったらしく赤身で大変脂が乗っていて 美味しかったそうです (ここ) っていう事らしいですが、 サケ科っていうのは肉はピンク色とかだったりしますけど赤身じゃなくて一応白 身な んじゃないでしたっけ? まぁ昔の話なので食べた人は赤身に見えたって事かも知れませんけども……。 逆に赤身の回遊魚系だったら面白そうじゃありません?

「実はマグロの仲間でした。」とか。 画像も何も手元に無いので記憶だけですけど、 昔(3〜6年前?)「Rod and Reel」というルアーフィッシング雑誌で、 タキタロウをルアーで釣りに行くっていうコラムがありました。 それで正体不明の魚の骨格標本の写真あって、それがタキタロウなんじゃないか って 言われてるらしいですが、 記憶だと背びれがかなり厳つかったような。 頭の骨とかもしっかりしてそうだったのでシーラカンスとかみたいに生きた化石 みた いな魚かも知れないですね。

まぁ素人考察なので考える必要も無いかも知れませんがー。

<コメント>

私は引用・転載する書籍の部分はページ数を付記したりして
そのまま抜き出しています。
ふふふ…、私が思って書いたわけではなく、
オリジナル書籍が「赤身で大変美味しかった」と報告をしてるのです。

ところでサケの肉とマグロの肉は「別の赤」と知ったのは何でしょうか?
白身と書いていたのは、本でしょうか、TVでしょうか、学校かな?

実は違いが判ったのはそんなに前じゃないんですよ。
陸封型のヤマメ(白身)と降海型のサクラマス(ピンク肉)が同種と分かったのも。

つまり、今までは肉の色が違うから別種と考えられてきました。
古い図鑑なんかをみると、別種にしている記述のものを発見できますよ。

らる♂です。

去年の暮れあたりから少しずつかなり楽しませて読ませていただきました。今回メールしたのはある生き物についてです。最近コンビニであるUMAの本を買って読んでいたらその中の『日本各地で出没するUMA』というタイトルの中に『狸と同一視されることが多いが狸とはべつのもの』という内容で『魔魅(まみ)』という生き物が取り上げられていました。

もちろんそれはUMAなのですが、実は自分の住む地域には昔から当たり前のように『マミー(漢字はわからない)』と呼ばれている生き物がいるのです!この記事を読んだ瞬間『こいつはキターー』と思いいてもたってもいられずUMAならここだ!と、メールしてみました。

さてそのマミーなのですが、猫より大きく細い顔を持ってコロコロした感じの生き物です。夜行性で昼はほとんど見かけず、夜になれば庭にもあらわれます。地元の人には煮て食べてしまう人もいます。家の人も狸とは違うと言います。こんな生き物いかがですか??残念ながら写真はありません。

出るのが夜なのでなかなか写らないのもありますが、皆撮るほどのものではないと思っていることもあります。こんど出現したらがんばって撮影したいと思います。興味わいたらメールお願いします(^^)

あと最後になりましたが、応援してます。このサイトはすごいです!!
これからもがんばって下さい。

<コメント>

お褒め頂き有難うございます。
読めば読むほど、知識が貯まれば貯まるほど味が出て来るようにと
作成や解説を心がけしています。

『狸と同一視されることが多いが狸とはべつのもの』という内容で
『魔魅(まみ)』という生き物ですかー。知りませんでした。
らる♂さんの住まれる地域には昔から当たり前のように
『マミー(漢字はわからない)』と呼ばれている生き物がいるとか。

場所とか教えてくれると嬉しいですねー。撮影頑張って下さい。

こんばんは。UMAや恐竜、超古代文明の存在に関してそれを目撃された方がいらっしゃいます。この方の話は驚異的です、そして私自身のあらゆる疑問がこの方の話を読んで解決したような気がします。一部では有名で時々TVにも出演されますが本人はいたって真面目な方です。その方は木内鶴彦さんという彗星探索家の方です。この方一度病気で心臓が止まり、臨死体験をされ、その間に地球の過去の歴史を見てきたというのです。それは教科書には載らない地球の本当の歴史だったそうです。彼が見た古代文明は現代を凌駕するほど驚異的な科学力を持ち空を飛ぶUFOの様な乗り物を使っていたというのです。また人間に混じって恐竜のような巨大な生き物も闊歩していたそうです。

 なぜそのような文明が跡形もなく消えたかというと月が原因だそうです。空に浮かぶお月様です。実は一万五千年前まで月はなかったそうです。一万五千年前、月は彗星として地球に近づいてきたそうです。その当時の地球は今より海面が二千メートル低くて海は一つしかなく、重力も今より弱くて平均気温は30度ぐらいでとても暑かったそうです。そして植物も少なく高地はみな荒れ果てており人類が植林して広げていったそうです。そして何より重力が今より弱いため人間も大きく3mを超える巨人だったそうです。彼等は地底に住み、空を飛ぶ乗り物、現代のような空気の力ではなく重力を制御する乗り物を使っていたようです。また恐竜もいて、恐竜が大きかった理由は重力が弱かったためだそうです。実は今の重力では恐竜は歩くのも大変なようです。なぜ年代がわかるかというと彼は天文に詳しいのでその当時の星座を見て自分で計算したそうです。そうやって繁栄しているところに科学が発展しているので彗星が接近していることがわかり慌てて避難しだしたのです。当時地球には二人種がいて片方は高い山々の頂に避難し片方は宇宙へ逃げたというのです。そうこの話、ノアの大洪水、ムーとアトランティスの伝説に酷似しています。やがて月は木星あたりでその大量の氷が分離し氷の帯の中に地球が巻き込まれたのです、それは雨ではなく巨大な氷の塊がナイアガラの様に降り注ぐ凄まじい光景だったそうです。高地に避難した人々は巨石を使って密閉度の高い避難基地を建設したのですが、その努力も虚しくみな破壊されたそうです。その一部がマチュピチュだそうです。あそこは高地だったのが氷に削られたり地殻変動であんな状態になったそうです。また進んだ科学力でクローンを生み出し色々な作業に従事させていたそうです。寒い環境でも作業できる毛むくじゃらの人間などです。このクローンの話は著書には書いておらず講演会で話されていたそうです。阿修羅という掲示板にその講演会の録音が転載されています。もしかするとビッグフットは科学で生み出されたクローンの生き残りかもしれません。彼等もほとんど死んでしまいます。そして大量の水が地球の地殻を押し重力が増したそうです。彗星の核が月になり、地上には大洋が生まれました。最初アフリカには大きな水溜りがあり、それが決壊し、エジプトに流れ込みスフィンクスも埋もれ、それを再度掘り起こしたのがクフ王だったようです。よく三大ピラミッドはアトランティスや宇宙人の仕業だと言われますがそれを暗示していると思います。

 大洪水やそれ以前の文明についてネイティブアメリカンが神話として残しています。彼らが言うには第三の世界は科学や都市が発展したが人心は堕落し好戦的になり彼等はパツボタという空飛ぶ盾に乗って戦った、しかし創造主は怒り洪水で世界を滅ぼし、生き残った僅かな人々が再び世界を築きあげたとあります。木内さんが見た世界、聖書と彼等の伝承があまりにそっくりです。巨人についてもそうです。かつてナチスがアトランティスの痕跡を追い求め、チベットのポタラ宮殿の地下で身長5mほどの死体が保存されたいるのを見せられ、この方々はかつて神と呼ばれ地上を闊歩されていたのだと教えられたと言う話があります。

 そういえば宇宙へ逃げた片方は金星に逃げたと言っておられます。この辺は私も信じがたいのですが、彼等が逃げる際地上から持っていった動物をナスカの地上に書き残したと言います。そう言われるとなんとなく地上絵の存在意義が納得出来る気がします。ICAの恐竜の石の存在も不思議ではなくなります。また半漁人、鬼、人魚もクローン技術で生まれた生き残りかもしれません。アメリカ大陸にはかつて人を食う毛むくじゃらで角がある赤毛の巨人がいて退治されたと言います。鬼もかつていたかもしれません。まあ、これはあくまでも私の憶測ですが。

 木内さんの本業は天体観測ですがこういう特異な経験をされたために有名にならざるをえないようです。彼は定期的に講演会も開催されています。また「生き方は星空が教えてくれる」という本も出版されています。恐竜の研究者の方々にはぜひ知ってもらいたい話だと思います。なぜあれほど巨大だったのか?実は地球環境が今とは大きく異なっていたということです。今の生態系と比較すれば確かに何かが違っていたはず、それが重力だった。今の環境を基準にして恐竜は時速何kmで走れたと推測するのは無意味だということです、それは彼等の体の大きさが物語っているのではないでしょうか?間違っているのは地質学かもしれません。大洪水によって積もった地層を無理矢理年代にしているのが現代人ではないでしょうか?なにせ想像も出来ないようなことが起きたのですから。しかしそれを無言で月が語っているのかもしれません。実は恐竜が絶滅したのは一万五千年前だったのかも。

 話は変わりますがおもしろい写真を見つけてましたので載せておきます。日本人のサイトで拾ってきたのですが確か南米の旅先で撮影したものだったと思います、大蛇の抜け殻です。写真だけで詳しいことはかいてありませんでした。抜け殻ですからこれより大きくなってるわけですね。

画像←削除予定ですが

そう言えばネットでよく見かける翼竜を撃ち落した騎兵隊が並んでる写真て偽物だそうです。アメリカの映画会社が作ったとか残念ですね。でも昔NHKで巨大な鳥、サンダーバードを撮影したフィルムを放送してました。元アメリカ海兵隊員だった人が南米で撮影したのですが周囲に大きさを比較できるものがなく大きさは判らないのですが、本人が言うにはとにかく巨大だったそうです。確かに翼を広げたかんじは見たことないぐらいでした。駿河湾沖で撮影された巨大ザメもオンデンザメとは違うもう一種の深海の大きなサメだと思いますね。名前は忘れましたがヒレやエラの形がそっくりです。一部でメガロドンではないかと騒がれてますが、オーストラリアの目撃情報ではメガロドンは白いようです。

<コメント>

長文の労力を考えると、頭が下がる思いです。

ツボをどこに置くか、読む対象者の科学知識などをどう設定するか、
私もいつも苦心して書いています。時々思い出しては修正を加えることも。

長い文章は読まれない筆頭ですから、どうすれば読まれるか、
真面目に書くか、表現を崩すか…など…工夫されるともっと良くなると思いますよ。

ってコメントになってないですねー(笑
サイトを作られると良いですよ〜。

木内鶴彦さんの本は知らなかったのですが(専門違い)、
彼もウチのサイトの事は知らないでしょうからお互い様という事で。
彗星を4つも発見して2つには名前がついているんですね。
で、臨死体験を記述したと語句検索で見つけました。←コレですね。
体に良い水も考案されていらっしゃるとか。

い、一応、ボクは現代医学の中で仕事してきましたので、
ルルドの泉ネタでやっちゃったように、あんまり良い書き方が出来ない、ゴメン!!!
(これは頭が堅いのではなく、根拠を聞いても納得できなかったりが大きいです)

当サイトの恐竜の科学では、どうして現代の説へ導かれているのかを
簡単に解説していますので、是非、じっくりお読み下さい。
重力あれこれも既に書いてあります。読まれていなかったのかな?

・恐竜の絶滅は隕石落下一回が原因ではなさそうという研究結果がある。

・巨大隕石落下以前、アンモナイトなどの種類は徐々に少なくなって行っている。
絶滅へ向かう理由は隕石以外にも有る事は事実。生き残るものがあるのも事実。

・自転の速度で重力変化があったかもしれない説は確かにあるが、
これはナンデモOK説ですから、まだ根拠はないと言っても良いほどです。

・人間もそうですが大きさを決定付けるのは成長ホルモンの分泌具合
重力=その大きさで生きれる…のとは別問題ですから、
(木内さんが)推測部分と基礎解釈を混同されているかもしれません。

木内さん=天体観測家、私=生物医学研究者なので
得意不得意分野があり、月がアレコレの部分は分かりませんでした。

・恐竜時代は分からないものは分からないと言いきるのも科学者です。
分からないものを強引に理由つけますとイケマセン。
(宇宙の果ては実際には分からない…と同じようなものですね)

古代の研究は未だ未だ歴史が浅いですが、
今判明している事をマスターするのだけでも結構大変です。

ハンドルネームなども教えてくださると…
(このメール、本当に私宛だったのかしら?)

FROM:とも ^o^)y-~~~ (←サイト)

 初めまして。いつも、UMAサイトを楽しく拝見させて頂いております。 私も貴殿と同じく釣りをたしなむので、変なの釣ったりしたらご報告させてください。ただ水辺では変なのは見た事無いですね。中学生の頃に船橋港 で、水面をゆっくり泳ぐ透明(に見える)なヤガラのようなヤツをみた事は 有りますけど。まぁ、たぶん普通のヤガラでしょう。ルアー引いたら、のん びりとチェイスしてきました(釣れませんでした)。

 ところで、巨大な昆虫って言うのは珍しい存在なのですか? 何かと言い ますと、体長6cmのクワガタの雌が珍しいとか、文言があったかと思いま すが、普通(まぁ、デカ目ではあるけど)ではないでしょうか?  と言うのも、私が小学生の頃は近所の森でその程度の大きさなら、しこた ま捕まえて飼っていたので。

当時、近所の友人等と大きさ勝負していたので、 メジャーで測っていた正確な数字です。ちなみにノコギリクワガタとミヤマ クワガタの最大はどちらも12cmだったと記憶しております。カブトムシ と一緒に飼っていたら、カブトムシが瞬殺されましたorz。  変わり種では、雄のコクワガタ2.5cmとか(笑)。  あと、マッカチンの25cmなんてのもいたし(手賀沼です)。

 巨大サイト運営、非常に大変かと思いますが、お体に気をつけて頑張って ください。  長文失礼しました。

<コメント>

釣り人でも多くの人が読んでくれているようで嬉しいです。
アウトドア系の趣味人は、変わった生物に触れる機会が多く、
捕まえるのも率が高そうなので、もっと知られると良いなと思っています。

これからはデジカメでばっちりと写真を撮って投稿してください。
新種を見つけることが出来れば、一生のネタとして使えますもんね。
(コンパでも一目置かれる存在に貴方も!!!)

はじめまして、じにゃといいます。

いつもサイトを楽しく拝見させていただいております。 ひさしぶり既読のコンテンツを読んでいたところ、記述が増え ていることもあり、最初に来たとき同様、読みふけってしまい ました。

今回恐竜の科学を呼んでいてふと思ったのですが、地上で生き ている鳥を含めた動物には、必ずしっぽがあるような気がして きました。 人間の尾てい骨もしっぽの名残ときいたことがあります。 しっぽがない動物がいないか考えていると、動物には必ず、足 ・手・翼のいずれかの合計が4つあることに気づきました。 これってやはり同一の生物から進化したってことなのでしょう か。 あたりまえのことなんですが、自分のなかではすごい発見だっ たので誰かに聞いて欲しくて、メールさせていただきました。

上記にあてはまらない動物が存在するようで したら教えてください。 そんな動物がいたらそれこそUMAということでしょうか。 よろしくお願いいたします。

<コメント>

恐竜の科学もページ数が多くなっていますので、読むのも大変ですよね。
昔から語句検索で引っかかり易かったのですが、ヤフー掲示板や2ちゃんねるなどでは
何故か読まれていないということで、読者さんからも「役立ってます」と…。
(どういう点で役立っているのか、フト考え込んでしまったり)

同一の生物から進化したというのはアリです。
逆に言えば、他の形質を持つ生物はメジャーになれなかっただけと。
この辺りは、どんどん勉強して行かれると宇宙の謎と似て深いですよ〜。

ご無沙汰しております。

去年モバードのプラチナ懐中時計、ハワードの懐中時計 を鑑定してもらいましたS.Mです。以前は丁寧にお答え大変お世話になりました。

付属してある画像のミニッツリピーター(CAMERER KUSS&Co)について自分で調べ たのですが詳しくわかりません。もし何か御存知でしたらと思いmailさせていた だきました。お時間と手間を掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。





<コメント>

ブランド名は調べている時間がなく、すみません。
記憶に有って直ぐに出れば楽勝だったのですが、うーん、という感じ。

機械はどうもオーデマピゲのイギリスバージョンと思いますが、
表側の複雑なパーツの間を探せばマークがありそうです。
同じタイプがオーデマ本にのってなかったかしら。

目新しい返事じゃなくてスミマセン。

ご無沙汰いたしております。茶っぷりん(←サイト)です。

ヤフーからのアクセス激減とのアナウンス読みました。ヤフースタッフのブログ によると、来月早々にもディレクトリのリニューアルをするとのことです。

朝夕寒くなりましたがお身体ご自愛の程お祈りいたします。

<コメント>

Yahoo!の語句検索表示が変わった影響で、運営サイトがアクセス激減。
そんなに大きく影響するなんて…と思った矢先、
私にはSEOテクニックがないと愕然と気付き、さて、どうしたものかと悩んでいました。
(といって、今更アクセス向上もなんだかなぁ…とか)

(昔作った部分で)適当に付けていたページ題名をちゃんとする、
リンクをちゃんと張るぐらいしか対策が無い…。
SEOは自動巡回ロボットに頼りすぎなんだよなーとか思ったりしますが、
現実のフィールドで全力を出す彼ら業者さんたちは凄いなぁとも。

湖の科学とか十数ページあるものを1ページにまとめれば
ページ的に語句検索で上位になりそうだから結果として、そんな感じが1番!?
(読者的には読みにくそうだ…)

ご無沙汰してます。 千葉県のIです。

ビッグニュースなんですが、 なんと、 「ブレゲ(現在の)で、あのマリーアントワネット(あの盗難行方知れずの、女 王さ まご注文の!!) を復元!!」 するんだそうです。 なんでも現ブレゲ社長のロバート・ハイエック氏(でしたっけ) の号令の元、自社の時計師たちに復元させるんだそうです。

雑誌の世界腕時計(今発売中の号)の最初のほうのページのブレゲの広告で、 高らかに宣言してましたよ!!。 ほんとかな? でも・・・・・・・・・、 是非是非見てみたい、このめで見てみたい。 こんなわくわくは 大和が海中で発見されて、 実物が見れるかも? ぶりのものすごいわくわくです。 たのしみだなあ。

知ってました?? エイプリルフール、 じゃ、ないですよねぇ。 では、また。

<コメント>

パワーリザーブ・ムーンフェイズを数億円で作ったばかりなのに、またですか!!!
知らなかったですよー。マリーアントワネットって、図面がシッカリ残ってたんですね。
いったい幾らの予算で作るのか。

愛知万博の展示品で作った複雑時計の予算から考えれば…。
いや、まぁ、それは良いでしょう。

エイプリルフールでは必ず私が使うことを約束しましょう。

Hです。 HP拝見しました。東映の映画ってなんていう映画ですか? 宇宙戦争もうDVDでたのですか。夏ごろ見た記憶が・・・。 大阪の人たちってすごいなーと思った映画でした。

<コメント>

大阪では「宇宙人」を倒したそうですからね。なぜ大阪で!!!
映画は大ヒットしたけどトムクルーズの評判が痛い発言等で急降下し、
微妙な売上状況になっているとか。

ところで、東映で使われたってヤツですが過去ログになかったでしたっけ?
三島由紀夫のアレ…(PRを兼ねて書いてたもの)削除しちゃったカナ。



追加分1


フマモトさんより

ウモッカ発見しました!これでしょう、これしかないです!絵にそっくり!

画像←削除予定ですが

dinosaur fishでグーグルイメージ検索したらすぐ出ました。これが網に混じったんじゃないでしょうか?報告集に全長50mのクラゲの話がありますが、あれニュースでやってましたよ。確かに50m位ですが一匹じゃなく何匹も繋がってそうなると言ってたと思います。

<コメント>

目の付け所はOKですよ〜。

この後で、ある程度の学識者が揃っているのに何故気付かないのか?
に考えをめぐらしてみましょう。
当然気付いているとしたら、どうして言及していないのか?とか。。(←コツ)

こういう感じのものは、結構みなさんも調べていまして、そのヒントは棲む世界。
▲全体写真を見れば後半部分が違うのですが、それは置いておいて。

・・・・・・と、その後でお返事。

調べられたら淡水性熱帯魚という事が分かったそうで、エライっす!!!
サメの棲む濃い海水に適応するには分厚いエラ(ウグイでも厳しい)、
それでも淡水系は一緒に網に掛かるのは難しい感じです。

一斉に似たタイプを調べまくったわけで、あとはタライロンとか、色々あったり。
そうやってひとつひとつ削って行くのであります。結果、やっぱり新種だよな…と。

たか(T・I)さんより

先ほどはじめてサイトを拝見しまして オーブというので 私もかなりの数のオーブを撮影しているので投稿してみます殆んどは 平将門所縁の場所での撮影になりますもともと霊感が強い家系なので心霊写真は当たり前なのですが自宅で写したものなどは100を超えるオーブが一枚の中に映り込んでいるのでオーブの中の顔も見えるかもしれませんねもしよければマダマダたくさんありますので連絡ください

 

←↑オーブが写りまくってます。

<コメント>

なんという恐ろしい(作者苦手な)写真を送ってこられるんですかぁ〜

ホコリだって納得しているのに、ホコリ過ぎな、いや、どう考えても多過ぎというか、
オーブ関係なくても恐ろしげなオーラの攻撃で参ってしまいそうですけん。

青い服の方の向こうに居るのは影なのか…?

台所、掃除大変ですね…とお茶を濁しておきましょう(笑)ダメ?

スナメリおじさん より

はじめまして。以前から密かに『UMA』を拝見しております。 22日、毎日新聞の九州・山口版に巨大カブトガニのニュースが出ました。  ここです 26日以降、各全国紙および全国の地方紙にも共同通信経由で記事が出ました。  ここ にも別の写真などをUPしましたので、お時間があればご覧ください。 全長79.5cm・体重5.0kgのカブトガニは、研究者に計測された個体としては世 界 最大だと思います。UMAではないですが、「大きなも生物ネタ」です。

<コメント>

密かに…じゃなくて、堂々と見てやってください。
そして、UMAが大好きだと!!!大きな声をあげられて…

でも私は学生たちの前でカケラも言えませんが。←をい

TVニュースで最大のカブトガニ映像を見ました。デカイ、でかいですねぇ。
早速ペアになって歩いてたし(喜)

スナメリおじさんのご紹介されたサイトですが、なんと大村湾のスナメリ・希少動物のサイト
あれれ?スナメリおじさんがいらっしゃるではあ〜りませんかぁ。

正直、カブト、一度は飼ってみたいです。
(研究対象なら飼育OKが出そうですけど=研究者の立場で)
海で釣りバリに引っかかって来ないかなぁ。。
…と以前、イセエビをかけた話を聞いてカブトガニでも…と連想してしまいました。

三葉虫にクリソツな現代の生きた化石カブトガニ。

アメリカでは確か何らかの(医学系)薬剤が採れるということで研究されていたような。
ずばり、美味しい存在ですよね。そんな長崎に注目です。

長崎県大村湾でスナメリを見つけた方は、上記サイトさまへご報告を!!!

公的サイトだから、良い子の皆はメールをする場合、ちゃんと礼をもって書くようにネ(先生モード)



追加分2


フマモトさんより(前回のレス)

ありがとうございます。あれは結構出回ってる熱帯魚なんですよね。その後調べ まして、見つけた時は「おおっ!」と思ったのですが。尻尾はかなり違いますよ ね。はたしてウモッカとは・・・ハンドルネーム:フマモト でお願いします。 それではまた。

<コメント>

前回追加分の際に、ハンドルネームはコッソリ・速攻で修正しておきました。

そうなんですよ。ハタと「自分だけが気付いたぜ、ベイビー」と誰しもがなりがちですが、
実はたくさんの人も同じように気付いていたりします。
とはいえ、そんな話なんてサイト管理人が指摘なんていつも出来ないし、
大概スルーとなってしまいます。変な意味じゃないですけど、上手く書けないや…。

今回、妙に気になってしまい、そうだ書いておこう…と採用させて頂きましたけど、
直ぐにレスをくださるところで感動しました。ありがとうございますネ。

たか(T・I)さんよりオーブPart2

いそがしい中返事ありがとうございます。 写真なんですが 写真集ができるほどの枚数がありますので、宜しければお使い ください。 いずれも霊症などはないとおもいますので、ご心配なくお使いください。 地名や名前などは一応モザ入れておきます。 今回も地元の某お寺などです。 分かりにくいので丸を付けて置きますが、まだ他にも居るかも知れません、探し てみてくださいネ。 では、またお便りします。 PS 前回送った画像の女性の後ろの影ですが、あれは宅の嫁の髪の毛です。 腰まで有るのでそう見えたんですかね?

 

 

 ←たか(T・I)さんの後姿

<コメント>

全てをご紹介したいのは山々ですが、なんといってもUMAサイトですので、
これはホコリじゃないとか、小虫じゃないとかのものを激写されたらいいなぁ。

そうそう、オーブって上で書いたホコリや小虫が正体と言われてますけど、
せっかくですからオーブらしき光体を拡大してみましょう。

←思いっきり拡大。

なんとなく、神秘的じゃないですか。
なにか模様があるし、微生物みたいですねぇ。

雪とかの結晶って写真で写して拡大すると綺麗かもね、と思いました。

で、せっかくですから上で紹介した最後の1枚を別の視点で見てみますと…

←立ションを暗闇でする怪しい男

いやいや、本当は木のきりかぶといいますか分かれ枝なんですけど、
写真の校正中に気になってしまい、ネタにさせて頂きました。

本当は表紙でやりたかったんですけどねー。

 こんにちは

スペシャルリンクに掲載していただいている【つよさんルーム】のと申します、掲載有難う御座います!ウモッカ協力隊にも名前を載せてもらっております。 更新してませんでしたが、実は他のホームページを作って公開しています、ぜひこちらが私のメインのページになります、今後力をいれて作っていくつもりですのでリンクを差し替えていただければと思いご連絡させていただきました、【私研究室】というサイトです、どうかよろしくお願いいたします、こちらからもリンクさせてください、お忙しいと思いますが、お返事お待ちしております。

<コメント>

コンテンツページはコチラですね。

メールでお返事をする前に更新で出しました。
ウモッカ協力隊のページとリンク集の部分(スペシャルサンクス⇒オカルト)を修正。

サイト解説は…

「相対性理論」について、「いまさらノストラダムス」、目指せ「日本一周」など幅広い記事。
2児のパパさんだ。ウモッカ協力隊の旧つよさんルームから変更。

高野さんより

こんばんは。 ずいぶん遅くなってしまいましたが、 モッカさん本人作の「ウモッカのトゲ付きウロコ、実物大フィギュア」の 写真をお送りします。 これは今回の調査の「秘密兵器」です。 トゲの写真はピントを合わせるのが非常に難しいので、 ちょっとボケてますが、すごさはわかると思います。 秘密兵器ですが、もうすぐ出かけることだし、サイトで公表してもけっこうです (笑)。 私のブログもチェックしてみてくださいね。 では、また。

 

<コメント>

数少ないココまで読まれた読者さんは、是非とも激励の書き込みを彼のブログまでお願いします。

しかし…

いくらメール到着順とはいえ、こんなにページ下部に来てしまって読んでいる方が少なさそう…
該当ページへの転載は先になりそうですし。表紙では別バージョンでアップしました。

「起業と資格」です。

相互リンクではいつもお世話になっております。本当にありがとうございます。感謝しています。このたび、契約プロバイダの変更に伴い弊サイトのサーバーを引越しする運びとなりました。つきましては、お忙しい中誠に恐縮ですが、リンク先のご変更をお願い申し上げます。URLは下記の通りです。

旧URL:http://homepage3.nifty.com/biz-promotion/

新URL:http://www.eonet.ne.jp/~biz-promotion/index.html

ここしばらく、他ジャンルのサイトの運営にかまけて本サイトの更新を怠っていたことについて反省しております。しかしながら、本サイトの反響も増えてきているためにこれを機に、極力フレッシュな情報の提供ができるよう、あらためて努力してゆきたいと考えています。 何卒、今後とも、末永くよろしくお願い申し上げます。

<コメント>

そうそう、サイトは見ている時は「早く更新しろ」とか(爆)言えていたのに、
これが自分がやるとなると別問題ですよね。

同じジャンルのサイトを継続して運営するのも大変、
別のジャンルに途中で興味が移っちゃったりして、
・・・というのはネットが広まってからずっと繰り返されてきた永遠のテーマ。

私と同期のサイトさんで生き残っているところは(休止・休眠は別)
本当に少ないです。いやぁ、がんばってください。

メールでお返事をする前に更新で出しました。
リンク集の部分を修正。

サイト解説は…

サラリーマンには”会社”からの依存脱却を考えても良いのじゃないか?と同意できる記事満載。
どうすれば独立できるのか等の記述が映える。
現代社会における様々な将来的不安に対抗すべく、紐解いてみては如何でしょうか。

まぁ私なんかはBBSが荒れるたび、閉鎖とか放置とか考えるのが正直なところ(笑



表紙

その1     その2     その3     その4     その5